再就職&これが私の修行の道!

再就職かけようと思って数年、しかし諸事情あって、起業したほうがいいのか、家人立てて主婦やってる方がいいのか・・・

仕事が

2017-06-20 15:09:50 | Weblog
少しずつ怖くなくなってきている。

私のシフトの前に勤務される人たちは優しくて、わからないことは親身になって教えてくださった。
そして、初めて外に依頼するネタの仕事が来ても色々あって自分で行うことがなかったのであるが、子どものネタでそいつらを出すときに、外ネタのやり方を教えていただき、ほぼ次から返金や面倒除けば怖いものが抜けていったかもしれない。
まだまだわからないこともたくさんある。

そして少しだけ先に勤務されている人たちと仕事以外の話も出来るようになってきた。
一方で仕事の後休みが来るのも嬉しいが、仕事をしなければしないで気になるようにもなってきた。

間違っても私に向いているとは思わない仕事である。
今いるのは自分の体調他にマッチしている条件だからである。
後、割に親切な人が多いから。
足の引っ張り合いなんかしていたら、部署が潰れるって。

ただ、これもお客様の当たりはずれは絶対あって良いときは良いが悪いときは悪いんだろうなあって。

昨日の仕事はお客様に振り回されて大変ではあったが、お客様自体は親切であった。
だが問題は私の後に入る学生バイトさんである。
私も研修中他何かと助けていただいたのだが、苦情ネタが自分の対応したお客様だと気づかれて、珍しく私に愚痴をこぼされた。
私も知っている。正直面倒で文句ばっかり言う割に若い女性であるが、絶対あんなネガティブな発言とあのケチっぷりで絶対運気に見放されているとしか。
向こうさんもうちの営業タイムご存じだし場所も良いから多分来るだけ…なのかもしれないが。

学生さんご親切で割引できるようなさったのに、運悪く出されたものが出先から返されてきて、その上お客様と全く連絡が取れなかったのである。
返品された物抱えて、散々連絡入れたのは私である。だから知っている。
そして、取りにいらした時に担当していた別の学生バイトさんが折角出したのにとブツブツ言われたらしく。
それで担当した学生さん、「私は親切のつもりで割引利くようにしたけど・・・・」って悲しそうになさるから、
「申し訳ないけど、私も一回だけ当たったけどめんどくさいもん持参する割に文句ばっかりおっしゃって、ただお客様には悪いんだけどあれはありえないと私でも思います」と。
「無駄に生きてきたけど、目先でケチって他人不快にするのとか、他人の間違いや指摘に容赦なく攻撃するのとか、金の使い方間違っているのは大概後からそのひずみがきます」としか言って差し上げられなかった。
これは本当。見えないところで節約とかそんなのなら関係ないのだが、受けられる恩恵は受けて当たり前、例えば持ちよりパーティなどで我先に余ったものは全て自分がいただきます的な人は、まあ・・・

そのお客様、ケチだけど注文だけはそいつを上回るネタで態度もでかい。
こちらのサービスは受けて当然的な態度で、おそらく対応した人間皆口に出さないだけで「ヤな客」だと思っている。
それにしてもうちでやっている態度で他でもやっていたら、多分周りから相手にされない。
って言うか、自分の男にそう言う態度だったら逃げられると思う。同類なら知らないけど。

悪いんだけど、上もこういうのは排除してくれないかなと思わなくもない。
そこにいるチームの人間大半が相当数で嫌な思いしたら出入り禁止とかさっさとしてくださいと。

ごめん仕事離れてもし舐めたことされたら車で煽るぞ!ってキレたくなるくらいの性格の悪さで。
私も仕事では出さないが性格は決してよろしくない。
って言うか、
って言うか、上司から顔の表情が硬くて態度でかいくらいには思われてるんだろうなー(;´・ω・)
他部署で態度でかい電話対応って言われたし。って言うかこれに関してはこっちにも言い分があるんですけど、向こうの方が立場上だから黙っておくしかないんですけど。でも切れたら知らん。やるなら辞めたか仕事で窮地に陥れる位はやる。やられたらやり返す。これ鉄則!
だいたい立場上って威張る奴が高学歴なわけないし、その方向の資格はあっても他のないとかオチがつきそうだし。
これでも他人のメシをすみっこで食うような立場で見てきたのだからなんだけど。
他人攻撃するのが激しいのは何かコンプレックスがあるとみる。

一方で、仕事で始末書まで行ってもうたバイトさんもいらっしゃるのであるが・・・
家人にこぼしたのですよ、「こういうミスで始末書書かされたのがいるそうだよ。問題は正社員でもない若い娘さんにその責任を背負わせるのはどうなのかしら」と。確かにそのミスはやったらいけないミスだった。
だがそう言う心配やリスクがあるのなら、上だって代替案でもないが対処しなければならないのでないか。
私はどういうわけか社長やオーナーを間近で見たことのないような人数のところで仕事をしている。
逆にこれもこれで怖い。

家人が「いつも思うのだが、パートやバイトに背負わせる内容ではない」
この人厳しいから、私の今までの仕事内容にことごとく突っ込みを入れてきた。
金を扱うところに正社員が全くいないって言うのがね、そもそもありえないとずっと言っていた。

今日職場付近に家の用事を済ませるのにでかけたら、その若いバイトさんだったから気になって「お疲れさまです」って入り込んでみました。
ベテランさんには「休みの日には仕事のことは一切考えない」って言われているんだけど、色々教わったのに心配になったんですよ。
私よりも随分若い方だし、心破壊されかねんなあと。
行けば笑って迎えてくださったのですけど。
ちなみに私どもの直属の上司は自分が盾になる分でも、部下を盾にはなさらないタイプであるが、それでも庇える物とそうでないものはある。

本当は昨日の学生バイトさんも仕事の心配は絶対ないが、心が心配になった。
どうにも真面目な分、責任感も人より感じやすいのかなあと。若い分。
40越えたら恐るべき鈍感力を発揮するから、パート全員の爪の垢煎じたらどうよ?と。
ちなみにパートでは私が一番若いようですわ・・・

ぺーぺーの私が言うことでないけど、私より新しいパートさんには余計だけど言った。
「ここのチーム、欠けて困るもんなんか誰もおりませんので。そういうことですんで」要は辞めないようにと。
おそらく私も渡ってきた道で、一番辛いところにいらっしゃるのはわかるのだ。
来月になるともう少し肩の荷が軽くなるよ。縁があって一緒に仕事してるんだし。



ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あれは | トップ | 女のお茶会は »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。