再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

ありがとうございます

2015-10-23 20:49:00 | Weblog
今日宮島に行くことになっていたが、車で行かず、公共交通機関を使うことにした。
普段車で楽ばっかりしている私には、公共交通機関と言うのは色々リスキーだったりするのだが。

バスに乗る前に並んでいた時のことである。年配のご婦人が「ここ、並んでるの?」と話しかけてこられたのである。
「はい」と返事をしたら、どうにも話をしたかったのか、ご自分から話を始められた。
まず、年齢からだが、どうみても実年齢のマイナス15歳は行ける年齢なのと、「あなた、この辺じゃ全く見かけないけど、何年住んでるの?」とか聞かれた。
実はたまに行く店に、凝った折り紙を置いてある店があるのだが、その折り主がこの方だったらしいと知る。
そして、凝った折り紙があるなあと思っていたと申し上げたら、喜んでくださったのだが、問題は足を傷めてらっしゃるのに気が付き、見かねて貼り薬を数枚差し上げたら、「アナタ、わかるの?何者なの?」とおっしゃったけど、わかるもんはわかるんです。(笑)
歩き方とか他のいろんなものから。

そして一緒のバスに乗り、そのご婦人とご一緒させていただいたのだが、「さっきのお礼」と、画像の物を下さったのである。
これは猿の顔が隠れていて、下のぴらぴらを動かしたらサルが顔を出すと言う可愛い折り紙で、私も折り紙は大概やりまくっていたけど、これは知らなかった!
来年の干支と、お仕事の関係で配るものだけどと。
すごく嬉しかった。足はみかねてついつい口から出てしまったのだけど、余計ついでに手相も見えたので瞬時に「良い手相で・・」とぼやいたら、「あなた、そんなんまでわかるの?」だそうです。
わかるんです(笑)

ますかけ相でもちょっとタイプが違うタイプだが、見事でした。
徳のある手相って言うか。
バスを降りて、私はちょっと急いでいたので、「おかーさんお大事に!!」と言って一足先に駅に走ったが、電車が遅れたこともあって、後から反対ホームにおかーさんあらわる!で様子を見ていたんだけど、白いつえをついておられる方に早速親切にされているのを見て、仏様のような人だなあと。
またお見掛けするかどうかわからないですが、お元気で!

・・・と私も電車に乗り込んで連れと合流。

だが、問題は船である。
割に景色の良い場所に乗り込んだら、後ろの観光客が、前方の日よけをおろせだなんだと言い出す。景色が良いところが良いのなら、他人に指示する前にてめーらがさっさと並んで良い場所を占拠すればよいだけのことだが、これがごちゃごちゃしつこいのだ。それと鳥居側で船の外で見られる場所は沢山あります。
延々日よけがなんだと、そいつを言っていて、しまいにゃ切れそうになった。
鳥居がみたいだなんだと、そりゃ私みたいな年に2回くらい行く奴はもう船からの景観とかはどうだっていいのだが、そもそも私が座った側は鳥居は見えないし、意味がわかんない。隣の船とこちらの船では航路が微妙に違うことと、本当にみたいのなら、あっちのに乗れば済むことである。
ツアー客でもなかったんだし。

正直団塊の世代の一部は何がやりたいのだか。以前座禅に行き、暑い日だったのでお寺さんは扇風機を出してくださったのだが、この寺に初めて来たと思われる年配のオバサンが「扇風機こっちに向けて頂戴」って。あの勘違いっぷりに似ている。
ちなみにお寺は風が抜けるので、かなり涼しかったのですが、あの人なにしにきたんだ?って感じ。
そう言う人は、エアコン完備の寺に行った方が良いと思いますが。

それに船は誰の物でもない、日よけが動かないってわかったらそこでごちゃごちゃ言うのを辞めればいいのに、船下りるまで言っていた。品のない。
不思議なのは、こういうのについている配偶者も似たり寄ったりで、鬱陶しい。
普通なら、夫婦ならどっちかが止めに入るだろうに。
この時期は多いにしても、以前はこんな観光客いなかったんですけどね。
何だか京都化して、外国人が増えているし色々変わったなあと。

さっきのバスのやり取りが台無しである。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罰が当たったかな | トップ | メインは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事