再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

私のぼやき

2017-03-08 07:19:15 | Weblog
昨日のことである。
仕事も始めたし、もっさい髪のままの仕事は嫌だったし、美容室の先生にお願いして切っていただくことにしたが、最近流行っているタイプのベリーショートは私がやるとおそらく数日後にはキノコのお化けみたいになるので、先生に流行りのあれは勘弁してほしいけど短くしてもらいたいですとお願いした。

私は同じ美容室に20年以上通っているけど、ほとんどがカットくらいで本当の意味で良い客ではない。
ただ、他の付き合いがあるからまあそこらは片目つぶってくださっているのかなあと思う。

先生はタブレットを出してこられて、こんなのはいかがでしょうか?と。
納得したのでそれでお願いする。だが最近はやっぱり私が行く時間に他のお客様がいらっしゃらないようだし、多分お笑い要員確定だなあと思いつつ。
この日も実際やらかしたのである。
私の髪を切ってくださるのは若い先生であるが、先生のお姑がものすごい人で聞いていて呆れて物も言えなくなった私である。

やっぱり私の世代は嫁に出る前に嫁に出る年齢関係なく一応親が、「亭主を立ててその親も立てろ」と言うが、そこまではいいよ。だがその言葉を背負ってきた者に対して人権なし、奴隷扱い他みたいなことをされるのはまた別の話でしょーが!!と私は思う。
私も一通りは家人の父方の祖母にやられております。

子どもを産む病院を決めるのも、結婚式場で女が多少自由にするのも当たり前のことだと私は思うのだけど。
後者は親の金でやるんなら、多少は気を使えと思うが。

一番びっくりなのは病院で子どもを産んだら、入院中面会時間ずっと付き添いで行くわと言う湧いてる発言から。
てめーも子ども産んでるのに、そしたら産後はともかく休まなきゃならないってわかんないのか!!って話だが、私が、
「はあ・・そんなことを言う奴には・・・悪いんですが、グーで殴っていいですか?」って言ったら、先生と大先生が大笑いなさった。
私だって知ってるよ、出産後3週間までは床上げしたらいけない、暇さえあればともかく何もしないで休むのが望ましいくらいは。
別に出産でなくても、具合が悪いときにお見舞いなんか勘弁してもらいたいし、長時間もいらない。

そんな馬鹿者のせいで先生は病院にお姑を来させないよう色々考えたけど失敗だったと。
なんで子ども産む人にこんな気を使わせなきゃならないのよ。
そして子供の命まで危うくなってしまったそうで。
「こういう方は申し訳ないけど、○ねばいいのにくらいは思います」と言ったら更に先生方は大爆笑となった。

やかましいって言うか、本人も私はハッキリ言いますとか宣言して暴言吐くような人らしく、私は思わず
「発○障○ですか・・・そのバ○アは・・・」って言ったら更に…以下略。
先生たちがすごく笑っていらっしゃって。
私、躾が行き届いている子どもはお子さんもしくはお子様ですが、そうでなければク○ガキ。
品のある年配女性はご婦人やマダムとお呼びするが、そうでなければバ○アとなる。
大半は前者ですよ、全く。ババアは私だってそろそろ言われるけど、それだって普段の振舞い次第だと思っている。

「自分達は宇宙人だと思っていましたが、そう言う見方もあるのねえ・・」と大先生。
だって、人の話は聞かなくて自分のことばかり主張して、その上他人を傷つけてるかどうかは棚上げなんてなあ・・・
私もはっきり言うが基本は当人に対してなら傷つけない言葉を探すよ、当人宛に言わなきゃならないことは。
それを「金持ちの家の娘が良かった」とか、「金持ちなら息子は婿養子に出した」とか、孫の為にお嫁さんが入院している病院に面会時間いっぱいいるとか、聞いていて私が、
「どれだけ強欲なんですか、そのバ○アは・・・」
先生方がお腹痛そうにしていらっしゃったけど、だってそうじゃん。
あれもこれもって欲はってさ。罰あたるよ。
正直早くて数年後には私も姑になる日が来るだろうけど、愚息大事にして一緒に居て下さろうって人にあれやこれや注文つける気はない。
何様かと言うことである。

他にもご主人のご実家で嫌な思いなさったと言うから、
「仕方ない、次はスコップ持って私がそいつ埋めに行きます」
更に親戚までイビリに参戦してきたと言うから、
「実家からショベルカー持ってきて、一族郎党まとめて土に埋めてしまいましょうか。私の家族はそれら運転できますんで!(笑)」

しまった・・・先生方が崩壊されてもうた。
嫁の立場の親だって、自分の娘が可愛いからよっぽどじゃないと相手の家に物申さないからね。
だから、嫁の立場の親だってストレスがたまるのは間違いないし、私だって一通りされてきた。
だがそう言う事言うのに限って、自分が御大層なわけはでは絶対ない。
反撃されないとわからないのなら、ぜひ反撃されたらいいのである。学習能力が無いのなら、体で覚えろ!

私は下手に出なきゃならない立場の者に対して、横柄なのとか、その状態にあぐらをかくような輩は大嫌いだ。
一番笑ったのは、息子の嫁のドレスを自分が選ぶって姑が張り切っていたことらしい。それくらい自分選ばせてやれよ・・・

まー己を知らないとは良く言ったもので、先生も大先生もファッションの最先端言っている人に物申すなんてどれだけ身の程知らずなのかと。
私でも知っているよ、先生が常日頃どれだけ努力されているか。
大先生は先生のお母様である。
私、結婚式の写真見せていただいたのだけど、ものすごく綺麗だった。
髪は大先生が、メイクはご自分でなさったそうなんだけど、ドレスだってこれ以上ないってくらいピタッとはまっていて似合っていて、私でもこの人たちにご意見求められても「ハハハイ、よくお似合いでございます」しか出てこないよ。
女が古いからって偉いわけではない。身の程知らずはこれだから恐ろしいと。

先生には言っておきました。ニヤッと笑いながら、
「自分が言ったことに関して言えば絶対その吐いた言葉に対しての収穫の日がいずれやってくること、やったことに関してもいずれやったらやられるってそろそろ身を持って知っていただいたらどうですか?」と。

立場が下だと思って好き勝手やればいずれそうなるだろう。

そして私の髪は大変綺麗に整えていただいた。
これで髪を洗った後、油と柘植の櫛で梳くのが楽しみになります。
ありがとうございます。それと先生と大先生に沢山良いことがありますように。(。-人-。)



ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の職場は | トップ | ぼやきの続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事