再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

勤務の続き

2017-10-10 06:10:09 | Weblog
前に記載したネタのつづきもまだ途中なのであるが。

別の日に出勤したら、まだその問題は片付いていなかったのである。
今日も忙しいからと2人体制で、それでいつも遭遇する朝勤務の人と仕事であった。

問題があれば最初に「あれは片付きましたか?」と聞く。
「メモなら見た。でもまだ片付いていないよ」

それで事情を聞かれたので、昨日一緒だったバイトさんともう一人のベテランさんが家で作成されたメモを見て、「これは?」と聞かれたので、一昨日大変だったお二人がそれぞれ自宅で作成されたようです」と。
その二つを見て、このチームの中で一番仕事が出来るベテランさんが計算を始めた。
これまた電卓使ってやっている姿はものすごく早くて、思わず「経理経験ありますか?」
「ある」

・・・・そうだろうなあ。

そして、他にも間違い対策で社内で先の二人が作成したネタもお見せして、それで私は聞いた。
「後学のために伺っておきますが、レジのミスに関して言えば受付訂正をして、不要な物を消去するだけですよね?」と。
「その通り」
「では間違えているあれはどうやって導いてあの金額だったのでしょう?」
ベテランさんが電卓片手に説明してくださった。
まあ慌てていたのだろうと言うことで片づけられたが、問題はその後だった。

この間の勤務で集配さんに伝票のまとめ方のミスの指摘をされたのだけど、また私より新人さんがやらかしたのか、それとも前の話を蒸し返しているのかはわからないけど、何か聞いていませんか?と。
このベテランさんは研修があればずっとうちから引っ張り出されてきている人なので、他の部署の苦労はご存じである。
その上で、「聞いては無いけど、ちょっと本人に注意しておく」と。
おそらく、別の集配さんあたりに聞いて確認取ってからだろうと思う。

私より新人さんもはっきり言えば頭の回転は大して良くないし、年齢も割に高いこともあって、覚えると言うのが私もだったが大変らしく。
ただ、仕事が出来ないって言うのも多分身銭を今まで切っていないから。
今仕事の出来るベテランさんたちは場数が多いこともあるし、その一方で身銭も切ってる。
私でもそう。わかんなければネットで調べ、自分で金を払うことで覚えて行ったものもある。

私ごときが言う台詞でもないが、仕事が出来ない奴は身銭も切らないし、裏で努力も勉強もたいしてしていない。
どこでもそう。私も以前あったが、結婚式場案内するのに、どこの部屋が何と言う名前で何人収容で以下略で説明するのに、新人の頃は全くわからないわけで、それでも説明しなければならないことはあるので、ネットで自社のHP見て調べて頭に入れて説明していた。
仕事が出来ない他の新人は、他にあてになるのがいないから、私の後を自分のお客様連れてきて、私の説明をお客様と横で聞いていた。
それで、営業なんか勤まるわけがない。やる気あるの?ってその場でキレそうになった。
こっちだってわからないけど、わからないままではいけないからと調べてきているのだ。

悪いけど、前日に場所と間取りや収容人数調べるだけでしょう?それすらやってなくて、お客様連れてきてもそれでは意味がない。
お客様わざわざ時間割いてきてくださっているのに、それで遅刻してお客様が先に到着して、直属でもないけど上司が逆に案内しているとかありえないので。
それでその上司が「○○知らない?朝自分がここにきたら、外でお客様がうろうろしていて、それで声をかけたら○○のお客様だと知ったが、まだきてないようだから自分が案内しているのだよ」
アカンでしょ、それ。

全部とは言わないがこう言う思考なんだろうなあ、今の人も。
自分が出来なければ誰かが何とかしてくれる的な。
私より新人さんは年期も入っているから、基本掃除を怠ることもないし、常識が無いわけでもないのだが。
多分、周りに守ってもらって生きてきた人なんだと思う。

結局のところ私の次の勤務までにこの返金問題が片付いていてほしい。
絶対ミスしたらめんどくさくなる相手へのミスは、ただではすまないのである。

下手したらまたごねて、今度は上の人が出てくるのではないかと踏んでいる。
返金される金が少ないって文句言って、その実指摘は正しかったが客にはうんと少ない額で返金されるとなれば、文句を言わないわけがないのだ。
その客に限って言えば。




ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここのところ | トップ | うわー »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事