再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

怒涛勤務終了

2017-10-16 13:50:22 | Weblog
・・・と思いたいね私は。
怒涛勤務終了間際の数日は、明け方の腸痙攣に苦しんだ。
腸痙攣はお友達状態だから上手くなだめたら良い。胃痙攣よりまし。どっちも痛いけどね。

季節が関係するネタでのお仕事であるから、時期でお客さまの多い少ないは当然あるのだが。
さすがに激しいと次の日手が上がらなくなる。
忙しいときは2名体制でやるから、お客様がいらっしゃらないときは他の人と喋ることもある。

そういう時は悪くないなあと思う。しょっちゅうだったら嫌だが、たまなら悪口が出てくることもないから。
ただ怒涛最終日は、前勤務他のミスを被ることから始まって、お客様に迷惑かけたりお叱りを受ける羽目になった。
自分のミスを自分がかぶる仕事ではないので仕方ないが、あたりがきついお客様に当たれば、こちらも凹む。

今回は滅多に組まない学生バイトさんと一緒であったのだが。
彼女は数字に強い印象で、仕事が出来ないわけではないし遅刻っ気がなければ、本当に優秀なんだろうなあと思うのだけど、遅刻と言うのは本人の価値が三割減にしてしまうものだとご本人が気づいてくれない限りは、ご本人に遅刻の意識があるのなら、尚更。
遅刻がアカンにしても、間に合いそうにないなら、連絡一つくらいがあれば別に怒ることもないし。
大体若いの差し引いても綺麗なんだから勿体無いなあといつも思う。

元々私もこういう顔だから、優しいようには見えないし仕方ない部分もあるのだが。
少しずつ理解してもらうしかないだろうと思うが、どうにも私だけパートの中で(あくまでパートの中である)一番若いし、他のバイトさんが一度見たこともあって、子どもの年齢と学校がバイトさんたちの間で話題になっていたようで、私の子どもの年齢と学校が話題だったようだ。
やれやれ。
それで今日のバイトさんが本当のことを知って納得していたのだけど。
県外出身のバイトさんが学校名とか詳しくわからないからなんだか混同していたようだと。

少しだけでも無駄話が出来れば、相手のことも少しはわかるし。
若い人だから、チームの好き嫌いみたいなのとかモロ解りだったのがちょっと笑えたんだけど。
学生バイトさんたちから見たら、私から上の年代はオカン年代ですものね。
それで他所の家の子どもさんたちだけど、結局わが子目線で物を見てしまうから、あちらはあちらでうっとーしいだろうなあと思いつつ。

特に休日勤務だと昼間っから派手に酒が入っている客も登場!みたいなことになって、ちょっと臭う程度で本人普通ならいいけど、出来上がってヤマタノオロチみたいな状態のが来ると対応が大変になるし、バイトさんの勤務は夜だから、そこら気になっていたので聞いてみたら。
「そんなにひどい人は来ないです」と言うことであった。
居酒屋とかじゃないけど、酒気帯びで”でかい声”だされたらちょっと怖いからね。

実は怒涛勤務あと数日残っているんですけど、ピークは越えたと思いたいです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加