『勿体ないなと思いつつ…活かしきれずに…惜しい…そんなもんなの、私って?』

今週の週刊少年マガジン44号に「福田己津央監督直撃インタビュー」というのが載ってた(´_ゝ`)

大人気絶賛放映中の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の最終話が、いよいよ10月1日に放映されます。
このインタビューがまた、とてもとてもアレで面白いので、みなさん今すぐコンビニ走れε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

では、いつもの種運フォーマットで突っ込んでみたい。

「この壮絶な物語の終わり」
いきなり煽りがものすげーーーーーーーーー( ̄□ ̄;) !?
いったい、どこに「壮絶な物語」ってありましたっけ?あれか?「スタッフの」という主語が抜けてますか?

「福田監督に直撃!『DESTINY』にこめられたメッセージや最終回の見所など、語ってもらったぞ!」
インタビュー記事の横に、サダタローさんという方のマンガが載ってます。レポマンガ。
それによると、福田監督が今回の機動戦士ガンダムSEED DESTINYで1番言いたかったことは

「男なら戦え!!」

らしい。
え?どこら辺に、そのテーマはありましたか?(´_ゝ`)
私は全然見逃してましたよ。「男なら腐女子のネタになれ!!」の間違いでは?(おい

「また戦争がしたいのか!あんたたちはぁーっ!」

「だからもう、本当にイヤなんだ、こんな事は…撃ちたくない、撃たせないで」

という台詞にもあるように、今回の種運は「戦わないよーにする話」だと思ったんだけど?(´д`)
テーマの認識から監督とはズレてたんだなぁ、こりゃー話を理解出来るわけが無かった。
もう一度書きましょう。機動戦士ガンダムSEED DESTINYに込められた福田監督のメッセージは

「男なら戦え!!」

らしいです。



ぷぷ( ̄w ̄)ぷ

「今作では、アスランをニュートラルなセンターに立たせて、残りの二人と絡めて三人三様の生き様を描いてみたかった」
「みたかった」だけですか、そーですか(´_ゝ`)
これが上手く行かなかった原因は、残り二人のパワーバランスだと思う。シンが弱すぎ、キラが強すぎた。
簡単な話、シンにはいつも通りのガンダムにおける主人公像「成長する少年」の役目を与えたはずなんですが、それが途中で放り投げられた。
それは、キラ様が敵をあっさりさっくり倒す方が楽しいから。たぶん、あの人が(´д`)
だから、間のアスランはどっちにも寄れなくなった。
シンは成長しないんだから、目標であるアスランが邪魔になる。キラはアスランが居なくてもアークエンジェルを守れる。

アスランが、何をしたら良いか、自分でわかんなくなっちゃったんだね┐('~`;)┌

しかし、キラ様の最初の登場で台詞が無かったのは、もしかしたら「弱くなってる」という演出だったのかもしれない。
というより、キラ様には「戦いたくない」というという弱い部分をワザと作ったんじゃないのかな?
この辺が「言ってることとやってることが違う」とか言われちゃう部分なのよねぇ。
「戦いたくない」と言うくせに、敵をさっくり倒せちゃう…なんだよ「太りたくないのにケーキ食ってる」みたいなもんじゃん(例えおかしい

私が本を書くなら「キラ様はアスランの説得で戦う道を選ぶ」よーにする(腐女子目線で無く
「ラクスを守りたい、でも戦えない」という方が、よっぽどくるんですけど( ̄¬ ̄*)じゅるぅ

「僕はガンダムというシリーズには明確な主人公はいないと思っていて」
すごいぞ、誰が主役かわかんなかったんだ、今までの観てて?
第三者的な演出は至る所にありますが、主人公がボケた作品は、種運以外に存在してないぞ(´д`)
はっきり言いましょう。ガンダムシリーズで、主人公なのは何か?

そりゃー「モビルスーツ ガンダム」だよ。

ガンダムという作品は、ガンダムが主人公なアニメなんですよ。
アムロはガンダムを操縦するし、シャアはガンダムをライバル視してた。
カミーユはガンダムを強奪し、そして次世代のガンダムを設計した。
SEEDはアスランがガンダムを奪ったことで話が始まり、最後はキラがガンダムでガンダムを倒して終わる。
こんなの、子供の方がわかってんじゃない?ガンダムシリーズは、最初からずっと「ガンダムが主人公」です。
ガンダムが出ない話を平気で書いてるから種運はダメなんですよ。

「勿体ないと思いつつ、活かしきれずに惜しいことをしました」
これ、ルナマリアについての監督の言葉。
活かそうとしたんですか?活かせてないのは、お前含むスタッフのスケジュールじゃねーの?

「一番心がけてきたのは、なるべく現代の子供の目線に近い切り口にする」
なーるほどーそうかー私はもう子供じゃないからなぁーぜんぜんわかんかったやー残念だー(棒読み
ここ、監督の言ってることが面白いです。是非マガジン誌上で読んで下さい。たぶん450Pです。

「シンは自分で考えることを放棄した子供になってしまった」
これが「デステニィープラン」の遺伝子レベルでの統制らしいです。
ここは上手いんですが、それなら作中でもっと語って下さいな。わけわかりませんよ、あなたの作品は(・3・)

「ジャスティス(MS)は気の毒だったかなぁ(笑)~中略~戦闘シーンに盛り込めなかった」
ホワイトベースはいいっ!ガンダムを映せ!(´д`)

「(デステニィーガンダムについて)メインのガンダムはとにかくかっこよくないと」
お前のせいでかっこいいとこねーわ(´д`)

「(最終回を観た人に)自分なりの答えを見つけてもらえば嬉しいですね。それは何年か後にハッと気づくかもしれないし、永久にわからないかもしない」
うわぁ~…感じ方は観た人まかせか。上手いなぁ(´д`)
作中のテーマを明確に「こうです」と言えない最終回は、やはり「新世紀エヴァンゲリオン」が悪いと思う。
あれだけウケたら、そりゃーあーいうのやりたくなるわなヾ(´▽`;)ゝ
大風呂敷を広げるだけ広げて、結末考えないで突き進むだけ突き進んで、最後は「見た人まかせ」じゃねぇ(´д`)

個人的に、きっちり大団円にならない作品は、途中が良くても後に残らないです。
エヴァは、今観ても全然面白くないもん。ラスト知ってるから(´_ゝ`)

「物事を多面的に深く考えて見て欲しいですね」
貴方は、もうちょっと考えて作品を作って下さい。お願いしますヾ(´▽`;)ゝ

「デステニィーという物語が、今の子供たちにとって、より強く思慮深い大人になるための礎の一つになるといいなと思ってます」
最後に凄まじいギャグをありがとう。大爆笑させて頂きましたヾ(>▽<)ゞヾ(▽^  )ゞヾ( >▽)ゞ

最終回が楽しみですが、作品はもう別に楽しみじゃないです。でも楽しみですヾ(´ε`*)ゝ
コメント ( 8 ) | Trackback ( 2 )


« 白線の内側に... 顔文字キモスw... »


 
コメント
 
 
 
矛盾の固まりですよね (とうま)
2005-09-29 23:55:57
TBありがとうございました。

監督のコメントは笑いましたというよりもあきれました。

なんなんでしょうね、あれ。

キャラクターを生かしきれなかったのは明らかに監督等の力量不足の何もでもないんですけど。

監督の認識と視聴者が作品から受け取った認識に多大なずれがあることが改めて分かりました(笑)。

インタビューしていた編集も話を聞きながら「はぁ?」じゃなかったんでしょうか。
 
 
 
え?アレって… (ゆっき~)
2005-09-30 03:53:08
ネタ文じゃなかったんですか?

マジだったんですか?

あんなお粗末クオリティ大批判番組が?

へぇ~~…………



世の中って恐いところですね(大人の事情しかり)
 
 
 
疲れた... (masann)
2005-09-30 08:16:01
何度もここの文章お考えては消し考えては消しお繰り返してます。ひとの批判は書きたくないそう思いつつ監督うーてめえの頭使いやがれっ!!全体のコントロールシナリオの校正スタッフ(嫁も当然含む)の調整は監督のもっとも重要な仕事でしょうが!

ああ、怒るのって疲れる。ほんとに疲れる。スタッフは今燃え尽きてます。。。
 
 
 
悲しい、悲しい (DRACHE(どらっへ))
2005-09-30 22:42:36
 福堕のコメントも酷いですがその犠牲になった作監の悲鳴が悲惨です。

 既に哀愁が漂ってますとです。

 椛島さんの心の叫びがつづられた日記を見て下され。

 URLのブログ経由すると種死関連の記事にリンク貼ってますから。

 どこのサイトも嘆きまくりですよ。
 
 
 
うそだー (吉田まりん)
2005-09-30 23:19:16
実はネタだと思っていたら本当でした……。

「男なら戦え!」って、

テーマ全然伝わってませんよ、監督!

立場があるんだから勢いだけで

発言しちゃいけないと思うな……。
 
 
 
いよいよ、今日で全てが終わる? (かりぷそ)
2005-10-01 00:19:58
コメントどもです(・3・)ノシ



>とうまさま

やはり、終わった後で、しかも放映前にあーゆーのは呆れもしますよね(´д`)

「キャラを活かせなかった」とか言っちゃえる勇気に乾杯(´_ゝ`)ノ■☆

インタビューしてた編集の人は、もしかしたら「種運って流行ってるらしいけど観てないなぁ」とかだったりして?

それとも「このクソ監督、こんなこと言って良いのかな?www」だったりして?ヾ(´▽`;)ゝ



同人誌、頑張ってくだされ(・3・)b



>ゆっき~さま

種運って、これでも凄い幸せなアニメだったりするんですよね。

ネタにされようが、その為には観なくちゃいけないんだし(´_ゝ`)

マガジンに載ってるのの他にも、他の雑誌でもインタビューとか載りそうですが、そーいうのもチェックされまくるんだろうなぁ。幸せだなぁ、監督(´д`)



>masannさま

批判は書くのにパワーいるんですよね。マンセーだと書き易いですし。楽しいから。

ホントに初期プロットが見たいなぁ。どんなラスト…というか、どんな話だったんだろ、本当の種運って?(´_ゝ`)

50話もあったわけで、どーにでも出来たはずなんですけどねぇ…素人の考え?

なら、プロの仕事をもっと見せて貰いたかったなぁ。

私は怒りというより、やっぱ「残念」かな。もったいない。ルナマリアとかルナマリアとかルナマリアとか(´д`)



>DRACHE(どらっへ)さま

作監の悲鳴は凄いですねぇ…どーしたら良かったのかなぁ?

現場というのは、やはり「上に意見を言えるような常態じゃない」とは思うのですよ。言えないもんですよ、普通なら┐('~`;)┌

愚痴っても済んだものは変わらないけど、今度は愚痴らないでも良い作品に携わって欲しいです。

監督も、是非、次は。



>吉田まりんさま

ネタじゃないんですねぇ、これが(´д`)

ラジオもマジで行っちゃったらしいし、こりゃー批判祭されても仕方ないっすな。

「男なら戦え!!」ってのは、一体誰に込められたんでしょうね?

監督も、そのインタビューでの勢いを作品に向けて欲しかったなぁ。



「男なら戦え!!」









 
 
 
エヴァ (小林)
2005-10-02 17:37:24
おひさしぶりです。小林です。



>作中のテーマを明確に「こうです」と言えない最終回は、やはり「新世紀エヴァンゲリオン」が悪いと思う。



 とはいえ、まだ、エヴァのほうが、最終回でのストーリーのブチ壊し方が清々しいくらいに徹底されてますし、庵野監督自身も、「最終回の後、自殺を考えた」と言っているぐらいですから、まだ同情の余地があります。

 しかし、SEEDはそこまで壊れているとは思えないし、完成としても、崩壊としても、あまりに中途半端な印象があります。おまけに視聴者に丸投げしたら、もう最低といっていいでしょう。

 
 
 
シンジが最後に戦ってくれさえすれば… (かりぷそ)
2005-10-03 18:09:39
コメントどもです(・3・)ノシ



庵野監督は、あれで「懲りてない」感じがしちゃうんですけどねぇヾ(´▽`;)ゝ

映画でやり直しが出来た筈なのに、また違う斜め下を行っちゃった感じで…あくまで私にはですけど。



エヴァと種運の最後なんですが、どちらも「主人公が戦わせて貰えなかった」というエンドだったと思います。

そーいうのって、作品としてはアレですが、ロボットに感情移入している子供にはわかんないラストじゃないかなぁ?

私はどちらかというとロボットに感情移入してるので、最後に主人公機が活躍しない時点であーあって感じ(´д`)

なので、壊れてようが無かろうが、ゼロに何をかけてもゼロかなぁ…エヴァも「勿体無い」で終わっちゃうんですよねぇ…好きの裏返しというのもありますけどヾ(´▽`;)ゝ



好きな作品は、ラストもすっきり終わって欲しいなぁ(´_ゝ`)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。