夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

温暖化 進む、地球で 増す、災害 サメに、毒ダコ 増す、日本沖

2016-12-07 16:21:13 | 日記
【 より早くに、 自らの足元の地下へ、 避難経路らと、 住める避難所らとを、 作り拡げてゆくべき、
利害関係性を、 在り得る、 自然災害らと、
核攻撃などの、 人為的な災害らを成すものらから、 押し付けられてある、 日本国民らが、
そうするには、 その、より多くが、 より早くに、 国民経済系の、在るべき、在り得る、 在り様らを、 より、 体系的に知る度合いを高めるべき、
必要性がある。

そこで、また、
GDP ≒ 『 国内総生産 』 、 ともいう、
ある金額数値 、 などの事らをおさらいする 】。


☆ 複数の blogらへ、 同時に、記事を発信をしており、 頂くコメントらも多いために、
一つ、一つへの返信は、 出来難いので、
ご容赦頂きたい。


☆ 花見酒の天下経済系 01
シナ経済系の様な、 廃棄的な資本の投与による、GDPの増大ぶり
2015/ 9/28 12:56:24


ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 sodan@tokyo-jinken.or.jp koueki-psec@moj.go.jp
:
古記事の引越保管+ :

☆ 酒を売りに行こう、という、お噺 ハナシ 。

熊五郎:
『 どうだ、辰、
おれが、 横丁の酒屋の番頭に掛け合って、
灘 ナダ の生一本 キイッポン を、二升ばかり、
借りといたんだが、
こいつを、 三つ割の樽へ入れちまって、
向島へ持って行こうじゃねえか 』、

辰五郎: 『 いいねえ、
大いに飲んで騒ごう! 』、

熊: 『 俺たちが飲むんじゃねえや。
向島へ行きゃあ、 中には、 酒が足りなくなってる連中が居らあな! 酒飲みなんて奴あ、
無くなると、 余計、飲みたくなるもんだ。
そこで、 商 アキナ えば、
一杯、 五文が、 十文でも、 高い安いは、ねえ!
飛ぶように売れるぜ! 』、 

辰: 『 さすが、 兄貴だねえ。
そりゃ、きっと 儲かるぜ! 』。 :

早速、 2人は、 2本の棒に、酒の樽をつるして、 その棒を両肩に担 カツ ぐ、
差し担 ニナ いって格好で、 向島へ出掛けるが、
元から、 酒好きな2人のこと、 菊屋橋まで来ると、 後ろで担いでいた、熊さんの方へ、
酒の匂いが棚引 タナビ いてゆくから、
堪 タマ らない。
:
熊: 『 おい、辰。 お前は、前だから、いいが、
おれは、 気が遠くなっちまうとこだ。
商売物の酒だから、 ただ飲んだんじゃあ、
悪いが、 金を払って、買う分には、
不思議はなかろう 』、

辰: 『 そりゃ、 そうともさ 』、

熊: 『 まことに済まないが、
一杯、 売ってくんねえ 』 。

辰: 『 だれに売るのも、 同じだ。
じゃあ、 樽を下ろそうぜ 』、

熊: 『 ほらよ、十文っ! 一杯、くんねえ 』、

辰: 『 へい、いらっしゃい!
えっ、灘の生一本で! 利きがようございます。
量りをよく致しております 』。


熊さんが、 辰つぁんへ、 十文 ジュウモン 、を手渡し、
十文、の、 消費金額 ≒ 買い物をした金額 、 と、 所得金額 ≒ 売り物をした金額 、 とが、 同時に、成立つ。 :


そんなこんなをして行く中に、
門跡様の所で、 今度は、 辰五郎が堪らなくなり、
熊さんへ、 十文を払って、
一杯を、 やる事になった。

そこでまた、 十文、の、 消費金額、と、 所得金額 、とが 、 同時に 成立つ事になった。


この期間においては、 2人の天下における、
国内総生産 ≒ GDP 、 は、
『 20文 』 、だ。 :



これは、 熊さんと、辰さんの、所得金額らの、合計の金額 、と言っても、 好いし、

この場合は、 彼らの消費金額らの、合計の金額 、と、言っても、 好い。 :
:

国内総生産 、 ともいう : GDP 、を、
伸ばしてゆく事は、
必ずしも、何彼かの生産物らの増産を意味する、
訳ではない。

生産物らを拡大する、 再生産をせずに、
すでに、 生産されてある物らを、
ひたすら、 使い消してゆく、
売り買いらを増やしても、 GDP 、は、 増える。


☆ スペインや中国やらが、
住み手らのつかない程以上にまで、
バカスカと、 住宅や、事務所ビルら等の、
不動産を、やたら建造して、
その、 GDP ≒ 国内総生産 、 という、
ある金額ら 、 を伸ばして来た末に、
中国の方は、 まだ、さほど、 表面化していないにせよ
≒ この記事は、 4年前の記事 、

スペインやら、 親日的な、アイルランド 等は、
不動産バブルが弾けた上に、
財政の再建、 と、称する、
経済成長の可能的な幅を確実に削り減らす、
中央政府の財政から、
その主の、 国民らへ渡すカネの引き締め
≒ 財政緊縮 、 をごり押しして、
多重に、儲けようとする、
欧米の、 ハゲタカ金融資本勢らからの、
集中的な圧力まで受けて、
四苦八苦させられている、 在り様だ。 :


アイルランド等は、 政府の財政が、黒字であった頃に、 不動産バブルを生じさせるに至っており、

三橋貴明氏、や、 リチャード・クー早大教授らが、指摘している通り、 :

日本が、 不動産バブルを引き起こした時にも、
日本政府の財政が、 無駄に、黒字であった事等も合わせて、 通して観ると、

『 カネら等が、 通り過ぎては、 放散する、
放散型の、 個人経済系である、
私企業 、 では、 無い 』、
一国の中央政府の財政で、 黒字を成す事を、
取り立てて、 目標化する事には、
国家経済系の全体において、
不動産バブルなどの、後難の無い、
健全な成長をはかる上では、
全くの有害性しかない、とも、観て取り得る。

その黒字分は、
日本の主の日本国民らの福利らを直にも増す為に、基金化する等して置くべき物だったのだ。


その召使いの、 日本政府の懐 フトコロ に置いて、 日本国民らへ渡さない様にした事により、

日本国民らへ配分され得た、生活物資らや、
サービスらの、 質的な度合と量的な度合が減らされた、 その分こそが、
真に、無駄に、 殺されたものらだ。


家の執事らが、 自らの義務として、 やるべき事は、
家の主らの、 命や健康性の存続も含めた、
在り得る、 福利ら、を、 最大限に成すべく、
働く事であり、
それを成す為に、 その家の生業 ナリワイ を、
より、 盛んにする事を後押しする事であり、

国家の執事らが、 自らの義務として、やるべき事は、
国家の主権者である、 日本国民らの、 在り得る、
福利ら、を、 最大限に成すべく、 働く事であり、
主らに、福利らを生む、 日本の国民経済系の維持と拡充への後押しをする事であって、

日本国民らの一般の召し使いの役にある、
日本政府、の、 その懐 フトコロ へ、
その主の日本国民たちから、 カネらを預けられると、 その財政における、 赤字の分が、 成り、 増す事になるから、

今の様に、 日本政府の、 『 借り 』 、の、
『 94 % 前後 以上が、
その主の、 日本国民たちの、 預金らや、 保険料らから、 貸し付けられて来てある、
日本国民たちの、 金融資産ら
≒ 貸し付け財産ら 、 である事 』 は、
あるべきではない事だ、 などと、
日本の財務省の役人らと、 それに与 クミ する者らの様に、 全くデタラメな主張を成して、
日本国民らへ、 日本政府の財政における、 カネらの出し惜しみである、 財政の緊縮をゴリ押しし続ける事によって、
日本国民らの共同の経済系の、在り得る、成長の度合いを、 確実に、減らす事ではない。


日本の財務省の裏切り者の役人らは、
欧米のカネ貸しらから、 カネを借り安くする為に、 日本の主権者らから、 日本政府が預かるカネらの度合いを減らしてゆく、 とまで、 主張して観せて来ている。

それでは、 全く、 ギリシャ国民たちが、
自らの与 アズカ り知らない内に、
ゴールドマン・サックス等の、 欧米のカネ貸しらと組んだ、 ギリシャの与野党の政治家らと役人らとが、 ギリシャ国民らの名義で、 勝手に、
そのカネ貸しらからの借金を増やしたのと、
同じ手口の事を成す事になる。


英米の富裕権力層の者らを、 最大手の投資主として、 自らの事業らを営んで来ている、
欧米のカネ貸しら等の企業らや機関らが、
食い物にする宛先の、 主権者ら、の、 その執事の役にある、 政治家らと、役人らとを動かして、
その主権者らの名義での借金をこしらえさせる行為らは、
アフリカ大陸の各地でも、 南アメリカ大陸の各国でも、 成して来ているものだ 。


中国が、 より、 明ら様にやっている、
世界中での、 詐欺行為らを、
英米の富裕権力層の主導者らは、
より、 合法性などを装う形で、
表立たない様に、 やって来ているだけだ。

その結果として、 今や、 英米の富裕権力層員らの、 金額数値らに置き換えて観た場合の、
その資産らの金額数値らは、
世界中の資産らを金額数値らに置き換えて観た場合のそれの、 半分の金額に近い所にまで、 急激に、
増えて来ている。

世界各地の、 主権者らの与り知らない内に、
そこここの、 召し使いの役にある者らをして、
その主権者らの名義での借金をこしらえさせて来ているがゆえでもある事だ。



☆ 殺人タコら; 危ない! ただいま、
日本海を、北上中 ;

毎日新聞 2016年2月22日 15時00分
( 最終更新 2月22日 15時53分 ) ;

普段は、 岩や藻と同化する保護色をしている
≒ 京都府は、 宮津市で、
安部拓輝氏による撮影 ;

捕獲された、 豹を想わせる、紋らがある、
ヒョウモン・ダコ。

攻撃を受けると、 青い輪たちが浮かび上がる。


・猛毒を持つ「ヒョウモンダコ」 ;
温暖化が影響か;


 ☆ 日本海の若狭湾の沿岸で、 昨秋から、
猛毒を持つ、 小型のタコの、 「ヒョウモンダコ」が、 相次いで、 捕獲されている。

元は、 西太平洋の熱帯・亜熱帯に分布し、
和歌山などの、 温暖な太平洋側では、
確認されてきたが、

近年は、 日本海でも、 隠岐諸島 ( 島根県 )や、 鳥取県の沿岸でも、 確認され、

地球の全体の、 温暖化などで、

生息域が、 北に向かって広がっている、
可能性がある。

素手で触ると、 命を落とす危険もあり、
京都府海洋センター ( 同府宮津市 ) は、
生息実態などの調査に乗り出す。



☆ 三重県は、 御浜町の、 阿田和の沖の、
4キロの熊野灘で、

12月6日、に、 定置網に、
大型の、 ホオジロ・ザメがかかっている様が、
見つかった。

網を所有する、 阿田和大敷漁業生産組合
( 古川正和組合長 ) によると、

全長が、 約5メートル、 で、

重さが、 1.5トンの大物。


太地町立 くじらの博物館 ( 和歌山県 ) は、

「 熊野灘で、 5メートル級のがかかるのは、
珍しい 」 、 と、 話している。

 
ホオジロ・ザメは、

ネズミ・ザメ科の軟骨魚。

温帯や熱帯に、 多くが生息し、

背は、 青灰色、で、
腹は、 白い。


映画の、 「ジョーズ」で、 有名になった種類で、 凶暴な性格から、 人を襲うこともある。

 定置網にかかった、 アジやシイラなどの、
1トンとともに捕獲された。


船に上げる際に、 暴れたものの、
漁師が連携し、
網が破られるなどの被害は、 なかった。

鵜殿港 ( 紀宝町は、 鵜殿 ) 荷さばき場に、重機で、 水揚げされ、 漁業関係者らを驚かせた。


 鵜殿港で、 競りにかけられ、
太地町の仲買人が、 5万円で、 競り落とした。

みりん干しなどの、 加工用になる見込み。

古川組合長は、
「 小さなシュモクザメやオナガザメはかかるが、ホオジロザメは、 珍しい。
水温が高いためだろうか 」 、 と、
首をかしげていた。
【 汐崎信之 記者 】 。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華露の 波に呑まれる ... | トップ | 花見酒の経済系 おさらい ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。