夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

納得性の罠。 ノーベル賞経済学者な、クルーグマン氏の経済講義 05 。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-15 23:46:29 | 政治・経済
【 何事かを、 一定度合い以上に、
より、体系的に、 理解し得ない、 精神の系らが成り立ってある、場合らにおいては、

そうした認識の系らの成り立ちを妨げ、
差し止める、 規定性らを成して働く、
観念らの働きかけらが存在している場合もあり、

大抵は、 そうした物らの在る、度合がある。


例えば、
去年の、このブログらの、 一月一日の記事を引用するが、

☆ 位置の観念と、点の観念との、内容属性事項らでの不一致など
2016/ 1/1 13:33:07

ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620

@ 問い ;
完全な、 精度が、 百%の球を、
地面に置いたら、

接点の面積は? 2015. 12.31 :


@ 数学で考えれば、 0 、になる。

2次元の点には、 面積は、無い。

物理で考えれば、
球を構成する原子らの1個が、 接点になる。

それ以下では、 不確定性原理により、
明確な接点への観測を成す事は、 無理だ。


◇ 【 観念上の、完全な球と、完全な平面との、 ある位置らでの、 一致箇所について、なら、 :

観念上の、真球の表面を構成する、
ある位置と、
平面を構成する、
ある位置とが一致する、 その位置らの各々には、
面積が、 無い 、から、

触れ合う面積なる物は、 無い、
という事になる。


◇ 点 、 という言葉などに対して、
観念らを設定する精神系において、

点として在る、 何らかの膨らみめいた物や、
それの在る事を強調する、 面積めいた物などを、
想い浮かべて観る、 クセが付いている、
一定数の人々が居る場合に、

その人々の一定数は、

面積性を、 完全に、 排除した、
位置の観念を設定する事に抵抗する、
心理的な構造を成して在り得る 】 。


一定数の人々においては、

点なる物を、 宛 アテ とし、 対象として、
成り立つ観念らにおける、
点なる物らは、

一定の面積を成す形で、
自らの象 カタド りようらを成す物であり、

自らの存在領域としての、
面積などを、自らに持ち合わせて、
成る、属性からも成る存在であり、

全く、 自らの存在領域を成さない、
位置ら、の、各々とは、
その事において、 全く、 異なる存在であり、

そうした存在としての規定性らと共に、
観念されて在る、 ので、

そうした、観念らの規定性らが、

ある枠組み内にある位置の 、 A 、 と、

別の枠組み内にある位置の 、 Z 、 とが、

その各々の枠組みと共に、移動するなどして、
全く、 一致し、

全く、 面積を成す事を、 無しに、
一致し合い得る、

という、
図式的な事柄のありようを、
一定以上の度合いで、 認識する事を、
そうした、 一定数の人々は、
妨げられ、 差し止められて、 ひたすら、
納得のできない思いを成したりもし得る。


理解できない、 という、 宛の事らにおいては、
その一定度合い以上に、 体系的な、理解の成り立ちようらを妨げる、
観念らの規定性らの働きかけらが、
成り立っている度合いもあり、
それが、 何彼なのかに、気付きがなる様に、
心掛けて観る事で、
そうしない場合らにおいてよりも、
早くに、 一定度合い以上に、 体系的な認識の系らを構築し得る。

何事かを理解し難くさせるものらの中には、
観念らの規定性らもあり、

どういった観念らの規定性らが、 その事への理解を差し止めさせているのか、 という事を、 命題として、
そうした、 観念らなり、 規定性らなり、の、
質としての内容事らを、
能 ヨ く、 思い分けて観る事を通して、
何事か、ら、への、 理解の度合いを深める事を、
差し止めに掛かっている、 心理的な状況らを解除し得る。

より、 納得がゆくように、 何事かの、ありようらや、 在り得ようらを思い構えて観る事は、
必ずしも、 それらへの理解を、 より、 能く、
成す事ではなくて、
単に、 より、 特定の観念らの規定性らに、
そう形で、
それらを思い構えて観るようにする事が、
出来ているだけの事でしかない場合があるので、

何事か、ら、 への、 理解を深めてゆく事においては、
納得できる度合いを深める事を、 目的とは、
しないようにする事が、 足しに成り得る。


より、 納得できるか、 どうか、 ではなく、
何事か、ら、への、 理解の深まりようを差し止めて在り得る、 自らの、 観念らの規定性らには、
どういったものらが、 在り得るか 、
という事について、
能く能く、 思い分けて観てゆくべきであり、

単に、 自らの出来合いの観念らの規定性らに、
より、 しっくりくる度合を積み増しているに過ぎない場合もある、 納得のゆく度合いを深める事に、 囚 トラ われるべきではない。


いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 オウム返しにして、 主張し、
実行もする事において、

日本の、 財務省の役人めらと、 与野党の、
主な、 政治家めらとが、

日本政府の財政における、 緊縮 、 を、
繰り返し、 成して来てある事を通して、

日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆく、 と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき、 利害関係性を帯びた立場にある 】 。


☆ クルーグマン氏の経済講義 21 ;

日本政府への、 【 貸し主 】 である、
日本国民たちの一般 1162 ; ケータイ投稿記事
2012/ 2/11 ( 土 ) 午前 0:05 ;

ノーベル経済学賞の受賞者の、
ポール・クルーグマン氏 の、
米国は、 ニューヨーク・タイムズ紙 での 、
経済講義 : 2012年 2月5日 :

【 Things are not O.K. :
事態は、万全ではない。 :


残念な事だが、 アメリカの政策に影響力を持つ連中は、 こんな風には、 事態を観てはいないのだ。

今回の不況が始まって直ぐの頃 ーー

基本的に、 金融の完全崩壊の脅威が、収まり始めて、間もなく、 ーー

政策 ( を作成する ) コミュニティー
( 共同社会 ) にいる、 本当に多くの人たちが、
『 経済支援のための努力を、
打ち止めにするよう 』、 要求し始めた。


彼らの主張らの中には、
『 政府の財政から出る、カネ 』 の事に、
注意をしぼったものらがあった。


『 高い失業率 』 、 と、
『 低い借り入れ費用 ( コスト ) 』

( : 儲かる当てになる仕事らの当てが、
不足しているせいで、

投資機会らが、 それだけ 不足し、

つまりは、 元本分の金額と利息金額、
という、 後払いの値段を付けてまで、

カネ を 買う =

カネを利息付きで借りる 、 事 を、
一定の度合い以上にしてまで、
新規に、 事業を行おうとしたり、
事業を付け足して行おうとしたりする 人たちが、
少なく成ってしまっている為に、

資金の貸し手らの側の方が、 それだけ、
資金の借り手らを探して、 追い回し、

カネを借りて貰い易くするべく、
互いに、 その利息を安くし合う競争をするように、 強 シ いられ勝ちな、

その通貨圏の社会の全体な状況が成り立って在る事を示すもの )

というものが 在る にも関わらず、

( それらが存在していないかの様に ) 、
すぐさま、
( 政府の財政から出る、カネを減らす様
にする ) 、
『 緊縮策を打つべきだ! 』 、 という、
声らが沸き起こったのだ。


しかも、 他方では、

連邦準備制度 ( アメリカの中央銀行 )
≒ 連銀 、 FRB 、 と 、
外国らの中央銀行らが、

貨幣 ( の、 世間への供給を減らすように 、
貨幣を流す量 ) 、 を 引き締め、

( そうすると、 世間へ出回る、
より少ない立場にされた、 カネとしての数値ら、
や、 そうした数値らを帯びてある貨幣ら、 を、
追い回して、

カネ への、 借り手らとしての、 需要を成す側 が、
より、 高い利息を 受け入れる、 競争性を強いられ勝ちに成り =

より、 高い利息で、 借りては、
事業上の利益などを得た上で、
その借金における、 元本な、 金額の分と、
利息な、 金額らとを、 期間内に、
返す事が出来ない、 と 、 予想し、判断した人たちが、
カネらを借りる競争から、脱落し、

より、 高い利息で 、 借金をしても、
何とか成る、 と、 予想し、 判断し得た人たちだけが、
そのカネらを借りる競争に参加し続けてゆく事に成るので、

そうなる事を当てにして 、 ) 、

金利を上昇させるべきだ、 と、
繰り返し、 要求するように成ったのだ。


こういう要求は、 どういった理由に基づくのだろうか?
理由なるものらが、ころころ変わり続けとるんだよ。

ある時は、
『 インフレ ( 物価が上がる事 ) の 、
リスク ( 可損 ) が ある から だ 』 、
と、 される :

消費者物価が、 ちょっと、 上向くたびに、
さあ、 貨幣を引き締めろ! 、
すぐだ、すぐにだ! 、 といった調子で、だ。


連銀や、 その他に居る、 インフレ・鷹派は、
『 爆発的なインフレが来るぞ~! 』 、
という、 予測が、 全く 、 実現する所が 、
無い ままであっても、 引き下がらずにいるし、


去年の、 2011年 の 4月に、
ヨーロッパ 中央銀行 が、 実際に、
【 金利を上げて 】 しまった せいで、

今回の、『ユーロ危機』を引き起こしてしまう、
という、 悲惨な結果 に 成った にも関わらず、
その主張を取り下げてはいないのだ。



他には、 低い インフレ ( 物価の上昇 ) 率 に 対する、 独立の反対論らもある。

( それは、 感覚的なものであって ) 、
絶望的なまでに、 経済が弱い
( 、等と、 盛んに、 あちこちで言い立てられている ) 、 というのに、

( 外国らの、 より少ない金額の通貨らとの、
交換でも、 手に入れ易く成ったし、

将来において、 元本な金額の分と、
利息な金額とを合わせて返す、 という、
約束事に基づいて、 借りる上でも、
利息が安く成っている分、 手に入れ易く成った ) 、
【 安い通貨 】 、と、 【 簡単な信用 】

( 安い利息 での 、 貸し出し競争が為されている状況なので、
現状より、 利息が高い場合より 、
簡単に、 借りられる ) 、
という ものら が 在り得ているのは、
何か、 間違っているものがある、 という、
感覚 が、 それ だ。

私は、 この『感覚』が、 『 精算すべし! 』
、 という、 衝動 ( を呼び起こすもの )
なのだ、 と、 思う。



・フーバー大統領の 財務長官 であった、
( 政府の財政から出る、 カネを増やさず、
減らすように、 財政の緊縮をごり押しし続けて、
アメリカを大恐慌へと追い込んで、
共産主義者らを大喜びさせ、
その『 資本主義 』、 は、
それが、どの様な形態のものであれ、
『資本主義』、と観なせる類のものである限り、
必ず、 ごく一部の富豪らの連合と、
それに仕える暴力集団と、
それらに従わせられる、多数の奴隷的貧困層とに、
決定的に分裂し、
決定的な階級闘争を必然的に引き起こして、
その社会体制を自滅させるに至るものであり、
共産社会へと、 必然的に進化してゆく、
といった類の、
必ずしも、 マルクス氏が主張した、
とも言えない、 政治思想の宣伝などに、
大いに、 役立つ事を仕出かしてしまった、
元凶員ららの一人である )、

アンドリュー・ メロンの、 『後継ぎ』らだ。


財務長官の、 メロン は、
清算
( : 政府の財政の借り分 についての、
清算 、 と、
大恐慌の前の、 株式らへの売り買いらにおける、
バブルに参加してしまった人たち の、
その財産や、生活と、 命ら等を淘汰する事 )
が、
( 神の思惑によって、 )
為される がままに任されるべきだ、
と、 フーバー大統領へ、 ごり押しし続けたのだ。


『 アメリカを苦しめている 』 、 と、
彼が考えた、 『 膿を出すべきだ 』 、
というのが、 メロンの『言い分』だった。


好い知らせが届くたびに、 この清算主義者らの、 色々な類の者らが、次々に登場しては、

『 もう、ここら辺りで、
雇用の創出 なんてものに 、 気を取られるのは、
止めにしようや! 』、 と、 言い立てて回るのだ。


予想通りに、
今回も、 好調な雇用状況を示す数値らが出た途端に、
セントルイス連銀の頭取の、ジェイムズ・ブラード氏は、
『 これで、 経済の成長をさらに促す、
という、 連銀の活動

( アメリカ社会の内外へ、 ドル、 を、 単位とする、 お金として働く数値らを、 じゃぶじゃぶ、
供給し、
借りる上でも、 より、 たやすく、手に入れ得るようにして、
たっぷりと、 米国ドルを世界中に出回らせるようにする、 連銀の処置 ) 、 は、
必要の無い ものに成った 』 、 と、 発言したものだ。


悲しい事だが、 好調な雇用の数値らが出たお蔭で、 連銀が、

( 民間の人々や、 企業ら大勢が、
社会の全体の、 まともな所得の付く、 仕事らの総量を増やし得るように、
一般の銀行らから、 それ相応の、カネ を借り出して、 設備投資 などをし、
可能的な働き手たちを雇って、 働いて貰う、
仕事上の現場ら、 や、 就職口ら 、を、創り出して、
増す事が、 し易いように、 はからって、

アメリカの中央銀行である、
【 連銀 = 連邦準備制度 】 、 が、
アメリカの通貨の、 ドル 、 を、 一般の銀行らへ、 じゃぶじゃぶ 供給し、
一般の銀行らを通しての、
ドル資金らの、 貸し出し = 借り入れ 、
が 、
供給された、 ドルの大量である分、 それだけ、
利息が安く成るのに応じて、
より、 盛んに 行われ易くなるはずなので、

利息が安くなるように、 じゃぶじゃぶ、と、
大量のアメリカ・ドル を 、 米国社会へ、 引き続いて、 さらに供給する、 という ) 、

今、 まさに行うべきべき、『 拡張策 』を行う見込みは、薄まってしまった、 というのが、
事実なのだよ。



注): 今の日本型のデフレ不況下の、
民間においては、
企業らの大勢 タイゼイ が、
国内での、 仕事らの総量を減らし合い勝ち

≒ 一般の銀行ら、から、 カネを借りて、
設備らへの投資をし、
あり得る、 働き手らへの、 雇い口らを増やす事の度合いを、 減らし合っている状況 、
なので、

利息が、 低くなるのに応じて、 借り出しが増える訳ではなく、 停滞に至るのだ。


『 ちょっとだけ、前よりは、好い調子には成っているが、 それで、大丈夫、 という事ではない 』。

未だに、 経済は、 ひどい状態にある。
政策担当者らは、今やろうとしている策よりも、 もっと多くの策を行わねば成らないのだ。


注): 『 総需要 = 有効需要 』 :

所得付きの仕事を探し求めている、 失業者ら
( : 非 自発的な失業者ら ) 、 が、
一人残らず、
所得付きの仕事に就 ツ き得て、
暮らして行けている、
『 完全雇用 』 、の、 状態における、

【 総供給 = 総需要 】 である 場合において、

『 総需要 = 有効需要 』 が、 どういったものら から 成り立ち、

不景気 ≒ 売り買いらの減少 、
というものが、
それらの、 相互の関連性において、
どういったものなのか、 と観ると、

有効需要 = 総需要 = 総供給
( の、 総額 ) =

消費 ( らの、 総額 ) +
投資 ( らの、 総額 ) +
政府支出 ( らの、 総額 ) +
【 純輸出 =
輸出 ( らで得た、 カネの総額 ) -
輸入 ( らで払った、 総額 ) 】 、
で、

この完全雇用の状態から観て、

『 不景気 』 、 というものは、

上の式の、 右辺の項目らの、 どれかが、

一定度合い以上に、 減少して、

総供給 ≒ 売りらの総量 >

消費 + 投資 + 政府支出 + 純輸出
( 輸出 - 輸入 ) 、 と成った、
【 状態 】 、 を言う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞経済学者な、クル... | トップ | 坂本龍馬氏の手紙らが又、発... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。