夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

公開されてある公文書の情報らをすら黙過する、日本の報道員ら一般

2016-12-13 20:50:11 | 日記
【 酸素や、 栄養物資らを運ぶ、 血潮らを、
総身を構え成す、 主の細胞らへ、送り出すべき、
心臓の所で、 差し止めて、 滞留した血潮らの量を、 財政黒字、 と、 称して、
注射器などへ、 取り除けて、 貯め置く様にする事を、 外国らのカネ貸しらからの信用性を増す為の、 財政の再建であり、 財政の健全化である、 と、
称して、
主の細胞らへ、 栄養物資らなどを配分して回る、 血潮らを、 無駄遣いをされる物として、 宣伝し、 宣伝させもして来ている、
日本の、 実質的な売国である、 財務省の役人らと、 それに与 クミ して来ている、
与野党の主導的な政治家らなどの、
日本の主権者である日本国民たちの一般の、
在り得る、 福利らを、 より能 ヨ く成す事を、
自らの義務事項として、選ばれて、雇われてある、
執事の立場にある者らを、
それらへの取り締まりを成すべき、 主 アルジ の格にある、 日本国民たちが、
裁かないままにして、 放任して来ている事が、
彼らによる、 デフレ不況性の、
日本国民たちの一般への押し付けを在らしめ続けており、
日本国民たちが、 法律による手続き事らを成して、 自らへの、 裏切る実態らを成して来ている者らを制御し得ない限りは、
デフレ不況性を解消し得てもゆく、
日本国民らの足元の地下へ、 避難経路ら、と、
住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、
公共事業らを、 本格的に、日本政府へ行わせ得る、
社会の全体の状況を成り立たせる事は、
それだけ、 難しいものになる。

昨日の報道では、 日本政府は、
日本の農業の現場らへも、 働き手の移民らを加える、 との、 方針を明らかにしており、
シナと、 密約がある事を、 アメリカ側の担当者が、 暴露してある、 アメリカ、 が、 裏ガネらと、裏工作らとを駆使して、 後押しをして来た事が、
アメリカの公開された、公文書に述べられてあり、
『 CIA秘録 』 などの、 日本語に翻訳された書籍らにも、 載せられてある、 岸信介首相と、
その弟の、 佐藤栄作首相に、 岸の外孫の、
安部首相らを中核とし得て来ている、
岸アメリカ派員らは、

英米の富裕権力層員らの通例の手口である、
その関わる宛先の国や地域らおいて、
互いに、 対立性らを、 成すべくして、 成す、
異民族や、 異部族の者らを混ぜ入れて置きつつ、
その対立性らを煽る事からも、 英米の富裕権力層へ、利益らを誘導する、 という、 手口を繰り返す事において、
その、 お先棒を担ぐ、 実態らを成して来ており、

その中の一脈 ヒトミャク 以上の事が、
本来の、 日本の主である日本国民らへの、
その合意を得る為の、 相談をすら成さない形で、
勝手に、 成し行って来ている、
移民らの受け入れのゴリ押しであり、

その為の、 経済的な利益への見込み、といった、
デタラメな主張らを成して来てもいる事などだ。

すでに、 アメリカの公開された公文書らにおいても、 その正体をばらされてしまっている、
岸アメリカ派員らとしては、
何が何でも、 英米の富裕権力層の主導者らの、
世界中で、 繰り返して来ている手口の事らを成し、
どんなに、 見え見えでも、
自らが、 その片棒を担ぐ行為らを成す事を、
止める訳にはいかない、 という事なのだろう。

国会でも、 どこでも、 アメリカの公開された、
公文書において、 岸信介首相らが名指しされて、
彼らへの後押しを成した、 アメリカの政府機関らの者たちによる、
その裏工作らの存在が、 明らかにされてある事を、
指摘して来てはいない、
野党などの政治家らも、 シナ朝鮮らの犬である以上の度合いで、 アメリカの犬なのであろう。

いつもは、 政権への与党員らに対して、
狂った様に、 何に絡めてでも、 非難をして観せる、 野党の政治家らが、
その為にも、 真っ先に、 飛び付いて、 騒ぎ立てる火種にすべき、 この情報事項らへ対しては、
全く、 素知らぬ体 テイ を成して観せている、
のだから、
この連中が、 シナと密約がある事も明らかにされてある、 どこの、 誰彼らの顔色をうかがうべき、
裏での立場にあり得るかは、
その個々の者の主観の内容に関わらず、
その、 成して観せてある、実態らにおいては、
明らかな事だ。

日本国民らの側に立つ事を選ぶ、 日本国民らは、
岸アメリカ派員らと、 その実態らにおいて、
それに類する者らとを制御し得る以上の状況らを、
自ら進んで、成し合うべき、 利害関係性を押し付けられて在る 】 。



☆ “日本の最強権力の、 ”検察は、
過去に、 数多 アマタ の政治家を摘発してきた。

だが、 彼らの振りかざす“正義”にも裏があった。

政府と検察との間で交わされた、
最初で最後の、 「法務大臣の指揮権発動」の密約について、
ジャーナリストの青木理氏がレポートする。
 * * *

 1954年の初頭に、 検察の精鋭捜査部隊である、
東京地検の、 特捜部は、 沸き立っていた。

造船会社などから、 有力政治家に賄賂が流れたとされる、 造船疑獄の捜査が進展し、
特捜部は、 当時の与党の、 自由党の議員らを続々逮捕する。

捜査は、 さらに、 政界の中枢へと伸び、
最高検察庁は、
同年の、 4月20日、に、
自由党の幹事長の、 佐藤栄作氏への逮捕についての許諾への請求まで、 決めた。
 
 しかし、 翌21日に、
吉田茂政権の法相の、 犬養健氏は、
検事総長に対し、
国会で、 重要法案を審議中であることを理由として、 検察庁法に基づく、 指揮権を発動、
逮捕への請求を延期させ、
佐藤氏への逮捕は、 頓挫した。


法相の指揮権 ( ※注 ) の発動は、 初であり、
以後も、 例がない。

汚濁した政界に向けて、 振り上げられた、
検察の正義の刃が、 不当な指揮権で、折られ、
検事たちは、 悲嘆にくれた、
これが、 巷間に伝えられてきた、 “正史”である。
 

※注: 指揮権/
検察庁法により、
公訴や捜査などの検察事務に関し、
法務大臣は、 検察官を、一般に、指揮監督できる、と、 定めつつ、
個々の取り調べや処分については、
検事総長のみを指揮できる、 と、 制限している。

これを、 法務大臣の「指揮権」、 と呼ぶ。

だが、 近年に、この正史は、歪められたものだ、 との見方が出ている。
どういうことか。
 特捜部は、 当時は、 イケイケで突っ走ったものの、 実は、 穴だらけの粗雑な捜査であり、
佐藤氏への逮捕に踏み切っても、
公判の維持すら難しかった。

そこで、 当時の検察幹部が、 政権側に接近し、
指揮権の発動を誘発して、 捜査の中断を演出した。
にわかには、 信じ難いかもしれないが、
これを裏づける、 有力な傍証は、いくつもある。


≒ 最も、 指摘すべき宛の事は、
アメリカの公開された公文書に述べられてある、 
アメリカからの、 裏ガネらと、裏工作らにより、
日本の総理大臣に成る者らなどが、決められて来ている事であり、
日本の総理大臣などが決めて来ている事らが、
アメリカ側の者らにより、 決められて来ている事などが、 その記述らから、 窺 ウカガ い知れる、
といった事であり、
それは、 この記事に述べられてある事らの、
裏に、 あり得ていた事でもある 。


代表的なのは、
吉田政権の副総理の、 緒方竹虎氏の日記だ。

親族が管理する日記は、 いまも、 非公開だが、
緒方氏の伝記を執筆した作家らによって、
一部らが、 紹介されている。
 
それによれば、
当時の東京地検の、 検事正の、 馬場義続氏は、
まさに、 捜査の渦中、
吉田氏や、緒方氏と、 何度も、密会していた。


東京地検の検事正といえば、
特捜部を率いる、 捜査現場の最高司令官。
その馬場氏が、 捜査の対象側と密会するなど、
言語道断。
何が話し合われたかは、もはや、 藪の中だが、
指揮権の発動のわずか1か月前に、
緒方氏は、 こう書き遺している。

〈 Bより連絡、 漸 ヨウヤ く、問題解決に近く 〉
 
 Bは、 馬場氏のことであろう。
捜査指揮官は、 なぜ、 緒方氏と密会を続けたのか。 問題の解決とは、 いったい何か。
当時を知る検察関係者は、 こう明かした。

「 捜査が惨めな失敗に終われば、
特捜部の存亡に関わりかねない。
ならば、 検察の権威を堅持しつつ、
勝ち目の薄い戦を収拾したほうが、 得策。
そこで、 政権側に、 指揮権を発動させる
方向に持っていったんだろう 」 。

事実とすれば、 馬場氏は、 傑出した策謀家だったことになる。
暴走捜査を、 “外部要因”で、 幕引きし、
検察を、 “悲劇の被害者”とすることに成功した。
 
しかも、 以後は、 政治が検察をコントロールする術である、 指揮権は、 タブー化し、
検察の独立性は、 過剰なほど、 不磨の大典として保護されることになったのだ。

のちに、 馬場氏は、 検事総長に就任、
検察に、 「馬場時代」を築き上げる。
※SAPIO 2015年 9月号


≒ 総理大臣へ、 岸アメリカ派員らを就けて来た者らが、 誰であるかを、
アメリカの公開されてある公文書の記述らによって観ると、
アメリカの後押しを無しに、
こうした事らが、
日本の主権者である日本国民らとの、相談も、
合意も、無しに、 それらを全く無視して、
成されて来ている訳には行かない、 という事にも、察しが付くし、 日本の主権者としての日本国民らによる、 自らへの執事の役にある、 政治家らや、役人らへの、 より、 直接的な指揮を成し、
監督を成す制度らなどが、 いつまでも、
試みによるものらも含めて、 立ち上げられない事の理由についても、 表立って言われて来ている事らだけではない、 と、察しが付く。



@ 大根葉は、 味噌汁に入れても、いいよ。
歯応えも良く、 シャキシャキしてて、
癖も少ない。 浅漬けもまた、 同様 。
2016年 12月4日 7:27


@ >黒い方の種は、 1粒を残して、
風に散ってしまった。
>だから、 そっちは、 種が採れる事を期待して、
育ててる。

大根を含めた、 大抵のアブラナ科のやつは、
自家 受粉 / 受精 をしないから、
1粒1株だけで育てて、 種が得られたとしても、
交雑は、 必至だな。

何か、 おもしろい性質の子が得られる可能性も、
無いとは言えないから、
全くの無駄とは言わないけど、
妙な性質の子を以って
「 これが、 日本のラディッシュか 」 、
とか思われたりw

-------------------
※59
>F1は、 花こそ咲いても、 実も種もならない。

F1品種でも、 雄性不稔を抱え込んでる奴でなければ、 普通に、 種が出来るよ。

その種が、 親とは異なるものってのは、
その通り。
人によっては、 この現象を利用して、
「 マイ品種 」 を選別育種する出発点として、
F1品種を使ったりするそうですよ。


@ 種を取るなら、 固定種の方が良いけど、
手に入るかと言われると、 微妙そう。
家庭菜園なら、 あんまり、 連作障害は、
気にしないでいい列辺 レベ ≒ レベル 、
じゃないかね。

こういうの見ると、 タキイ種苗とか、
サカタのタネとかは、 海外で販売してたりするのか?、 とか、 知名度あるのか?、 とかが、
気になるわ。


@ >グウィネス・パルトロウが、
大根おろしの愛好家だそうな。
>消化を助ける効果が凄い!って理由で。

それが、 本当なら、 グウィネスさんは、
『 吾輩は猫である 』 の苦沙弥先生や、
私の仲間だわー。
親しみが湧くわー。

生姜・千切りキャベツ・酢の物
・グレープフルーツも、 好きに違いない。


@ 台湾国で食べる、 ルオボガオ
( 大根餅 )。 わっぜ、 うんまかど


@ American Takii とか、 サカタも、
現地法人があるけど 、
花卉種苗では、 最近は、 サントリーが、
ぶいぶい、 言わせている 。
綴りの間違いとか、 なんちゃって、
英訳が、 ちょっと、 目に付くけど。
詰めが、 甘い 。

ちなみに、 蔬菜でも、 花卉でも、
アメリカに限れば、 日本の品種は、
普通に出回っている 。
なんでも、かんでもっていう訳ではないけどね


@ 何かで、読んだ事があるが有るが、
大根は、 古代エジプトでも、作られていて、
ピラミッドを建設の労働者らにも、
報酬として、 渡されていたんだと。
 

@ 大根と言えば、 大根のアクって、
感じない人らの方が、 多いんだろうか?

ウチは、 5人家族だけど、
俺しか、 分からないらしく、

母;「 おでん作っても、いつも、大根があまる 」 。
俺; 「 大根くさいから、 アク抜きしてくれ 」 。

家族全員; 「 別に、 アクとか感じないよ 」 。

とにかく、 アク抜きをしてくれ、と、 頼み込んだら
、 おでんの大根は、 余らなくなった 。

が、 しかし、 今でも、 アク抜きをしないと、
大根が余るけど、 アクは、感じないらしい、
わけが、 わからん 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉も美味い 胃液を... | トップ | 湧く胃液 ジアスタ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。