夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

細胞に、核が2つある、肝細胞ら。 ノーベル賞経済学者な、 クルーグマン氏の経済講義 07 。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-20 15:05:47 | 政治・経済
【 医療戦線 : 乳化の作用
2012/ 8/11 22:42:12 ;

医療戦線 : ホルモンの不足を、食で補う
08/ 9/3 22:23 ;
:

◇ 骨代謝 美肌づくりの

エストロゲン 女性ホルモン

減る、 更年期・・。
:

◇ 大豆から   エストロゲンに

似た成分 骨の代謝を

推す、イソフラボン・・。
:


医療戦線 : 微太忍(びたにん:ビタミン)B
:

◇ 水に溶け 汗と出易い 微太忍B

煮汁まで、 飲め 豚汁の徳・・。 :



医療戦線 : 肝小葉らが束になっている、肝臓
:

◇ 肝細胞 集まって成す 肝小葉

肝で、静脈 囲む、角柱・・。
:

◇ 核2つ 持ち合わせたる 肝細胞

ゆえに、肝臓 減っても、戻り・・。
:

◇ 肝細胞 放つ、 胆汁 ゆく、胆管

十二指腸で 包む脂粒 ヤニツブ ・・。
:

◇ 脂 アブラ らを 解いて、粒にし

くるむ、汁

十二指腸へ 注ぐ、 胆汁・・。 :



☆ 医療戦線 : 乳化は、 脂らを、
小さな粒にして、 くるんでしまう事でもある。 :


◇ 乳化する 胆汁を出す 肝細胞

貯める胆嚢 縮めば、放つ・・。
:

◇ 脂らを 粒にくるんで ゆく、胆汁

十二指腸から 下界も目指し・・。



☆ いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

日本の主権者である、 日本国民たちの、
あり得る、 労働らへ対して、

一定金額以上の、 収益や、 所得の付く、
仕事らの総量が、 より、 多く、 与え加えられる事から、
日本国民たちの、 あり得る、 稼ぎらの度合いが、 増やされる、 と共に、

日本国民たちが、 日本国民たちの、 売る事や、 売る物らを、 買う、

『 内需 』 、 の、 度合いを増すのに必要な、

より、 余計に、 買い物らをできる、
経済的な余力の度合いを、 より、 余計に、
増されるようにする事により、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
菅直人氏や、 鳩山氏などの、 主な政治家らとが、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 オウム返しにして、 主張し、
実行する事において、

日本政府の財政における、 緊縮 、 を、
繰り返し、 成して来てある事を通して、

彼らへの、 主 アルジ の立場にあり、
彼らが、 奉仕すべき宛 アテ でもある、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、

物価や、 所得ら、 の、 安く成る、 あり得る、
要因らを含む、 状況のある事や、
その状況そのものである、

『 デフレ不況性 』 、 を、 解消し去ってゆくと共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき、 利害関係性を帯びてある 】 。



☆ 美惑星 フィロソフィア 01 ;

クルーグマン氏の経済講義 31 ;

日本政府への、 【 貸し主 】 である、
日本国民たちの一般 1172 ケータイ投稿記事 ;
2012/ 2/13 ( 月 ) 午後 6:52 ;

ノーベル経済学賞を授かった、
ポール・クルーグマン氏 の、 米国は、
ニューヨーク・タイムズ紙 での、 経済講義 :
2012年 1月1日 :

【 Nobody Understand Debt. :
誰も、債務の何たるかを心得てはいない。 :


・・だが、 そういう 外国人持ちの債権らの、
1 ドル 当たり = 百 セント 当たり 、
に対して、
アメリカ は、
外国らへの、 『 債権 』 ら ≒
法律の、手続き事らによって、 貸した何彼を、
取り立てる、 権利ら 、を 、
89 セント 、を、 持っているのだ。

( 百に対して、 89 、 である ) 。


外国人たちは、
アメリカへ投資する
( : カネを貸す。 借金を負わせる。
資本となるものらを貸して、
債務を、 米国の誰彼に、 負わせる )
に 、 当たっては、

『 安全で、 利回り ( 利息 ) の低い 』
資産ら へ 投資する 傾向があるが、


実は、 アメリカ側が、
海外の資産ら ( 外国らの資産ら ) から 得る、 『 所得らの総額 』 の方が、

アメリカ側から 、 海外の投資家たちへ支払われる、 金額らの合計額 よりも、
大きかったりもするのだ。


中国への借金を返すために、
アメリカが、 首が回らなく成っている

( : 借金のある事を観る以外の事が、
出来ない状態になっている ) 、

といったような、 想念を、 読者らが抱えているのであれば、
それは、 見当違いな ( 解釈付きの )
情報事項らを仕込んでしまっている事になるよ。

アメリカは、
そんな状態へ向かって進んでいる訳ではないんだ。


取り分け、 イギリスは、
過去の、 170年の中で、
81年に渡って、 対 GDP で、

すなわち、
その国内の所得ら ( 付加価値ら ) の、
金額らの総額で表される、
国内総生産 、 に対する、 割合において、

百 % を超える 、 借金を背負っている。


大ケインズが、 不況から脱け出す為には、
中央政府の財政から、
もっと 、 カネ を出す
( 中央政府は、 もっと、 財政支出をする ) 、 事が、 必要だ 、 と、
筆を揮 フル って説いていた、

ちょうど、その時の、 イギリスの政府は、
今の、 どの先進国らよりも、どっぷり深く、
借金づけに なっていた。


勿論、 今、 保守派員らが、
過激な反税金運動を展開している、
アメリカ では、
そういった、 責任性のある 政府は、
持ち難いかも知れないが、
それは、
アメリカ政府の借金のせいではなくて、

( 経済的な効果らが、 消え去らずに、
人から人へと、 順繰りに、 成り立ってゆく、
自己循環型の、 天下経済系を構成する、
動的な事らの、 全体図を観通し得て居らず、

従ってまた、
統計上の、 数値らや、 それらの推移ぶりが、
全体として、 何を意味し得るのか、を、
より、 筋道の立つように、 想い構えて観る事の出来ていない人たちから、
発信され続けている、
マクロ経済系についての、 見当違いな解釈付きの情報らを鵜呑みにしたり、

自らも、 見当違いな動きらを成したり、
ひとの為す、 見当違いな動きらの展開ぶりを迎え観ても、 それらを成す主らを、 説き伏せるなり、
より、 社会的に、 無力化する、 段取り事らを、 成し得ないままでいる )、

我々自らの、 せい、 なのだ。


☆ ポール・クルーグマン氏 の、
米国は、 ニューヨーク・タイムズ紙 での、
経済講義 : 2012年 2月8日 :

【 Zero Bounds and Butter Mountains. :

ゼロの限界と、 バター山脈。 :


◇ ビル・グロース氏が、
この不況に 立ち向かうように、 主張しているんだが、 その方法は、 というと、

何と! 、 『 利子率を上げる 』 ことだ、
というのだよ。


彼には、 味方などはいない、 と、 言いたい所なのだが、
実際には、 多くの、【 すごくマジメな人たち 】が、

( 貸し出す <=> 借り入れて使う、
元本のカネの額 に対する )、

利子の割合が高くなるようにせよ、 と、
求めているし、


( 銀行らが、 彼らにとっては、 借金 である : 預金 に付ける、 利息が、 低いせいでの )、

『 預金者たちの窮状 』 についての 、お話が、
ますます、多く、 語られるように成っている。


だから、
ゼロに成った利子率と、 我々が今いる、恐慌

( : 1933年 ~ 37年にかけても、
雇用 【 仕事口らや、 職業口ら 】 、 は、
かなり増えていたが、
その時も、 まだ、 大恐慌だった ) 、

との 、 関係について、
私の考えを説明させて欲しい。


貸し付け資金らへの、 借り手らの側の 需要 と、
貸し手らの側の 供給 とについて、 考えて欲しい。


利子率について、 扱いにくいのは、
利子率に関しては、 その見かけにおいて、
2つの理論があるからだ。

ーー 貸し付け資金となるもの :

即ち、 『 【 貯蓄 】 に関わる理論であり、

【 貯蓄ら 】への、 借り手らの側の、 需要 と、
貸し手らの側の、 供給 、 との事 についての、
理論があるのに対し、


◇ 流動性選好についての理論 :

即ち、 貨幣 ( 現金 ) 、と 、
( 現金より、 流動性の低い ) 、
債券ら、 との、 トレード・オフ

( 一方を得ることを選ぶと、
他方を得られなくなる、 関係の事・もの同士 )
についての、 理論 が あるが、
どちらが、 正しい のか ?


どちらも、 正しい ーー

なぜなら、 貯蓄と投資とは、

どちらも、 GDP :
【 ある、 国内や、 経済圏内の、
外国人らの稼ぎの金額らも含む、
所得金額ら ( ; 付加価値ら ) の 総額 】
でもある、
国内総生産 ( = 金額 ) 、 に 依存 しているが、

当の、 GDP は、 変化し得るからだ。


それは、
貯蓄 = 投資 曲線 ( IS 曲線 ) 、 と、

貨幣らの供給量 =
貨幣らへの需要量 、 の、 一致する組み合わせらを、 線で、 図に示した場合の、その曲線 :

LM 曲線 、 と を、
同じ図において 、 組み合わせて観る事により、

【 国民所得の総額 と 利子率 】 との 組み合わせら の、 どれが、
投資の総額 と 貯蓄の総額 と を 一致させ得ている の と同時に、

貨幣の実質での供給量 と、 貨幣への需要量 と を 一致させ得てもいる、
ある一点の状態を成り立たせ得ているものであるか、 を 特定し、

それを基準として、 その一点から離れてある、
各々の経済状況らが、
投資と貯蓄との、 大小関係において、
どういった状態にあり、

貨幣の実質での供給量と需要量との、
大小関係において、 どういった状態にあるか、 を、 判別し得る ようにする、 図象 である :

【 IS - LM モデル 】 へと近づく、
第一歩となる。


そして、 我々が、 利子率のゼロ下限域にある時に、 何が起こっているのか、という事を考える、方法らの一つは、


もし、 経済系が、
【 完全雇用 】 の状態に在ったとしたら、
こうなるだろう、 という、
貯蓄の、 需要と供給とを描いて観る事だ。


それは、 こんな感じに成る。 添付 画像。


◇ 政策を構築する上で、 考えに入れるべき事は、
どのような理由であれ、 ーー

現在の状況に即して、 言えば、
主に、 債務の自己満足時代の後に生じている、
レバレッジ

( : 梃子 => 借金の倍掛け状態 )の 解消 であり、

ーー 【 完全雇用の状態 】 において、

【 貯蓄らの総額 】 、 が、 そのまま、
【 投資らの総額 】 、 と 成る、
【 投資 = 貯蓄 】 の状況を成立たせる、
利子率 、 が、
【 ゼロ 以下 】 に成ってしまっている事だ。


不幸な事だが、 それは、実現し得ないのだ。

なぜならば、 損を出してまで、
貸し出しをしなくても、 人々は、
現金を、 そのまま、 持っていれば、 好い からだ。


( 国債ら等を買って、
政府 など に対する、 貸し主 に成ってやり、

政府が、 公共投資を行い、 公共事業らを実施する上での、 可能的な度合いを増やしてやったり、

自ら、 投資をして、
生産活動を促し、 増やしてやったりする事などを、
せずに、

資産として、 一定額以上の現金を手元に置き続ける、という事を、
そうできる立場の人たちが、実行してしまうと、

自ら、 職を探しながらも、
それを得る事の出来ないままの状態に置かれる、

【 非 自発的 失業者 】 たちが、存在し続けてしまい、

【 完全雇用 】 の状態は、達成され得ないままに成る ) 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空売り ; おさらい律句ら... | トップ | 無 、 というもの、 等と同... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。