夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

世界各地で、対立性らを煽る火種らを据え、 各国政府の財政緊縮らから、最大の利益を得て来ている、英米の富裕権力層員ら

2016-10-29 19:45:57 | 日記
ネット記事+論弁群+;

☆ イギリスは、 オックスフォード
・ユニバーシティ・プレスが発刊する、
最新のシェークスピア全集の、
「 ニュー・オックスフォード・シェークスピア 」 では、
三部作である、 「 ヘンリー六世 」 の、
共同執筆者として、
同時代の劇作家の、 クリストファー・マーロウ氏の名が記載される。
また、この全集に含まれる、 44作品のうちの、 17作品が、 他の作家との共著である事が、
判明した、 という。

「 ヘンリー六世 」 での執筆で、
シェークスピア氏が、
マーロウ氏と協力した可能性については、
憶測や陰謀説を含めて、
何世紀も、 議論されてきたが、
これまで、 証明は、 できていなかった。


上級編集員の1人である、
ゲリー・テーラー
米フロリダ州立大学教授は、
今回は、
シェークスピア氏やマーロウ氏にとどまらず、
エリザベス朝時代に書かれた、
演劇などの、 多くの著作らのデータらを活用し、
特有の単語や、単語の組み合わせを検討した、
と、 述べた。

テーラー教授は、 ロイターに、
「 こうしたビッグ・データは、
つい最近までは、 入手が、 不可能だった。

シェークスピア氏は、
ビッグデータの世界に突入した。
長きにわたる疑問に対し、
より、 確信をもって、 答えることが、
可能となった 」 、 と、 述べた。

http://jp.reuters.com/article/shakespeare-idJPKCN12P0MB


@ シェークスピア氏って、
フランシス=ベーコン氏の筆名だろ。

@ そういう説もある 。

@ シェークスピア氏は、 学も何もない、
田舎者だし 、
近年になって、 偶然に、
その墓が発見されたくらいに、
地元民らにさえ、 知られていなかった 。

@ 地元人らが、 その、 学のない、
田舎者ら、とやら、であったとしたら、
振るう槍氏の、 学のある事の判る演劇らを、
面白がって観る、素養が、欠けていて、
観に行く事も、 地元で、やらせる段取り等も、
しなかった可能性があり、
そうであれば、 振るう槍氏の事を、
特には、知らないままでいたとしても、
不思議は、無い 。


@ 彼の作品の多くは、 共作かもしれない。
そういう話は、 ずいぶんと、 昔からあったね。
他の作家らを巻き込んで、 作品を量産した。
その点で、今で、 いえば、
プロモーター、エージェント、グループ作家、
と、 言えるかも。 そのはしり。


@ シェークスピア氏が、 マーロウ氏の文体をまねた、 という可能性もあるわね

マ ーロウ氏は、は、謀殺されてる。
200px-Christopher_Marlowe


☆ クリストファー・マーロウ氏 ;
洗礼日は、 1564年、の、 2月26日で、
日本は、 戦国時代で、 上杉謙信氏と、
武田信玄氏の、 軍隊らが、 川中島で、 何度目かの戦 イクサ 、 をしていた頃だ 。
- 1593年の、 5月30日 、 は、

イギリス ( イングランド ) の、
劇作家、詩人、翻訳家。

エリザベス一世女王の時代に活躍。
華麗な無韻詩
( ブランクヴァース ) で、 知られる。

代表的戯曲は、
『 フォースタス博士 』
( Doctor Faustus )、
『 エドワード2世 』
( Edward II ) など。

シェイクスピア氏に先がけて、
エリザベス朝演劇の基礎を築いた人物らの一人。


@ 証明ったって、これで、
正確な証明になるの?

統計的に、 可能性が高いってだけでしょ?

シェイクスピア氏が、 変化をもたらす
等のために、
意図的に、 他の作家になった積もりで、
書いてたら、 どうなの?


@ 統計的であっても、
一定の確率を超えると、
正確な証明だ、と、 認められるんだよ 。


@ 解釈による余地は、あるから、
この教授が、 大資料を活用した、
という、 主張をしているだけで、
その主張の内容事らが、 正確である、
とも、限らないので、
まだ、 証明された、とは、
合理的には、 観成され得ない段階にある 。


@ 陰謀論が再燃するぞ。
マーロー氏は、 シェークスピア氏が、
活躍し始めた時に、 死んでるのに、
共同執筆?
シェークスピア=マーロー説ですか?

マーローの作品を下敷きにしただけだろ。
ハムレットも、
誰かの先行作品があったんだから。


@ 平家物語に、 大夫房覚明氏が、
関わっているかどうかを調べてほしいね。

覚明氏の名義の文書も、
ちゃんと残っているわけだから。


☆ 【国際】 ; 天安門事件からの、
最後の受刑者、
27年の刑期を満了も、 出所を確認できず。 中国 。


9 【海外/IT】世界最古の図書館で、
資料をデジタル化・・ モロッコ 。


@ 写楽どんの場合みたいなもんか

@ シェークスピア氏自身は、
プロデューサーみたいな役割だったのかな 。


☆  【 ロンドン ≒ 岡部伸記者 】 ;

第二次大戦で、 アメリカ軍が、
沖縄戦を開始した直後の、

1945年の、 3月、に、

中国の、 国民党の、 蒋介石政権が、

対外宣伝機関を通じて、

明時代に遡って、
尖閣諸島を含む、 琉球群島
( 沖縄 ) の、 領有権を主張していた事が、
十月28日、に、
イギリスの、 国立公文書館が所蔵する、
最高の機密文書である、
「 ウルトラ 」 の記述らにより、
明らかになった。


カイロ宣言 ( 43年 ) で、

琉球群島への領有権が、
日本にあることを認めながら、

一転して、 日本が、
不法に、 占拠した領土で、
放棄すべきだ、と、 訴えた、 としている。


 駐・重慶の、 フランス大使が、

本国の、 パリの外務省に送った、

「 中国が、 琉球群島への領有を主張 」 、
と、 題する電報を、

イギリスの、 ブレッチリー・パーク
( 政府暗号学校 ) が、 傍受し、
解読し、 「 ウルトラ 」 に、 まとめた。

 それによると、
フランスの大使は、
沖縄戦の開始に関して、
シナの、 国民政府の、 財政部の機関紙である、
「 時事新報 」 、が、
「 琉球 ) 群島の歴史を顧みて、
明の時代から、
19世紀の末 ( 日清戦争の時 ) まで、
中国に属していた 」、
と、 言明している、 と、 報告している。


 「 時事新報 」 、は、 また、
琉球群島について、

「 カイロ宣言で、
中国に返還されるべき
( 満州・台湾・澎湖諸島などの、 )
領土に含めなかったために、

連合国側が、
日本の合法的領有権を認めた 」、
と、 指摘。

連合国らの対日での基本方針である、
『 カイロ宣言 』 、で、
日本による領有の合法性が、
認められた、 とした上で、

「 われわれは、 歴史の、
恥ずべきエピソードを抹消したい。
この議題は、 議論されることが必要だ。

( 琉球 ) 群島は、
日本が、 戦後に放棄すべき、
不法に占拠された、 領土らの一つ 」 、
と、 訴えている、
と、 仏大使が、 フランス本国に伝えた。

 「 時事新報 」 は、
20世紀の初めに、 上海で創刊。

1937年の、 日中戦争の勃発後に、

重慶に移り、
民間のものの形を取って、
プロパガンダ
( 政略宣伝 ) 活動をしており、
蒋介石・中華民国・国民政府・主席の指示で、
琉球群島への領有権を主張した、
と、 みられる。

大戦後上海に戻り、 復刊したが、
49年の5月、に、
共産党により、 廃刊された。


 琉球群島をめぐっては、
43年の11月の、
カイロ会談で、

蒋介石主席は、
ルーズベルト米大統領から、
領有を持ちかけられたが、 拒否し、
後日に、 悔やんだ、 という。


これが為に、
沖縄戦の開始の混乱に乗じて、
「 時事新報 」 で、
再度、 領有権を主張した、 と、 みられる。


 中国は、 近年に、
琉球王国が、
中国王朝に、 朝貢を行う 、
「 冊封国 」 、で、
「 明清の両朝の時期に、 属国だった 」 、
とし、
「 独立国家だった琉球を、
武力で併合した、 日本は、
沖縄に、 合法的な主権を有していない 」
、と、 主張。

尖閣諸島をめぐる問題を、
沖縄の全体まで拡大し、
対日攻勢を強めている。



 「ウルトラ」の前半部 ;

 「 中国が、 琉球群島
( 沖縄 ) への領有権を主張 ;
駐重慶フランス大使報告 」 ;

 駐重慶フランス大使から パリ外務省あて

 1945年3月30日

 最近
( 3月26日、に、
米軍が、 慶良間諸島に上陸を開始 ) 、

アメリカ軍が始めた、 琉球群島
( 沖縄 ) 戦を論評して、

不適切なグループである、
「 Shih Shih-Singpao 」

( 中国名; 『 時事新報 』 ) が、
( 琉球 ) 群島の歴史を顧みて、
明の時代から、 19世紀の末
( 日清戦争の時 ) まで、
中国に属していた、 と、 言明している。



 【 カイロ宣言 】 ;

米英ソの3巨頭が、 初めて会談した、
テヘラン会談に先がけて、

1943年の、 11月の下旬に、

エジプトは、 カイロで、

ルーズベルト米大統領、と、
チャーチル英首相、に、
蒋介石・中華民国国民政府主席とが、

数日間を会談し、

12月1日に発表された、
連合国らの、 対日での基本方針。


第一次大戦の開始以降に、
日本が、

【 国際法の規定事らの通りに、
合法に、 報復や、反撃に、 懲罰を成した、
戦争行為らによって、 】

奪取し、占領した、
太平洋の全ての島らは、 取り上げられ、


【 シナ人らの固有の領土ではない、 】

満州・台湾・澎湖諸島の、
中国への返還、と、
【 朝鮮人らの、 日本国民らへの、
無理強いによる、 日韓の合併につながった、
日本による、 シナからの、 朝鮮の、 独立は、
すでに、 成されていたが、 】

朝鮮の独立、や、
日本に、 無条件降伏を要求することなどが、
定められた。

http://www.sankei.com/world/news/161029/wor1610290006-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/161029/wor1610290006-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/161029/wor1610290006-n3.html

この『ウルトラ』によれば、

 ・・第二次大戦の末期の、
1943年の、 11月のカイロ会談で、

中華民国の、 国民政府の、 主席の、
蒋介石 、 と、
アメリカの大統領の、
ルーズベルト、 が、 密談し、

ルーズベルト、 は、

蒋介石に、

「 日本を敗戦に追いやった後に、
琉球群島を、 すべて、
中国にあげようと思うが、 どう思うか 」 、
と、 何度も聞いたのに、
蒋介石が断った、 という。

 
尖閣諸島は、 1895年に、
沖縄県に編入されており、
「 琉球群島 」 に含まれる。

密談の後に、 蒋介石は、
領有を断ったことを悔い、
同席した部下に、
「 絶対に、 口外するな 」 、
と、 口止めした、 という。


 蒋介石は、 当時は、
延安の、 中国共産党への打倒を優先して、
対日戦を回避していたために、
沖縄への領有で、
日本と、 新たな摩擦を起こしたくなかった、
と、 みられる。

  しかし、
アメリカ軍の沖縄作戦の開始で、
日本の敗戦が濃厚となった、
1945年の3月の末に、
対外宣伝機関紙「時事新報」を通じて「明時代から中国に領有権がある」と主張し、連合国側の反応をうかがった。終戦後、状況が変われば「民意」を受けて正式に領有を主張しようという思惑もうかがえる。

 戦後の46年の2月に、

ヤルタ密約が公表された直後の、
駐重慶の英国大使が、
自らの外務省に送った公文書では、

「 時事新報 」 が、
「 ソ連が、 帝政ロシア時代に戻って、
領土らへの要求をするなら、
中国は、
満州 ( 清 ) 時代に立ち戻って、
ビルマ、インドシナ、琉球群島、
樺太までを要求する 」 、
と、 主張しており、

中国が、 混乱に乗じて、
カイロ宣言などを空文化して、
琉球を取ろうと狙っていたことは、 明らかだ。


 しかし、
フランスの大使が、
対外宣伝を担った、 「 時事新報 」 を、
「 不適切な集団 」、 と評して、 報告し、
この電報を傍受した英国も、
最高の機密事項らを記述した文書である、
「 ウルトラ 」 にして、
英首相のチャーチルに報告していることから、
英仏の両国は、
カイロ宣言を無視した、
蒋介石の、 沖縄への領有権の主張を、
批判的に受け止めていたようだ。

 
一方で、
アメリカの、 ルーズベルト大統領は、

ソ連のスターリン首相には、

千島列島への領有を持ちかけ、

ヤルタ会談の密約を経て、
ポツダム宣言の受諾後に、
ソ連が、 そちらへ、 侵攻し、
不法に占拠をし、
現在も、 未解決の、
北方領土問題となっている。

( ロンドン 岡部伸記者 )

http://www.sankei.com/premium/news/161029/prm1610290026-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/161029/prm1610290026-n2.html

http://www.sankei.com/images/news/161029/prm1610290026-p1.jpg

@ その歴史事項らを観るに、
世界中で、 領土問題ら等の火種らを据え、
部族対立や、 宗派対立などの、
近隣地域らでの、 対立性らを煽り立て、
自らの側が、 漁夫の利を得られる、
度合いや、 分割して統治し得る度合いなどを、
増して来て、
更には、 世界各地の、
役人らと、与野党の政治家らを、
実態らにおいて、
ベニスの商人型の、カネ貸しである、
海外の投資家なる、
海外の金融資本勢力の者らに、 同調させて、
各国の中央政府へ、 自らの主の国民らから、
預かる、 カネらの、在り得る度合を減らさせて、
外国らのカネ貸しらから、 カネらを借りる、
度合を増やさせ、
どのカネらも、 より、 その地の主権者である、
現地の国民らへは、 渡さない様にする、
中央政府の財政での引き締め、
財政緊縮 、 を、 そこの主権者らと、
中央政府へ、ごり押しして、 やらせ続ける事で、
確実に、 そこの主権者らの成し合っている、
国民経済系を縮小均衡化させてゆき、
様々な権利らや、技術的な資産ら等も含む、
その主権者らの色々な資産らが、
より、 安い、 大バーゲンで、
外国らのカネ貸しらへ、 売りに出されてゆく、
度合いも増して来させている事において、
現に、 世界中の資産らを、
金額数値で、 評価した場合に、
その半分に近い額の資産らを、
自らの物にしてしまっている、
英米の富裕権力層の者ら、が、
日本国民ら等が、 世界中の、
彼らによる被害者らと連携して、
どんな裏工作らを成してでも、
制御する対象とすべき者らの、
最たる者らである、 という事を、
改めて、 告げ得てもいる情報らが、
この報道記事には、 ある 。



@ ルーズベルトって、
沖縄をやるって、 蒋介石に言ってたのか 。

その親は、 アヘンの売買で儲けるし、
当人は、 戦争を煽って、 金儲けするし 、
ほんとに、 どうしょうもない悪党だな 。



@ 中国に対して、 沖縄・尖閣、 
ロシアに対して、 千島列島。
このように、 戦後にも、
日本が、 周辺国らと対立するようにしたのは、
アメリカの主導者らの政策。 


@ 朝貢=領土、 ではない 、 のにな 。

むしろ、 国王を認める冊封は、
中華帝国とは、 違う、
別の国である事をそれ自体が、 証明している 。


@ 別に、 中国、 は、
他国の顔色なんて、 気にしてない。
力がある者は、
奪い取れるのは、 当然と言う土人精神。
期を伺ってるだけ。
過去の云々を持ち出すのは、
主張の正統性への根拠、 と言うより、
いざ、争いになった時に、
少しでも、 有利になるように、
地ならししてるだけ。
所詮は、
国際法や、過去の歴史の事等を、
屁とも考えていない者らだ。


@ > 武力で 、 併合 。
これを否定したら、
中国は、 そんなに大きな国でいられない、
と思う 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫議員への、法的な手続き... | トップ | 詐僕らの無法性らを解消すべ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。