夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

狭心症 左の肩に 胸や背に こり、や、痛みに ダルさを放つ・・。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-22 13:14:52 | 政治・経済
【 日本の主権者として、 日本国民の一人一人が、 日本の領域内の資源らの使用の権利ら等を、
きちんと、 分配し合い、
それを元手にして、 大学らでの教育を受け得るようにしたり、
今後の20年ほどの内にも、 各分野で、
労働らの大半を、 必ずしも、 ヒト型ではない、
労僕徒 ロボット らが、 こなすようになってゆくに連れて、
稼ぎ口らを失ってゆく事で、
その経済力を失わされてゆく度合いよりも、
余計な度合いで、 日本の主権者として、
日本の財産らから、 経済力を得てゆく事が、
できるように、 新たな制度らを、 自ら進んで、 作り出し合うべき立場にある。

かつまた、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

日本の、 財務省の役人めらと、 与野党の、
主な政治家めらとが、
英米の、 カネ貸しらの主張する事らを、
そのまま、 自らも、 オウム返しにして、主張し、 実行する事において、

日本の中央政府の財政における、 あり得る、
カネとして働く数値らの出し入れの度合いを、
小さくしたり、 小さいままにしたりする事でもある、
日本政府の財政における、 緊縮 、を、
繰り返し、 成す事を通して、

日本国民たちへ押し付け続けて来てある、

日本国民たちの一般と全体の、 あり得る、 経済力の成長する度合を、 削り減らす、 要因らなり、 状況らなりから成る、 社会の全体な状況そのものや、
それが、 ある事であったり、 その度合であったりする、
あり得る、 物価や、 給料などの賃金らの水準を、 押し下げるものらから成る系である、

『 デフレ不況性 』 、 を、 解消し去ってゆく、
と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを、 飛躍的にも、
高め得てゆくべき、利害関係性を帯びてある 】。



☆ 医療戦線 : 症候性肩凝り 08/10/13


◇ 左肩 痛んで止まず ひどくなる

心筋梗塞 その他のお告げ・・。
:


◇ 急に肥え 痩せて、顔色 黒く成り

不足、告げるか 副腎分泌・・。
:


◇ 油っこい 食や飲酒後 左側

腹や背中が 痛む膵炎 スイエン ・・。
:


☆ 医療戦線 : かぜや、 膀胱炎と似た症状 、
時に、 腰痛なども 08/ 9/30 00:04
:

◇ 尿濁り 急に、発熱 排尿痛

吐き気などある 腎盂腎炎・・。
:


☆ 医療戦線 : 茶褐色のおりもの ;
性器内の出血。
悪臭のある、 茶褐色のおりもの :
膣内に、 異物の残留の可能性 08/9/28 22:19 :


◇ おりものが 薄いのり状 弱酸性

透白 ( すじろ )・乳白 健康な色・・。 :



☆ 酸性 、 とは、
負電荷な、 電子の2つから成る、 電子対、を、 原子や分子の枠組みの中から、
奪いとる、 電子強盗な、 働き、 を、 成す性質。




☆ 医療戦線 : セロトニンから作られる、
メラトニンが、 眠けをもたらす :

セロトニンの増産と、 リズム運動 :


◇ 可能的な動きらを撰び為す、
意識の働きを必要とする、 運動態様から、
自動化され、 動きらの組み合わせが、
決まりきったものになって、 その分だけ、
意識を薄れさせる事になる、
単調なリズム回しの運動が呼ぶ、 眠気
08/9/25 17:29
:

◇ 繰り返す 動く律積 ( りづん ) で

セロトニン 増えて、眠気を

呼びやすくなり 歩くなり

ガムを噛むなり 繰り泳ぐなり・・。



☆ 無症候性脳梗塞とは……?
2010/ 12/16 7:52:27 ;

◇ 脳梗塞の症状はないのに、
検査を受けたら、 「 脳梗塞がありますよ 」
、 と、 いわれた。

―――最近、こんな経験をする人が増えています。

このように、 検査で、 たまたま見つかった、
脳梗塞のことを、 「 無 症候性 脳梗塞 」
、と、 いいます。


無 症候性 脳梗塞 を指摘される人が増えている背景には、
脳への検査に、 MRI ( 磁気 共鳴 画像 )
などの、 脳内を撮影する技術が進歩したことと、
脳ドックの普及があります。


従来は、 見えなかった脳内の様子が見えるようになって、
脳梗塞 ノーコーソク の発作が起こる前から、
梗塞の存在を知ることができるようになった。


無 症候性 脳梗塞 は、 高血圧や心房細動のある人、 首の所な、 頸部の、 血管が狭くなっている人などに、 多くみられます。


つまり、 脳梗塞への危険因子をもっている人に、 多く見られる、 ということです。


危険因子をもたない人では、
特に、 治療はしないことも多いようですが、
なんらかの危険因子を持っている場合は、
積極的に、 その治療と脳梗塞への予防につとめるべきです。


生活習慣を改善しながら、
高血圧や、 『 心房細動 』 、
糖尿病や、 高脂血症などの、 危険因子を、
しっかり、 管理し、

血管に、 血のかたまりができないようにする、
薬を服用するなどすれば、
今までと、 変わらない、 QOL
( 生活の質 ) を保った生活を送ることが、
できます。


ただし、 脳梗塞の症状がないとはいえ、
脳のなかに、 梗塞 コーソク
≒ ふさぐものがある状態 、 詰まり 、
があることは、 事実ですから、
楽観は、 できません。


本格的な脳梗塞が訪れないよう、
真剣に、 生活改善・治療に取り組んでください。

「徹底図解 脳梗塞 より」 。


◇ 認知症の多くは、
脳血管障害の積み重ねで起こり、
その原因のほとんどが、 脳梗塞です。


ですから、 脳梗塞への前兆である、
『 隠れ脳梗塞 』 を早期発見することで、
多くの認知症らを防ぐことができるのです。


隠れ脳梗塞
( 無 症候性 脳梗塞 ) 、 は、
早い人だと、 30代から、 あらわれ、
40代を過ぎると、 急に増加する、 と、 いわれています。


脳梗塞は、 高血圧や、 糖尿病などの病気が、
原因となったり、
生活習慣などによって、
血液が、 ドロドロになって、 血液の循環が、
悪くなったりして、
血管が、 厚く、 狭くなり、
脳の血管が、徐々に詰まって進行していきます。


一般的に、 脳梗塞の初期には、
大きさが、 数ミリ程の、 微小な梗塞が、
数個が、 出現し、
段階をへるごとに、 この梗塞らが、
脳のあちこちに、見られます。


このような、 症状のない、
ごく小さな梗塞が、 隠れ脳梗塞
( 無 症候性 脳梗塞 ) です。


脳梗塞をはじめとする、 脳血管障害を、
生活習慣病の一つ、 と、 とらえ、

ふだんから、 脳の血管を健康に保つ生活を、
心がけ、 脳梗塞を予防し、 脳の健康を守ることが、 大切なのです。


◇ < ビタミン B12 の働き >

・新しい細胞を作り、
壊れた細胞を修復する働き。


・神経の壊れた部分を修復する働き。

・伝達物質を作る働き。

・免疫を正常にする働き。

・脳の詰まったところを、かき出す働き。

・血流をよくする働き。

このような、 様々なはたらきが、 あります。


また、 ビタミン B12 、 は、
大量かつ配合によって、 効果的に働きます。


ビタミン B12 は、 水溶性
( 水に溶ける性質のもの ) ですが、

脂肪成分となじみやすい構造をもっています。



◇ 脳は、 たんぱく質とともに、
脂肪成分を多く含む、 器官です。


それが為に、 ビタミン B12 、は、
たやすく、 脳に入り、

脂肪成分による、 汚れで詰まった部分を洗い出すことにより、
元どおりの、 健全なものに復元し、
また、 切れた部分があれば、 つなげて、
修復作用を発揮します。


◇ ビタミン B12 、 には、
脳の血流をよくするとともに、
脳神経の働きを、 改善、 あるいは、 促進する、
作用があります。


同時に、 動脈硬化の原因となる、
ホモシステインや、 活性酸素
( ふえすぎると、 体に害を及ぼす、
非常に、 不安定な酸素 ) を除去する、
働きも持っています。


日常の生活習慣や生活環境を改善するとともに、
栄養面を改善することが、 大切です。

脳梗塞の予防・対策・後遺症に、 ビタミンB12

http://www.endokoro.com/
http://www.endokoro.jp/
子供たちの集中力・学力向上、受験にビタミンB12
http://www.endokoro.jp/libra_g.html


☆ 1485名の医師が参画する、
ヘルスケア情報サイト ;

☆ ヘルスケア大学 ;

◇ 肩こり ;

病気のサイン? 肩こりをともなう、
内臓疾患の種類と、 症状の現れ方
更新日:2016/12/09 公開日:2015/12/11 ;

森末光先生 ;
この記事への、 監修ドクター ;
御殿山整形外科リハビリクリニック 院長 ;

この病気・症状の初診に向いている科は、
整形外科 ;


◇ マッサージや、 運動に、 入浴をしても、
肩こりが、 少しも改善されない、
安静にしても、 日に日に、 肩こりが悪化する、
という方は、
肩こりの影に、 内臓疾患が潜んでいる、
可能性があります。

ここでは、 肩こりをおこす、 内臓疾患の種類や、 症状らについて、 解説します。


内臓での疾患からくる、 肩こりの場合に、
肩こり以外の症状も、 現れてきます。


いったい、どのような症状が出るのでしょうか。
そして、 どんな疾患が、 肩こりを引き起こすのでしょうか。


☆ 内臓疾患からくる、 危険な肩こり ;

◇ 慢性的に、 肩こりがある方は、

内臓疾患からくる、 肩こりとの違いを、
見極めにくいかもしれませんが、

内臓らの疾患からくる、 肩こり、らには、
肩こり以外にも、
色々な症状らが現れる、 という特徴があります。


◇ 肩こり、と、 併発しやすい症状としては、

頭痛、 背痛 セイタ 、 胸痛、 めまい、
動悸、 息切れ、倦怠感、咳などが、あります。


しかし、 これらの中には、
内臓疾患をともなわない、 肩こりでも、
併発するものもあります。


見分け方の本堵 ポント ≒ ポイント 、
としては、
運動や入浴、に、 整体でのマッサージ 、
といった、 対処法を行うことで、

軽減されるか、 どうか、という点です。


◇ 血行の不良から起こる、 一般的な、
肩こりの場合においては、
こういった対処法をくり返し行えば、
ラクになってくるものです。


こういった対処法を続けているにも関わらず、
全く、 改善が、見られなかったり、
状態が、 悪化するような場合は、
一度は、 内科や整形外科を受診し、 今に、
起こっている、 肩こりが、
何らかの病気によるものでないかを診てもらうことを、おすすめします。


また、 肩こりに、
以下のような症状をともない、
それが、 長期間を続く場合も、
一度は、 受診した方が、 よいでしょう。


◇ ・強い疲労感が続く 。

・胸が重い、苦しい、動悸がある 。

・発熱が見られる 。

・指の関節に、 腫 ハ れが、 見られたり、
節々に、 痛みがある 。

・食事をきちんととっているのに、体重が落ちる 。


・頭痛が、 頻繁に起こり、吐き気、や、
めまいをともなう 。

・手に、しびれがある 。

・麻痺したように、 体が動かしにくい 。

・片側にのみ、 強い痛みや、こりがある 。

・気分の落ち込みが続く 。


◇ 肩こりを併発することがある内臓疾患 ;

肩こりを引き起こすような内臓疾患には、
以下のようなものがあります。


☆ 心臓病 ;

狭心症や、 心筋梗塞では、
肩の付近に、 痛みや、 だるさ、を、
感じることがあります。


◇ 特に、 『 左側の、 肩や背中、に、
胸の付近に 』 、 痛みが、 見られます。


◇ 心筋梗塞が発症する前には、
多くの場合で、 狭心症の発作が起こります。


肩こり以外に、
背中の全体の痛み、 強い胸焼け、
胸の締め付けなどがあり、
このような症状が、 日常で、 起こる場合には、
注意が、 必要です。



◇ 狭心症 肩に、 痛みや ダルさ出て

特に、 左の 胸や、背に、 肩・・。



☆ 肝臓障害 ;

肝炎などの、 肝臓障害があると、
肝臓の上の、 横隔膜が刺激され、
肩の動きに、 影響が出ます。

右の首の部分から、 肩の後ろにかけての、
痛みも、 見られます。


◇ 右の首 肩の後ろへ 痛みあり

病める肝臓 指す、放散痛・・


☆ 胃腸障害 ;

下痢や、 便秘など、 胃に不調があるときも、
肩こりや、 肩甲骨らの間での、 痛みが見られることがあります。


☆ 肺の病気 ;

【 反日売国奴らが、 シナ朝鮮人らなどの、
日本への出入りを手引きして来てあるせいで、
死ななくても良い日本国民たちの一定数を、
それらからの、 感染により、 殺して来ている 】、


肺結核や、 肺膜炎になると、

咳や、 だるさ、に、 微熱などの症状が、 起こりますが、
初期の症状として、 肩や背中に、 こり、や、
だるさ、 が、 出ることがあります。


◇ 肩や背に こり、や、 ダルさ、は

肺結核 肺膜炎など 初期の症状・・。



◇ 肩こりの多くは、 姿勢の悪さや、
ストレスからの、 血行の不良によるものですが、
中には、 こういった、 内臓の疾患にともなって現れるものもあります。

たかが、 肩こり、 と、 放置せず、
不安な場合でなくても、
医療機関らを受診し、 相談しましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無 、 というもの、 等と同... | トップ | 反社会的な、法務執事ら。 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。