夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

イギリスの 仕掛けら 今も、ミャンマーや 世界各地で 火種をおこし

2016-10-16 10:43:09 | 日記
ネット記事+論弁群;

☆ ミャンマーで、
武装集団が、
警察署らを連続して襲撃 ;
警官の9人が殺された [ 10/10 ]

【 シンガポール=吉村英輝記者 】 ;
ミャンマーの国家警察は、 十月9日、に、
ミャンマーの西部の、 ラカイン州で、
同日の未明から、 早朝にかけ、
警察署の3カ所が、
最大で、 90人の武装集団に、
相次いで襲撃され、
少なくとも、 警官の9人が殺された、 と、
発表した。

武装集団側は、 8人が死に、
2人が拘束された。

政府は、 この地域に、
夜間外出禁止令を出して、 警戒を強めている。

ロイター通信は、 州政府の幹部の話として、

【 シナの支援を受けている、 】
ロヒンギャ族員らの犯行、 との見方を伝えた。

http://www.sankei.com/world/news/161010/wor1610100014-n1.html

☆ ミャンマーの複数のメディアらは、
十月12日、に、
イスラム教徒の少数民族の、
ロヒンギャ員らから成る、
約300人の武装集団員らが、
十月11日の午後に、 西部の、
ラカイン州の軍施設を襲撃し、
軍の兵士の4人と武装集団の1人が死んだ、 と、
報じた。

 9日にも、 州内の警察施設の3カ所が、
武装集団員らに襲われ、
警官の9人が殺されている。

多くの武器らが奪われ、
州内の一部に、 夜間外出禁止令が出ていた。

http://www.sankei.com/world/news/161012/wor1610120022-n1.html

☆ 武装した男の数百人が、
軍部隊を襲撃、 12人が死ぬ。
ミャンマー西部
http://www.afpbb.com/articles/-/3104053

 
@ ロヒンギャを保護しろ、 と言ってた、
ヨーロッパ人らは、 現実を見ろ !
奴らは、 民主主義と自由への敵だ !

 
@ 礼拝堂や、 食堂を作って、
媚びてる奴等に見せてやりたい

 
@ ロヒンギャ、 と称する、
イスラム教徒のベンガル人らは、

イギリスに協力し、

日本軍と、 ラカイン人達を攻撃していた、
のだから、
日本が助ける義理は、 全く、無いんだよね。

イギリス、が、
植民地らへほ支配のために、
ラカイン人達から、
土地を奪い、
インドから連れてきた、
ベンガル人らに与えた事が、
争いの原因なのだから、
イギリス人らへ、 責任をとらすべきでしょう。



☆ 【 米軍北部訓練場 】 ;
北部訓練場の移設への妨害に、
威力業務妨害罪を適用へ ;
警備が困難な敷地、
極左暴力集団員らが参加 ;
集会で、 不法侵入を、
「 すごい戦い 」、 と、 堂々誇示 [ 10/8 ]

日本政府は、
北部訓練場のヘリパッドの移設作業に対する、
妨害行為を排除するため、
威力業務妨害罪を適用し、
検挙する方針を固めた。

訓練場内への不法侵入が常態化しており、
放置していれば、 作業が遅れるためだ。

県道で、 車を斜めに駐車して、
工事車両の通行を妨害していた行為が、
往来への妨害への容疑での、 逮捕により、
沈静化したことも踏まえ、
「 検挙に勝る、 防犯なし 」、 との、
判断に傾いた。

深刻化しているのは、
「 N1 裏ゲート 」 を拠点に、
反対派員らが、 連日、に、
訓練区域内への侵入を繰り返し、
G、H、の、 両地区での、
樹木らへの伐採などの作業を妨害する行為だ。

防衛省の幹部は、

「 有刺鉄線を設置しても、
その日のうちに、 切断して、 侵入する。

妨害行為も、
ショベルカーの先端部分に潜り込む、 などし、
危険極まりない 」、 と、 語る。

9月の下旬からは、
機動隊が移動するのを阻むため、
くぎ、や、 ガラス片をまくなどし、
妨害を柄空荒 エスカレ
≒ エスカレート 、 させている。

訓練場に侵入した上で、
ヘリパッドの移設工事を妨害する行為は、
法律への違反に当たるが、
検挙は、 容易でなく、
政府や警察当局の頭を悩ましてきた。

最大の原因は、
北部訓練場が有する、
約7500ヘクタールの広大な敷地面積だ。

他の在日米軍施設と異なり、
不法侵入を防ぐためのフェンスを、
張り巡らせることができない。

そのため、
杉田和博官房副長官は、
威力業務妨害罪の適用による検挙を、
警察当局に指示。

主に、 N1ゲートの前などの、
訓練場の外側に配置されていた、
機動隊を、 訓練場内に本格投入した。

ただ、課題もある。
警察当局が、 訓練場内に、
機動隊を本格投入したのは、 9月の下旬。

10月8日時点で、
1週間以上がたっているが、
機動隊に、
現行犯逮捕をされた活動家は、 出ていない。

反対派は、
一カ所に固まっているわけではなく、
数十人が散らばっているため、
一斉に検挙することは、事実上は、 不可能だ。

ショベルカーに潜り込んだり、
ぶら下がったりしている行為は、
業務妨害として、 検挙しやすいが、

ショベルカーの前に、
座り込んでいるだけの行為は、
判断がつきにくい。

こうした違法行為の線引きの難しさもあり、
警察当局が、 詰めの検討に入っている。

警備関係者によると、
反対派は、 逮捕を警戒し、
危険を感じた時点で、 逃げ出す。

ただ、機動隊の展開で、
反対派がいなくなれば、
工事が円滑に進むかといえば、
そう簡単ではない。

「 反対派は、
重機の前に、 座り込んで、
工事を、 1時間ぐらいを妨害し、
機動隊が逮捕しそうになったら、
逃げ出す。 だが、 しばらくしたら、
また、 戻ってきて、 妨害する 」 。

( 半沢尚久、杉本康士 記者 )
www.sankei.com


@ 9条護憲派員らは、
暴力行為の行使が、 お好き 。

  @ 暴力や脅迫といった恐怖政治が、
大好きなのが、 日本の詐翼員ら、だよな


@ 組織的にやらかしてる、
テロリストなんだから、
逮捕して、 懲役刑の実刑にでもして欲しいわ

@ 平和団体の主な活動は、
「 戦い 」 ww
こういう看板に、 偽りありは、
詐欺師の類だ。
背後関係も含めて、根絶して欲しい。


@ 工事現場にいるだけで、 不法侵入だし、
ショベルカーの前に座って、
動けないようにしていたら、
威力業務妨害だろ。


【 沖縄基地移転妨害現場ルポ 】 ;
本紙記者の直撃に、
「 どうせ、 ネット右翼が、ネタ元でしょ! 」、 と、 逆ギレ ;
そのあきれたロジック [ 10/8 ]

高江橋は、 反対派が、
「 N1 ゲート 」 、 と呼ぶ、
北部訓練場の搬入口に通じる、
ルート上にあり、
土砂や資機材を運び込む、
トラックを妨害するために、
車両を放置しているのは、 明白だ。

だが、 沖縄県警は、
車両を撤去するわけではない。

車両を片側の車線に、 レッカー移動し、
トラックの通り道をつくっただけだった。

反対派が、
訓練場の周辺で、 通行車両に乗る人物が、
政府関係者や、 工事業者でないかを、
確かめようと、 勝手に行う、
“検問”も、 違法行為だ。

だが、 これも、 検挙の対象になっていない。

東村の農業、依田啓示氏が、
業を煮やして、 警察を呼んだら、
駆け付けた警察官は、
反対派と、 約1時間を、
押し問答して、 帰った。

活動世話人の山城博治氏は、
「 森を守ることも、 活動の理由の1つだ 」、
と強調する。

「 北部訓練場のある、 )
この森は、 私たちの神々がすむ森だ。
唯一の自然だ。
沖縄県中南部の森は、
戦争で、 全部をやられて、
金網だらけになってしまっている。
残る森を守らなければならない 」、 という。

森を守るために、
ヘリパッドの工事に反対する-。
この理屈には、 首をかしげざるを得なかった。

防衛省の沖縄防衛局の関係者が、
「 反対派は、 訓練場に不法侵入して、
自分たちが移動しやすいように、
勝手に、 下草を刈っている 」、 と、
証言したのを聞いていたからだ。


森を守るために、
森を傷つけてもいいのか。

山城氏に、疑問をぶつけると、
紳士的な口調が変わって、
取材を打ち切られた。

「 どうせ、 ネット右翼が、 ネタ元でしょ! 
もう、 いいよ! 」 。

誰のための反対運動なのか。

9月26日に、 N1ゲート前に、
反対派が設置したテントにいた男性に、
話を聞いた。

活動が、 法令への違反に当たるか、
どうかは、 「 分からないですね。
私は、 法律家じゃないんで… 」、 と、
話しながらも、
活動が迷惑だと思っている、
住民らの存在に関しては、
「 そういう住民はいますね。
住民の方に迷惑をかけることは、
本来は、 あってはならない 」、 と語った。
それでは、 どういうロジック
( 論理 ) で、 活動を正当化できるのか。

「 ロジック…。破綻しますよ。
それは、 破綻するんじゃないですか 」 。

男性は、 こう述べ、
「 それこそ、 民主主義じゃないですか 」、
と、 続けた。

あまりの率直さに、 あぜんとして、
二の句を継げなかった。

「 産経は、 嫌い 」 、 と、
はっきり言う、 この男性にとって、

産経新聞記者からの取材は、
「 すごい迷惑な話で、
いやな時間 」 だったそうだ。

だからといって、
声を荒らげるわけではない。

素直に、 自らの論理の破綻も認めている。

一昔前の活動家のように、
ヘルメットや、ゲバ棒で、
武装しているわけでもなく、
むしろ、 凡庸な印象を与える。

警察庁には、
「 安全への確保を考えると、
手荒なまねはできない 」 ( 幹部 ) 、
との声もあるが、
安倍晋三首相が 、 9月26日の、
所信を表明する演説で、
ヘリパッドの移設について、
「 もはや、 先送りは、 許されない 」、
と、 訴えた。
これ以上の違法行為を許さず、
基地への負担の軽減を実現するためには、
覚悟が求められている。

( 杉本康士記者 )
www.sankei.com


 @ ちょっと、 病気なんだよね。
 こういう人たちは、 一定数いるから、
どうしようもない。
 問題は、話に付き合うと、
悪化する、と、 わかってるのに、
相手をするメディアでね。

 
@ 一昔前の活動家ほどの、
元気があるわけではなく、
年寄りとか、 少数派ゆえに、
弱者扱いされることを見越して、
無法者的に振る舞ってるわけで、
非常に、 タチが悪い。
記事の結論に同意だね、
もう、ブッ飛ばせばいい、 と思う。


@ 少しでも、 客観視できる頭があれば
自分たちのやってることの、
おかしさくらい、 わかるわな。
もう戻れないんだよな。
しかも、 マスコミが、 批判もしないで、
応援してくれるし。 産経以外はw

 
@ 大衆の中に埋没した個、として、
暴力をふるえるわけじゃなく、

反日活動家のなかの、
特定された個としての言動は、
どうしても、 特定されるからね。


@ >何のために使うのか、
警察官の顔写真を撮る人はいるが

身元を割り出し、
家族に危害を加えるためじゃないの、
他に、 考えられない 。


@ これのことだな

【沖縄】 ; 「 機動隊、
お前らの家もわかんだぞ?
妻子だって、 わかんだ 」、
「 街宣カーで、 自宅前に行ってやる 」…
辺野古で、 恫喝し、 暴れる、
プロ市民が、 ヤバすぎる、と話題に [ 3/7 ]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425725831/

@ 男性は、こう述べ、
「 それこそ、 民主主義じゃないですか 」、
と、 続けた。

支離滅裂。こういう種類の人間が、
70年代に、 内ゲバ殺人合戦を繰り広げたり、
連続しての、 企業への爆破で、
民間人を死傷させた。

@ 現実で、 ネット右翼とか言って、
恥ずかしくないんだろうか

@ 過激派でしかない市民団体は、
自分達の政治主張に邪魔な相手に対して、
組織的に、 脅迫って、
テロールをやらかしてる訳だ。

共産や、 民辛が、
世界では、 当たり前の、
共謀罪の立法化に、 反対する訳よね

 
@ 法律も遵守せずに、
組織的な暴力や脅迫で、
世を動かそうとしてるのなんて、
もろ、 恐怖政治で、
法治国家にあるまじき活動だから、
テロとして、逮捕すべき連中なんだよな。


【琉球新報社説】 基地内での逮捕を容認 ;
恣意的な運用許されない [ H28/ 10/9 ]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475980230/

 これまで、 米軍の排他的管理権の壁に阻まれ、基地内に逃げ込んだ容疑者の米兵の、
日本側への身柄の引き渡しが、 実現せず、
日本側が、 逮捕権を行使できなかった事例は、
数多くある。
住民の人権が、踏みにじられてきた。

 ところが、
ヘリパッドの建設に反対する、
住民への逮捕なら、 いとも簡単に、
逮捕権の行使を、 日本側に認める、
合意は、 あまりに、 不平等だ。
恣意 シイ 的な運用は、 許されない。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/

@ これは、 恣意的な運用をして、
日本の警察が、 逮捕しないと、

米軍が、不法侵入者を射殺・捕獲・拷問・裁判
・処刑とか、
しちゃえるんだけどな。


@ パヨクらには、
命の危険がある活動をしてる、
という、 自覚が無いんだろう。

自分らの得て勝手な論理と同様に、
米軍や、日本政府が、 やり返してきたら、

パヨクは、命が、いくつあっても、足りんぞ。

これが、 人民解放軍の基地に対する、
抗議行動だったら、 全員が、 行方不明だ。

自由と民主の国に守られながら、
自由主義と民主主義を破壊したがるバカども。

 
@ つまり、 道路への、
不許可な占有にたいしての、
恣意的な運用は、 許されないので、
座り込みをしている人間達は、
全員を逮捕って事ですね。

 
@ 我が国に、 軍隊があり、
軍事法廷を開けるなら、
日米地位協定なんて、 不要。
憲兵が、 身柄を拘束して、
軍事法廷で裁けばいいのだから。
パヨクが、あれもイヤ、これもイヤと、
ワガママ放題にして来たツケだから、
甘んじて、受けろwww

@ いや、 住民を逮捕したいのではなくて、
過激な活動家を逮捕するだけだよ。
なぜ、 こうも、 話が食い違うかな?

 
@ というか、 沖縄のアジトを調べて、
武器と金の流れをストップしろよ。
正真正銘のテロリストの手先なんだから

 
@ 実は、 ほとんどが、 住民ではない、
実態とか、 活動家の違法行為を見逃して、
書かない、 琉球新報が、 なんだって?


@ つまり、 琉球新報は、
日米の地位協定への推進派って事だよなw

 
【国内】 ; いよいよ、際立つ、
翁長雄志知事の“ダブルスタンダード” ;
菅義偉官房長官、
米軍の、 北部訓練場の、
年内での、 返還への交渉を表明 ; 知事は、
地元からの要望にも、動かず [ 10/8 ]

菅氏は、 同日に、
北部の訓練場を、 上空から、 ヘリで視察。

その後に、 名護市内のホテルで、
東村の、 伊集盛久村長、と、
国頭村の、 宮城久和村長、や、
ヘリパッドの移設工事の現場である、
東村は、 高江地区の、
仲嶺久美子区長と会談した。

地元側は、 会談で 、
「 静かな環境にしてほしい 」
( 伊集氏 )、
「 工事の再開後に、 生活が一変した 」
( 仲嶺氏 ) などと、 訴えた。

現場の周辺で、 移設への反対派の、
妨害活動が過激化しているためだ。

菅氏は、 「 しっかり、対応する 」、
と応じ、 高江地区への財政からの支援も、
実施する考えも伝えた。

翁長氏は、
普天間の危険への除去に不可欠な、
辺野古の移設には、 反対する一方、で、
他の米軍基地・施設ゆへの負担への軽減は、
必要、 との立場だ。

だが、 県内の米軍基地・施設で、
最も面積が大きい、 北部訓練場の、
早期での返還に関しては、
地元自治体が返還を要求している、
にもかかわらず、
事態への打開に、 積極姿勢を示していない。

地元住民の生活は、
移設の工事への、反対派の妨害活動の激化で、
悪影響を受けているが、
翁長氏は、 見て見ぬふりをしているかのようだ。

( 小川真由美記者 )
www.sankei.com



【 シナ鮮米露らの、 反日工作らへの圧力が、
身内員らへ及び得る、 可能的な度合いを、
日本国民らにおいて、 減らす為にも、
身内員らごと、 暮らし得る、
保護施設らとしても、
津波や、 洪水に、 核攻撃や、 地震と、
噴火などに対する、
緊急時に、 足元から、 すぐに避難できる、
地下の避難施設らを造って置くべきだ 。

それを、 より、能く成すには、
日本の財務省の、 英米の金融派員として、
機能して来ている、 反日な役人らと、
それに連携する事において、 軌を一にしている、
与野党の政治家らとを、 一般の日本国民らが、
一般社会から追い払う、 法的な手続き事らなどを成す事が、必要だ 】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温暖化 進む地球で ... | トップ | また、 韓国系の詐欺。 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。