夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

軍を動員する為の電力量も、シナ次第な、北朝鮮。 日本国民の数千人以上を監禁している、シナ

2017-05-18 22:01:18 | 政治・経済
【 当方へ押し付けられてある裁判も含め、
複数の裁判事らを抱え、
調べ事らにも、 時間を取られ、 東北電力へ貸してある当方の敷地への料金の上げ分で、 東北電力への電気料を払う交渉が捗らない内に、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 より、 快適に、 避難所らとを作り拡げる、 公共事業らを成す事により、

英米の富裕権力層の者らを最大手のカネや利権らの投じ主として、 自らの投資事業らでもある、
カネ貸しを営んで来てある、
投資銀行の、 ゴールドマン・サックスなどの、
英米の、 カネ貸しらの主張する事らを、 自らも、
そのまま主張し、 引き合いにも出して、
実行する事において、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の主な政治家らが、
日本の中央政府の財政における、 カネとして働く数値らの出し入れのあり得る度合いを、 より、
小さくする事でもある、
中央政府の、 財政の引き締めである 、
中央政府の、 財政の緊縮 、 を、 強引に行い続ける事で、
日本国民たちへ押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、 に対しては、

一定金額以上の、 収益や、所得の付く、 仕事らの総数を、 あり得る働き手らの労働らの全体に対して、 より、 余計に増やしてゆくと共に、

より、 少ない立場に成ってゆく、
あり得る、 労働らを獲得して、 自らの事業を立ち行かせたり、 収益などを得るが為にする、
雇い手らの側における、 賃上げ競争性の成り現れる度合いを高めてゆく事で、

デフレ不況性を解消し去ってゆきつつ、

日本国民たちの防衛性の度合いをも高め得てゆく事からも、
日本国民たちが、 より、 他者への反撃性や、
より、 自らへの防衛性 、に、 欠けてある人々を、
選り好みして、 標的にし、 集りの宛 アテ にもする事を習い性な事にしている者ら等によって、
戦争にも巻き込まれ得る、 あり得る度合いを、
より、 小さくもしてゆく、
という事の、 成り得る度合いを、 より早くに、
積み増す事へ対して、

一貫して、 自ら進んで、 後押しをする事に欠ける対応をして来てある、 その度合いに応じて、
その実態らにおける、 反日員らで在り得てある、
東北電力の大船渡支部の者らが、
誰1人として、 その反日性を解消する事を無しに、 当方の記事の作成所への電気を差し止めてある等の事もあって、

国民運動にすべき、 最優先の事である、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める、 避難所らとを、 網の目らを張り巡らすようにもして、 作り拡げてゆく為にもして来てある、 記事らの発信らや、
各方面への、 訴えに、 促し等の働きようらを 、
大いに、 阻 ハバ み、 害 ソコナ われており、

この阻害 ソガイ を成して来てある度合いらを、
そうではない度合いら等よりも、 自ら、
余計に成して来てある者らは、 自ら、 その、
日本国民たちの一般と全体とに、 あるべき、
在り得る、 その命や健康性の存続を前提とする、
福利らの実現の度合いを阻害してある分に応じた、
報いを受けるべき筋合いを、 自らの側に作り出してある事を、 今度こそは、 より、 真剣に反省して観るべきだ。

上記の者ら等へは、何度も、 自らの、 やるべきをやらない、 不作為性などへの反省への機会を提供して来たが、
上記の者ら等の場合の、 あなた方が、 本当に、
もし、 それをしなければ、
あなたや、 あなたの家族員らに、 あなたの子孫員らや、 あなたの友たちに、 仲間ら等の一定数が、
地上を覆う、 核攻撃らなどの、
人為的な災害らもふくむ、 地球の温暖化と共に、
規模や、 頻発度を増す事にもなる、 大津波らや、
洪水ともいう、 出水らに、 山津波などの、
実に、様々な災害らの何度目かのものによって、
必ず、 殺されるなり、 生活の基盤を失わされる事になる、 公共事業である、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
避難所らとを作り拡げる、
公共事業ら、 の、 その実現を、 より、 遅らせる方向へ、 圧力を掛けて来てある事の重大性を理解するに足る以上の、 想像力なり、 知性なりを欠いているのであれば、

あなた方の邪魔立てを差し止めて来てはいない、
その仲間同士で、 いずれ、 日本の内外の一般社会らからは、隔離された、 治療施設らなり、 保護施設らなりへ、 入れられて、
日本の主権者らの1人1人である場合には、
日本の主権者である、 日本国民たちの一般と全体とに対する、 その、 在り得る、 福利らを、 互いにも、 より能 ヨ く、 成し合うべき、 主としての、
責任性を負い得るに足る、 精神性を育 ハグク み得るべく、 訓練され、
上記の阻害を成して来てある事ゆえの、 償 ツグナ いを、 日本国民たちの一般へ対して、 はたす為の、 労働などを課されるべき筋合いを、 自ら成してある、 という事を、 改めて、 よくよく、
考えて観るべきだ。

これは、 私と、 あなた方との事であるだけではなくて、
より能く、 盛り立てられてあるべき、
日本国民たちの一般と、 あなた方との事でもあるのだ。

どんな、 足手纏 マト いに、 不作為型の邪魔立て等があろうとも、 より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 より快適に住める、
避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成すべく、 日本国民たる主らは、 働き合い、
相融通し合わねば、 成らない 】 。


@ 東北電力の大船渡支所長の、 前野牧男氏の電話番号を、 104へ問い合わせたが、
届け出がなされていない、との事なので、
盛の自宅へ出向いて、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 避難所らとを作り拡げる、
公共事業らを成す為の、 国民運動への後押しをする様に、 促す事などもしてみるが、

前野牧男氏も、 漁協の大船渡支部の主なども、 この務録 ブロク ≒ ブログ 、 らのどれかの論弁欄 ≒ コメント欄 、 へ、 意見などを表明する事ができる。

当方から漁協への出資金を、 来年の6月まで、 返さないとの事だが、 より早くに返す事による、
漁協の在り得る事業らでの差し障りの度合いと、
来年の6月まで、 待たせる事による、
日本国民たちの足元の地下へ、 楽園らなり、
活路らなりを開く事への差し障りを成す度合いとを、 漁協の主らは、 天秤に掛けて、 観比べるべきだ。
当地の、 セブンイレブンと、 千葉車体だかの境にある、 幅広な溝に、 闇目の利かない人らが、 実際に、 落ちて来ており、
大船渡市役所の土木事業課だかの役人へ、 何度か、 電話をつないでもらって、 その溝を覆うなり、
何なりするように促しても来ているが、
一向に、 善処をせずに、 一年以上を経ている。

不作為性の甚だしい役人らを入れ替えて、
一般社会らから、 永久に、 隔離しやすい制度らを創設すべき事を、 改めて、痛感させられる事だ。

より、 日本国民たちの一般の足しになる、
意識性と、 能力らのある主らが、 より、 仕事らをしやすい環境らを成してゆくに当たっては、
不作為性の余計にある者らを、 その関わり得る現場らから、 除く度合いを高めてゆく事も必要だ。


ネット記事+論弁群 ;
ブログ 東亜備忘録 ;

@ 震災の半年後に、 会社の全員で、 宮城県に、 ボランティア
https://twitter.com/MPaPaMETAL1/status/844549645141356544

このニュースを報道しなかった反日売国テレビ局・マスコミが、今でも、 偽装報道、 捏造報道をくりかえして居るのです。
 支那朝鮮に支配されている為に、 嘘も、
100回も言えば、 本当に成る、と、 信じて、
息を吐く様に、 嘘を吐いているのです。
アホな日本人らは、まだ騙せると考えています。

詳細は、
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi
証拠記事を集めた簡約版は、こちらをカッチとね


【 シンガポール = 吉村英輝記者 】 ;
フィリピンのロレンザーナ国防相は、
4月21日に、
南シナ海のスプラトリー ( 中国名・南沙 ) 諸島に近い、 自国の排他的経済水域
( EEZ ) 内で、
フィリピン漁船が、 3月27日に、
中国の警備艇から、 威嚇射撃を受けた疑いがある、として、 外交ルートを通じ、 中国側に抗議する意向を示した。

 フィリピンのドゥテルテ大統領は、
昨年の10月に、 中国を訪問し、
国連海洋法条約に基づく仲裁裁定を、「棚上げ」。

中国は、 見返りに、 同海での、 フィリピン漁民への妨害を自粛してきた。
だが、 同海の領有権をめぐり、 両国は、 最近、再び、対立色を強めている。

 全文は、 下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/170422/wor1704220012-n1.html

 N速+から。
 調子に乗ってやがる。

☆ 中国の沿岸警備隊、南沙諸島で、
フィリピン漁船に、 発砲か
http://www.afpbb.com/articles/-/3125946

@ 相変わらず、 産経以外の国内メディアは、
中共の蛮行に対して、 報道しない自由を行使。


@ 報道しない自由、と、 揶揄 ヤユ するだけでなく、
きちんと、 日本国民たちの一般と全体との足しに、 より能くなるために、 報道すべきを、
報道しない、 不作為 、 の、 悪行 、と、 指摘し、
続けるべきで、
単に、 揶揄する列辺 レベ ≒ レベル 、
以下で、 済ますのも、 いけない。


@ 北朝鮮の核開発って、 90年代の初頭から始まってんのね、 で、 当時は、 湾岸戦争で、
東アジアの米軍が、 中東方面に出払ってた時に、
朝鮮戦争を再開しようとしてた金正日に、
金日成が、 待ったをかけた、 その理由が、
「我が国はまだ核を持っていないから」だった。

コレは、 かつて、 金日成が、 スターリンから言われた事と、ほぼ同じ、

1948年に、 北朝鮮の成立の直後に、
祖国統一戦争をしたい、 と申し出た北朝鮮、
しかし、 米国が核を独占していた当時は、
米国支配下の韓国に攻め込む事は、 自殺行為だった。

1949年に、 ソ連が核を保有し、 中華人民共和国も建国、 1950年に、 満を持して開戦すると、
核が有るのに、 まさかの米国の参戦、

ソ連は、 すでに、 ベルリンへの封鎖などをし、
欧州で、 手一杯、
そこで、 中国が参戦するも、 膠着状態になってしまう、

一方で、 米国は、 ここで、 核を使えば、
ソ連からの報復での核攻撃が有り得る
( 実際に、 ソ連は準備してた )、

そうなれば、 朝鮮のみならず、
欧州、 バルカンへと飛び火し、 第三次世界大戦になってしまう。

戦争を、 朝鮮半島に閉じ込めろ!、が、
米国の方針となり、
戦争に勝つ事にこだわる、 マッカーサーは、
解任された。

そして、 90年代の初頭に、 冷戦の終結で、
ソ連は、 弱体化、
中国は、 天安門で制裁中、
中ソがあてにならない時代に、 北朝鮮は、
自ら、 核保有を目指したワケ。

北が、 北朝鮮ファーストなら、 米国も、
米国ファーストだ、
人類最大のコミュニケーション手段たる戦争で、
互いの理解を深めるしかないのではないか?


@ 北朝鮮は、 原油・石油製品の90%以上を、
中国に依存している。

北は、 長年の制裁を受け、 一般的な電力は、
石炭らを燃やして起こして来ている。

火力発電または、 水力発電で確保している。

しかし、 兵器や軍用車両、に、 一般交通手段においては、 動かすのに、 ガソリンが必要だ。

一部工場の稼働にも、 ガソリンを使用する。
中国が、 北朝鮮への石油パイプラインのバルブに手をかければ、
軍事力と産業の無力化をもたらし、
金正恩( キム・ジョンウン )政権の基盤が揺らぐことになる。

中国は、 2003年に、 北朝鮮が、 高濃縮ウランらを得る生産活動の再開を決めたことが、 きっかけで起きた、 第2次北朝鮮危機の当時に、
北に対するパイプラインを一時的に閉じたが、
北が強く反発したために、 3日後に供給を再開した、と、 されている。

 環球時報の同日の社説は、
中国が、 北に対する原油の供給を戦略的に利用する方法と限界にも言及した。
同紙は、 最近に、 3回にわたり、 社説で、
北への原油の供給の中断の可能性に触れた 。

しかし、 同日は、 「 大幅縮小 」 、 という表現を使い、
その基準として、
「 北で、 人道主義的な災難が起きないレベル 」 とした。
これは、 北朝鮮に対する原油供給を減らし、
金正恩政権に警告を与えるものの、
北の体制の転覆までには発展させない、 という意味だ。
北京の外交筋は、
「 実現の可能性がない、 パイプラインの遮断ではなく、 供給の縮小、 という言葉の方が、
北朝鮮を緊張させられる。
中国が、 実際に、 原油の供給を削減するか、
どうかは、 中国または、 北朝鮮による発表があるまで、 分かりにくい構造だ 」 、 と指摘した。

 米ホワイトハウスのスパイサー報道官は、
4月21日に、 トランプ大統領が、 前日の記者会見で、 中国に、 北朝鮮への圧力で、
「 特異な動き 」 があると言及したことに関連し、 「 北朝鮮の核問題解決に役立つ動きだ 」
、 と述べた。
このため、 トランプ大統領は、
原油の供給の縮小など、 中国の対北圧力に関する、 新たな動きについて、
中国から報告を受けているのではないか、 との見方が出ている。

◎全文は、 下記から (・ω・)ノ
http://news.livedoor.com/article/detail/12976150/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水に塩 糖分も要る... | トップ | 左右で違う血圧。 日本... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。