夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

鉄仮面をはいだ、 暗号解読家、の、 バズリー大佐。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-19 12:52:30 | 政治・経済
【 より早くに、 日本国民たちも、 日本国民たちからの、 平和への後押しを得られ得る、 英米とシナ朝鮮ら等の富裕権力層の一定数の者らを除いた、 世界中の一般の主権者らも、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高め、
英米の金融派員らによる、 日本の中央政府の財政における、 カネとしてはたらく数値らの出入りの、 あり得る度合いを小さくする事でもある、
財政の緊縮 、 を通して、
日本国民たちへ押し付け続けられて来てある、
物価と、 給料らなどの、 日本の主権者たちへの賃金らの、 あり得る、 下がる度合へ、
圧力が掛かってある状況性である、
デフレ不況性 、を、 解消するべくも、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく 、 公共事業らを成す為に、 より、 連携し合って、
働き合うべき、 利害関係性を帯びてある 】 。


ネット記事+論弁群+;

☆ サイモン・シン氏著 : 『 暗号解読 』
:

・・・・ そんな暗号の候補らの中でも、
特に、 有力だったのが、 ホモ・フォニック
( 同じ音で・異なる綴り ) 換字式 暗号 、だ。


ホモフォニック暗号では、
平文 ( 普通の文 ) の 中 の、 個々の文字に対して、
その文字の出現する頻度に比例した個数の、
記号を割り当てる。 :


たとえば、
a 、 という 文字 は、 英文の、 およそ、 8%を占めるから、
a 、 を 表すのに、 8個の記号らを割り当てる。
:

平文に、 a 、 が現れるたびに、
8個の記号らの中から、 適当に、
一つの記号が選ばれ、 暗号化が終わった段階では、
それぞれの記号は、 暗号文の、 およそ、 1% を 占める ことになる。
:

文字の、 b 、 の 出現する頻度は、 2% 、
だから、 2個の記号らを割り当てる。
:
平文に、 b 、 が 現れるたびに、
2個の記号らの中の、 どちらかの一方が選ばれ、

暗号化が終わった段階では、
それぞれの記号は、 およそ、 1% の頻度で、
暗号文の中に、現れる事になる。
:

このように、
アルファベット の 全ての文字らに対して、
その出現する頻度に応じた個数の、 記号らを割り当ててゆく。
:

アルファベットの並び順の最後の文字は、
z 、 だが、
この文字の出現する頻度は、 小さいために、
一つの記号だけを割り当ててやれば、 好い。 :


暗号用の記号、な、 暗号アルファベット、は、

16 、とか、 80 、とかいった、 2つの数字らの組み合わせ = 2桁の数字 、 で、 構成されたりし得る物で、

その場合には、
a、b、c、といった、 普通のアルファベットの、
文字らの各々に対して、
それぞれの出現する頻度に応じて、 1個から、
12個の、 2桁な数字 が、 割り当てられる。
:

a 、 に 対応する、 2桁数字ら 、 は、
どれもが、 暗号文の中で、 同じ音
= a 、 の 音 を 表している、 と、考えれば、
好いだろう。
:

そもそも、 ホモ・フォン 、 という言葉は、
ギリシャ語で、
【 同じ 】 、 を意味する、 ホモス 、 と、
【 音 】 、 を意味する、 ポーネー 、 とに、由来してある。
:

出現する頻度の高い 文字 に対して、
多数の記号らを割り当てるのは、
暗号文の中での、 記号らの各々の出現する頻度を均 ナラ す、 ためだ。
:

それらな記号ら = 暗号アルファベットら 、
を用いて、
伝言を暗号化すれば、 それぞれの記号の出現する頻度は、 大体で、 1% になる。
:

記号らの出現する頻度に、 バラつきが無ければ、
頻度への分析による、 暗号を解読する攻撃には、
びくともしない。 :

( ある文字を、 単に、 別の記号らに置き換えただけの、 暗号文を拵えても、
その国語における、 文字らの各々の出現する頻度が判明している場合には、
その出現する頻度の違いを頼りにして、
記号らの各々と、 個別な対応関係を持たされた、
文字の各々が、 特定されてゆき、
暗号を解読されてしまう事になる ) 。
:

では、 これで、 この暗号の安全性は、
万全なのだろうか、というと、

こうして出来た、 暗号文にも、 抜け目のない暗号解読家にとっては、
少なからぬ手掛かりが残されているのだ。


英語の文字らの各々にも 、 他の文字との関係性で決まる、 個性

( = これを、 【 連接特徴 】 、 という ) 、 が、 ある。


その個性は、 ホモフォニック換字式暗号で、
暗号化した後でも、 それ、 と、 判る。


特に、 個性的なのが、 q 、 という、文字で、
q 、 の 後ろには、 必ず、 u 、が 続く。 :


そこで、 暗号文を解読する時には、

まず始めに、 q 、 の 出現する頻度 が 低い 事に 注目し、

q 、は、一種類の記号だけで表されているだろう、
と、仮定する。
:

また、 u 、 の 出現する頻度は、 およそ、
3 % だから、
u 、 は、 3種類の記号で 表されている、
と、 考えて好いだろう。


従って、 ある記号の後ろに、 いつも決まって、
3種類の記号らしか現れなければ、

その記号は、 q 、 を 表し、

その記号に続く、 3種類の記号らは、
u 、 を 表している、 と観て、
ほぼ、 間違いは、 無い。
:

q 、 以外の文字らを突き止める事は、
これほど、 簡単ではないが、
やはり、 連接特徴 、が、 手掛かりになる。 :


要するに、
ホモ・フォニック暗号は、 解読が可能だが、
素朴な、 単アルファベット暗号よりは、
安全性が高い、 という事なのだ。
:

ホモフォニック暗号は、 平文に現れる、
一つ一つの文字が、 複数の記号らによって、
暗号化される、 という点で、

多アルファベット暗号に似ているが、
単アルファベット暗号の一種であり、
平文の各文字は、 複数の記号らで表されるが、

それぞれの記号は、 同じ、 一つの文字しか、
表さない、 という点で、決定的に異なる物であり、


それに対して、
多アルファベット暗号では、
平文の文字らの各々は、 やはり、 複数の記号らで表されるが、
それぞれの記号は、 暗号化の過程段階において、
その都度に、 異なる文字を表す事になる。


ホモフォニック暗号が、 単アルファベット暗号の一種 、 と、観なされる、 最大の理由は、

一旦、 暗号アルファベットが決まってしまえば、
一貫して、 同じ暗号アルファベット が 使われる事 であり、

一つの文字を暗号化する為に使われる、 記号 が、 一つ であるか、 複数 であるか は、 重要 ではなく、

それに対して、
多アルファベット暗号の特徴は、
暗号アルファベットを、 まるごと切り替えて使う点にある。
:
基本的な単アルファベット暗号に、
例えば、 オモフォニック式を取り入れる、 などの、 ひねりを加える事によって、
手順の煩雑な、 多アルファベット暗号に頼らなくても、 伝言事を安全に暗号化できるようになった。
:

こうした改良型の、単アルファベット暗号らの中でも、 最強だったのが、
いわゆる、 【 ルイ14世の大暗号 】 だ 。


大暗号 は、
ルイ14世の極秘文書を暗号化する為に使われ、
王様の、政治上の陰謀や、様々な計画らが、 敵に漏れないようにしていた。

そうした文書らの中に、 フランス史上で、
最も謎めいた人物、 鉄仮面について、書かれた物があった。

だが、 大暗号が、 余りにも強力だったために、 その文書らは、 2世紀の間を、
誰にも、読み解かれ得なかった。


大暗号を発明したのは、 アントワーヌ・ロシニョル氏 と、 ボナヴェントゥラ・ロシニョル氏 の、親子だ。
:
アントワーヌ氏が、 初めて、頭角を現したのは、

大阪の陣から、 11年後の、 1626年の、
レアルモンへの包囲戦の時で、
この年に、 カトリックの教義に反する所のある、
フランスの新教徒の、 ユグノー軍が、
レアルモン 、 という、 町に立てこもって、 抵抗を続けていた。

その最中に、 町から抜け出そうとした伝令の携
タズサ えていた、 暗号文 が、 フランス国王軍の手に落ちた。
暗号文を回された 、アントワーヌ氏は、
その日の中に解読し、

ユグノー軍の実状が、 ひどく厳しい事を明らかにした。
フランス国王軍は、 解読文を添えて、 その文書を、 レアルモンのユグノー軍へ返してやり、
最早、 国王軍が、 撤退する事を期待し得ない、
と、悟らされた、 ユグノー軍は、 まもなく、降伏した。
暗号が解読されたお蔭で、 国王軍は、 労を少なくして、勝つ事ができた。
:
暗号への解読の威力が、 明らかになり、
ロシニョル家は、 フランス宮廷で、 高い役職を与えられ、 まず、ルイ13世に仕 ツカ え、
その崩御の後は、
ルイ14世の暗号解読官を務めた。
:

ロシニョル親子の手腕に、いたく感銘を受けた、 ルイ14世は、 自らの居住区域のすぐ隣に、
彼らの事務所を移し、 ロシニョル家の ペール・エ・フィス ( 父 と 子 ) が、
フランス王国の外交政策の立案に、
中心的な役割を果たせるようにした。


彼らの腕前が優れており、 それが、 評判を呼んだ事から、 別の起源を持つ、 錠前を開ける道具 、
を意味する、 rossignol ロシニョル 、 という言葉が、 彼らの家名に由来する物であるように、一部では、 誤解されたままになっている程で、

暗号 、 という、 錠前を開ける、 彼らの能力の高さを思わせる、 逸事となっている。 :

暗号破りの腕を振るっていく中に、
ロシニョル氏たちは、 より、 強力な暗号の作り方についても、 瀕知 ( ひんち : ヒント ) を 得るようになった。
そうして、 発明するに至ったのが、 いわゆる、
大暗号 、 だ。

大暗号は、 極めて、 安全性が高く、 敵国らの暗号解読家たちを、 一切、寄せ付けなかった。

だが、 ロシニョル親子が世を去ると、 大暗号は、 しだいに、 使われなくなり、
その詳細を知る者も、居なくなってしまった。


保管されていた、 極秘扱いの公文書らが、 誰にも読めなくなった。

何世代もの、暗号解読家たちが、 大暗号に挑んだが、 強力な大暗号の前に、 一人残らず、敗れ去っていった。

大暗号で、暗号化された、文書らが、 17世紀のフランス王国の策謀事項らについての、 貴重な資料らになるであろう、 という事は、
歴史家たちの間では、周知の事だったが、
大暗号が解読できないまま、 時は流れ、
19世紀も、末に差し掛かった、

1890年に、 ルイ14世の軍事行動を研究していた、 ジャンドロン氏 、 という、歴史家が、
大暗号で暗号化された、 何通かの書簡らを、新たに発見し、
何が述べられてあるか、分からないままに、
彼は、 その書簡らを、 フランス軍に属する暗号解読の専門家の、エティエンヌ・バズリー少佐へ回した。
これこそ、 究極の難問、と、 観た、 バズリー少佐は、
それから、3年の月日を費やして、解読に取り組む事になった。

暗号化された書簡らには、 1ページ 当たり、
何千個もの、数字らが書き付けられており、

数その物の種類は、 587通りもあった。

この事から、 すぐ分かる事は、
大暗号は、 ありきたりな、換字式暗号ではない、
という事だ。
:
なぜなら、 もしも、 普通の換字式暗号ならば、
一つの文字には、 一つの数字が使われるから、
数その物の種類は、 26通りにしかならない筈だからだ。
:
初め、 バズリー少佐は、 数の種類が多いのは、
ホモフォニック式が取り入れられているからだろう、 と、考え、
その路線に沿って、何ヶ月も努力し続けた末に、
そうした方式の暗号ではない、 と、判断し、

次に、 それぞれの数が、
【 2つ一組にした文字 】 ( = 対字、 という )
を 表しているのではないか、 と、考えて観た。


アルファベットの文字らは、 26個 しかないが、
対 の 作り方は、 650通りにもなり、
この数値は、 書簡らの暗号文中に現れる、
数その物の種類の総数に、 ほぼ等しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穏健ら 票が割れても ... | トップ | 鉄仮面を剥いだ暗号解読家。 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。