夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

花見酒の経済系 おさらい 2016

2016-12-07 20:56:13 | 日記
【 より早くに、 自らの足元の地下へ、 避難経路らと、住める避難所らとを作り拡げてゆくべき、
利害関係性を、 在り得る災害らから押し付けられている、 日本国民らの、 より多くが、
自らの参加している国民経済系の事らを、 より、
体系的に知る事が、 その欠けてある事にも、
つけこんで、 日本国民らに在るべき、 在り得る、
福利らを、未然に、奪い続けて来ている、
実質的な、反日工作員らを無力化させ得てゆく事の、 前提となる 】 。


古記事の引越保管+ :

・・さて、 その後で、 熊さんと辰つぁんが、
東門まで来ると、

熊: 『 おい、辰。 なまじ、 やったのが、
かえって、 悪かった様だ・・ 』、 という事で、 又、 熊さんが、 自らの樽酒を買う。

次は、 辰公、といった塩梅 アンバイ で、
向島へ着く時分には、
樽は、空っぽ。

好い気分に酔っ払って、
ひょろひょろひょろひょろ。

辰: 『 おー、兄貴。 この辺に、
店を出そうや! 』 。

二人して、 酒樽を叩いて、 呼び込みを掛けますが、 それで、客らが来ても、 酒は、
一滴も、 無い・・。
:

辰: 『 どうも、 相済みません。
もう、皆、売り切れで 』。

熊: 『 もう、売り切れか、 景気が好いや。
じゃあ、 売り上げを勘定しようじゃねえか! 』 、
辰: 『 あいよ 』。
じゃらじゃらっと、出て来たのが、
たったの、 十文 ジュウモン 。 :


熊さんと辰さんとの間を、 十文 、の銭が、
行ったり来たりしていた訳で

≒ 今の日本においては、
その一年間における、 GDP、の、
5百兆円弱を累積して成すのに、

5兆円〜6兆円のカネらが、

人から人へ、企業から企業へと、 居所なり、
名義なりを変えて、
渡り巡る事が、 必要だが、

数年前には、
日本の財務省の、 反日な役人らにより、

日本銀行における、
一般銀行らの為の、 口座らに、

30兆円程もの、 金額数値らが滞留させられ、

日本政府による、 公共事業らの、
十分な追加があれば、
デフレ不況性を、 完全に解消し得て、

日本国民らの福利らの、 質としての度合と、
量としての度合を増す事に必要な、
日本の国民経済系の、 可能的な成長の幅を、
最大にし得ていた物を、

ただただ、 日本の、国力
≒ 経済力 、 を、
アメリカの、それより、
小さくしたままでいたい、

日本のデフレ不況性の存続による、
日本の資産性のある物事らの大安売りからの、
確実な儲けを得て行きたい、

英米の富裕権力層の一定数の者らからの、
圧力らのままに、

世界全体の、 GDPらにおいて、
日本のGDPが、
その18%にも達して、最大に成った、
94年度に対して、
その半分の額にまで、
公共事業らを減らされたが為に、

現れて来れなく成った、
追加の借り手らを待って、
一般銀行らの口座に、 滞留させられる事に成った 、
30兆円ほどの、 金額数値らの一定部分が、
日本社会へ出回って、
国家の主の日本国民たちにおいて、 互いに、
成し合い得た筈の、 福利らの、 質としての度合いや、 量としての度合い が、 未然に、 奪い去られてしまった。


・・熊: 『 おい、辰公よ、
何かの間違いじゃねえか?
あんだけ、 売れたのに、
これっぱかしじゃ済むめえよ 』 。

辰: 『 おいらと兄貴とで、十文づつ、
酒を売り買いするのを繰り返して来たんだから、
銭は、十文だけありゃ、
十分だったんじゃねえのかい 』、

熊: 『 あー、そうか! ありがてえ、ありがてえ、 うまい酒を安く飲めて、儲かった! 』。 :



樽酒が、 20回を、 売り買いされた、
とすると、 :

2人だけの世界経済系において、
この期間に生じ得た、 国内総生産
≒ GDP 、 は、 :

十文 ✖ 20 = 2百文 。 :
:

アイルランド、や、スペインみたいに、
GDPは、伸びたが、
適宜に、 人々の各々に有用な物らが、
増産された訳では無く、

熊さんも、辰つぁんも、
消費者としての、『効用』は、得られたので、
それは、それで、 好いのだが、

樽酒の借り賃を、 樽酒の値段と合わせて、
酒屋へ返すべき必要がある、
熊さんと辰つぁんの前途は、 多難かも知れない。 :


酒屋の用心棒などから、 圧力を掛けられ、
職人としての道具などまでをも、
差し押さえにあい、
熊さんと辰つぁんの経済成長の道が狭められ得る。 :
:
この場合の、 GNP ≒ 国民総生産 、 は、

≒ 2人の、所得金額らの合計金額
≒ 2人の消費金額らの合計金額 、
だが、
ここに、 外国人の買い手が加わると、
その経済圏に籍を持つ人々の、
消費金額らの、合計金額とは言えなくなる。 :


¢ あり難く、樽酒を飲めた、熊さんが、
十文で、 飲めた、 一マスの酒に対して、
百文を出しても、引き合う、 と、判断できる程の、効用を得た、とすると、

その場合の、 熊さんの、
『 消費者余剰 』 は、 :

百文 - 十文 = 90文 。 :
:

同じ酒の同じ量に対して、
辰さんが、 2百文を出しても、飲む価値があったなあ、と、 思い得たのであれば、 :

辰さんの、 『 消費者余剰 』 は、 :

2百文 - 十文 = 百90文 。
:

同じ質の、 同じ量の、 物事への、
消費者余剰は、 必ずしも、 同一に成らない 。



☆ 樽酒などを作った主が、
一樽の酒を作るのに、 50文 を使い、
それを売って、 百文 を得た場合には、

その主の、『 生産者余剰 』 は、 :

百文 - 50文 = 50文 。 :
:

同じ質の、 同じ量の, 酒を、
別の生産者の、 酒手さんが、
十文を使って、 作り得て、
90文 で、 売れた、 とすると、

その場合の、 酒手さんにおける、
『 生産者余剰 』 は、 :

90文 - 十文 = 80文 。 :
:

@ 生産者余剰

≒ 英: producer surplus 、 とは、

取引価格と、 生産者の限界費用との差額の和、で、
取引から得られる、 企業の便益、を指す。 :


収入から、変動費用を引いたものに、
一致するので、
固定費用を無視した場合の、 利潤 、 に等しい。
:

式で表すと、 :

生産者余剰 =
収入 - 変動費用 =
利潤 + 固定費用 、 となる。 :
:

@ 消費者余剰:

市場においては、
消費者らの各々の、 最大留保価格は、
それぞれに、異なるので、 :

図で表した場合における、
需要曲線と、
取引価格を高さとする、 水平線との間の、
面積が、 『 消費者余剰 』 、 の、
大きさを示す事になる。 :


これらの余剰は、
従量税や輸出入などを考慮すると、変化する。


一般的には、 消費者が、
ある財や、サービスを買う時に、
最大限で、 支払っても良いと考える額と、
実際に、支払った額との、 差の分、
と、 考えればよい。 :


花見酒の天下経済系における、
熊さんと辰つぁんとの、
消費 ≧ 所得の、 連鎖循環系においては、

所得の金額から、 貯蓄へ、割かれて、
当てがわれる部分が、 無く、

所得、が、 丸ごと、 消費 = 買い物 :

樽酒への買い行為 、 に、 費やされるが、

普通の天下経済系においては、
とても、 貯蓄性向の低い
≒ 稼いだ所得金額らの内から、
買い物ではなく、 貯蓄へ当てる割合が低い 、 アメリカ社会においてさえ、

幾割かは、
所得ら、から、 貯蓄ら、へと回され、

そこから、 その幾割かが、
一般銀行らから、 借り出されて、

誰彼らを雇い増す事に成る、

『 設備投資 』 、などに使われる事に成る。



ネット記事+論弁群+;
ブログ Market Hack ;
広瀬隆雄氏の論説記事+;

ユナイテッド・レンタルズは、
トランプ大統領の、 インフラストラクチャ計画で、 恩恵をこうむる
投稿者:hiroset
2016/ 12/02 23:34

ユナイテッド・レンタルズ
( ティッカーシンボル: URI ) は、
世界最大の建機レンタル企業です。


同社は、 1997年に創業されて以来、
急成長してきました。

同社の主力は、 建機のレンタルで、
売上高の、 43 % を占めています。


高所作業車 ( 同 32 % )、
照明器具 ( 10 % )、
電源・空調システム ( 6 % ) なども、
提供しています。


アメリカの建設会社らは、 近年では、
自社で、 建機を所有するより、
必要に応じて、 レンタルした方が、 得だ、
と、 考えるようになっています。


その理由は、 レンタルの方が、
資本財の遊閑期間が少ないし、
工事現場らの各々の特徴に、 ぴったり合致した、 最適の建機を選ぶことができるからです。

ユナイテッド・レンタルズの売上高のうちの、
64 % は、
常連の建設会社らからの、 ビジネスです。

トップ10の顧客らが、 総売上高に占める比率は、 6 % です。

また、 売上高の、 44 % は、
全国に展開している、 建設会社らに対し、
全米で、 建機らを提供する契約です。


現在の保有建機数は、 43万ユニット、
平均年齢は、 3・59年、
メンテナンス完了比率は、 92% です。

全米の897拠点に、 建機を待機させており、
そこから、 建機らの貸出を行います。


現在の、 マーケット・シェア
≒ 売り買い取り引きらの系である、
市場、 において、
売り買いらを成している、割合
≒ 市場占有率 、 は、 11.7% です。


建機レンタルの市場そのものは、
年率において、 6 % で、 成長しています。


同社の売上高は、 これまで、
二桁での、 成長を記録してきましたが、

2015年だけは、
シェール産業に対する、 コンプレッサーなどの、
貸出が鈍化した関係で、
+ 2・7 % の成長に甘んじました。


現在は、

1) シェール産業が回復しつつあること、

2) 米国経済そのものが加速していること、

3) トランプ政権が、 インフラストラクチャ計画に、 前向きであること、などから、
同社の長期見通しは、 改善しています。


同社は、 アメリカの国内が、 主力なので、
キャタピラーのように、
海外市場の低迷に、 悩まされることなく、

トランプ大統領の、 インフラ・ストーリーの恩恵に浴することが出来ます。

また、 どのようなプロジェクトを、
どの企業が受注するかに、 関係なく、
ユナイテッド・レンタルズのビジネスは、
必ず、 その「おこぼれ」にあずかることが出来るでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温暖化 進む、地球で ... | トップ | 『ベニスの商人』らを駆使し... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。