夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

断熱 膨張 、に、 断熱 圧縮。 分子らの 踊る広場を 伸び縮み させて、熱らを 散らして、集め・・。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-28 18:34:13 | 政治経済
【 欧米の主流派の人種の者らは、 キリスト教系の、 何らかの宗派の、 倫理規範らなり、
考えようらなりを、 自らのものとしてある主らであったり、 無神論者であったりするにしても、
意図して、 自らの観念らの規定性らを解除する事をできて来ていない者らであり、
精々が、 そうした事を、 偶然付帯的に成す事もある、 といった、 列辺 レベ ≒ レベル 、 の主らであって、

より、 特定の観念の規定性に、 かなう、 ものらを、 より、 正しいもの、 と、 認め、
自らの観念らの操作をする事に終始する者らでしかない 、 ので、

より、 意図して、 観念らの規定性らを解除し、 より、 特定の観念らの規定性らに縛り付けられずに、 物事らの、 ありようらや、
在り得る、 あり得ようらを、 思い分けて観たり、
思い構えて観たりする事のできる主らに対して、

より、 そうした事らを成し得ない者らとして、
あり得て来てあり、

それだけ、 能 ヨ くは、 観得ないものらを、
手探りで、 何らかの観念らを満足させるものら等として、 それらへ、 準 ナゾラ えて観る事しか、 でき得ない主らであって、

世界の社会らに対して、 より、 能く、 平和な、 在り得る、状況らを成してゆく事へ対しても、
それだけ、 その、 成果らを成す、 あり得る、
度合いを欠いてある者らでもあり、

より、 頓珍漢な事らを仕出かしては、
あり得る、 平和な社会状況らの実現を、
阻 ハバ み害 ソコナ うべくして、 阻み害う事にも、 成る。

英米の富裕権力層の主流派の主導者らが、
代々に渡って、 経済的な支配力を、 むりむりにでも、 拡充し、 経済的な格差を、 世界中の社会らの主権者たちの一般へ、 押し付け続けてもある、
現状を成し、
更に、 そのやりようらを踏襲 トウシュウ してゆこうとする態勢らを成して観せてある事は、
今後も、 経済的な余力を奪われてゆく、
社会らの主権者たちによる、 可能的な戦争らの実現する、 あり得る度合いが積み増されてゆく事を示唆 シサ しており、
英米の主導者らによっても、
世界中の文明社会らが、 互いを、 害い合い、 崩壊させ合うように強いられる方向へ、 圧力が、 掛けられてゆく事が、 見込まれもする、 実態らが、 さらされて来てある。


宗教や、宗派による、 利害関係性を、 自ら設定する度合いの、 最も少ない、 文明社会を成し得てある日本国民たちほどに、
世界中の社会らへ対して、
平和な社会状況を成したり、 より、 平和な社会状況らを成す事への後押しをし、
その為の、 手引きを成す事に向いてある、 主権者たちは、 世界中のどこにも、 在り得ては居ない。


世界中が、 争乱を連鎖させられてゆく中で、
日本だけが、 平和な社会状況を成り立たせ、
保ってゆく事は、 他の社会らにおいて、 より、
平和な状況らを成り立たせ、 立ち行かせる事への助けを、 日本国民たちが、 成してゆく場合に比べて、 より、 甚だしく、 成す事が、 難しい、
事であり、
争い合う勢力らや、 争い合い得る、 規定性らの、 より、 余計にある勢力らの一定数の、
共通の標的に、 自らを、 より、 選ばれ易くし、 罠らに嵌 ハ められ易くする立場に、 自らを据 ス える事でもある。

より、 あり得る、 争いらから、 平和への調停などをして、 足しに成ってくれる、
より、 頼りになる主として、 日本国民たちは、
シナ朝鮮ら等を除く、
他の、 より、 反社会的な、 部族倫理性などを、 脱却し得てある、 社会らの主権者たちに現前し得てやる事からも、 日本自らの、 あり得る、 平和性の度合いを増すべきであり、

そうした事をも合わせて、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

英米の、 ゴールドマン・サックス系の者らなどの、 カネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 オウム返しにして、 主張し、
実行もする事において、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、
日本政府の財政における、 緊縮 、 を、
繰り返し、 成す事を通して、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆくべく、

雇い手らの側において、 日本国民たちへの、
賃金を上げ合う競争性を高めてゆく役目を、
日本政府へ果たさせてゆく、 と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき立場にもある 】 。


古い記事の引っ越し保管と改訂+;

☆ 流れ星らを燃やす、 断熱圧縮
2016/ 4/11 17:29:50 ;

ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/

@ 隕石らが、 地球の大気中で燃えるのは、
隕石と空気の分子らとの、 摩擦熱による、
現象ではない。

『 断熱圧縮 』 による事だ。 :


@ 東南アジアの一部で、
古来から使われていた、 火おこしの道具に、
火曳突 ホビッキ ≒ ファイア・ピストン 、
と言うのがある。

ローレンス・ヴァン デル・ポスト氏なる探検家が、 19世紀に、 東南アジアで見つけて、
ヨーロッパで発表している。
動画もある。 THE FIRE PISTON http://youtu.be/L8RbCrRBn4s

点火視音 シーン 、 は、 6:20位。
手前は、 曳突 ビッキ ≒ ピストン 、
の制作映像。 Firepiston construction 2, demonstrated by a native Semelai. Part 2 of 2
1現地人による実演 http://youtu.be/yK2yqcKdUZc :


@ 断熱圧縮による熱は、 摩擦熱だw。
気体分子らが激しく圧縮されて、摩擦熱を発する。 岩石でも、 何 でも、 そう。

地球の内部の熱も、 重力による、分子らの間らへの圧縮により、 摩擦熱が発生して、高温となる。 :

気体が圧縮される際に、
分子らの各々同士が、 激しく擦れて、
摩擦熱が発生する。
断熱圧縮、 という、 現象の熱源は、 コレ。 :
http://iss.jaxa.jp/kids/faq/kidsfaq10.html jaxa :

「 隕石などが燃える現象は、
空気との摩擦 マサツ による発熱現象ではない 」。


気体は、 ギューッとつぶすと、 熱を発生し、
引き延ばすと、 冷える、 性質がある。


地球への帰還の時に、 超高速で、 大気圏に突入する宇宙船は、 すごい勢いで、 その前方の空気を押しつぶす。
その押しつぶされた空気中の分子らの各々同士が、 激しくぶつかり合って、熱を生む。

こうして、 熱が湧く現象を、 断熱圧縮 、
と、 いい、
宇宙船と空気の分子らとの摩擦による発熱では、無い。
自転車への空気入れで、 空気を入れていくと、
張輪 ハリン ≒ タイヤ 、が熱くなってくるのと、同じ原理で、
冷蔵庫やクーラーも、同じ原理を利用している 。


・・圧縮されたガスの分子らは、
熱い感じを人々に喚起させる、
一定度合い以上に、激しい動きようらを成し、

そのガスを構成する分子らの動きようらを、
人々へ、 熱く感じさせ得る状況を成す。 :


その熱らを、 外に逃がすようにして、
圧縮された、 ガスを、 急激に膨 フク らませると、
逆に、 周囲の熱をうばって、 冷やす ≒

周囲の分子らの動きようらを変えて、
人々へ、 より、 冷たい感を覚えさせ得る場合もある状況を成す 、事が出来る。 :



@ >>42は、 「 宇宙船と空気との 」 、
摩擦による熱ではない、 というのが、ミソ。

>>34と>>42が、 正しくて、>>1は、間違い。 :


@ 単純に、 摩擦だと思ってたが、
赤くなってる箇所を考えれば、 納得だわ。

高圧ガスをとる後輩たちに教えよう。 :


@ スレタイで言ってるのも、わざわざ断ってはいないけど、
「 船体と空気との摩擦熱 」 、 の意味だろ、
一般的に。
その意味では、> > 1も、間違ってないよ。 :
:

@ 気体の分子らの各々同士が衝突することを、 「 摩擦 」 、とは、 普通は、 言わない。

「 摩擦 」 は、 バルクの表面で起きる、
色 々な現象らを、 総じて、指す言葉で、
気体分子らは、 それ同士で、 「摩擦」を起こすには、 小さすぎる。 :
:


【 色々な力らの働きの在りようらの在る事を、 観察させ得る 、 動く交差点 、 なり、
動く位置 、 なり、 としての、

『 物質 』 、 は、在り得ているが、

物体から、 物体の内部の空間域らを排除した、 物体の縮小版である様な、 塊としての、
物質は、 観念の設定存在ではあっても、
実在は、 していないので、

分子らが、 ぶつかり合ったり、
摩擦し合ったりする事も、 在り得ない。 :


自らの位置を動かし得る、 色々な力らの交差点である、 物質らの各々 、 から成る、
原子や分子らは、
その物体内空間を欠いた、
物体の縮小版の塊ではないので、

互いに、 触れ合う事も、 出来ない。


我々が、 石などを握りしめた時に、

握り応え感らを自らの精神系に自ら作り出す、
その握り応え感らと、
握られている宛・対象である、 石などとは、
全く、 別々な存在であり、

観念において、 観念でありながら、
観念ではない何かとして、
色々な感らなどと重ね合わせて観られている、
宛の、 石などの物体らを縮小した塊が、
物質なのでは、 ない 。


・・色々な力らの動的な交差位置 、 である、
物質らの各々 、 から成る、 原子や分子らが、
互いの距離を詰められる事が、
急激になされる 、 断熱圧縮 : 】 :


@ せやから、 ガンダムのバリュート・システムは、 袋みたいなのを広げると同時に、
中央部から、ガスも噴出させとるな。 :


@ じゃぁ、 先っぽが、
鋭利に尖った形状なら、 熱くならんの? :


@ ↑分子よりは、デカイから、 やっぱ、
熱くなるんじゃね? :


@ 『 断熱圧縮 』 、 は、
急激な圧縮 、 という、 運動が、
熱エネルギーに変換される現象だ。

地球の内部の熱エネルギーらは、
急激な運動を引き起こさない。

釣り合った重力からは、生まれない。

地球は、 表面上が、最も、 重力が強く、
内部〜中心部に行く程に、 周囲と引き合う力らが、 釣り合って、 重力は、弱くなる。 :
:

@ 鋭利な刃先なら、 広い面積を持つ先端らに比べると、 熱くならない ≒ なりにくい 。


また、 断熱圧縮には、
「 急激な 」 圧縮が、 必要なので、
「 ゆっくり 」 、と、 圧縮する場合にも、
熱くならない ≒ なりにくい 。 :


野尻抱介氏の、 「 ロケットガール 」 では、
宇宙船に乗っていない、 宇宙服のみの、
パイロットが、 大気圏の外から、パラシュートで、 ゆっくり降下する事により、
断熱圧縮を起こさずに、 大気圏に突入し、
燃えずに、降りてゆく。 :
:

@ ib21さん :
「 断熱 」 、 とは、

熱が出入りしない様にしていること。

熱伝導をする時間も無いような、
急激な変化の場合など。
:

「圧縮」や「膨張」とは、 体積の変化があること。 :

熱力学の第1法則で、 Q = W + ⊿U 、 というのがあるが、
「 断熱 」 は、 このQを、 0にする、という事。 : :


W 、は、 気体にする力学的な仕事の量。 :

「 圧縮 」 の場合は、
W > 0 、 という事。 :


U 、 は、 気体の運動エネルギーらの和、
ということ。 ( ちょっとだけ、 違うが )。


・・「断熱圧縮」をすると、
Uが増える。 :

U 、は、 絶対温度に比例していて、
:
U = ( 3/2 ) n RT 、です。 :

から、
「 断熱圧縮 」 すると、 温度が上がる。 :



ディーゼル・エンジンは、 断熱圧縮をして、
温度が上がった気体と、 軽油が、
自然に発火する事、を利用している。 :

点火プラグ 、 が、 無い。 :


「 断熱膨張 」 では、 逆に、温度がさがる。 :


スーパーの、レジの近くに、 冷やされた、
二酸化炭素らである、 ドライアイスの噴出機械があるが、

圧縮された、二酸化炭素ら・炭酸ガスが、
ノズルから出た時に、
断熱膨張を成すと共に、 自らの温度が下がり、
気体の身柄な、 炭酸ガスから、
固体の二酸化炭素ら = ドライアイス 、
になる。 :
:

高い山に登る程に、 気温が低く成ってゆくのも、 断熱膨張で、 温度が下がっているのです。 :

2012/ 2/11 10:22 。
:

@ エアコンは、 液体が、 蒸発する時に、
【 体積を急に増す時に 】 、
周囲から、 多量の熱を奪う性質を利用して、
空気を冷やす。 :

例えば、 注射をする時に、
アルコールで消毒し、 消毒された部分の肌が、
ヒンヤリと感じられるが、

それは、 アルコールが蒸発する時に、
【 その体積を急に膨張させる事において 】、

皮膚から、 熱らを奪うからであり、
これが、 物を冷やす原理 、 といえる。 :


逆に、 気体から、
【 より、 体積の小さい 】 、
液体になる時には、

多量の熱らを放つ。

これが、 ものを暖める原理です。 :


この原理を利用し、 室内機と室外機とを、
液体が循環する管に、
冷媒 、 という、 液体を循環させ、
液体と気体とに、 変わり合う、 過程事らを繰り返して、 空気を冷やす。 :


その冷媒の流れを逆方向にすると、
暖房を行える。 :


冷媒には、 フロン 、 という、物質が、
一般に、 用いらて来ているが、
今では、 酸素 O 、が、 3つが、 一組に、
繋がり合って、 群がってもある、
『 オゾン 』 層への、 影響が少ない物質への代替が進んでいる。


@ スケート場などで、 噴き出されている、
冷気らは、
圧縮された空気らが噴き出された物で、
周囲から、 熱を成す度合を奪う事を伴いつつ、
広がって、 周囲へ、 混ざってゆく。
:

@ 断熱膨張 :
空気のような気体に、熱を加え、 温度を上げると、 体積が膨張する。

これは、 熱 、 という、 エネルギー

≒ 物 、を、ある一つの向きへ動かす、
という、 物理学における意味での、
仕事 、 をする、 能力 、や、 その大きさ 、

が、 体積を増やす事に使われるから、 と、
考え得る。 :

体積を押し縮めると ≒ 圧縮すると 、

そのエネルギーが、熱に変わり、 温度が上がる。 :


逆に、 むりやりに、 体積を引き伸ばせば、
エネルギーを失い、 温度が下がる。
:

この現象を、 断熱膨張による、 断熱冷却 、
という。 :
:

@ 1. 断熱膨張と断熱圧縮 :

気体は膨張すると、 冷やさなくても、
自然に、 温度が下がる。 :


逆に、 気体を圧縮すると、
自然に、 温度が上がる。

外界との、 熱らの出入りがない状態を、
『 断熱状態 』 、 という。 :


だから、 気体は、 断熱膨張すると、
温度が下がり、
断熱圧縮すると、 温度が上がる事になる。 :


気体が、 断熱膨張する 、 という事は、
エネルギー ≒ 熱 、 が与えられない条件で、 外からの圧力に抗して、
体積を増す 、事だ。

これは、 外に対して、仕事をする事を意味する。 :


つまり、 自分自身のエネルギー ≒ 熱 、
を使うので、 自らの温度が下がる。 :

断熱圧縮の場合は、 これとは、 逆だ。
:

これを、 分子らの運動を主体に見ると、
気体においては、 それを成し合っている分子らの各々が、 その温度に見合った速さで、
バラバラに、 飛び回っている。 :

例えば、 筒のピストンを引っ張ると ≒
元の記事には、 画像がある 、

ピストンにぶつかった、分子らは、
ピストン 、 が、 引かれている速さの分だけ、
跳ね返った後では、 遅くなる。


・・こうして、 この筒の内の分子らの運動の平均の速さが、 遅くなる。 :

つまり、 これは、 気体の温度が下がる事を意味している。 :


断熱圧縮では、 逆に、
分子らの動きらが、 速くなり、
その分子らが成し合っている、気体などの温度が、 高く成る。
:

2. 乾燥 断熱 減率 :

空気塊は、 上昇すると、
まわりからの圧力が、 減るので、
自然に、 膨張する。

この時には、 その外部との、 熱の出入りは、
ほとんど、 ない、 と、 考えてよい。

つまり、 『 断熱膨張する 』 。


断熱膨張するに連れて、温度が下がる。

その割合は、
百mの上昇に対して、 1℃ 、 だ。
:

この時には、 空気塊の温度が、 下がっても、
まだ、 水蒸気が、飽和する状態に達していない

≒ 気温が、 露点 ロテン にまで、
下がっていない 、 という、 前提がある。 :


3. 雲 の発生 :

ふつうの空気塊には、水蒸気が含まれているので、
上昇する空気塊の気温が、 下がっていくと、
やがて、 露点に達する。

空気塊が含んでいた、水蒸気の分子らが凝結
≒ 凝縮 、して、 細かい水滴ができ始め、 つまりは、 雲が発生する。
:

水蒸気の分子らの凝結は、
物質の表面で、 起きやすい。 :

水蒸気の凝結の拠り所となる物質を、
『 凝結核 』 、 というが、
『 凝結核 』 、 となるのは、
風で巻き上げられた、細かい土埃 ツチボコリ 、や、 煙煤 ケムリスス 、に、
海の表面の泡が、 はじけた時に、 溶け込んでいた 塩分たいが析出して、 空気の中に入る、
海塩分子ら 、 などがある。

凝結核らは、 比較的に、 高度の低い所には、
沢山に在るので、
冷えた空気が、 露点に達すると、
ほぼ、 自動的に、 凝結が始まる。
:

@ 水蒸気と湯気 :

水蒸気は、 水が蒸発して、 気体となった物で、
気体状態の、 水 、 を指す。

水蒸気は、 よく、 湯気 ユゲ 、 と、
混同されるが、
湯気は、 水蒸気が凝結した、小さな水滴の集まりで、 白く見えるが、

水蒸気は、 気体 、 であり、
目に見えない状態の水分子 H2O ら だ。

日常的には、 この様な区別をしないで、 使用する場合が、 多いので、 ややこしい。


英語では、 steam 、や、 vapor 、 で、
表すが、
いずれも、 蒸気とか、 湯気 、 を意味する。 :



〆 『 断熱膨張 』 と 『 断熱圧縮 』 :

外界から、 熱の供給が、 無い状態で、
気体が膨張する事を、 断熱膨張 、 と呼ぶ。 :


反対に、 外界から、 熱の供給が無い状態で、
気体が圧縮される事を、 断熱圧縮 、 と呼ぶ。 :


気体を、 断熱膨張させると、
気体の温度は、 下がり、

反対に、 気体を断熱圧縮すると、
気体の温度は、 上がる。 :


大気が、 山脈にぶつかって上昇する時には、
大気は、 断熱的に、 膨張する。 :


なぜなら、 上がるに従い、 気圧が下がるが、

この時に、 大地に接した、 わずかの部分を除けば、
大気には、 熱が、 供給されないからだ
≒ 陽射しを浴びていても 、 か? 。 :


反対に、 山脈をこえた大気が、
山に沿って、 下降する時には、
大気は、 断熱的に、 圧縮される。 :


フェーン現象にて、 山を駆け下る様に、
勢いをよく、 気塊 キクレ が、 圧縮される形で、 吹き降ろされ、 急激に熱くなり、
山火事を熾 オコ す場合もある。 :
:


〆 『 気化熱 』 と 『 凝縮熱 』 :

水が蒸発して、 水蒸気になる時には、
熱 、 を必要とする。

この必要な熱を、 『 気化熱 』 、 と呼ぶ。 :


水蒸気な、 水分子らが、
液体の水に戻る時には、 熱を放つ。

この熱を、 『 凝縮熱 』 、 とよぶ。 :


◇ 凝縮熱と気化熱は、
同じ量の水分子らに対して、 同じ大きさです。 :

水の、 1 グラムを、 水蒸気にするのに、
必要な、 熱量: 圧力、温度、熱量 :

1気圧の場合には、 百度 C 、 を必要とし、 約 540 カロリー 、の熱量が、 必要 。
:

山の高み等の気圧が、 より低い場合 :

0.03 気圧 なら 、 25度 C 、 で、
約 580 カロリー 、 の熱量が用立てられる。 :

◇ 水蒸気な、 水分子らの、 1グラムを、
水に戻す時にも、
この大きさの熱量が放出される。 :



〆 『 相転移 』 と 『 潜熱 』 :

水蒸気 : ガス状態な水分子ら 、 から、
水滴: 液状態な水分子ら 、への変化などや、

・・その逆の変化は、
一般に、 『 相転移 』 、と呼ばれる。 :


今の場合は、 ガス相と液体相との間での、
転移です。 :

相転移に必要な、 気化熱や凝縮熱などを、
まとめて、 『 潜熱 』 、 と呼ぶ。 :


☆ 『 潜熱 』 、 とは、
物質の状態 ≒ 相 、 という 、 を、
転移させる事に、 必要な熱の事だ。
:

〆 ディーゼル機関:
ディーゼル・エンジン ≒
圧縮点火エンジン 、 は,
ガソリン・エンジン 、 と同じ様に、

筒 ≒ シリンダ 、の内部で、
燃料を燃やす、 内燃 機関 であり,

今は、 自動車用や,船舶用などで、
幅広く使われている。 :


このエンジンは、 ガソリン・エンジンと異なり,

初めに、 空気だけを、シリンダの内に吸い込み,

この空気な分子らを、 断熱 圧縮 させて、
温度を高める。 :


そこへ、 霧状の燃料を噴射すると,

自動的に、 火が着き、

その燃える空気分子らが、
その空気を膨らませる動きらを成して、
張輪 ハリン ら ≒ タイヤら
を、 回転させる事に至る、
動きらを、 連ねて起こす。


この運陣 ≒ エンジン 、 の特徴として,
ガソリン運陣と比べて、
圧縮の比が、 高く、 効率が高い事に加え,
安価な軽油や重油が使えて、
経済的な事などが、 あげられる。 :

が, 筒の内の最高での圧力が、 高いせいで, 振動による、 騒音が大きく,
重量が増える等の、 問題な事らもある。 :
:

☆ ボルネオや、ビルマ等の、東南アジアの一部では、
火を熾 オコ すのに、
木や動物の角などで、 造られ、
一端が、 密封された、 中空の筒と、
その内径に、 ぴったりと合う、
曳突 ビッキ ≒ ピストン ≒
プランジャー 、 とを用い、

その筒の内側の、 空気分子らを急に圧縮する、
断熱圧縮 、 の原理な事を成し行うが、

それは、 ヨーロッパに先行して、
ディーゼル・エンジンでの点火方式と、 同じ原理を利用していた事も、 意味する。 :


曳突の先端から、 2-3mmを離れた位置に、
火口 ホグチ 、 を設定する、
くぼみ 、 を成し、

他の端な、 持ち手側の端 ハシ には、

筒の内部の気密を保つ為の、
ガスケットがある。


曳突の先端に、 火口を設定し、 筒内へ、
勢い良く、 押し込むと、
筒の内側の、 気体の温度が高まり、
火口である部位にある、 物質らが、
火の熾 オコ る、 現象を成し合う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーケット・ハック ; バ... | トップ | 英米の 謀りをさらす ... »

コメントを投稿

政治経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。