夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

ホンダ 、の技術革新によって、往復平手 ビンタ を食らう、シナ

2016-10-17 17:40:25 | 日記
ネット記事+論弁群 ;

☆ 刺繍作家の、 hiroko kubota さんは、
もともと、 家族の洋服を縫ったり、
編んだりするのを趣味にしていた主婦さん。

2013年、に、 次男からのオーダーで、
ポケットに、 ネコの刺繍をあしらった、
社布 シャプ ≒ シャツ を、 製作しました。

納得の出来栄えに、 その写真を、
画像共有サイトの、 Flickr に 投稿したら、
数日のうちに、
彼女のメール受信箱は、
初めて見る、 外国からの宛名で、
埋め尽くされたそうです。

「 最初は、 ウイルスに感染したかと思った 」、
という、 hiroko さんの反応も、
無理はありません。
というのも、 このシャツ
( 通称は、 neko shirts ) が、
メディアで紹介されるや、
画像が、 またたくまに拡散し、
国内よりも、 むしろ、 海外で、 爆発的人気に。

「 オーダーは、 受け付けてないの? 」、
「 恋人にプレゼントしたい 」 、 など、
シャツを望む声が殺到。

以来、できる範囲で、
注文を受け付けるようになった hirokoさん。
一着で、 3万5千円前後と、
決して、 安くはない製作料でも、
これまでに、
150着以上は、 作っているそうですよ。

ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/1532885


☆ 十月14日の午前9時50分ごろに、
東京都は、 港区六本木3の9の11の、
マンションへの工事現場から、
鉄パイプが落下し、
近くの歩道を歩いていた、
新宿区は、 東五軒町2の2、の、
無職の、 飯村一彦さん ( 77 ) の頭に、
刺さり、 貫通した。

警視庁の麻布署によると、
飯村さんは、 搬送先の病院で、 死亡を確認。
一緒に歩いていた70代の妻も、
病院に運ばれたが、 けがは、なかった。

 麻布署によると、
飯村さんが倒れていた場所の上には、
資材などが、 路上に落下するのを防ぐ、
防護パネルや、 防護ネットが、
設置されていなかった。

 真上のマンションの10階の付近では、
足場の解体作業が行われており、
同署は、
未設置部分から、 鉄パイプが落下した、 とみて、 安全への対策や、 解体での手順が、
適切だったのか、
業務上過失致死への容疑で、 調べている。

 捜査関係者によると、
工事関係者が、
「 誤って、 鉄パイプを落とした 」、 という、
趣旨の話をしている。

 麻布署などによると、
マンションの改修工事の終了に伴う、
足場の解体作業は、
十月14日の午前9時ごろに開始。

10階の付近には、 事故の当時は、
数人の作業員らがいた。
マンションの2階と3階の間の外壁には、
歩道の上へ、せり出すように、
防護パネルが設けられていたが、
資材を下ろすために、
約2~3メートルにわたり、 外されていた。

 マンションの外壁を覆うように設置されていた、
防護ネットも、
防護パネルの未設置部分の上は、
同じ理由で、 外されていた。

 落下した鉄パイプは、 1本、 とみられ、
長さが、 約1・8メートル、
直径が、 約3センチで、
刺さった方の先端は、 薄くなっていた。

東京消防庁の救助隊が、
鉄パイプを切断し、 病院に搬送した。

 現場は、 東京メトロ日比谷線の、
六本木駅の近くで、 六本木通り沿いの繁華街。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/14/kiji/K20161014013533900.html


☆ デフレ不況性の存続を、 日本の財務省の、
英米の金融側の役人らと、 与野党の政治家らが、
後押しして来ている、
日本社会の状況においては、
訓練や、経験の不足したままの、
より、 熟練性の度合いの無い、
バイトらや、それに類する人々が、
より、 安い賃金で、 働くがゆえに、
ろくな監督の無い状況でも、 現場らへ投入され、
安全性への対策行為ら等に、 抜かりのある状態らが、 色々な現場らに、 埋設された地雷らの様に、
据えられる度合を甚だしくもさせられて来ている。

ジェットコースターにおける、
留め具への、 係員の確認作業の抜かりにより、
乗客が、 投げ出されて、殺された事故や、
プールの排水口の網への点検行為などの、
係員らの抜かりにより、
少女が、 網の外れた、 排水口から、
水流で、 呑み込まれて、殺された事故などに
類する事故らが、 より、 発生し易い状況らが、
デフレ不況性を存続させる方向へ、
圧力をかけ続けて来ている、 英米金融派員の、
実質的な反日工作員らにより、 作り出され、
それらが、 日本国民らを待ち構えている状況は、
今も、変わっていない。
一般の日本国民らの、 日本の主権者としての、
当事者意識の喚起と、 それに基づく、
互いを組織し合っての、
実質的な反日工作員らへの、
法的な手続き事らを成す事も含めた、
制裁の行為らの成される事が、待たれている。



☆ 日本の防衛省の、
統合幕僚監部は、 十月14日、に、
日本の領空への侵犯の恐れがある、
外国機に対し、
航空自衛隊の戦闘機が、
本年度の上半期に、 緊急発進
( スクランブル ) をした回数が、
前年の同期より、
251回を増えて、 594回となり、
過去で最多だった、 と、 発表した。

うち、 中国機への発進は、
407回で、 7割近くを占めた。

発進数で、 中国機の次に多かった宛 アテ は、
ロシア機の180回。
いずれも、 我が領空への侵犯は、 なかった。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/281918

☆ これは、 始まりなんだろうね 。
だんだんと、 回数と頻度が、ともに増していき、
24時間を、 絶え間なく、 何かしらの航空機が、
尖閣諸島に滞空するようになる てか、
もう、 そうなってるのだろう

@ こいつらのせいで、
隊員たちの毛細血管らが、 潰れる

@ 戦闘機の、パイロットって、
健康への影響を考えて、
年間での飛行時間が、決められてるらしいな 。
パイロットの数が少ない日本は、
増えたスクランブルでの対応のせいで、
訓練時間が減ってるとか


@ だって、 追撃される危険が、ないもん。
そりゃ、 いくらでも来るわ。
中国に、 デメリットないし。

@ 連中の燃料代の元は、
日本からのカネや、技術体系知ら等を盗んで、
売り物らにかえた、成果 。

@ せんでも、 衛星で、
道端のタバコの一本でも解像できる時代やで?

@ 衛星だけじゃ、 わからんから、
やるんでしょーよ 。
あれって、 レーダ網への確認作業やろ

@ 最近では、 群馬で、 演習するように
なったんだけど、 関係があるのかな?

@ スクランンブルの一回につき、
1000万円がかかるんだっけ 。

@ 体当たりをしなくても、
乱気流を作ってやれば、 撃墜できる 。


@ 民主党の政権時代に、
日米のオペレーションマニュアルやら、
外交方針等の極秘事項を、 わんさか、
献上したせいで、 尖閣を取ろうとする、
露骨な挑発が始まりましたとさ


@ 常態化しちゃうと、
緊張感が薄らいで、
穴を開けられるのが、 怖いな 。

@ ロシアは、 日本の防空力を図る、
意味が有るけども、 支那は、 そのへんを、
全く考えてなさそう、ただの嫌がらせ

@ 爺ちゃんが自衛官の時は、
ロシアからのが多かったと言ってたのを、
思い出した 。 仕事内容を言わないまま、
死んだけど、 ソレだけは、 唯一聞けた 。

@ 中国に、 賠償を請求するべきだろ

@ 冷戦時代には、
ホワイトボードで、
空自機とソ連機のパイロットで、
世間話をしあって、
和気藹々だったそうだけどな 。

中国軍機は、 射爆レーダーを、
自衛隊機に照射とか、 攻撃的すぎ 。

何時、 戦争になっても、 おかしくない 。


【ISIS】ランボーかよw 処刑される前に、
AKを奪って、反撃する猛者が出現w ※動画


@ シナ人らは、 こんな状況で、
AIIBへ参加しろって言ってくる池沼民族

@ 連中は、 池沼ちゃうで、
甘くみたら、 アカン。
日本には、 何も出来んのを知ってて、
舐めてるだけや。



☆ 中国メディアの参考消息は、
十月11日、に、
米国のナショナル・インタレストが、
陸上自衛隊の、 10式戦車について、
「 10式戦車は、 小型の戦車として、
デザインされており、
戦術・戦略における、 高い機動性がある 」 、
「 小型であるために、
空輸・海輸に適している 」、
「 スピードと、 高い機動性がある 」、 と、
称賛したことを伝えた。

 記事は、
10式戦車が、
43 mph ( 時速が、 約 69km ) で、
走行可能であること、
敵機に、 照準を合わせられたときに、
それを、 乗員に知らせつつ、
自動的に、 煙幕を張る、
システムが搭載されていること、
昼夜を問わない、
360度での照準をなす、
装置などについても紹介。

 さらに、 「 注目に値する特別な点 」 として、
10式戦車らは、
C 4I 化されているために、
戦場で、 基幹連隊指揮統制システム
( ReCs ) にアクセスすることが、
可能であり、
360度照準装置から得た情報らを、
ReCs に供給できることも紹介し、

その高性能ぶりから、
「 武器輸出を解禁した日本にとって、
輸出第一号の戦車になる可能性がある 」、 と、
伝えている。

C4I 、とは、
「 Command ( 指揮 」、
「 Control ( 統制 」、
「 Communication ( 通信 」、
「 Computer 」、
「 Intelligence ( 知能 」 、の、 頭文字らから成る、
情報処理システムのことで、

文字通り、 指揮・統制に関わる機能をもつ。

同記事が注目した特別な点とは、
C4I 化した戦車が、
戦術情報を共有できるということで、
前線にいる、 各戦車が、
360度照準装置などで得た情報らを、
本部に送り、
指示を受けることができる、 というものだ。

 同記事に対して、
中国のネットユーザーたちは、
「 10式の性能は、 確かにすごい 」、
「 10式戦車は、 アジア諸国にとって、
最適な戦車であり、
中国は、 警戒を続けるべきだ 」 、
「 中国は、 すぐに、
第4世代戦車を世に送り出し、
10式を売れないようにすべきだ 」、 などの、
コメントらを寄せている。

 中国では、
日本の戦車や戦闘機、艦艇などについて、
大きな関心を抱いており、
ネット上には、
日中の戦力を分析・比較する記事が、
数多く存在する。

また、 中国政府が、
日本の防衛費の拡大を批判していることもあって、
日本の防衛力に対するコメントも、
多く投稿されている。

ただ一方では、
中国は、 日本以上の規模で、
軍備の拡張を進めているのが、 現実だ。
( 編集担当:村山健二記者 )

http://news.searchina.net/id/1620890?page=1


☆ ホンダ は、 7月12日、に、
大同特殊鋼株式会社とともに、
「 重希土類完全フリー
熱間加工 ネオジム磁石 」 を、
世界で初めて、 実用化し、

ハイブリッド車 ( HV ) 用の、
駆動モーターとして、
新型の、 「 FREED 」 に採用する、 と、
発表したが、

これは、 重希土類を使用しない、
磁石の開発の成功、 という、
非常に画期的な出来事だ。

 従来のハイブリッド車のモーターには、
ジスプロシウム

≒ 正電荷のある事を示す、 働きらを成す、
陽子、 の、 66個、 が、 その原子の核を構えており、 ジスプロジウム 、らは、
陽射しへ、 十分を当てるだけで、
約 十時間も、 光らを放つ、 性質があり、
アナログ時計らの、 蛍光塗料にされたり、
暗闇でも、 くっきりと浮かび上がる、
非常口らのマークの部分などに使われている 、

などの、
重希土類が使用されているが、

ジスプロシウムの生産量は、
中国が、 シェア ≒ 市場占有率 、 の多くを占める、 重希土類であり、
過去には、 価格が高騰するなどして、
調達面での、 問題事も生じていた。

 中国メディアの今日頭条は、
十月13日、に、
ホンダが発表した、
重希土類完全フリーのHV用モーターについて、
「 中国に、 往復ビンタを食らわす 」、
画期的な発明であることを伝えている。

 記事は、
「 資源型経済は、 最後には、
必ず、 科学技術型経済によって、淘汰される 」、 と、 主張。

中国は、 レアアース分野において、
資源大国として、 「 資源型経済 」を
構築してきたが、
単に、 レアアースを採掘し、精製して、
輸出するだけの構造は、
「 科学技術型経済により、
未来を切り開こうとする日本によって、
淘汰される 」、 という見方を示した。

 重希土類完全フリーモーターは、
コスト面でも、
従来のモーターらに比べて、

「 1割程度を下がる、 見通し 」、 であり、

重希土類を使用しないことによって、
コストは、 安くなる見通しだ。

ホンダは、
重希土類完全フリー
熱間加工 ネオジム磁石を、
順次に、 新型車に適用を拡大していく、
方針を示しており、
それだけ、 中国産レアアースへの依存が、
減ることを意味している。

 中国は、 これまでは、
レアアースを、 戦略資源として見なしてきたが、
記事が、
重希土類を使用しない、 磁石の開発について、
「 中国に、 往復ビンタを食らわす 」、
発明だ、 と指摘したのは、
技術の進歩によって、
その戦略性が崩れる可能性も、
排除できないためだ。

( 編集担当:村山健二記者 )

http://news.searchina.net/id/1620883?page=1


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慶応大学集団強姦事件 | トップ | 桁ごとに 並ぶ数ら... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。