夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

法律事における、一般福利らを阻害して来てある、負度合いらを除くべくもある、 日本国民たち。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-21 23:50:42 | 政治・経済
【 これまで、 反社会的な、 仲間社会らを成して来てある、 北海道新聞などの、 気質的シナ朝鮮員らなどを、 日本の内外の一般社会らから隔離し、 それらへの、 治療と、 余罪の追求などを、
兼ねて行う、 施設らを成す事も合わせて、
日本国民たちは、 より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 より、快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事において、
英米の金融派員らから、 日本国民たちへ押し付け続けられて来てある、 物価への押し下げと、
給料らなどの、 主権者たちの労働らへの賃金らへの押し下げとを成す向きの圧力のある事であり、
そうした状況である、 デフレ不況性 、 を、 解消してゆくと共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高め得てゆくべき状況にある 】 。


☆ 古い記事の引っ越し保管と改訂など+;

北海道新聞の犯罪者めら 01 2015/12/25 14:11:08 ;

ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 ; 09036496959 菊池医院 0192211620

ttp://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/38335889 :

◇ 性犯罪者らの集団の、 「 北海道新聞 」 は、
過去に、こんな事件も成している :

北海道警察の本別署は、
6日の午前7時55分に、
北海道新聞の、 釧路支社の、報道部記者の、
麻岡光久容疑者: 37歳 、を、 強制わいせつ致傷の疑いで、 逮捕した。 :

麻岡は、 1月19日の午後十時頃に、
十勝管内の宿泊施設内で、 同じ管内に住む女性:
42歳 、を、 トイレに押し込み、
無理やり、 下腹部などを触り、
全治が、1週間の擦過傷を負わせた、疑い。


北海道新聞社の、 須賀信昭・取締役・編集局長は、
『 報道に携わる者が、 この様な犯罪をした、として、 逮捕された事を深刻に受け止め、
被害者の方や、関係者、読者の皆様に、
心から、 お詫び申し上げます。

処分については、 捜査の進展を見ながら、
厳正に対処します。
記者教育を、さらに徹底致します 』 、と、論弁した。 : :


@ 現場検証は、 どうだったの?
告発者が、、翌る日に、 火災で亡くなるって、 日本でしか通らないよ。

アメリカ辺りだったら、 既に、2匹は、
拘留されてるよ?
バカにされるよ 、何でも、事故か、自死とか :


√ 父親によると、 女性は、 会社に相談したが、
2月の中旬から、心身の疲労で休む様になり、
2月21日に、 自宅での火災で、 殺された。 :


北海道新聞社の、 経営企画局は、

『 社員が告訴された事は、遺憾です。
会社として、誠実に調査をしている所で、
弁護士を交え、 セクハラの有無などを含めて、
詳しい調査を行っていく 』 、 としている。 :

http://www.sankei.com/affairs/news/150507/afr1505070026-n1.html


@ 十日後に、 松本さんは、 社内のセクハラ相談の窓口へ、被害を告白。
それを受け、 件 クダン の、 K次長らは、
謝罪文を認 シタタ め、 直に謝罪もしたが、

K次長らに対し、異動も、処分も下されなかった事から、
彼女の怒りの矛先は、 道新全体に向けられた。


・・告発文の最後は、 こう締め括られている:

人を、 人とも思わない。
そのくせ、 新聞では、 庶民や、 弱者の味方の様な振りをする。

道新に、 不正を追求する報道機関の資格は、
ありません。 :


@ これは、 北海道新聞に限らないよな。
さぞ、無念だった事だろう。
ご冥福をお祈りします :
:

@ 北海道新聞 : 39.74% 。 :

読売新聞: 7.79% 。 朝日: 4.95% 。

http://adv.yomiuri.co.jp/yomiuri/download/PDF/circulation/national02.pdf


@ 木造な、 2階がある住宅の、 「 内部を 」 焼いた 。
この家に、1人で住んでいた、 被害女性は、
2階の寝室で、 倒れており、
1階の、 階段の付近の燃え方が、 激しく、
仮に、 自死が、 目的なら、 階段に放火とかをしない。
自分の近くに、 火をつける。 :

並べると判るが、 一人で住んでいる事が、
判っていて、
何らかの手段で、 二階につなぎとめ、
仮に、 目覚めても、 一階へ逃さない為の、階段の辺りへの放火だ。 :


@ 儒教型価値観に類する、 女性一般への軽視 → 恥を『かかされて』、 火病って、放火→
今なお、反省なしの、コンボ。


北怪道新聞の中にいるのが、 どんな人種かが、
実に、判り易いな! :

http://restfultime.blogspot.jp/2015/03/blog-post_21.html

資料: 北海道新聞セクハラ怪死事件 ;

その1 ● 週刊新潮 2015年3月19日号:

北海道新聞の、「嘱託看護婦」が、
焼死の直前に遺した、 ダイイング・メッセージ :

住宅での火災で、4 0歳女性が死亡――
こんな見出しのベタ記事が掲載された直後に、
新聞各社に、 セクハラ被害を訴える告発文が、
一斉に届いた。

差出人は、 その前夜の火災で焼死した、
美人看護師だった。


☆ 民法や刑法に分けて、被害者らに、
訴訟の窓口らを変えさせる事等での、
負度合は、 減らすべき、 日本の主である、
日本国民たち 2016/ 1/25 20:32:10 ;


◇ ・・穴沢裕太 26歳 、に、
川中島町の、今井の、塩川勝也 27歳 、や、
青木島町の綱島は、 前田優人 33歳 、と、
篠ノ井東福寺の、 清水博史 24歳 、に、
松岡1の日野翔利 21歳 、や、
上田市は、古里の小林和広 26歳 、と、
材木町2の、 神津龍太郎 27歳 、や、
千曲市は、野高場の荒井勇大 25歳 、と、
長野市は、栗田の会社役員の、深田桃次郎 21歳 、の、9容疑者だ。

捜査本部は、 佐久署管内で、 昨年に、 詐欺の疑いで、 逮捕した、 現金の受取り役の男の、 供述などから、 グル員らを割り出した。

1月22日の未明までの、家宅捜索で、
携帯電話に、 パソコン、や、 被害者をだます、
セリフ等が書かれた、「 台本 」 等の、
約6百点を押収した。 :
:

【 刑法と、民法とに分けて、 訴訟の窓口らを変える様に、 被害者へ強いている事などが、
被害者らや、 加害者側に味方しない、 社会一般の人々へ、 余計なリスクらを加えている度合いがあるなら、 減らすべきで、

被害者らが、訴訟を起こす、代わりに、
地方政府などが、訴訟を成す度合を増す事により、

被害により、 何年間も、無気力に成るなどし、
経済力を削がれる等して、 訴訟へ当てるべき、
費用も、 時間も、欠ける方向へ、
加害者から、 圧力を受ける、 被害者らへの、
不条理な負荷を成している、 公的な手続きら等における、 負の度合らは、
日本の主権者である、 日本国民たちが、 自ら進んで、 減らしてゆく、 法的な手続き事らを成すべき宛のものらの一部だ 】 。


@ 詐欺加害者の刑罰を重くし、
被害者への救済を、加害者に義務つける法改正をしないと、ダメだろ。

例えば、 加害者は、 被害者へ、 その被害額の全てを賠償する責務を負う。

逮捕時に持っている資産らの全額を差し押さえて、強制の競売で、現金化し、

足りない分は、 福一等で、強制的に働かせる
≒ 政府が、 専用の施設らを作り、 拘禁をしつつ、 強制的に働かせる 、
但し、 その際の給料は、 一次請け金額で、
全額を、被害者への救済に当てさせる 。 :


被害者への賠償 ≒ 法定金利分の含む 、
が完了した時点で、 刑務所へ送り、
懲役が、十年以上の刑にすれば、
この手の犯罪も減るだろう。


@ 国民投票で、 永久隔離か否かや、
日本の内外の一般社会らから隔離して、
無駄ではあっても、 より、 倫理性のある精神性を成すべき治療などを宛て続ける、 隔離の期間などを決める事にしよう。
ネットが発達してある今からなら、
難なくできる事だ。

何の為に、 国民背番号があるべきか、 といったら、
より、 日本国民たちの一般の、 あり得る福利らを実現するべく、 余計な、 実害らや、 あり得る、実害らである、 リスクら、を、 削り減らす為に、
こんな事をやれる様にする為でもあるだろ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シナの爆撃機らが集結。 ... | トップ | 人種の成り立つ序列からして... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。