夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

因として 様変わりさす 働きの 及ぶ量子ら 隔てる時空・・。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-05 23:58:47 | 政治・経済
【 先進国らの中でも、 主権者の国民たちが、
最も、社会生活の体系知らを、 より能 ヨ く、 成し行い得て来てある、 日本においても、

日本の主権者たちの一般と全体とに、 在るべき、
在り得る、福利らの実現を、 より能くも、 また、
最大限にも、 成すべき、 義務性を負って、
この社会に存在し、 機能する事を、 日本の主権者たちの一般と全体とによって、 許されてある筋合いにある、 法律での手続き事らを、 主権者たちが、 成し行う事への、 助けをする、 裁判官や弁護士ら等の、 法務執事らと、
主権者たちが、 その命や健康性を存続する助けをする、 医者や、看護師などの、 医療執事らの、
一般においては、

まだまだ、 日本国民たちの在り得る福利らを、
より能く成す為の目安にすべき、 数値化が成されては居らず、

手抜き等の、 不作為型の、 在り得る福利らへの阻害行為らを成して、 それらな、 不作為型の加害行為らが、無ければ、
死なずに済む、 主権者らを殺したり、 その生活の質を、 より酷 ヒド く、 害 ソコナ ったりして来てある、 サイコパス性 ≒ 精神病質性 、
の度合いが、 一定以上にある者らや、

そうした者らの一般が、 習い性な行為らとしての度合いを成しても、 成す、 より、 人目につかない所々などでの、 不作為型の、 阻害行為らを、
一定度合い以上で、 成す事によって、
日本国民らにあるべき、 在り得る、 福利らの実現を阻害するべくして、 阻害し得る、
余計な、 リスクらや、 実害らを、 日本国民らへ、 加えるべき、 態勢にもあり、 規定性らからもなる精神性の主らをして、

自らの分野へ、 入り込み、
一方では、 日本国民らへ、 在り得る、福利らを成す、 助けらを成しながら、
他方では、 それらを未然にも阻害する、 不作為性らを成して来てある、 状況らを、 自ら、
公への告発などをする事によっても、 解消し、
脱却して、
在り得る、 日本国民たちへの加害性らの度合いを、 より、 少なく行為らを成す度合が、 甚だしく、 欠けたままにされて来てしまっている。


民間の、 他の企業らなどにおいては、
その企業ら等の個々の組織の興り廃りのいずれかへの、 様々な向きの競争性らによる圧力らが掛かる度合にも応じて、
そうした、 不作為型の、加害行為らを、 習い性式にも成す精神性の主らを、 仕事の現場らの各々から、 去らしめたり、
初めから、 入れない様に工夫する度合いも成してある、 選りすぐりの方法らを成し行う事によるなどして、 仕事の現場らへ入り込めない様にしたりする度合いが、 より、 余計に、 成されて来てある状況らが在り得てあるのに対して、

法務執事らと医療執事らの世界らにおいては、
そうした事らを、 その一般の人々や、 その主導者な人々へ成し行わしめる、 競争性らの成り働く、
度合いが、 全く、 足り得ておらず、

わざとしてある、と、 観られても仕方の無い、
実態らを成して、
不作為型の、 阻害行為らと、 作為型の、 阻害行為らとを、 繰り返す成す事において、
複数の、 何人もの、 患者らを死なせるべくして、
死なせて来てある、 医者モドキめらや、
それに類する反社会員めらが、
日本の内外の一般社会らから、 隔離されて、
処罰なり、 治療なりを加えられる施設らへ、
より、 罪を成す前に、 入れられ、
専門家らばかりではなく、
一般の日本国民たちによる、 観察と監査や、
審判を得て、 その処遇を変えるなどする事へ向けた、 段取り事らが成される、 といった、
在り得てあって、 極めて、 当たり前な事らが、
まだ、 成されないで、 済まされて来ている。


こうした事にも、 日本国民らのより多くが、
日本国民らの一般の側に立って、 日本の主権者として成すべき、 自らの国の事らや者らへの、
自らへの憲法の規定事らにもよる、 合法な、
取り締まりを成す事を、 甚だしく、 怠 オコタ る、 不作為型の、 我彼への、 阻害行為らを成して来てある状況らを成したままにしてある事そのものが、
それらを成す要因らの一定度合いとして、 機能し得てある。

日本国民たちの一般の側に立つ方の、 日本国民たちは、
こうした、 自らの側の、 不作為型の、 阻害行為らによっても、 それ自らの成り立ちを得てある状況らを、 自らの側への足しらを成す為に、 自らに、 使い回されるべく、 設定されてある、 憲法の規定事らによっても、 合法に、 自らの側への阻害行為らを成す者らをして、 日本の内外の一般社会らで、 幅を利かし得ない状況らを成し、

そうした事をも前提として、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを成すべきであり、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 自らも、
そのまま、 オウム返しに主張し、 実行もする事において、
日本政府の財政における、 カネとして働く数値らの出し入れの度合いを引き締めて小さくする事でもある、 緊縮 、 を成して来てある事により、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、 主な政治家らや、 報道機関らの情報売人らが、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、を、そうした公共事業らによって、 解消し去ってゆくと共に、
様々な災害らが、 覆い、 襲う、 地上の、 避難経路らや、 避難所らへと、 日本国民らを追いやる態勢らを成して観せ続けてある、 実態における、
反日員らの社会的な影響性を、 より能く、 消し去って、 日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき、 倫理上の立場にあり、
利害関係上の立場にある 】 。


ネット記事+論弁群+;

@ 量子らの非局所性については、
#1さんの回答の趣旨で、 問題ないのですが、
非局所性があっても、 それは、
「 情報らの伝達ではない
( 超光速での、 通信ではない 」 、 という、
ただし書きを付けておきます。


 量子の非局所性について、 一番有名な実験は、

電子に対する、 シュテルン・ゲルラハ実験でしょう。
こう言っては、 本当は、 駄目なのですが、
電子は、 自転を持ちます
( スピン 、 と、 言われます ) 。

対生成された、 2個の電子らは、 互いに、
逆向きのスピン ( 回転 ) を持ちます。


回転は、 その回転軸の回る方向で、
どっちに回転しているか表せます。

 例えば、 左回転の回転軸を、 上向き 、 と、
決めたなら、

回転軸の、 下向きは、 右回転です。

それは、 電子を、 上下の方向らの磁場らに、
くぐらせ、
上下の、 どっちに曲がるかよって、

上下の方向の、 どちらへ進む回転を成してあるのかが、 判明します。


どっちになるかは、 50% の確率です。


そして、 一方の電子の回転軸が、 上向きなら、

もう一方の電子の回転軸は、 下向きです。


この関係は、 2つの電子らが、
100万光年を離れていようと、 そうなる、
という、 計算結果が、 量子論から出てきます。


その意味で、 「 ある広がりの一端で得た情報によって、 その全体 = 別の他端の情報も知れる 」
事になります。

 
そうすると、 電子の回転軸の上下方向を操作してやる事によって、
例えば、 モールス信号の形で、 100万光年を離れた地点らの間で、 超光速での、 情報らの伝達が、 可能な気がしてきます。


 ところが、 最初のモールス符号と、
次のモールス符号を区別するためには、

電子の回転軸を逆転してやる必要があります。


でも、 一回でも、 上下の磁場らをくぐった電子に、 同じ磁場をかけても、 上向きは、 上向きで、
変わりません。


  それで、 上下の磁場らの方向を逆転させれば、
良いのでは?、 と、 考えます。

最初の上下磁場で、 上向きに曲がった電子は、
当然に、 下向きに曲がるはずだ、 と。


しかし、 そうならないんですよ (^^;)。

磁場の状態を変えると、 再び、 電子が、
上と下の、 どっちに曲がるかは、
50 % 、の確率になります。


左右磁場で試しても、 同じです。
これらは、 実験らにおける、 事実です。


一方の状態の変化が、 他方に、瞬時に伝わる
( 影響する ) 事になる、 悩ましい状況です。



@ 一方の、 光子などの、 もつれ関係を設定されてある場合の、 量子の状態が、 観察において判る、と、
他方の、 その相棒な、 量子の真逆な状態が成り立ってある事が、 判る、 というだけの事であって、
それらの間に、 働きらの、 やりとりや、絡み合いは、 無い 、 とする、 観方が、 実験らにおける事実らに即したものとして、 在る。

その観方においては、 光の速度を超えた、 速度での、 情報らなり、 働きらを成す何かなり、の、
伝達は、 この事象においても、 成り立ち得ては、
居ない 、 と、 されている、 という事。



@ 素直に、 実験らによる、 観察されてある、 事実ら、と、 されてある事らにそって、
考えて観ると、

光の速度を超えた、 速度で、 何らかの状態らなどを変える働きを成す何かは、 伝達をされない、
という事があり、

そうした伝達によらない、 仕組みらにおいて、
もつれ関係を設定され合った、 量子らの状態らは、 その相方とは、 別なものに成る、 という事があり、

その状態を特定する操作を成す、実験をやると、
その実験の対象に成っていない方の、状態までが、 変化をも成して、 特定されてしまう、
という事がある。

一方は、 その操作を原因として、 自らの状態を変えられもする、 という、 結果を成して来てあるのに対して、

時間や、 空間における、 隔たりのある、
もう一方の量子は、
その操作を原因としていない形で、
自らの状態を、 変化させもして来てある、
という事が、 在る。

これは、 確かに、 その通りならば、
不思議だ。
片方が、 実験なり、 操作なりによって、
それを原因として、 変化や、 そのままな様を、
観察させ得て来てあるのに対して、
残りの片方が、 実験や操作を、 原因として、
与えられていない、 にも関わらず、
変化する事や、 そのままの状態を示す事を、
強いられてある、のだとすれば、 不思議だ。


@ 量子のもつれ、の、 関係性を設定され合ってある、 量子らにおいて、
その一方の状態の一定度合いを変化させる、 操作をすると、
別の量子の状態の一定度合いをも変化させる、
という事なら、
その操作の、 それへの因としての働きが、 別の量子の状態へまで及んでいる事になるが、
そうではない、 と、 科学者らは、主張している。



☆ 米国務長官 ; 「 コメントない 」 ;
…行動で、 北に対処か ;


◇ 北朝鮮の弾道ミサイルの発射を受け、
ティラーソン米国務長官は、
「 アメリカは、 北朝鮮
( の核・ミサイル問題 ) について、 十分に、
発言してきた。
我々には、 さらなるコメントは、 ない 」、
との声明を発表した。

北朝鮮の相次ぐミサイルの発射などの挑発行為に対して、 言葉による非難にとどまらず、
今後は、 実際の行動で、 北朝鮮に対処していく、意思を示したもの、と、 みられる。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170405-OYT1T50044.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桁ごとの 数たちの... | トップ | 反日勢 反政府らを ... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。