夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

自らの経済系が、縮小均衡化する度合を増すに連れて、 より、反撃性を示さない勢力らなどへの、 戦争行為らへ、 失業し勝ちにされてもゆく、自国民らを駆り立てる度合を増してもゆく、 シナの幹部ら。

2017-06-30 22:13:21 | 政治・経済
【 企業らや、 家族らの各々と、 個人における、
個人経済系らの各々においては、

カネとして働く数値らや、 そうした数値らを帯 オ びてある、 金属片らに、 紙切れら等の、
貨幣らなどは、
物や、 サービスらを、 個人経済系の主らの各々へ、 配分する、 代わりに、

通り過ぎていき、 放散するものらであって、

個人経済系の各々において、 その個人経済系の主により、 とどめ置かれ、
滞留 タイリュウ は、 させられる、
にしても、
循環して働く、 度合いを、 ほとんど、 全く、
成さしめられては、 居ない 、 のが、
その、 常なる、 在りようである、
と、 言える状態にあるが、

日本の主権者である、 日本国民たちが、
共同で、 成し、 営みあっている、
日本の国民経済系などの、 国民経済系なり、
天下経済系なりにおいては、

カネとして働く、 数値らや、 そうした数値らを帯びて機能する、 金属片らに、 紙切れらなどは、

それへの参加主である、 日本国民たちの各々や、 日本国民たちの営む機関ら等の各々により、
その所々に、 とどめ置かれもしてありつつ、

日本国民らから、 日本国民らへと、 循環し、
経巡 ヘメグ るものらであり、

どこかの、 誰彼らの想像の果ての向こうの、
闇の世界らへ、 消え去ってゆくものらなどでは、
無い 、 ので、


日本の政府機関らなどの、 政府機関らが、
その財政における、 借り分らである、
赤字の分らを積み増す代わりに、

その国や社会の主権者である、 国民たち等の側に、
政府機関らなどへの、 貸し分らである、
黒字の分ら、 を、 成す、 からといって、

それらな赤字の分らが、 個人経済系における、
借金らなり、 赤字の分らなりと、
同じ質なり、 同じ意味なりを帯びて、 成る、
訳では、 無い 。


政府機関らの、 借りてある分らなり、
赤字の分らなりは、 政府機関らの、 損を成してある訳でもなく、

単に、 その政府機関らへの、
主 アルジ の立場にあり、
その政府機関らと、 それらを運営する、 役人らや、 政治家らなどから、
一方的に、 奉仕され、

自らの側の、 あり得る、 福利らを実現する、
度合いを、 その政府機関らなどから、
より、 余計に、 成されるべくもある、
国民たちなどの、 その社会の主権者たちの側に、

政府機関らの負ってある以上の、 黒字の分ら、 が、 作り出されてある事を示し得るものらであり、

民間、の、 などと、 過 アヤマ って、
呼ばれてもある、
その社会の、 主権者たちの側、 の、
黒字の分らを、 より、 積み増してゆく場合には、
一般の銀行らも含めた、 政府機関らに類する機関らの側に、
同時に、 同じだけの、 赤字の分ら、が、
積み増されてゆき得る、 というだけでなく、

むしろ、 日本の国民経済系などの、 天下経済系らの各々が、 その、 あり得る、 成長の度合いを実現し得てゆく事において、

その社会の主権者たちの一般と全体とに、
あるべき、 在り得る、 福利らの実現する度合いを、 より、 能 ヨ く、 成してゆく場合には、

政府機関らや、 政府機関らに類する機関らに、
赤字の分らが、 積み増されてゆく状況にも対応して、
民間、の、 と、 過って、 呼ばれもしている、
主権者たちの側、 の、
黒字の分ら、が、 積み増されてゆく事こそが、

あるべき、 より、 望ましい状況であり、

より、 健全な、 国民経済系の成長してゆく、
ありようであって、


外国人らからの、 日本政府の、 借り、であり、
赤字の分である、 カネとして働く、 数値らが、
その、 借り、ら、の、 総額、の、 数 % 以内 、
でしかなく、

日本政府への、 主である、 日本国民たちからの、 貸し付けである、 日本政府の、 借り 、 であり、
赤字の分である 、 カネとして働く、 数値ら、が、
その、 借り、ら、の、 総額、 の、
94 % 前後以上を占めてあり、

つまりは、
自らへの召し使いな、 日本政府への、 貸し主らの9割以上が、
日本政府への、 主である、 日本国民たちである事は、
望ましい、あるべき事が、 在り得てある事であり、

外国人らによる、 貸し付けよりも、
圧倒的に、 自らへの主である、 日本国民たちからの、 貸し付けを得てある、
日本政府の財政の状況は、 そうではない場合らに比べて、
より、 在るべき、 望ましい状態を成してある、
と、 言えるものではあっても、
解消すべき問題性が、 その筋にある訳では、
無い。

解消すべき問題な事は、
日本国民たちへの、 召し使いな、 日本政府などの、 政府機関らの事を、
それらへの、 主である、 日本国民たちを、
差し置いて、
日本国民たちへの召し使いな立場にしかない、
役人めら等が、
勝手に、 『 国 』 、 と、 称して、
日本という国への主権者であり、
自分たちの各々を、 自分たちの各々で、
統治する、 権利を帯びて在る、 日本国民たち、
の、 その上位にでも、
本来は、 日本国民たちの一般と全体とを指し示す意味を持つべき、 国なるものがあるかのように、
日本国民な誰彼らへ、 思い込ませ得る、方向性の、 詐欺を働いて来てある事であり、

国の主な日本国民たの一般には、
存在し得ていない、 借金 、 が、 在り得てあるように、
『 召し使いな政府機関の赤字の分ら 』 、を、
『 国の借金 』 、 という、
日本国民たちの一般において、
より、 誤解を成さしめ得る、 筋合いの、
全く、 適切ではない、 言葉を用いて、
表現して観せる、 詐欺を働いて来てある事であり、

そうした詐欺らを働く事によって、
日本国民たちの一定数以上に成り立たしめた、
誤解らに便乗して、

日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らも含めた、 公共事業らが、

どこかの外国人らなどを貸し主らとする、
実際には、 無い、
架空の、 妄想らにおける、 日本国民たちの側においての、 借金らを増やす事でもあり、

より、 やらない方が、 善い、
より、 望ましい事ででもあるかのように、

日本国民たちの一定数以上に、 思い込ませ得る、
方向へ、 圧力をかけ続けもする、
詐欺を働いて来てある事である。


これらの詐欺らによっても、

日本国民たちは、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 避難所らとを、 作り拡げてゆくべき、 すでに、 在り得てあって、 当たり前な、 公共事業らの実現を、 未然に、 防がれ続けて来てある。

こうした事らの在る事や、 在り得る事を、
すでに、知ってある日本国民たちが、
その他の日本国民たちへ、 伝え知らせる他には、
まだ、 知らない日本国民たちが、 こうした事らを知るべき機会らを得る事は、 ほとんど、 全く、
無い 、 ので、
すでに、知ってある、 日本国民たちの伝え得ようらに、
いかに、 より早くに、 日本国民たちが、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住みもし得る、 避難所らとを、
作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事のより、

日本の、 財務省などの、 役人らや、
与野党の、 主な政治家らが、
英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
オウム返しにして、 主張し、 実行もする事において、

日本政府の財政における、 引き締め、 であり、
緊縮 、 である事を、 繰り返し、 成す事を通して、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、
デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆく、 と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを、 飛躍的にも、
高めてゆき得るか、 という事の、 全てが、
かかっており、

全く、 手遅れに成るか、 どうかは、
こうした事らを、 すでに、知ってある、 あなたや、 あなた方次第の事だ 】 。


ネット記事+論弁群+;

【 北海道が、 危ない 】 ;

☆ 苫小牧駒沢大が中国化する ;

◇ 譲渡先の法人の理事は、
「 中国共産党員 」 ;
系列高は、 田中将大投手らが卒業の名門
2017/ 6/20 13:15 コメント6 ;


  ☆ 大リーグの、 ヤンキースで活躍する、
田中将大投手や、 スピードスケートなどで、
オリンピックに、 7回を出場した、
橋本聖子参院議員らを輩出した名門、
駒澤大付属苫小牧高校を擁する学校法人の、
駒澤大学 ( 須川法昭理事長 ) が、

今年の1月に、 傘下の苫小牧駒澤大学
( 以下では、 苫駒大 、 とする ) 、 を、
中国と関係が深い、 京都市の学校法人に、
無償で、 移管譲渡することを、 決めた。

 すでに、 協定書を交わし、

文部科学省に、 設置者変更を申請、
認可されれば、
来年の、 4月1日から、
苫駒大の名前が、 消える。

一部の、 大学関係者や、
寄付行為者である、 曹洞宗の関係者の間では、

移管譲渡までの経緯が、 不透明なうえ、に、

苫駒大が、 “中国人大学”になり、
駒大グループが、 “中国化”するのではないか、
という、 不安が広がっている。


◇ 一体、 何が、 起きているのか?


 移管譲渡を受けるのは、
「 学校法人京都育英館 」
( 松尾英孝理事長 ) 。

平成25年4月に設立され、
京都看護大学や、 苫小牧市に隣接する、
白老町で、 北海道栄高校
( 生徒数は、 371人 ) への運営を手がけている。

 同法人を設立した、 「 学校法人育英館 」
( 同理事長 ) 、 は、
京都ピアノ技術専門学校や、
関西語言学院 ( 京都市 ) 、
四万十看護学院 ( 高知県は、 四万十市 )
、 を運営、
中国の、 瀋陽市では、
東北育才外国語学校を設立、経営している。

 ホームページによると、
関西語言学院は、 中国の高校や大学を卒業した学生を、 日本の大学や大学院に進学させるための、
日本語学校。

在籍する学生は、 昨年の7月の現在で、
540人で、 全員が、 中国人だ。


 東北育才外国語学校は、
東北育才学校 ( 瀋陽市 ) と、 共同で設立した、 中高一貫校で、
日本語教育を展開。

東北育才外国語学校から、 関西語言学院、
そして、 日本国内の大学へ、 という、
ルートを構築してきた。


 民間調査機関によると、
27年の5月8日な現在に、
「 学校法人育英館 」 、 には、
中国人の、 2人が、 理事に名前を連ねている。

この理事について、 駒大関係者は、 こういう。


 「 調査した結果において、 1人は、
中国共産党員だった。

東北育才外国語学校の、 終身校監で、
東北育才学校の顧問をしている。

過去に、 全国先進的従事者
( 全国模範労働者 ) として表彰されるなど、
有力な人物だと、 分かった 」 。


 業務の内容や、 理事の顔ぶれから、
中国との関係が、 相当に強いのが、 分かる。


  譲渡されるのは、
苫駒大の敷地の、 15ヘクタール

( 10ヘクタールは、 苫小牧市からの、
無償 譲渡 で、
5ヘクタールは、 無償 貸与 ) 、 と、

校舎、図書館 ( 蔵書数が、 10万4千冊 ) 、
備品類で、 全てが、 無償だ。


総資産は、 約40億円で、 雑書類や備品を加えると、 50億円を超える 、 という。


  協定書案によると、
移管日は、 30年の、 4月1日で、

「 新たな学校名称に、 『 駒澤 』 、
『 駒沢 』 、 『 KOMAZAWA 』 、の、
文字は、 使用しない 」 、

「 教職員の人事異動や給与、
その他の変更等、 管理運営については、
一切、 駒大は、 関与しない 」 、 などと、
なっており、
全てが、 京都育英館主導で運営されることになる。

 現金を伴わない、 完璧な“買収”だ。

 
◇ 中国による、 他国の教育機関への買収は、
韓国でも、 行われている。


 昨年の6月28日付の韓国の全国紙ハンギョレ ( 電子版 ) 、 は、
中国の武昌理工学院が、 廃校の危機にある、
韓国・韓中大学 ( 江原道東海市 ) への買収計画を伝え、
「 自国の戦略と要求の中で、 韓国の大学を対象とした買収が行われているため、
韓国の高等教育の発展に役立つかは、 疑問だ 」
、 という、 識者の見解を紹介している。


 京都育英館の進出で、
苫駒大が、 中国化する懸念が十分に予想される。

苫駒大の関係者は、
「 中国名の大学になる可能性もある 」 、 と、 前置きした上で、 こう話した。

「 文科省の認可を受けてから、
生徒を募集しても、 集めるのは、 難しい。

結局は、 中国の留学生を受け入れることになるでしょう。
教職員や語学留学生を含め、
中国人がドッと入ってきて、
大規模な中国人大学になる可能性がある 」 。


 岩倉博文苫小牧市長は、
「 少子化の中で、 苫駒大の現状を考えると、
一定の定員を確保しながら、 存続していくのは、
難しい。
廃校を避けたい、 という、 思いが強く、
やむを得ない選択だった 」 、 と、
苦しい胸の内を明かす。

http://www.sankei.com/life/news/170619/lif1706190008-n1.html

http://www.sankei.com/images/news/170619/lif1706190008-p1.jpg

◇ 駒大の理事の一人は、
こう言って、 眉をひそめた。

 「 日本の有名大学を卒業した、
中国人エリートに聞くと、
『 間違いなく、 乗っ取りだ。
それに、 駒大が協力した、 ということ 』
、 という、 答えが返ってきた 」 。

 京都育英館に移管譲渡されることで、
苫小牧駒澤大は、 どう変わるのか? 

地元メディアは、 文部科学省への、
設置者変更の認可申請が、 認められる事を前提に、
京都育英館と、 中国との深い関係を、
好意的に捉え、 新大学の設立に、 期待を寄せる。

 一方で、 苫駒大関係者からは、
「 情報が錯綜 サクソウ していて、
実際には、 どうなるのか、 分からない 」
( 元の職員 ) と、 不安の声が。

 
◇ 学校法人 京都育英館は、
どう、 考えているのか?

 松尾英孝理事長は、
産経新聞の取材に、
「 文科省の認可が出れば、 大学名を決め、
来年度からの、 学生募集を始める 」 、
とした上で、

 「 運営理念は、 地域貢献で、
地元に貢献するのは、 日本人でも、
中国人でも、 構わない。

躍動感のある大学にするために、
系列の中国の語学学校などからの受け入れを進めるが、
当面は、 日本人学生だけを募集する 」 、

「 来年度から、 四年制大学を造る。
平成31年度から、 看護学部など、
学部、学科を増やしていき、
単科大学から、 総合大学への移行を目指す 」
-と、 構想を述べた。

 苫駒大の川島和浩学長 ( 54 ) も、
「 松尾理事長は、 説明会で、
『 ビジネスの視点から、 経営がしっかりできる大学に立て直したい。
3年後ぐらいには、 プランを持っている。
文科省の認可が下りた段階で、 公表していく 』
、 と、 強調していた 」 、 という。


 だが、 こうした構想に、 懐疑的な見方も、
根強く、
苫駒大や、 曹洞宗の宗門の関係者の間では、
さまざまな臆測が流れている。

 
◇ その一つが、中国人留学生の大量流入だ。

  川島学長によると、
松尾理事長は、
「 日本人が集まらない場合は、
中国とのルートで、
留学生を受け入れることも、 一つの案として、
あり得る 」 、 と、 話した、 と、 いい、

同理事長は、 地元紙のインタビューでも、
「 学生全体の2割程度を外国人学生とし、
積極的に受け入れる。

東北育才外国語学校の生徒が、
苫小牧の大学に進学することも、 あり得る 」
、 と、 述べるなど、
中国人留学生の受け入れには、 前向きだ。

 苫駒大の元職員は、
「 苫駒大は、 以前、
中国人留学生を大量に受け入れたことがある。

その際、 いろいろな問題が起きた。
中国人留学生が増えると、
苫小牧が、 どういうことになるか 」 、と、
表情は、 暗い。

 
北海道栄高校の移転の有無も、
不安材料らの一つだ。

京都育英館は、 栄高校を、
苫駒大の敷地内に移転、
新しい大学の付属高校化を検討している、 と、
されるからだ。

  駒大は、 記者会見などで、
付属苫小牧高校は、
駒大が運営を続けるとしているが、
松尾理事長は、
産経新聞の取材でも、
「 栄高校は、 連携すれば、
面白いことができる 」 、 と、
移転をにおわせており、
苫駒大関係者からは、
「 栄高校が移転してくると、
付属苫小牧高校と競合し、 経営は、 圧迫される 」
、 と、 存続を危ぶむ声ら、 聞かれる。

 さまざまな臆測が飛び交う中で、
京都育英館の今後の方針について、
岩倉博文苫小牧市長は、
「 全て、 認可されてからのこと。
今後のことは、 非公式には、 聞いているが、
現段階で、 それを明らかにすることはない 」
、 と、 口は、 堅い。


 移管譲渡については、
曹洞宗関係者は、 強硬に反対している。
譲渡決定への過程が、 不透明だからだ。


 京都育英館への移管譲渡が、 公にされたのは、
今年の1月26日の、 法人諸学校管理運営検討委員会と理事会、評議員会だった。

 
◇ 出席した理事の一人は、 こう振り返る。

 「 事前に配布された案内状では、
『 苫小牧駒澤大学の経営方針について 』 、が、
議題となっていた。
ところが、 須川法昭理事長が、 突然、
京都育英館へ移管する、 という、
声明文を読み上げ、
移管協定書案や、 記者会見などのスケジュールがまとめられた、 分厚い資料が、配られた。

全員、寝耳に水の話で、
こんなに準備がそろっているのか、 と、
唖然 アゼン とした 」 。

 この理事は、 さらに、
「 本来、 駒澤大学の寄付行為については、
重要な案件に関しては、 資料を、
1週間前に配布することになっている。

緊急の場合は、 この限りではないが、
今回のケースは、 緊急でも何でもない。
苫駒大の再生の道は、 ある 」 、 と、
不満を募らせた。

 
◇ 全てが、 極秘裏に進められたようだ。

 川島学長も、
「 理事会の翌日、 急遽 キュウキョ 、
招集がかかり、 理事会の決定を聞いた。

どうして、 このタイミングなのか? 
どうして、 京都なのか? 
なぜ、こんなに急ぐのか? と、
教職員全員が、 驚いた 」 、 という。


◇ どういう経緯で、移管譲渡が決まったのか?

 須川理事長は、 記者会見で、
入学者減による、 財政状況の悪化を挙げたが、
その後は、 沈黙を守り、
産経新聞の個別取材にも、
「 現在、 認可申請中のため、取材をお受けすることをご遠慮いただいております 」
( 駒大 広報課 ) 、 としている。

 駒大は、 再建のためとはいえ、
どうして、 突然、
中国との関係が強い、 京都育英館への移管譲渡を決めたのか? 
しかも、 無償で。
苫駒大の教育理念は、 どうなるのか? 
宗門関係者は、 いう。

 「 疑問が膨らむばかりだ。
中国は、 京都育英館を通して、駒大本校にも進出してくるのでは…、 という、 不安もある 」 。

 曹洞宗寺院の最高議決機関、宗議会は、
移管譲渡の白紙撤回を求めている。

 ( 編集委員 宮本雅史記者、 写真も )
( おわり ) 。


@ 中国が、 北海道を狙うのって、
裏で、 ロシアと手を組んでるんじゃないか 。
まず、 中国が、 実効支配して、
ロシアに売り渡す計画なんじゃないかと。



@ ロシアが、 シナと連携する度合いを成す事は、 その国益を増す上で、 やって、 あたり前な事でしかない。


アメリカ側の担当者として、 キッシンジャーと共に、 シナの幹部らと、 国際法への違反を成して、 『 密約を結ぶ 』
、 交渉を成した、 アメリカ人の男性が、
数年前に、
その事を暴露する、 インタビューへの応答を成し、
著書を発表もして、
その事を受けて、 アメリカへ対して、
日本国民たちは、 どう、 対応するかを、 問う、
メッセージを成してもいたが、

アメリカ等が、 シナの幹部らとの密約を守り行い続ける事の度合いを、
日本国民たちと組んで、 事らを処理してゆく事の度合いより、 多くするか、 少なくするかは、
日本国民たちの一定数以上が、 そうした事を受けて、 実際に、 どう反応して観せるか、 という事に、 かかっており、
日本人の、 特定の誰彼らの反応ら、 よりも、
日本国民たちの一定数以上の反応らの、 ありようらや、
在るべき、 反応らの、 欠けようら 、 が、
アメリカなどの側の幹部らにおける、
日本国民らを宛先にもした、 選りすぐりようらを左右する、 要因らとしても機能する事になる。


アメリカやイギリスの側からの、 事実らへの暴露を成す行為らの存在を受けても、
まだ、 暴露されてある現実らを踏まえる事が、
出来ずに、

日本の主権者として、 日本の主権者たる自分らへの、 裏切りや、不為らを成して来てある、
裁くべき者らを裁き、 取り締まるべき者らを、
取り締まる、 動きらも成さないままに、
日々を過ごして観せてある、 日本国民たちの一般の在りようらは、

反日ビジネスらを成して、 何らかの利権性なり、
利益性なりを獲 カ ち得て、
自らの、 宗派なり、 階級なりの、 身内員らの、
勢力性の度合いを増しても来てある、 英米などの、 富裕権力層の主導者らにおいて、
その、 日本国民らへも、 デフレ不況性、 を押し付け続けなどもする、 反日ビジネスらを、続行したり、 差し止めたりし得る事に対して、
より、 どちら側を、 後押しし得てしまうものなのか。
余りにも、 明らかな事では、 無いかな。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英米の 謀りをさらす ... | トップ | 虎斑甲烏賊。 日本国民の数... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。