夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

今なる時の間、から、時点ら、へ。 酸攻撃事件ら。 日本国民の数千人以上をすでに監禁してある、シナ

2017-07-29 13:29:58 | 政治・経済
【 今 、 という 、 時としての間 マ を成しても、 あるものが、 我々の各々の、 観念らの成り立つ系である、 精神系における 、
その、 感じようら、 や、 観ようら、において、
その、 感じようら、や、 観ようら、 そのもの、
として、 それ自らの成り立ちようらを与えられて来てある事は、
そうした、 今 、として、 成る、 時の間 、を、
自らの、 感じようら、や、 観ようら、 において、
創造し、 成り立たせる、 観念らの系の主らへ、
そうした、 今として成る時の間に関わる、 情報事らを、 思い分けて観て、
時点なるものら等を、 思い構えて観るに至るようにさせる事などをも、 可能にする。

今なる時の間に関わる、 観念な、 情報事らが、
その主に、 分析され、
時点らからも成る、 時系列の観念に類する観念らが、 創り出されると、

その観念らの、それ自らの在りようらを成り立たしめてある、 規定性らなり、 秩序性らなり 、 と、

今なる時の間を占める形で、 動きようらなり、
相らの成り変わりようらなり、を、 観せるものら、 を、 そのように、 在らしめてもあるはずの、
今なる時の間を成してあるものら、 の、
規定性らなり、 秩序性らなり 、 とを、

照らし合わせて観て、 それらの、 辻褄 ツジツマ
の合わない様 サマ ら等、 の、 在る事や、
在り得る事を、 思い分けて観る事なども、 可能になる。


実際に、 今なる時の間を成してある、
観念らの、 規定性らなり、 秩序性らなりと、
時点らからも成る、 時系列の観念らの、 規定性らなり、 秩序性らなり、 とを、 照らし合わせて観るようにもして、 思い分けて観ると、

今としてある、 時の間 、 を、 占める形で、
成り立ってある現象らが、 数えるに限りの無い、
無数の、 時点ら、 の、 各々における、 現象らを、創造的にも、記憶化できる、 観念らの系の主ら 、 が、
それらを記憶化してから、 記憶化された、
それらを宛としてもあるものら、 を、 綜 ツム ぎ合わせるような形を成す事においても、
それ自らの成り立ちを与えられてあるものであり、

そうした形式を成す事において、
創造されて来てあるものであり、
あわせて、 感じようらや、 観ようらにおいて、
今としてある、 時の間、 なるものも、 創り出されて来てある、 といった事が、 思い分かたれもされ得る。

この、 綜合と、 分析の、 感じようらや、
観ようら、も、 成して来てある、 覚え働きら、 の、 その、 在りようら、や、 在り得ようら、を、
宛 アテ として、 思い分けて観てゆく事において、
思い合わせても観てゆく事は、
観念らの何彼らを宛とする、 解枠性を成してゆく上で、 欠かせない事でもある 。


いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める、 楽園のような、 避難所らとを、作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、

英米の富裕権力層の者らを、 総元締めとも成して、 その事業らを営んで来てある、
欧米の、 カネ貸しらの主張する事らを、
そのまま、 自らもまた、 オウム返しにして、
主張し、 実行もする事において、

日本の中央政府の財政における、 緊縮 、 を、
本当に、 しつこく、 繰り返し、 成す事を通して、

彼らの奉仕すべくある、 日本の主権者である、
日本国民たちへ、 デフレ不況性を押し付け続けて来てある、
その、 デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆく、
と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 土壇場の状況にも、ある 】 。


☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱射病

防ぐ頼りな 熱を去る風・・。


☆ 根途記事+論弁群+;

@ 酸だったら、 仮に、かけられても、
衣服等で、 できるだけ拭 フ いて、
直ぐに、 多量の水で洗い流せば、 ここまで酷いことには、 ならない。

簡単な知識だけど、 知って損はないよ。
2017年 7月22日 5:22 。


◇ 酸化と還元 ; 【 酸化 還元 反応 】


☆ 化学変化には、
水素 イオン H+ 、 が移動して起こる、
酸 塩基 反応 、 と、

電子 e- 、 が移動しておこる、
酸化 還元 反応 、 とがあります。


◇ 水素 イオン H+ 、 のことを、
プロトン ( 陽子 ) ≒ 正電荷の働きを成す
、 と、 呼ぶことがありますが、

これは、
原子番号が、 1番の、 水素が、 通常では、
負電荷な、 電子を一つしか持っていなくて、

原子核には、 正電荷な、 陽子が、
一つしかないために、

負電荷な、 電子を失って、 イオン に成る、
水素 イオン H+ 、 は、
負電荷な、 電子を持っていない、
単独の陽子 そのもの、 と、 同じとなることから、
プロトン 、 と、 呼ばれます。


☆ 酸塩基反応 、と、 酸化還元反応 ;

酸塩基反応と酸化還元反応が、
混同されていることがありますが、

☆ 酸塩基反応は、
プロトン ≒ 正電荷な、 陽子 、
の、 移動による、 反応で、

☆ 酸化還元反応は、
負電荷な、 電子の移動による反応です。


☆ 酸塩基反応 ;

単独の、 プロトン である、 H+ 、 を、
放出しやすい物質と、
プロトン H+ 、を、 受け取りやすい物質とが、
反応し合える範囲内に、 あれば、

プロトン H+ が、 移動する、
化学反応が起きます。

◇ この反応を、 酸塩基反応 、 といい、

プロトン H+ 、 を放出する、 物質を、 酸 、
と、 呼んで来ており、

プロトン H+ 、 を受け取った物質を、
塩基 、 と、 いいます。



◇ 酸化還元反応 ;

プロトン H+ 、 ではなく、
負電荷な、 電子 e- 、 を放出しやすい、 物質、
と、 受け取りやすい、 物質とにおいては、

負電荷な、 電子 e- 、 の移動が行われる、
酸化還元反応がおきます。


◇ 酸化還元反応で、

負電荷な、 電子 e- 、 を放出しやすい物質を、
『 還元剤 』 、 と、 言い、

電子 e- 、 を受け取りやすい物質を、
『 酸化剤 』 、 と、 いいます。



☆ 酸塩基反応は、

◇ 水素イオン H+ 、 の移動ですので、
pH ペーハー
≒ 酸性の度合い 、 に、 影響があり、


☆ 酸化還元反応は、

◇ 負電荷な、 電子 e- 、 の移動であるので、
酸化還元電位 、 に、 影響があります。


☆ 酸と塩基 ;

◇ 酸性物質は、 『 酸 』 、 とされ、

アルカリ性物質は、 塩基 、 とされている。

( アルカリ性は、 塩基性 ともいいます ) 。


◇ よく混同される物に、
酸性 、と、 酸化 、 があります。


☆ 酸性と酸化は、 基本的には、
別の定義になります。

二酸化炭素 CO2 、 のように、
酸性を示す、 酸化体や 、

 酸素原子を分子中に含む、
硝酸 HNO3 や、 炭酸 H2CO3 、 等の、
オキソ酸は、 酸化力があるますが、

塩酸 HCl 、 などのように、
酸化力を持たない、 酸もあります。


◇ 酸性だから、 酸化体であるわけではないので、 間違えないようにしてください。

( アルカリ性と、 還元とを間違えることはないみたいなので、
日本語の、 酸×が、 原因かもしれませんけど ) 。


☆ 酸 ;

酸塩基反応で、 陽子な、 H+ を放出する、
物質です。

◇ 水に入れると、
オキソニウム H3O+ 、 が生じます。


◇ 炭酸 H2CO3 、や、
硝酸 HNO3 、 などの、 オキソ酸は、
プロトン H+ 、 を放出しやすい性質があります。


☆ 塩基 ;

酸塩基反応で 、
正電荷の、 陽子の独りであるものである、
水素 イオン 、 な、 H+ 、 を受け取る物質です。



◇ 水に入れると、
負電荷の働きの方を、 余計に、成す態勢にある、
水酸化 イオン OH- 、 が生じます。


◇ アンモニア NH3 、は、
プロトン H+ 、 を受け取りやすく、

アンモニウムイオン NH4+ 、になります。


また、 水酸化 イオン OH- 、も 、
H+ を受け取りやすく、 水 H2O 、 へと、
変化します。


☆ 酸化と還元 ;

◇ 酸化 ;

酸化還元反応で、
負電荷な、 電子 e- 、 を放出する事をいいます。


☆ 酸素は、
負電荷な、 電子を受け取りやすく、

酸素と結合すると、
酸素に、 他の類の原子や分子が、
負電荷な、 電子を取られるので、
『 酸化 』 、 というのですが、

相手がなんであれ、 電子が取られれば、
『 酸化 』 、 と、 いいます。


◇ 実は、 これも、
混乱のうちの一要因になるのですが、
水素を放出する事も、
『 酸化 』 、 と、 呼びます。


◇ 放出するのは、 水素で、
水素 イオン 、 ではない、 ことに、
注意してください。


☆ では、何故に、
水素を放出する事が、 酸化か、 というと、

水素と一緒に、
水素にある電子を放出してしまうためです。


☆ 還元 ;

酸化還元反応において、
負電荷な、 電子 e-を受け取ることをいいます。


◇ 酸化とは、 真反対の反応なので、
水素を受け取ることも、 還元 、 といいます。



☆ 酸化体 ( 酸化剤 ) 、と、
還元体 ( 還元剤 ) ;

もう少し、 呼び方を考えればいいのに、 と、
思うくらいに、 紛らわしいのが、

この、 酸化体に、還元体、 です。

普通は、 酸化体と聞けば、
酸化した物質だと思うのが、 当たり前のような、
きがするのですが、
これが、 全く、 違って、

酸化体とは、 相手を酸化させる物質、

つまり、 相手から、
負電荷な、 電子を受け取る物質の事をいいます。



☆ 酸化体は、 相手から、
負電荷な、 電子を受け取るために、
自身は、 還元される事になります。



♪ 自らを 還元させる 酸化体

化かす相手の 電子を盗み・・。



◇ 還元体も、 同じで、
相手側を、 還元させる、 物質のことをいいます。


このトラップ ≒ 罠 ワナ 、 に、
かからないようにしてくださいね。


◇ 酸化体 =
相手側 を、 酸化させる
( 相手側から、 電子を奪う ) 物質
( 自身は、 電子を受け取るので、
還元される事になる ) 。



◇ 還元体 =
相手を還元させる
( 相手側へ、 電子を与える ) 物質
( 自身は、 電子がなくなるので、
酸 化 される事になる ) 。



☆ 酸化力がある、 ということは、
酸化体が、 沢山にある、 ということで、

酸化されているわけではない、 ことに、
注意してください。

 

☆ 銅と酸素との、 酸化還元反応で、
酸化銅が生成される例 ;


◇ 銅は、 その反応相手側へ、 電子を与えて、 還元してやる、 還元体 、 であり、

酸素は、 酸化体として振る舞う。

一つの銅は、 酸素に、 2つの電子を与え、
酸素 は、 2つの銅から、
四つの電子らを受け取って、
二つの酸化銅、らを生成します。

2Cu ➕ O2 -> 2CuO

◇ 半反応式

Cu -> Cu2+ ➕ 2e-

O2 ➕ 4e- -> 2O2-

2Cu ➕ O2 -> 2Cu2+ ➕ 2O2-


☆  酸素と水素との、 酸化還元反応で、
水が生成される例 ;


◇ 酸素が、
反応相手側から、 負電荷 、 を奪う、
酸化体、として、 働き、
水素が、 還元体 、 になります。

酸素は、 二つの水素らから、
四つの電子らを受け取り、

一つの水素は、 酸素に、
二つの電子を与えることになります。

O2 ➕ 2H2 -> 2H2O


半反応式

H2 -> 2H+ ➕ 2e-

O2 ➕ 4e- -> 2O2-

O2 ➕ 2H2 -> 2O2- ➕ 4H+



☆ ――どうして、 犯人は、
罪のない人々に、アシッド攻撃を仕掛けるのか ;


・・「 嫌悪犯罪、強盗、ギャング団の犯罪、
性暴力、無差別攻撃など、
アシッド攻撃への動機は、 さまざまです。

世界的に見て、 最も多くの理由は、
特に、 女性に対して、 憎悪を抱く男が、

アシッド ≒ 酸
≒ 反応相手な、 原子や分子から 、
負電荷な、 電子 e - 、 を、 奪いとる物質 、

を使って、 醜い傷を、
顔や、 肉体に刻み込むことで、
女性に辱 ハズカシ めを与え、
社会から孤立させる、 という、
目的から来るのでしょう。

イギリスでは、
こうした動機が、 他の武器ではなく、
アシッドを使う、 主な要因にもなっています 」 。


――どうして、 イギリスで、
アシッド攻撃が増えているのか ;


「 現在の、 社会システムや、 法制度の、
抜け道になっているから、
犯罪者たちは、 アシッドを武器に選ぶのでしょう。

危険な、 大型ナイフや、銃と違って、
アシッドを買うのに、 免許は、 いらず、
年齢での制限も、 ありません。

簡単に購入できるのです。

現行法でも、 悪意を持って、
アシッドを持ち歩いていた場合に限り、
訴追されますが、
立証するのは、 極めて困難です。

アシッドは、 狙った犠牲者に、 ひと目で分かる傷を負わせ、 痕跡を残すことができます 」 。


――犠牲者に、どんなダメージが残るのか。
どんな助けが、必要か ;


「 肉体的には、 永久に、 傷が残ります。
失明することもあります。

何年にも及ぶ、 数十回の外科手術を、
受けなければならないケースもあります。

しかし、 心の傷は、 もっと長く残ります。

多くの犠牲者は、 うつや、
社会的な孤立、に、 孤独、や、 恐怖、に、 不安、や、 パニックを経験することになるでしょう。

自殺を考える人もいるでしょう。

再建・整形手術、精神的な支えや、
リハビリテーションを含む、
総合的で、 効果的な処置が求められます 」 。


◇ 1997年に、 カンボジアのプノンペンで、
男性客の妻から、 アシッド攻撃を受けた女性。
傷は、 一生に残る
( 2013年撮影
IN/VISIBLE by Ann-Christine Woehrl/ Edition Lammerhuber ) 。

――アシッド攻撃をなくす方法は、あるか ;


「 短期的には、 イギリス政府は、
アシッドのような、 劇物を販売する際の、
免許制や、 年齢制限
( 例えば、 18歳未満への販売の禁止など ) 、

現金販売の禁止、 免許を携帯せずに、
濃酸を持ち歩く行為を、 犯罪として罰する、
などの、 対策を講じる必要があるでしょう。

こうした対策で、 アシッド攻撃の増加を抑止する効果を期待できます 」 。

「 私たちは、 問題を十分に理解している、
とは、 言えません。
加害者や被害者の年齢、アシッド攻撃の動機、
どんな種類のアシッドが一番に使われているのか、
どの地域で、 多く発生しているのか、など、
詳細な調査が求められています。
こうした情報らが把握できれば、
より、 適切な対応を取ることができます 」 。

「 今のところで、 明らかな事は、
多くの加害者は、 若い男だ、ということです。

どうして、 男は、 暴力的なのかを含めた、
複雑な社会的背景を理解しなければなりません。
少年や若い男たちの態度を変える教育も、
必要でしょう。

こうした変化をもたらすことができれば、
アシッド攻撃や、ドメスティック・バイオレンス
( DV ) を含めた暴力を減らせるでしょう 」 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 負電荷な 電子対らを ... | トップ | 感じようらや、 観ようら、 ... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事