夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

八方を侵略中の、 小ずるいタコな、シナ。 日本国民の数千人以上をすでに監禁してある、シナ

2017-07-14 16:39:23 | 政治・経済
【 日本国民たちからの、 税金なども含めた、
カネとして働く数値らを得て、 暮らしてある者らが、
日本国民たちへ、 日本国民たちが、
日本国民たちの、 売り物らや、 売り事らを、 買う事へ使うべき、 稼ぎガネとしての数値らを用いる権利の度合いを、 付け加える事になる、
日本政府による、 公共事業らの追加に反対し、
それに当てられる金額数値らを、 無駄遣いされるものらと主張して観せるような場合には、

まず、 自らが、 日本国民たちから、 カネとして働く数値らをもらう事を拒んで、 飢え死になどする事を、 選んで、 成し行うべきで、

一方で、 自分たちが、 日本国民たちから、
それに、無駄遣いされるものではないものとしても、 金額としての数値らを得ておきながら、

他方で、 日本国民たちが、 日本国民たちへ、
その買い物らを通して、 回す事になる、 金額な数値らの事を、 無駄遣いされる宛 アテ のものとして、
公共事業らを、 日本政府が、 追加する事へ、 反対する主張事らを成す、 というのでは、
筋が通らない。

日本国民たちへ、 インフレ性よりも、
デフレ不況性のある場合に、 所得金額を付け加えてやる事へ反対する事は、

日本国民たちの、 命と健康性との存続や、
それらを前提とする、 福利らが、 日本国民たちにおいて、 成される事の価値がある事を、
真っ向から否定する、 精神性に基づく、 欲求性には、 かなう事ではあっても、

日本国民たちのそれらに、 一定度合い以上の、
価値性のある事を観もし、 感じ得もする、 精神性に基づく欲求性に、 かなう事では、 無い 。


日本国民たちのそれらに、 あるべき、 値打ちのある事を、 思い認める事が、 より、 出来ない、
精神性の存在を前提として、
日本政府の公共事業らの追加へ反対する、 論説行為らなどの、 行為らが、 成されてある、 規定性が、 あり得てある 。

日本国民たちに、 あるべき、 値打ちを、 より、
認め得ない側の規定性を成して、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 オウム返しにして主張し、 実行もする事において、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、

金額において、 94年度の半分に近い所にまで、 減らして来てある、 日本政府による、 公共事業ら、 の、 追加に、 反対して来てある、 実質的な、 反日員らを、 より、 一般社会で、 幅を利かし得なくしてゆく事を通しても、

日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 より、 快適に住みもでき、 より、 どこからでも、 速やかに、
入り込みもできる、 避難網を作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

英米のカネ貸しらの言いなりな実態らを積み重ねて観せて来てある、
日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、 主な政治家らとが、

日本政府の財政における、 緊縮 、を、 繰り返し、
成す事を通して、 日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、 デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、 と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 状況にも、 ある 】 。


根途記事+論弁群+;

・・火星の大気は、 希薄で、
地表での大気圧は、 約 750 Pa 、 と、
地球での平均値の、 約 0.75% 、 に過ぎない。


逆に、 大気の厚さを示すスケールハイトは、
約 11km 、 に達し、
およそ、 6km である、 地球よりも、 高い。


これらは、 いずれも、 火星の重力が、
地球のソレよりも、 弱いことに起因している。


大気が希薄なために、
熱を保持する作用が弱く、 その表面の温度は、
最高でも、 約 20℃ である。

大気の組成は、 二酸化炭素 CO 2 、 が、
95 %、 で、
窒素 N 、が、 3 % 、に、
アルゴン が、 1.6 % 、 で、
他に、 酸素 O 、や、
水蒸気などの、 微量成分を含む。


ただし、 火星の大気の上層部は、
正電荷の働きを成す、 陽子らなどであり、
すっ飛び粒子らである、 太陽風 、 の、
影響を受けて、
宇宙空間へと、 流出していることが、
ソビエト連邦の、 無人な火星探査機の、
フォボス 2号によって、 観測されている。

したがって、 上記の火星の、 大気圧や、 大気の組成は、 長い目で見ると、 変化している可能性、
そして、 今後も、 変化してゆく可能性がある事を、 指摘されている。


2003年に、 地球からの望遠鏡による観測で、
大気に、 メタン ≒ CH が、 含まれている可能性が浮上し、

2004年の3月の、 マーズ・エクスプレス探査機の調査による、 大気への解析で、
メタン 、らの在る事が、 確認された。


☆ メタン ( 独: Methan 、
英: methane ) 、は、 最も単純な構造の炭化水素 ≒ CH 、 で、
1個の炭素原子 C 、 に、
4個の水素原子 H 、 らが結合した分子 だ。


分子式は、 CH4 。
和名は、 沼気 ( しょうき ) 。


◇ 分子は、 炭素が中心に位置する、
正四面体な構造を成す 。

炭素‐水素間のすべてが、 σ 結合で、 結合しており、
π 結合が、 存在しないために、
sp3 混成軌道を取り、 結合角は、 109゚ だ。


◇ 常温 での、 常圧で、 無色、で、
無臭の気体。
ヒトに対する毒性は、 ない。
融点は 、 マイナス 183 ℃、
沸点は、 マイナス 162 ℃。
空気に対する比重は、 0.555 。

光などの刺激によって、 励起され、
ハロゲン元素と反応し、
水素原子が、 ハロゲン原子に置換される。

この反応は、 激しい発熱反応だ 。
例えば、 塩素との混合気体を、 常温の中で、
直射日光に曝 サラ すだけで、 発火する。


☆ 現在に観測されている、 メタンの量の平均値は、
体積比で、 約 11 ± 4 ppb 、 だ。


火星の環境の下 モト では、
不安定な気体である、 メタン ≒
CH4 、 らの存在は、
火星に、 メタンのガス源が存在する

( または、 少なくとも、 最近の100年以内には、 存在していた ) 、 という、
興味深い事実を示唆している。


ガスの生成源としては、 火山活動や、
彗星の衝突、 あるいは、 メタン菌のような、
微生物の形で、 生命が存在するなどの、
可能性のある事が、 考えられているが、
いずれも、 未確認だ。

地球の海では、 生物によって、
メタン CH4 ら、が生成される際には、
同時に、 エタン 、も、 生成される傾向がある。


一方で、 火山活動から放出される、 メタンらには、 二酸化硫黄 、 が付随する。


メタンは、 火星の表面の所々に、 局所的に存在しているように見える事から、
発生した、 メタンらは、 大気中に一様に分布するよりも、 短時間で、 分解されていることが、
うかがえる。


それゆえに、 おそらく、 持続的に、 大気中に放出されている 、 とも、 推測される。

発生源に関する仮説で、 どれが、 最も有力かを推定するために、 メタンと同時に放出される、
別の気体を検出する計画も、 現在は、 進められている。

◇ 火星の大気には、 大きく変化する面もある。

冬の数ヶ月間に、 極地方で、 夜が続くと、
地表は、 非常に、 低温になり、
大気の全体の、 25% もが、 凝固して、
厚さが、 数メートルに達する、
二酸化炭素の氷 ( ドライアイス ) の層をつくる。

やがて、 極に、 再び、 日光が当たる季節になると、
二酸化炭素の氷は、 昇華して、
極地方に吹き付ける、 400 km/h に達する、
強い風が発生する。

これらの季節的活動によって、
大量の塵や水蒸気が、 運ばれ、
地球と似た、 霜や、 大規模な巻雲が生じる。


このような、 氷からなる雲の写真が、
2004年に、 オポチュニティ によって撮影されている 。
また、 南極で、 二酸化炭素が爆発的に噴出した跡が、 マーズ・オデッセイにより撮影されている。


火星は、 短い時間尺度では、 温暖化していることを示唆する証拠も、発見されている。

しかし、 21世紀の初頭の火星は、
1970年代よりは、 寒冷 だ。


火星の有効温度は、 - 56℃ 、であり、

実際の温度の、 - 53℃ 、と、
ほとんど変わらないのは、
二酸化炭素が、 0.006 気圧であり、
水蒸気も、 ほとんど存在せず、
温室効果が、 弱い 、 からだ 。


◇ スピリット、が、 抉 エグ った地表。
明るい、 シリカ ( 二酸化ケイ素 ) が、
剝 ム き出しになっている。

火星の表面は、 主として、 玄武岩 、と、
安山岩の岩石らからなっている。

いずれも、 地球上では、 マグマが、
地表の近くで固まって、 生成する岩石であり、

含まれる、 二酸化ケイ素 ( Si O 2 ) の量で、 玄武岩、と、 安山岩、 とに、 区別される。


◇ 火星では、 多くの所らが、
厚さが、 数メートル、 か、 それ以上の、
滑石粉のような、 細かい塵で覆われている。


マーズ・グローバル・サーベイヤー探査機による、
火星の磁場への観測から、
火星の地殻が、 向きの反転を繰り返す、
バンド状に磁化されていることが、 分かっている。

この磁化バンドは、 典型的には、
幅が、 160 km、 で、
長さが、 1,000 km にわたっている。

このような、 磁化のパターンは、
地球の海底に見られるものと、 似ている。


1999年に発表された、興味深い説によると、

これらのバンドらは、 過去の火星の、
プレート・テクトニクス ≒ 地盤らの移動 、 作用の証拠かもしれない、と考えられている。

しかし、 そのようなプレート活動があった証拠は、 まだ、 確認されていない。

2005年の10月に発表された、 新たな発見は、
上記の説を支持するもので、
地球で、 発見されている、 海底の拡大による、
テクトニクス活動と同様の活動が、
太古の火星にあったことを示している 。


もし、 これらが、 正しければ、
これらの活動によって、
炭素の豊富な岩石が、 地表に運ばれることにより、
地球のに近い、 大気が維持され、

一方で、 磁場の存在によって、
火星の表面が、 電荷の働きを成す、 すっ飛び粒子らでもある、 宇宙放射線らから、 守られることになったかもしれない。

また、 これらとは、 別の、 理論的説明も、
提案されている。


◇ オポチュニティによる発見らの中に、
メリディアニ平原で、採取した岩石から、
小さな球形の赤鉄鉱 ( ヘマタイト ) が、
ある。

この球体は、 直径が、 わずかに、 数 mm
しかなく、
数十億年前に、 水の多い環境の下で、
堆積岩として作られたもの、と考えられている。


他にも、 鉄ミョウバン石などの、
硫黄 、や、 鉄 、と、 臭素を含む、 鉱物が、
発見されている。


これらを含む多くの証拠らから、
学術誌の、 「 サイエンス 」 2004年12月9日号において、 50名の研究者からなる研究グループは、

「 火星の表面のメリディアニ平原では、
過去に、 液体の水が、 断続的に存在し、
その地表の下が、 水で満たされていた時代が、
何回かは、 あった。

液体の水は、 生命にとって、 鍵となる、
必要条件であるため、
我々は、 火星の歴史の中で、
メリディアニでは、 生命の存在可能な環境が、
何度かは、 作られていた、 と、 推測している 」
、 と、 結論している。


メリディアニの反対側の、 火星の表面では、
コロンビア・ヒルズにおいて、
スピリット 、が、 針鉄鉱を発見している。

これは ( 赤鉄鉱 、 とは、異なり ) 、
水が在る環境で 、 「 のみ 」 、 作られる、
鉱物 だ。

スピリットは、 他にも、 水の存在を示す証拠を発見している。


マーズ・グローバル・サーベイヤーが、
2006年に撮影した写真から、
クレーターの内壁の斜面を、 液体が流れた痕跡が、 見つかったが、
1999年に、 同じ場所を撮影した写真には、
写っておらず、 それ以降に、 できたもの、
と、 思われる。


1996年に、 火星が起源であると考えられている隕石の、 「 ALH 84001 」 を調査していた、
研究者が、
火星の生命によって残された、 と思われる、
微小化石が、 この隕石に含まれていることを報告した。

2005年の現在においても、 この解釈については、
いまだに、議論があり、 合意は、得られていない。


◇ 火星の地形は、 大きく、 2通りに分かれており、 特徴的 だ。

北半球は、 溶岩流によって、 平らに均 ナラ された平原
( 北部平原の成因としては、 大量の水による侵食説もある ) 、が、 広がっており、

一方で、 南半球は、 太古の、 隕石らの衝突による、 窪地や、クレーターが在る、 高地が、
多い。


地球から見た、 火星の表面も、 このために、
2種類の地域らに分けられ、
両者は、 光の反射率である、 アルベド 、が、
異なっている。

明るく見える平原は、 赤い酸化鉄を多く含む、
塵と砂 、 に、 覆われており、
かつては、 火星の大陸と見立てられて、
アラビア大陸 ( Arabia Terra ) や、
アマゾニス平原 ( Amazonis Planitia )
、 などと、 命名されている。

暗い模様は、 海 、 と考えられ、
エリトリア海 ( Mare Erythraeum ) 、
シレーヌス ( セイレーンたち ) の海
( Mare Sirenum )、
オーロラ湾 ( Aurorae Sinus ) 、 などと、
名づけられている。

地球から見える、 最も大きな暗い模様は、
大シルチス ( Syrtis Major ) だ。


◇ 火星には、 水と二酸化炭素の氷からなる、
極冠があり、
火星の季節によって、 様変わりをする。

二酸化炭素の氷は、 夏には、 昇華して、
岩石からなる表面が、 現れ、
冬には、 再び、 氷ができる。

楯状火山である、 オリンポス山は、
標高が、 27 km に及ぶ、 太陽系で、
最高の山だ。

この山は、 タルシス高地 、 と呼ばれる、
広大な高地にあり、
この地方には、 いくつかの大きな火山らがある。

火星には、 太陽系で、 最大の峡谷である、
マリネリス峡谷も在る。

この峡谷は、 全長が、 4千 km 、 で、
深さは、 7 km 、 に達する。

火星には、 多くのクレーターも存在する。
最大のものは、 ヘラス盆地で、
明るい赤色の砂で、 覆われている。


火星の最高地点と最低地点との標高差は、
約 31 km 、だ 。

オリンポス山の頂 オベ の、 27km 、が、
最も高く、
ヘラス盆地の底部が、 標高基準面から、
約 4 km の下に位置し、 最も低い。

これと比べて、 地球の最高点と最低点
( エベレスト、 と、 マリアナ海溝 ) との差は、 1万 9千7百 m 、 に過ぎない。


両惑星の半径らの差を考えると、
火星が、 地球よりも、 およそ 3倍も、
凸凹であることを示している。


◇ 火星には、 海が、 ない、 ので、
海抜 、 という、 定義は、 使えない。

従って、 高度が、 0の面、 すなわち、
平均重力面 、 を選ぶ必要がある。


火星の基準測地系は、 4階4次の球面調和関数重力場で、 定義され、
高度が、 0 、は、 温度が、 273.16 K 、 での、 大気圧が、 610.5 Pa
( 地球の、 約 0.6 % ) 、となる面として、
定義されている。

この圧力と温度は、 水の三重点に対応している。


◇ 火星の赤道は、 その自転から定義されているが、
基準子午線の位置は、 地球の場合と同様に、
任意の点が、 選ばれ、
後世の観測者によって受け入れられて来てある 。


☆ ブログ 東亜備忘録 > ;

【国防】 ; 中国船が、 日本の領海へ侵入 ;
尖閣こ周辺、 今年にて、 18日目  ;
「海警」船の4隻 、 1隻は、 機関砲のようなものを搭載 。


【違法漁業】 ; 「 北朝鮮船に占領されてしまう 」;

北のスルメイカへの違法な操業で、 抑止対策  
海上保安庁が、 巡視船の派遣を開始 。
日本海 EEZ内の現場海域に ;

@ 違法操業ゆへの損害は、 朝鮮総連に、 損害への賠償を請求する必要がある。


@ 日本国内の在日韓国人を中心に潰さないと、 北朝鮮は、 潰れない。
>逆に言えば、 在日韓国人らを潰せば、
北朝鮮は、 そのままに、 潰れる。
>金の無い国に、 中国やロシアが輸出する、
とは、 思えない。


@ ブータンの領土の約16%は、
シナチクが、 人民解放軍を進駐させて、
既に、 占領下に入っちまってるからな…。

一度、 入られたら、排除は、 至難だぜ。

なんせ、国際法も、国際司法による裁定も、
無視&蹂躙して、 平気な輩だから。

@ グーグルも酷いわ。
中国が、勝手に引いた線を認めちゃって。
点線で、 囲っちゃってるんだから。


☆ 【記者】 ; インドの外務省は、 先日、
中国側の、 最近の道路建設活動が、
安全保障上の深刻なリスクをインドにもたらした、
とする声明を発表した。

【 耿 報道官 】 ;
中国側による、 自らの領土での、道路の建設は、
主権国家の正当な行為であり、
合法で、 理に適っている。

いわゆる、 中国側の道路の建設が、
インドに、 安全保障上のリスクをもたらした、
との口実は、 非常に、馬鹿げている。

インド側が、 今回に、 もめ事を引き起こした、
目的は、 明確であり、
いわゆる、 「 安全保障上の懸念 」 を口実に、
いわゆる、 「 ブータンへの保護 」 を名目に
掲げ、
過去に、 双方が、 共に承認した条約の画定した、
シッキム区間の境界を、横 暴にも越えて、
全く、 係争のない、 中国の洞朗地域に進入し、
洞朗地域で、 係争をつくることにより、
中国ブータン両主権国家による国境交渉を、
阻止、牽制することだ。

中国側には、 外交的方法で、問題を、
平和的に解決する意思があり、
国境地域の平和・平穏を重視してもいるが、
越境したインド側人員の無条件撤収が、
全ての前提だ。

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183779&ph=0
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華思想を構成する規定性ら... | トップ | 投資操作にもよるべき、反日... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。