夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

電磁波が 物を動かす 能力ら 運べば、 熱が 越せる真空

2017-01-03 13:33:10 | 日記
【 日本政府への、 貸し付け分らの、
94 % 前後以上は、 それへの主に当たる、
日本国民らが、 保険会社らへ払っている、 保険料らや、 一般の銀行らへ 、 強制して、 貸し付けてある、 預金 、 という、
一般銀行らの財政における、 赤字の分を成す、
カネらが、
日本国債らを買う、 カネらとして、 使われる事を通して、 日本国民らの、 貸し付け財産ら
≒ 金融資産ら 、 と、 成り得てある。

日本の財務省の、 英米の金融派員としての、実態らを積み重ねて来てある、 実態的に、 反日側に立って働いて来てある、 役人めらと、
その、 英米のカネ貸しらの主張する事らを、
そのまま、 準 ナゾラ えて 、 オウム返しにして、 自らも、 主張して観せてある事らを、
そのまま、 無批判に、 日本国民らなどへ向けて、
告げ知らせて来てある、
日本の、 NHK を始めとする、 報道機関らの、
情報売人めらは、

日本の主権者である、 日本国民らへ対して、
その一般に、 在り得る、 福利らを最大限に成す為だけに、 その存在と存続とを、 日本の主権者の日本国民らから許されてある、 執事の立場にある、
日本政府 、 が、 その主に当たる日本国民らから、
その主に当たる日本国民らの賄 マカナ いを成し、
生業 ナリワイ らを、 より能 ヨ く、 成り立たしめ得る様にする事を、 前提の義務事項として、
預かっている、 カネとしての数値らの事を、
日本政府の財政での、 赤字の分、 と、 宣伝する、
だけで、

主の日本国民たちの貸し付け財産であり、
金融資産である、とは、
日本国民たちへ、 伝えない様にして来ており、

日本において、 国とは、 日本の主権者である、 日本国民たち、 であるか、
日本国民たちの属性らのまとまり、などである、
にも関わらず、

単なる、 その為らを、 より能く成すべき義務事項を負ってある、 執事の役にあるものである、
日本政府や、 日本の政府機関らの事を、

国 、 と、 潜称して、

日本国民らに対する、 執事の日本政府の借金、
と、 言うべきものの事を、

国の借金、は、 と、 述べ伝える事において、

まるで、 日本国民らが、 自らの貸し付け財産らの、 持ち主ではなくて、
日本国民ではない、 どこかの、 正体が不明な誰彼らから、
カネとしての数値らを貸し付けられてある、
借り主らであるかの様に、 日本国民らをして、
思い込ませようとする、 規定性を成して観せ続けて来てあるだけではなく、

実際に、 日本国民らの1人当たりの、 借金は、
などと、 全くの、 ウソを、 日本国民らへ告げても来ており、

この連中が、 その実態らの積み重ねにおいて、
全くの、 反日工作員として機能して来てある、
全くの、 売国奴らである事は、 全く、 明らかな事である。

こんな、在り様であるにも関わらず、
それらの事らを互いに指摘し合う事も無く、
日本の放送機関らの者らへ、 それらを訂正させる圧力を掛けるなどする事もしない、 度合いを、
余計に成して来てある、 日本の主権者らの、 より多くは、 自らの取り立てた、 家老などの者らに、 全く、 その心の、 目も、耳も、覆われて、 良い様にあしらわれ、 ひたすら、 その賄いも、生業も、 害 ソコナ われ続けてある、 バカ殿に類する状態を成して来ており、
TPP に類する、 どこの主権者らの同意も得てはいない、 執事の立場にある者ら同士による、
反民主制的な、 取り決め事らをまで、 差し止めもせずに、
のほほんと、 他人事 ヒトゴト の様に思い成す、
度合いを成して、 バカ殿で在り続けている。

自分が、 主権者である、 国家の帳簿を調べて観る事さえもせず、
その調べ方を勉強する事もせずに、

外国らのカネ貸しらとつるんで、 その言う通りの事らを、 自分もまた、 そのまま、 言い立てては、
実行して来てある、 裏切り者の召し使いらの、
囃 ハヤし立て、 囃し立てさせて来てある事らを、
ただ、 ぼんやりと、 聞き流す事において、
それらへの、 黙認を与えてしまってもいる。

自分が、 自分を主権者としてある国家の、
執事の役にある者らを、 取り締まるべき、
唯一の責任者であり、
本来は、 国家の事らを、直に、 自らが、
成し行うべき所を、 執事の役にある者らを成して、
代わりに、 やらせてあるだけであって、
この国家の主権者らの一般に、 在るべき、
在り得る、 福利らを最大限に成し合うべき、
筋合いにもある、 主権者らの1人として、
義務としても、 主権者らに対する、
執事の役にある者らを取り締まる行為らを成すべき立場にある、 という事への、
自覚認識の系を自らの精神系に構築し、 その度合を高め得てもゆくべき、 規定性と共にある存在でもある、 という事を、 思い構え得て来れていない、
その分だけ、
同じ主権者たちの一般に対する、 不作為型の、
裏切り行為らを成す、 実態らも成して来てある、
日本国民らの、より多くをして、
日本国民らの一般に、 在るべき、 在り得る、 福利らを成す側に立つ事を選ぶ方の、 日本国民らは、
その主権者としての義務性などについて、
より、 体系的に、 認識し得る様にも、 段取りし、
より早くに、 日本国民らの足元の地下へ、
避難経路らと、 住める避難所らとを、 作り拡げてゆくべき、 公共事業らへ取り掛かるべき、 必要性の、 甚だしい大いさなどについても、 思い知らしめてゆくべき、 在り得る、立場にもある 】 。



ネット記事+論弁群+;
blog カラパイア ;


☆ 地球の地下の、 3,000kmでは、
「 超高温のジェット噴流 」 が起きている;


地球の外核には、
「 超高温の流体である鉄の海 」 があり、

その旋回によって、

負電荷が、 負電荷らを、 はねのけ、
正電荷らを引き寄せ、
正電荷が、 正電荷らを、 遠ざけ、
負電荷らを近寄らせる、 働きらの在りようらや、
在り得ようらを、 ヒトに観させ得る 、

『 磁界 』 が生じているが、


ESA の、 地磁気への観測衛星によって、
部分的に、 高速な「ジェット噴流」が生じていることが、 確認された。

≒ 地球の磁気らの、 働きらの在りようらへの、 人々な観測によって、 確認され得た 。


欧州宇宙機関 ( ESA ) と、
欧州の大学研究チームは、

地球の地下の深くに、 高速で動く、 ジェット噴流が生じていることを確認した。


地球の外核には、

「 超高温の流体である、 鉄の海 」 があり、
その旋回によって、
磁界が生じる、 と、 考えられている


( 外核は、 地下の、 約 3千 km にあり、
その温度は、 最も外側の部分で、
摂氏において、 4千4百度、 であり、

最も内核に近い部分で、
6千百度 、 とされる ) 。


自転車などの発電機 ( ダイナモ ) の回転する導体と同じように、

移動する、 鉄などの流体が、
『 電流を発生させ 』 、

これが、 地球の磁界を生み出すわけだ。


学術誌の、 『 Nature Geoscience 』 に発表された、 今回の研究は、

英リーズ大学の、 フィル・リヴァモア氏の率いる、 研究チームと、
デンマーク工科大学の研究者たちが、
ESAの地磁気観測衛星の、 「 SWARM 」 を使用して行ったものだ。

2013年の11月に、 3基が打ち上げられた、
この観測衛星らは、

地球の核、マントル、地殻、海、
電離圏、磁気圏から生じる、
さまざまな磁界らへの測定を行っている
( 下の動画 ) 。


https://www.youtube.com/watch?v=Fqvgia7_EaU


これらの磁界らが、
集合的に形成する、 地球の全体の磁界が、

原子や、分子らの、 枠内において、
動的な定位置らの各々にある、
負電荷な、 電子らの各々を、
その動的な定位置から、 引き離す、 働きである、
『 電離 』 を成す、
波としての振る舞いも成して観せる、
すっ飛び粒子 、 である、
『 電離 放射線 』 ら、 である、

『 宇宙線 』 ら から、

地球を保護しており、


太陽からの、 そうした、 すっ飛び粒子らである、
『 太陽風 』 の来る際などに、

負電荷や、 正電荷の、 働きらの、
いずれかを成して観せ得る、
『 荷電粒子 』 らが、
地球に飛び込むのを防いでいる。


磁界を調査することは、
地球の内部を解明できる方法らのひとつだ。

( 以下略 。

no title
[WIRED 2016.12.27]
http://wired.jp/2016/12/27/jet-stream-earth-core/

▽関連
ESA
THERER'S A JET STREAM IN OUR CORE 19 December 2016
http://www.esa.int/Our_Activities/Observing_the_Earth/Swarm/There_s_a_jet_stream_in_our_core


古記事の引っ越し保管+改訂+;

☆ 鉢植えを 移すが如く 大名ら
移す、頼りは 石高の盛り・・。

2016/ 1/9 18:33:44
http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620


@ 「 秀吉太閤が、 征夷大将軍になろうとして、 足利義昭氏から、養子にする事を断られた 」 → 初出は、 1642年に、
徳川幕府の御用学者の、 林羅山氏が著した、
「 豊臣秀吉譜 」 で、

「 秀吉氏が征夷大将軍を断った 」→
1583年の、 多聞院日記と、
他の同年代の史料ら。
:

@ 当時の支配層員らにも、 豊臣氏が、
朝廷から、征夷大将軍にされても、 当たり前だ、と、観た人々が在った訳だ。

朝廷にしても、 軍事的な実力者らの最大者に、 征夷大将軍に成って貰って、
自分らの軍事力では統制できない大名らを、
自分らへ有利な様に統制して貰いたい訳だ。

朝廷も、自分らの側に、大名らの頭な者らを取り込みたかった、と。 :


@ 徳川将軍家の、 「征夷大将軍」の世襲と、「幕府」の権威により、
「全国」を統治する、 という、
「 律令的な名目と、実質との乖離した統治政体 」 を選ぶしかなかった事実、にも拘らず、

その統治が、 260年にも及んだ事実、
そっちの方にこそ、注目すべき。 :


@ 徳川氏員らが、 260年も持たせたから、
幕府は、 権威がある様な風潮になってるが、
当時は、 今のタイの軍事政権の様な、
臨時政府としての思い扱いじゃないの :


@ ほとんどが、 織豊政権の焼き直し +
関が原で、 敵対勢力らがまとまった所を打ち破れた為に、 潜在的な敵になりうる、大諸侯達を押さえつけるのに成功しただけな >
徳川氏の統治システム 。


@ 事実の流れとしては、 そうだけれども、
徳川家の家政機構が、 そのまま、 全国への統治仕組みを乗っ取る方式は、中々、良く出来ている、と思う。

それと、 武家官位を利用して、家格を固定化するとか、細かい制度を巧く利用している。 :


@ 織豊政権の焼き直しに +α する事ができたのが、 徳川政権の下敷きとなった、織豊政権で、
それらを軽く見るのも、一方的な考えだけどな :


@ 公家の頂点に立った時点で、 別に、幕府を開いた所で、何かがある訳でもなし。
豊臣氏が、 武家の棟梁だって事は、誰もが認めていた訳で、 豊臣氏が天下を持続できなかったのは、 支配仕組みの問題で、 征夷大将軍になり、
幕府を開かなかったから、 ではない。


@ 昔、 NKK教育で、 その話を見たわ。

地球の地熱の熱源は、
まずは、 地球が形成される時に、
隕石らの衝突によって生じた熱、
そして、放射性元素らが崩壊する時の熱、
さらに、重い物質らが、 地球の中心に沈む事でも、
熱を生むらしい 。


@ 地球の裁須 サイス ≒ サイズ 、 の、
惑星が冷え切っていることから、
理由は、 いくつかあっても、結局は、
何で、 地球だけ?ってなるよな。


@ 噴流は、 わかるけど、
ジェットって何? どんなん?


@ 引用部分には、 速度が書いてないが、
URL先を参照すると、 40km/年以上との事 。

ええっと、 時速にして、 4.5メートル以上?

一分間に、 7cm 以上を動くから、
目視でも、 動いてる様がわかるレベルなんだな 。


@ 地球の核が、 いまだに冷えないのは、
月のお陰なんだってな 。
惑星の衛星としては、 破格に、でかいらしい 。

@ >>53 ; そりゃ、 丸っきり嘘だ。
核の熱の半分は、 放射性物質らに由来だし。


@ 地球ができて、 46億年以上を経たのに、
何で、 まだ、 中が、 冷えないの?


@ 真空断熱 。

@ 真空であれば、 あるほどに、
分子運動らなどの、 運動である、 熱 、 ら、を、
伝え得ない状態を成してある 。

運動に、 反応して、 連鎖する物らが、 より、
そばに、 無いと、
運動である、 熱、ら、は、 伝わっていけない 。

つまり、 熱らは、 そこに、 運動らが成って、
自らを成す一方で、 そこから、 逃げてゆき得る、
度合いの方は、 それだけ、 乏しいままにされる 。


@ 圧力で、 熱くなってるのかと思ってたんだが、 違うのか 。


@ 圧縮される圧力で、 余裕で、
鉄が溶ける 列辺 レベ ≒ レベル 。

もっと深くなると、
圧力が高過ぎで、 鉄の分子らは、 固体化する 。



☆ タイガー魔法瓶 ;

断熱について ;

断熱とは、 熱伝達を防ぐことであり、

それを実現するために用いられる、
熱伝達性の低い素材を、 断熱材と呼びます。


断熱材は、 熱伝達を抑える障壁の役をこなし、

冷房・暖房のエネルギー効率を高めるための建材をはじめ、 熱伝達を遅らせることが重要な、
炊飯器、に、 冷蔵庫や、 冷凍庫、と、
湯沸かし器、や、 風呂釜などの器具の筐体部分、と、 多くの工業製品らに応用されています。


☆ 魔法瓶断熱について ;

「 熱伝達 」 ;

熱が移動することを、 熱伝達 、 と呼びます。

熱伝達には、
「 熱伝導 」 、に、 「 対流 」 、と、
「 放射 ( 輻射 フクシャ 」 の、
3つの態符 タイプ 、 があり、

魔法瓶断熱は、 これらの熱伝達らを遮断する、
技術です。

温かいものは、 温かいまま、
冷たいものは、 冷たいままを維持する、 魔法瓶は、
行楽などに出かける際に、 温かいお茶やスープ、に、 氷水などを入れて、持ち運びできる瓶として、 百年近く前から、 世界中の人々に、愛用され続けています。


☆ [ 熱伝導を防ぐ ] ;

物体の一部を加熱すると、
加熱部分の、 分子らの運動が激しくなります。


これらの分子らが衝突する時に、
エネルギー
≒ 物をして、 ある一つの向きへ、 動かす、
物理学における意味での、 仕事 、 を成す、
能力 、 の、 低い、
分子らの各々は、

エネルギーの高い分子らから、
エネルギーを獲得します。


つまり、 エネルギーの高い分子集団から、
エネルギーの低い分子集団へと、
熱 、ら、が、 伝達されます。


これを「熱伝導」と呼び、

物体が、 どれ位に、 よく、
熱を伝導するかを表す数値を、
「 熱伝導率 」 、 と呼びます。



真空の場合においては、
空気の分子が存在しないので、
熱伝導は、 ありません。


JIS で、 定義された真空は、

「 大気圧より低い圧力の気体で満たされた、
空間内の状態 」 、 なので、

微量に、 分子らは存在していますが、
熱伝導は、 ほとんど、 ゼロ 、 となります。



☆ [ 対流を防ぐ ] ;

加熱された物質らが、 流動することで、
熱伝達される現象を、
「 対流 」 、 と呼びます。

空気を構成する分子らが、加熱されると、

その部分の分子らの飛び交う域が、膨張し、
密度が、 低くなります。


周囲よりも、 密度が低くなった部分は、

浮力の作用により、 浮き上がります。



加熱されて、 浮き上がった部分は、
熱伝導によって、 熱を周囲に伝えます。


例えば、
部屋を暖房する時においては、
暖かい空気の分子らは、 上に、行き、
冷たい空気の分子らは、 下に溜まります。


部屋の中を、 扇風機などで、 強制して、
循環してやれば、 部屋の全体を、 効率よく暖めることができます。


しかし、 室内の中に、 空気の分子らがなければ、
暖かい空気層や、冷たい空気層が存在しません。


真空の場合においては、
空気が存在しないので、
対流は、 ありません。


対流現象は、 浮力が原因で起こる現象です。

気体が存在しない真空中では、
対流は、 ゼロ 、 となります。



☆ [ 放射 ( 輻射 ) を防ぐ ] ;

熱エネルギーが、 電磁放射 ( 輻射 ) によって、
伝達される現象を、
「 放射 ( 輻射 」 、 と呼びます。


宇宙では、 真空ですが、
太陽の熱らは、 地球にとどきます。


これは、 熱が、 すっ飛び粒子でもある、
赤外線などの、 電磁波らによって、
伝わるからです。


地球は、 太陽からの放射によって、 暖められる事において、 生命活動や気象現象を起こしています。


放射は、 真空の空間を媒体にしても、
熱エネルギーを伝えます。


太陽の熱が、 地球に届くように、
放射では、
真空を通しても、 熱エネルギーは、 伝わります。


そのために、 魔法瓶では、
内面に、 鏡面の加工を施したり、
真空層に、 銅箔を挟み込むなどをして、
熱放射を反射させて、
熱エネルギーを内部に保つようにしています。



☆ 保温性・保冷性は、

「 熱伝達 」 を遮断することによって得られ、

魔法瓶断熱は、

真空や鏡面により、 それを効率よく行う、
技術です。

ただし、 いずれにおいても、
「 完全な真空 」 や、 「 完全な鏡面 」 を、
人為的に作り出すことは、 不可能なので、

熱の伝導・対流・放射も、 完全に、 ゼロとなることは、 ありません。


また、 二重にした容器の内層は、
当然に、 外層との接点によって支えられているので、
そこから、 熱が伝導することも避けられません。


☆ ( 固体熱伝導 ) ;

これらのマイナス点らはありますが、
現在の所では、
魔法瓶に勝る断熱は、ない、 とされています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 張り子の虎ならぬ、張り子の... | トップ | 化学物質まみれな、シナで、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。