夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

欧米の企業らを間において、シナ幹部ら、と、英米富裕権力層員らが、日本国内の利権らを収奪する上で、必要な、 TPP

2016-09-18 17:40:27 | 日記
ネット記事+論弁群;

☆ 小さい頃、 学校の宿題を、家のどこで
やっていただろうか。
株式会社の、 バンダイ 、 が、 8月22日に発表した調査結果によると、
小学生の、 64.2%が、
自宅のリビングやダイニングで、勉強しており、
中学生でも、 39.7% 、 が、
「 リビング・ダイニングで、 勉強派 」
であることが、 明らかになった。
この傾向は、 中国の人らには、
いささか、 奇妙に思えるようだ。

 中国メディア・捜狐は、 9月8日、に、
「 どうして、 日本の子どもは、
自分の学習部屋がないのか 」 とする記事を、
掲載した。
記事は、 「 子どもが、 自分の学習部屋を持つ、 という事は、 中国の親からしてみれば、
ごく当たり前のこと。
なぜなら、 専用の部屋があれば、
勉強に集中できるからだ 」、 としたうえで、
作者が、 日本へ留学中に、
日本人の家庭を訪ねるうちに、
「 日本の家には、 子ども専用の
学習部屋がなく、 子どもは、 普段は、
リビングなどの
オープンな空間で勉強をしている 」、
と紹介した。

 そのうえで、 日本の子どもが、
リビングで勉強する理由について説明。
まず、学習部屋で勉強させようとすれば、
個室であることをいいことに、
子どもが、 ゲームをしたり、
携帯電話をいじったりしかねない点を挙げた。

また、 リビングで勉強させることで、
親が、 苦労して、
食事を用意したりといった、
家事の様子らを見せることにもなるとしている。

さらに、 最も大事な点として、
家族とのコミュニケーションが、
疎かにならないようにするため、
という理由を伝えている。

 そして、 「 一見、 子どものことを、
一番に考えていないようで、 実は、
しっかり考えている。
そのやり方は、 われわれが、 深く考え、
参考にするに値するものである 」 、 と論じた。

 記事は、 「 日本の家には、
子ども用の学習部屋が用意されていない 」 、
としているが、 決して、 そういう訳ではない。

多くの家庭らには、 「子ども部屋」が、
用意されており、 集中して、 勉強しよう、
と思えば、 この部屋で、 やればいいのである。

その辺りを、 若干、
誤解しているようではあるが、
いずれにせよ、 多くの子どもたちが、
リビングで勉強しているという傾向は、
最初に示したデータから見て、 間違いない。

 個室で、 1人でいて、
種々の誘惑に打ち勝って、
黙々と、 勉強ができる、 強靭な精神力を持った、
小学生などは、 そうは、 多くあるまい。
リビングも、 何かと、誘惑は多いが、
親や家族の「目」があることで、
逆に、 宿題や勉強に、
取り組みやすいのかもしれない。
( 編集担当:今関忠馬記者 )

http://news.searchina.net/id/1618480?page=1

@ 親のそばに居ることで、
子は、 不安を感じずに、
安心して、 脳を働かせることが出来る、
と、 研究結果が出ているな。
また、 親とスポーツを共にすることで、
学習能力が上がる、 との、 研究結果もある。


@ 確かに、 一人にならないと、
勉強をできない、というのは、 おかしい。

学校でも、塾でも、 会社でも、
個室などは、 与えられないのだから

@ コミュニケーション能力を伸ばして、
イビリの加害者にも、被害者にも、共犯にもせずに、 秩序を、 自他に構築する能範 ≒ ノウハウ 、 を、 心得る様にさせるには、
家族員らとのやり取りらから得られる、
情報らを活かして、
課題の事らへ、集中して取り組み得る、
度合いを増す訓練を積んだ方が、善い。

家族員らが、 直には、 観えない所らで、
子どもらが、 どんな事らを、 どんな思いようで、
成し行っていたり、 行っていなかったりするかを、
自然に、吐き出せる段 ≒ ステージ 、 らは、
より多く、設ける様にすべきだ。

@ 個室があったら、 シコるだけ
ソース俺

@ コミュ障害にならないように 
リビング学習には、 大賛成

@ 学習机は、 本棚が、 いっぱい
ついてるやつより、
天板の面積が広い奴の方が、 良い 。

俺は、 食卓用のテーブルを使ってた。
参考書を取っ替え引っ替えしながらの、
本格的な勉強は、こっちの方が捗 ハカド る。

@ 今年、 上の子が、 小学生になったから、
下の子も合わせて、 部屋と勉強机とを
用意したんだけど、
寂しいというのと、 嫁が気になるというので、
結局は、 食卓で、勉強するようになってる


@ シナは、 義務教育が制度化されたの、
つい最近らしいじゃん
そんな後進国が、 なにを
とんちかんなこといってんの

@ 不思議なんだが、
リビングとか、 家族がいる場所で、
勉強してたな。
それでも、 進学校で、上位だったから、
やはり、 集中力とかかもね

@ たしか、 リビングやキッチンで、
勉強してる子らの方が、
個室で、 勉強してる子より、
成績が良い、 という、 統計を見たことがある

@ 伝える値打ちのある物らがある親なら、
伝え得る機会らを増す様にする。
問題なのは、 伝える値打ちのある物を欠いている親たちで、 子どもらを、そうした機会らから、
追い払ってしまう。

@  居間で、 勉強してたって、
親は、 食事の用意で、忙しいし、
ろくに、 話なんかしない 、が、
安心感で、 勉強もできる

@ 自分が子供だったら、
親に見られるのは、 嫌だ。
本当に、集中する時は、
ラジオも、雑音に聞こえてた。

@ 勉強の大切さを、
子供に理解させる事ができれば、 勝ち

@ そんな真面目な理由じゃないよな
リビングに、 テレビとかパソコンが
置いてあるから、
遊べるし、 お菓子もあると

中国なんかだと、
そもそも、 夜まで、 学校で勉強だから 、
家に帰ってきた時は、 ぐったり疲れてる


@ 小学生くらいから、
与えられた課題を、 素直に、勉強するのが、
優秀とは思わないがね。
必要があれば、 その時にいくらでも、
勉強できる。

小学生は、 毎日を、 体を使って遊んで、
それが、学習になると思うが
その体験が、後々の、生活、生きることの
助けになると思うが。


@ 親が、 質問に答えられる間は、
リビングが良い

@ 親が、 うまく、答えられなくても、
何とか、答えてやろうとする姿勢を観せれるなら、
それは、 子どもらの奮起する財産になる。
うまく、答えてやる必要は、無い。
答えようとする姿勢を示せる事が、大事だ。


☆ 中国の、 対日工作は、
長期的、かつ、 巧妙だ。
「 100年マラソン 」 、 とも言われるように、
目的の達成
( 日本の中国化である ) を、
100年のスパンで考えている、 ということだ。

 従来は、 香港・マカオ・台湾を取り返す事が、
主たる目的とみられたが、
既に、 一部は、 達成している。
近年は、 南シナ海ばかりでなく、
尖閣諸島を含む、 東シナ海、
さらには、 沖縄さえ、
中国の領土だ、 と、 喧伝している。

第三期工作の目標は、
「 日本人民民主共和国の樹立、
天皇陛下を、 戦犯の首魁として、処刑する 」、
と、 身の毛がよだつ、
恐ろしいことを、 平然と書き連ねている。

「 政党工作 」 では、
「 議員を個別に掌握する 」、
「 招待旅行 」 などが、 書かれている。

親中派議員とされる人士らは、
招待旅行などで、 一生を忘れられない、
恩義に着るような思い出を抱かされたに違いない。

「 華僑工作 」 では、
日本に住む、 華僑員らは、
無産階級の同志ではないが、
「 利用すべき敵 」 として、
台湾などへ逃亡させない、
青少年などを、しっかり掌握し、
中国銀行に預金させ、
大使館の開設後は、
中国籍を取得させる、 などとしている。

 国籍を取得した後は、
「 日本解放の一戦力となすべく、
政治教育、思想教育を開始 」 し、
「 対外諜報工作の手足 」 として、
いろいろなことができる、
″「 利用価値の高い便利な存在 」、 と、 位置づけている。

 いずれにしても、
中国は、 陛下を処刑して、
日本人民民主共和国を樹立する、 と、 公言し、
日本に在住の華僑員らを、
「 利用価値の高い存在 」 としている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160916-00047896-jbpressz-cn&p=1

@ そんな恐ろしい工作員が、
どこの要職についてるんだ・・
全然わからない ( ;・`ω・´)


@ 実際に、 ネパール等の、
中国の周辺国らで、 王制が廃止に追い込まれた、
国があるからな 。
同じ要領で、 日本に仕掛けてきているとしても、
不思議は、無い。

@ シナを後ろ楯とした、 毛派 、
とかいう、 ゲリラ部隊を投入して、
国王を退位させたのは、 ネパールだった?


@ アカ野郎だけは、 絶対に許せない。

人類の敵だ。

@ 思想の左右は、 調性が効く。

アカ野郎は、無理だ。

絶対に許さない。


☆   中国は、 「 力の支配による既成事実化 」 としか思えない行動をとり続けている。

 南シナ海での、 人工島への構築が発覚した
時点での、 米中首脳会談では、
軍事基地化は考えていない、 と発言していた。
しかし、 いまの実体は、
軍事基地化以外の何物でもない。

 スカボロー礁でも、
米国のやや強腰な警告に対し、
同じ屁理屈を述べていた。
しかし、 浚渫船などが確認されている。

 東シナ海でも、同様で、
話し合いの合意を無視して、
一方的に、 中間線の付近では、
ガス田の施設を拡充しているし、
尖閣諸島では、
接続水域への入りや、
領海への侵入を繰り返している。

 ASEAN ( 東南アジア諸国連合 ) は、
中国の経済支援を武器にした、 切り崩しで、
一致団結した包囲網が形成できない。

そうした中で、
人工島の施設は、 着々と完成し、
軍事基地的運用も活発になっている。

 米国は、 大統領選挙の時期とも重なり、
いま一つ、 南シナ海や東シナ海での姿勢が、
判然としない。
日本は、 東シナ海問題で、
話し合いの機会を持つ努力をしつつも、
最悪の状況も想定して、
しかるべき準備らをしなければ、
後れを取るのではないか、と、 危惧される。

 習近平政権になって、
一段と、 強権的になったが、
基本的には、 建国以来の長期目標を達成する、
一環で、
日本への支配性の拡充、 という、
最終目標に、 変わりはなく、
日本は、 断じて、 阻止しなければならない。

中国の対日工作 ;

 こうした戦略を描いたのは、
ゾルゲや尾崎秀実ともつながっていた、
とみられる、 中国の、
「 国際問題研究所 」 の所長の、
王梵生 、 であったとされる。

1945年の、 2月の、 ヤルタ会談は、
王の情報を基に開催された、と、
米国は分析している
( 福田博幸氏; 『 中国対日工作の実体 』 )。

 まず、 ソ連を擁護するため、
日本を、 中国との全面戦争に引きずり込み、
北進論を、 南進論に転換させ、
米英との戦争に発展させる。

そして、 日本だけでなく、
米英も、 帝国主義だと宣伝して、排除し、
アジアの共産化を成し遂げる、
構想であった、 という。

 「 日本解放第二期工作要綱 」 なる、
秘密指令文書が、
「 1972年の、 ) 7月の中旬 」に、
入手されたことから、
福田氏は。、
「 『 7月5日における、 』
田中 ( 角栄 ) 内閣の誕生と同時に、
中国の対日工作の、 『 第一期 』 は、 終了し、 『 第二期 』 に入ったことを物語っている 」、
と、 解釈する。

 第二期の基本戦略は、
「 日本が、 現在、保有している、
国力のすべてを、 我が党の支配下に置き、
我が党の、 世界解放戦に
奉仕せしめることにある 」、 と、明記している。

 第一期工作の目標としていた、
国交の正常化は、
田中内閣によって達成されたので、
第二期の、
「 民主連合政府の形成 」 を打ち出したのだ。

「 日本列島は、
日本人だけの所有物じゃない 」、と、
嘯 ウソブく、
鳩山由紀夫政権の出現によって、
達成されたかに見えたが、
あまりにも、短期間で終わった。

 共産党の一党独裁による強権で、
人権を擁護どころか、
指導者を批判する言論も、
民主化への要求の反政府デモも一切許さない、
今日の中国における状況の、
日本での展開を目指す、 シナ幹部ら、だ。

2000年以上にわたって、
連綿と続いてきた、 日本的平和の維持の、
二重構造 ( 陛下の権威と政治の権力 )への
破壊を、 その第3期の工作目的として、
その文書に、 明記してある。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47896


 カンボジア、ラオス、ネパールでは、
中国共産党の影響の下で、
実際に、 王政が廃止された。

タイ王国でも、
華僑のタクシン派員らが台頭して以降は、
王政を揺るがす混乱が続いている。

 
 工作要綱には、
第二期の目標を達成するために、
「 群衆掌握の心理戦 」、
「 マスコミ工作 」、 「 政党工作 」、
「 華僑工作 」 、などを列挙する。

第二期工作の細部 ;

 「 群集掌握の心理戦 」 では、
「 展覧会・演劇・スポーツ 」、
「 教育面での奉仕 」、
「 委員会の開設 」 、の項目がある。

 中国の書画・美術品・民芸品等の展覧会、
民族舞踊団、雑技団、京劇団の公演、
さらには、 中国語学習センターの開設などは、

日本人が思うような、
単なる、 芸術鑑賞や、語学の勉強ではなく、
日本革命の素地をつくる、
遠大なつもりの目標らの、
一里塚、 と、 位置づけていることが、 分かる。

 教育面での奉仕では、
「 大学へ、 中国人の、 中国語教師の派遣の
申し入れ 」、や、 「 留学生奨学金 」 、
という項もある。

 日本の大学や研究機関などで勤務する、
中国人教授は、 約 3千人も、いる。

毎年に、 2千人の、
日本人の、高校卒業生に、
全額を、 無条件の奨学金を発給して、
中国の大学へ留学させる、
応募状況によっては、
5千人にまで、 増加する、 としている。

 教授たちは、
中国共産党の、 日本での革命への意志のもとに、
派遣されているのであり、
中国に親近感を持つ若者らを育てて、
革命の土壌にする目的が、透けて見える。

 1904年~5年の、 日露戦争の後に、
白人社会を負かした日本に憧れ、
日本に学びたい、 と、
中国から、 1万2千人の留学生らがやって来た。

孫文、魯迅、梁啓超、蒋介石らは、
そうした留学生であった。

 お金がなく、
日本に来られない、 江沢民などのためには、
南京に、 中央大学を設立して、学ばせた。

日本は、 純粋に、 学問の場として提供したが、中国は、 すべてが、 革命の素地つくり、
と、 考えていることが、 分かる。

 「 委員会の開設 」 では、

「 中日文化交流協会 」 を拡充し、
民間人の組織体で、 実施させるが、
大使館が支援する方式をとる、と、
明記したうえで、

「 初期においては、
純然たる奉仕に終始し、
いささかも、
政治工作、思想工作、宣伝工作、
組織工作を行ってはならない 」、 と述べる。

 中国政府の革命意図を察知されないように、
手の内を隠し、
友好的雰囲気で、
気軽に接触できるようにせよ、
と、 厳命しているのだ。

どれほど多くの日本人が、
こうして、 友好人士になったことであろうか。

 「 マスコミ工作 」 では、
「 マスコミを支配する集団の意志が、
世論を作り上げる 」 として、
田中内閣の成立が、
日本解放工作の実績と述べ、
さらに、 国交正常化へ追い込んだのは、
「 日本のマスコミを支配下に置いた、
我が党の鉄の意志と、
たゆまざる不断の工作 」 である、 とも述べる。

 「 我が国への、 好感、
親近感を抱かせるものを、
第一に取り上げさせる 」 などし、
すべては、 統制下で、
マスコミ工作を推し進めるとしている。

 「 政党工作 」 では、
「 議員を個別に掌握する 」、
「 招待旅行 」 などが、 書かれている。


 シナ系員らが、 国籍を取得した後は、
「 日本解放の一戦力となすべく、
政治教育、思想教育を開始 」 し、
「 対外諜報工作の手足 」 として、
〝いろいろなことができる、
″「 利用価値の高い便利な存在 」、 と、
位置づけている。

 いずれにしても、 中国は、
陛下を処刑して、
日本人民民主共和国を樹立する、
と、 公言し、
日本に在住の華僑員らを、
「 利用価値の高い存在 」 としている。

それにもかかわらず、 日本国民、 ならびに、
国民を代表する議員たちは、
あまりにも、 無防備な昼行燈 アンドン 。

国防動員法の適用 ;

 中国は、 国防動員法を、
2010年の、 2月に公布し、 7月に施行した。

この半年前 ( 2009年の、 9月 ) に、
鳩山由紀夫首相が、 政権に就く。

中国にとっては、
工作の大いなる成果に思えたに違いない。

 この頃から、 日本国内での、
大規模な、 土地への取得の動きらが、
明らかになり、

【 シナと密約がある事を、 アメリカ側の担当者が、 自ら、暴露した、
アメリカ 、 が、 TPP , に類する、
国際的な取り決め事らを通して、
日本国民らへ、 欧米企業らを間に置いた、
シナ幹部らと、 英米の富裕権力層員らが、
フィリピン等で、 水道の利権まで、
手に入れて来ている通りに、
日本での、 水利権らまで、 支配する状況を、
受け入れさせる、 流れがある事からも、 】

高市早苗衆議院議員は、
「 平時からの、 国防動員準備業務の
一環なのではないか、
という、 疑念 」 を抱いている

( 『 WiLL 』 2011.8 所収論文 )。


 国防動員法、 の、
第 4条は、
「 全国民の参加、
長期的準備、 重点的建設、
全局を考慮した統一的計画 」 、
などを規定し、

第 5条で、
「 公民、 及び、 組織は、
平時には、 法により、
国防動員準備業務を完遂しなければならない 」
、 と規定している。

 第 49条は、
「 満18歳から満60歳までの、 男性公民、
及び、 満18歳から満55歳までの女性公民は、
国防勤務を担わなければならない 」 、 とし、

外国に在住の中国人らも、
免除されていないので、
国防勤務の対象者である。

 こうして、
「 中国資本系企業の、
日本事務所も、
中国の国防拠点となり得るし、
膨大な数の在日中国人らが、
国防勤務に就くことになる 」
( 高市議員 ) 。


 中国は、 国防動員法を補強する、
「 国防交通法 」、 を、 来年から施行する。

「特殊な状況」が発生すれば、
民間企業の、 車両、船舶、航空機までも、
軍事行動に供出する、
義務がある、 というもので、
在中の日系企業らも、例外ではない。

中国が目指す日本のモザイク化 ;

 イスラエルは、
エルサレムを首都としているが、
その東半分 ( 東エルサレム ) は、
パレスチナの首都でもある。

南西部には、
パレスチナが管轄する、 ガザ地区があり、
ヨルダン川の西岸の一帯も、
概ね、 パレスチナの管轄地域である。

 このように、イスラエルは、
国家の中に、
イスラエルの、官憲の力が及ばない、
パレスチナの管轄地域らが、
モザイクのように点在している。

 北海道の広大な山林やリゾート地、に、
奥尻島、佐渡島、対馬、
長崎県の高島と五島列島、
鹿児島空港周辺の林地、
鹿児島県の沖永良部島、
沖縄県の石垣島や西表島周辺などが、
中国系資本の手に落ちたか、
落ちようとしている。

【 それらも、 TPP により、 その権利らなどを保護され得るものらだ 】 。

 東京都内や、 名古屋、に、
新潟市内では、
公館用地として、
必要以上の、 広大な土地の取得に、
中国や、中国資本が、 動いている。

 札幌市では、
地下が、 3階、で、
地上が、 29階の、
高層ビルの数階の店舗を除く、
すべてが、
中国人の店舗と居住階になるビルが、
計画されている。

新千歳国際空港近くには、
住民の反対などで、
計画は、縮小されたが、
中国人専用の戸建て住宅がある。

 首都圏にあるマンションなども、
中国人に占領される度合いが、
少しづつ、 増えている、 という。

そうした場所らが、
いずれは、
チャイナタウン化する事は、 必定であろう。

中国人に対する、
入国への管理の緩和で、
永住者は、 増大の一方で、
現時点では、
30万人前後 、 とも、 みられる。

 名古屋と新潟の土地に関しては、
桜井よしこ氏が、
『 中国に立ち向かう覚悟 』 で、
以下の事実を暴露している。

 日本政府は、
2011年の7月、に、
北京に、 新しい日本大使館を完成させたが、
申請のなかった、
吹き抜けが作られているとして、
中国政府が使用を認めなかった。

( 略 )
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百人一首 誤訳御免 | トップ | 9条や 武装解除に ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。