夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

夢意識にもよる、知的創造性への喚起。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-18 14:29:06 | 政治・経済

【 自らの論説記事の引っ越し保管+改訂+;

元の、 務録 ブロク ≒ blog 、 らの記事らを、 こちらの blog らに写して置き、保存する事にしました。:
2008/ 10/20 1:41:
:

何かを欲求する事は、
自らに、 欠けている所があって、
それを補い充たそうとする、 心的な行為である場合もありますから、
社会生活を為し得ている人には、 皆、
その欲念を満たす事によって得られる筈のものが、 :
その欲念のみたされる状態に至る以前には、
欠けている、 という事になります。 :
:

知性の起ち働く時の習性として、 :
その働きは、 精神をして、何らかの目的事
( もくてきごと ) を設定させてしまう所がありますが、:
:
( アンリ・ベルグソン氏の著作に述べられた言い方だと、
『 知性が起ち働く時には、 何らかの目的を目指して起ち働く、 といった言い方、 だった、 と、
思います ) :
:

目的な事を設定して、
その達成へと、 その心身の働きを向かわせる、
という事それ自体が、
自らに、 欠けている何かがある、
という事を意味しており、

完全自足の状態には、ない、
という事を示しています。 :
:

間違える、 間違えない、 という事らに絡めて、
能力的な、完全性、ないし、無限性、に対して、 :

『 完全の語 』を貼り合わせているのだ、 と、すると、 :

何者かが、 全能であるならば、 :
間違える能力も、 帯びてあれば、 :
間違えない能力も、帯びてある、 とも、捉え得ますから、
何かを間違える、
という事をもって、
必ずしも、 そこに、全的な能力の不成立がある、 と、 断定できる場合ばかりがある訳でもない、
とも、観なし得ます。 :
:

間違え、 というものが、
その前に、 何らかの意図の成り立ちがあり、
その意図に沿った事の成立ちを得ようとする時に、

その意図に反したり、 その意図に沿わぬ事などを仕出かしてしまう、 といった事でもある、
としたら、 :
それは、 :
その主に、その意図に反する事や、
その意図に沿わない事らをも仕出かす、
能力があるもの、 とも、
思い構えて観る事ができます。



2009/ 2/18 20:56 :
:
蟻 アリ や、 蜂 ハチ らの様な者らは、

その社会協同的な作業において、
諸々の動きらを選びかえる所が、
ほとんどないので、 :
それだけ、 『 間違いを犯す事が、 無く 』、

その作業らの、 相互の、綜合的な全体図式 

ー すなわち、
ある幾通りか以上の作業行程らの組み合わせからなる、 幾通りかの形態を採り得る、 巣であったり、 : 営巣の形態であったりするもの ー 
を、 ほとんど、 変更する事をなく、 :

一様で、 確定的なままに、 繰り返し得ているが、

そういった、
間違う能力を欠いた、生き物らには、

動きらを選び改めるのに必要な、
『 意識が欠けている、 と共に、
それだけ、 創造的な知性が、 欠けており 』 、


その分だけ、
その行いらから、 間違いに相当する質のものらをも、 欠いてしまっている、 と、
観なす事もできる。 :


夢において、 我々は、
覚めている時とは、 異なる秩序のもとに、
物事を思い構え、

覚めている時には、 現前し得ていない、
亡き、 人や、ものなどを、
夢の中では、 現前し得ている様に思い込んで、
それへ対処しようとしたり、

覚めている時には、 親密な間柄の誰彼を、
夢の中では、 縁遠く、 素っ気ない間柄になってしまったものであるかの様に思いなして、 :
それへ対処しようとしたり、 と、 :

覚めている時の、 物事の秩序に対して、
何らかの点で、 真逆であったり、 :
ある事柄の全体の意味を変えてしまうほど以上に、
その構成事項らの取り合わせや、
構成ぶりなどが、 違っていたりする様な、
甚だしく、 異なる秩序が、
夢の中の物事らに設定され得ている場合には、 :

我々は、 夢現 ( ゆめうつつ ) の間で、
覚めかけから、 深い眠りへ、
深い眠りから、 覚めかけへと、 行ったり来たりする、 その夢の途次 ( みちつぎ ) において、

かねて、 気掛かりな取り組み事ら等にまつわる、 自らの精神系における、 あれこれの情報事らが、
覚めている時であれば、 社会生活上、
どうしても、 為すべき、 諸対応への必要性から、
解き放たれてある分だけでも、

それだけ、 精神的な余力を殺 ( そ )がれる事をなく、 精神の、 より、 集中的で、 効率的な働きを得て、
それらな情報事らが、 より、整理され、 統合されもして、
それだけ、 筋道立ったものへと仕立て合わせられ得る状態を成すと共に、

ある気掛かりな事柄への、 ああではないか、
こうではないか、 と、 考えあぐねた経験知らの脈塊
( みゃくれ ) を、 準備し得た所のある、
心が、 すでに在って、

初めて、 夢での、何らかの解決法や、
思考的な枠組みの発明なり、が、
それ自らの成立ちを得るのであろうが、 :

それには、 それを阻 ハバ む働きらもなす、 意識勢が、 解枠 ( とわく ) される、 必要がある。 :
:

◇ 従って、 :
ある生き物について、 意識めいたものの有り無しを判定したり、
それがあるらしい場合の度合を量って観たりする、事を、 目的事らとして、
実験らを行う場合には、 :

その生き物が、その動きらを選べるか、選べないか、 という事を判別するに足る、 設定を成す、
必要がある。 :
:

哺乳類などに観られる、 脳 、に類する、 と、
観られる、 器官 、などを持ち合わせてはいない、
生き物であっても、 :

その生き物の行動系列らや、 その改変ぶりらなどへの、 観察において、 :
何らかの理由で、 その生き物に、
動きらを選びかえる、 能力性 ≒
能力のあること 。 能力のあるもの 。
能力のある可能性 、 が、 認められる、
のであれば、 :
それは、 その生き物に、 意識が在り得ている、
一定以上の可能性がある、 という事を示唆する。 :
:

何をもって、
動きらを選びかえている、 ということの、
有無を判別すべきか、
あるいは、
動きらに相当する、
様態らの変化の、 動的な系列らにおいて、
様態らを選びかえている、
ということの、有無を判別すべきか、 については、

そうした事らを判別しようとする、
目的意識を持って、
実験らや、 実験上の観察などを行う人たちが、
人が、 その動きら等を選びかえる際の、
脳波の変化ぶりら等に相当する、
何らかのものを、 実験の前に、
認め知って置き得ているか、
実験が進むと共に、 認め知り得てゆくかする、
必要があり、 :

ある生き物が、
その動きら等を選びかえる度に対応する、事象らの一定以上のものらを認識し、 その認識の内容事項を、 その判別の基準に据える事が、 必要となる。


☆ 何も、 間違わずに、 決まりきった手順で、
複雑な事らを繰り返し行う、
蟻や、蜂などの、 生物らの本能的な行動系は、 :

間違えて、 手筋らを変え改める余地が、
乏しいものであれば、あるほど、 :

それだけ、知性的な精神の働きを欠いているもの、 と、 観なし得る 。
:

間違える、 という事が成り立つ前には、 :
意図、 ないしは、 目的の設定があり、 :

知性の起ち働く時の習性として、
目的事の設定を促す、所がある、 という事は、 :

知性の起ち働きの無い所には、 :
目的めいた事の設定が為されず、 :

どんなに、 複雑な、
動的な系列を繰り返し現す事のできる、
生物がいる、としても、 :

そこに、 間違い、と、
動的な図式らの系列の改変とがない、 のであれば、
それらが、 ない、 分だけ、
その生物には、 知性が、 欠けており、 :

従ってまた、 :
場合場合の動きらを選ぶ役目を果たす、
『 意識、というものの覚醒度も、 乏しい 』 、
とも、 思われる 。
:

我々は、 ある運動に、 馴 ナ れきり、 :
その運動の形態を変える事をなく、
繰り返し続ける時には、 :

その運動の各場面を構成する動きらを、
あらためて、 選びつなげる事が無くなり、 :

その動きらを選ぶ、
心域 ウレイキ での働きが、 無くなる、 と共に、

その運動の構成動らへの、 意識を薄れさせ、
何か、 違う事へと、意識を向け、

それが、
考え事そのものへ向かう場合には、

そういった、 考え事に、 ふけりながら、
その、 馴れ切った運動の方は、
無意識的に、 行っていたりするが、 :

急に、 その運動をやめざるを得なくなったり、
それと共に、
何か、 違う手筋の運動などをせざるを得なくなると、

その局面ごとに、 より、 相応しい、
と、 思われる、
動きらと、 その組み合わせらとを、
その都度に、 あらためて、 選ぶ必要に迫られ、

そういった、 動的な系列らを選ぶに当たっては、
その運動らの各部へと、 意識を対応させる事になる。

動きらを選ぶ所の、 乏しい、 :
『 より、 間違いを犯さない 』 、
決まりきった、 閉じた、 動的系列らの繰り合わせに終始する生き物である、
蟻 アリ や、 蜂 ハチ などにおいては、 :

『 動きへの選りすぐりらを補佐する立場にある 』 、
意識 、 の、 成り立つ度合いは、
その選動 エルギ 性が、 乏しい分だけ、
乏しい、 と、 思い構えて観る事ができる。 :
:

いずれにせよ、
『 間違うに至らしめる能力 』 、 には、
創造的な知性の発ち働きぶりに関連するもの、
として、 :
大いに、 見所がある、 という事になる。 :
:


◇ 夢の構築される場で、 促される、
創造的な知性の起ち働き 2009 / 2/16 20:15 :
:

創造的な知性は、 間違う能力でもある。 :


◇ いわゆる、 【 夢のお告げ 】 、
などと言われる、
発見や、 発明への、
決定的な導 ( しるべ ) となる、 ものを、
はっきりと、 心得るに至る、

その場合においては、 :
我々は、 間違いに、 間違いを重ねる事に、
何ら、 頓着する事を、 無しに 、
言わば、 ある、 発明なり、発見なりへと、
思い至るまで、 徹底した試行錯誤らを、
その精神において、 成し行い得た、 という事であり、 :

その創造的な知性を、 能 ( よ )く起ち働かしめ得て、
ある、 発明なり、発見なりへと、思い至るまで、
その一連以上の作業らを貫徹し得た、
という事である、 と、
思い構えて観る事ができます。 :
:

創造的な知性を能く発ち働かせ得る精神状態は、

間違いを犯さない事を、
第一位の優先事項とせざるを得ない、
てきぱきと、 決まり切った事らを、
ある一定の時間内に、 片付けてゆく事に、
専念し得ているだけの状況に甘んじている場合の、 精神状態から、
一定以上の度合で、かけ離れた精神の状態であり、

湯あみで、 寛 クツロ ぐ心地 ココチ や、
夢で、 様がわりをさせられた、 現 ( うつつ )
の秩序を構成し合う、 諸事象や、
その断片らの混交とに、
自らの構想能力を関わり与 アズカ らせる際などの、 精神状態 、です。 :
:

◇ 知性の起ち働く際の習性として、 :
暗黙のうちにも、
『 目的 』 である事を設定して、
知性は、 それの実現を目指して起ち働いてゆく、と、
アンリ・ベルクソン師は、 指摘し得てくれているが、 :
準備され得ている心が、 既に、 あり、

それが、 ある気掛かりな事柄についての、
ああではあるまいか、 こうではあるまいか、
といった、
考えあぐねらの積み重ねとして、在る、 という事が、 :
夢における、 何らかの解決法や、
思考的な枠組みの、 発明なり、
そういったものを経た上での、
具体的な物事への発見なり、 を可能とし、 :

潜在的にではあっても、 そういった、
発明なり、発見なりが得られる以前に、
何らかの、一貫した、 実現すべき目的事を指して、 起ち働き続けていた、 知性の、
分析的な綜合の作用の産み出し得たものが、
その精神に、 理知的な筋骨材を形成し得ていた所が、 あったればこそ、
現 ウツツ の秩序をほぐしかえた、
夢の秩序との相互浸透的な作業によって、
発明なり発見なりへと至る、 決定的な知見の構築がなされ得るのであって、 :

そういった、 準備された心を無くしては、
そういった、 幸 ( さち )を得るに至るものでは、 なかろう、 と、 思われる。 :
:

【 幸運は、 準備された心に訪れる 】 、 と、
パスツール氏の言にあるそうだが、 :
それはまた、
夢における、 創造的な知性の、
貫徹的な起ち働きぶりの前提にあるものへの、
示唆としても、 好適な物である様だ。 :
:

◇ 夢は、 眠りに依存するがゆえに、
夢による、 物事らの変性には、
眠れる状態を保護し、 維持する所がある様にも、
思われる。 :

例えば、 :

録音機の再生機能により、
大音量で、 音楽などが流れ続けている、
傍 カタワラ で、 :
夢うつつ状態に成り得ている場合などに、
うっすらと覚めた時には、 大きく聴こえる、
音らが、
夢の物語へ引込まれてゆく、 と共に、
小さくなったり、

あるいは、
全く、 聴こえない状態にされ、
まるで、 自分の傍に、 音たちの出元などが、ないかの様な状態になったりする。 :
:

夢には、 脳が 、 外来の刺激らへの、
受け止め様を変えて、
その眠りの一定以上の継続を図る、機能を反映する所があり、 :

この眠りへの守護者たる役割は、 又、
これまで述べて来た事柄にも、結果的には、
寄与する、所がある、 と、 思われる。 :


◇ 動きらを選びかえる事を、 無しに 、 :
【 同じ組合わせらの動きらの繰り返し 】 を、
行ってゆく際には、 :

その一連の作業らは、 自動的なものとなり、 :

それへの意識が、薄れ、

我々は、
その自動的な運動らを続行しつつ、 :
気になる小説の続きや、 行きたい海の光景、
等といった、
何か、 別の事柄に、 意識を向け当てがう、
といった様な事ができる。


☆ 意図して、 夢の中における、 物事らの成り立ちようから成る、 意識 、 に類する、
夢型の意識らを、 自らの心域にわきおこらせる事により、
すなわち、 目覚めてある時の、 正気な意識らにおいて、 事実ら、 との、 つじつまが、 より、
合うように秩序立てられてある、 その状態を、
構成し合っている、 ものらを、 入れかえたり、
あらためたりして、
より、 事実ら、 との、 つじつまを合わせるべき、 圧力から、 離れて、 自らを秩序立てもする、
意識らをわきおこらせる事により、

知的創造性を、 より能 ヨ く、 発ち働かせる、
足しにできるものとしては、

5・7・5・7・7 、 などの、 律句に、
諸々の情報事らを、 より、 意味が通り得るように、 思い分けて観て、 まとめる作業が、 ある。


そうして、 作った律句らを、 思い出そうとする事において、
その所々を、 忘れてあるがままにし、
あらためて、 作り直すようにする事により、

新たに、 その律句へと引き入れる、
諸々の情報事らが、 変わり、
諸々の情報事らを、 分析し、 綜合する、
ありようらが、
自然に、 変わる事を利用して、
記憶事として、 定着させたい事らを、 より能く定着させる事の、 あり得る度合を積み増しながら、
知的創造性を発ち働かせる事も、できる。


決まり切った仕事らをこなして、 退屈さを覚え、
作業の効率が、 悪く成ってゆく時々などに、
諸々の情報事らを、 自らや、 誰彼らが、
興を覚え得る、 何彼らとの関連性を成すように、
思い分けて観る事において、 筋道らを立てて、
整理し、 統合する、 作業として、
詩律句らを作る事は、 その退屈さを、
自らの意識らから、 退散させ、
意識列辺 レベ ≒ レベル 、の低下などによる、
あり得る、 しくじりらを、 より、 未然に防いで、
我彼の安全性の水準を保ったり、 高めたりする事にも、つなげ得る事でもある 】 。


【 自分野を、 意図して、 構築してゆく上でも、 色々な分野らの、 諸々の情報事らを、
意味としての筋道らを成すように、 整理し、
統合してゆく、 心の働きを、
より能く、 成すようにする事は、
自らの成すものらへの、 自らの、 納得性の度合いを深めてゆく、 足しに成る事でもある 】 。


【 いずれにせよ、 日本国民たちは、
より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、
避難経路らと、より、快適に住める避難所らとを、
作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

英米の、 ゴールドマン・サックス、 などの、
投資銀行、 等ともいう、 カネ貸しら、 の、
自分らの側に、 より、 都合の好い、 主張事らを、
そのまま、 自らも、 オウム返しにして、 主張し、 実行する事において、

日本政府の財政における、 カネとして働く数値らの出入りする、 あり得る度合いを、 小さくしたり、 小さいままにしたりする事でもある、
日本政府の財政における、 緊縮 、を、繰り返し、
成し行う事を通して、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、 彼らへの、
彼らが、 奉仕し、 尽くすべき宛 アテ の、
主 アルジ 、 の、 立場にある、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある 、
デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆくと共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを、 飛躍的にも、 高めてゆくべき、 利害関係性をも、 押し付け続けられてある 】 。


☆ 湧き水の 濁りに続く 山津波

無い、水どもが 湧くも、先触れ・・。


◇ 連れ去るに 浜から沖へ 離岸流

脇へ泳げば ひろえる命・・。


☆ 水に塩 糖分も要る 熱射病

防ぐ頼りな 熱を去る風・・。


☆ 千葉県の房総半島から、 およそ、
350キロの海底に、

コバルトなどの、 希少な金属を意味する、
「 レア・メタル 」 らを多く含んだ、
岩石らの集まりが、
東京23区の面積の、 およそ、 1.5倍の規模で、 広がっていることが、
海洋研究開発機構などの調査で、 わかりました。


また、 「 コバルト・リッチクラスト 」 の層の厚みは、 10センチ 余りもあり、

世界のほかの海域らで見つかっているものよりも、 2倍前後の、 厚みがあることも、わかった、
ということです。


調査を行った海洋研究開発機構の、 鈴木勝彦
ユニットリーダーは、

「 本州から近い海域に、 これほど大量に、
資源が存在していることが、 わかり、驚いている。

ほかにも、 存在している可能性があり、
日本の近海での、 海底資源への開発の可能性について、 技術的に可能かどうかも含めて、
引き続き、 調査を進めたい 」 、 と、
話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170605/k10011006791000.html

TOP画像は、 コバルト ;
コバルト - Wikipedia


@ 2017/ 6/5 ( 月 ) 13:48:25.39
ID: Mla5K07w0.net ;

2007年の、 世界の全体での、 コバルトの生産量
( 鉱山生産 ) は、 約 6万5千, 5百 トン。


コンゴ民主共和国、 カナダ、 ザンビア、
ロシア、 オーストラリア、 の、
生産量での、 上位の、 5カ国での合計で、
世界の全体での、 コバルトの生産量の、
80 % 強 、 を占めており、

産地が偏在している、 レア・メタル だ。


☆ 日本の、 排他的経済水域 ( EEZ ) は、

日本の領土面積の、 約 十二 倍 の、
約 4百5万 Km 2 、

領海とEEZを合計すると、 日本の領域は、
約 4百47 万 Km 2 、 であり、
世界で、 第 6位 の規模を成してある。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂本龍馬氏の手紙らが又、発... | トップ | 空売り ; おさらい律句ら... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。