夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

鉄仮面を剥いだ暗号解読家。 シナ・ヤクザ員ら。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-19 14:16:01 | 政治・経済
【 結社も、政党らも成して、 日本国民たちは、
より早くに、 日本国民たちの足元の地下へ、
避難経路らと、より、 快適に住める避難所らとを、
作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事において、
英米の金融派員らから押し付けられ続けてある、
デフレ不況性、を、解消してゆくと共に、
日本国民たちの防衛性の度合を飛躍的に高めてゆくべき、 必要性に迫られてある状況にある 】 。


ネット記事+論弁群+。

・・書簡らの暗号文中に、最もよく現れる数らを調べて観ると、

22、 42、 124、 125、 341、 である事が、 分かった。
:

バズリー少佐は、 これらの数らが、
フランス語に、最もよく現れる、 対字
( 2つ一組の文字 ) を 表している、 と、
仮定して観た。
:

すなわち、
【 es、 en、 ou、 de、 nt 】 、
を 表している、 と、 仮定して観たのだ。
:

要するに、
出現する頻度への分析を、 対字 列辺 レベ
≒ レベル 、 にまで、 応用したのだ。 :


この路線に沿って、 何ヶ月もの間を、
悪戦苦闘を続けたが、 成果は得られず、
今度は、 それぞれの数は、 対字を表しているのではなく、
シラブル = 音節 、 を 表している のではないか、 と、仮定して観る事にし、


書簡らの暗号文中に、 最もよく現れる、数 、は、
フランス語で、 最も、よく使われる、音節、を、表しているのではないか、 と、 考えて観た。
:

それで、 色々な組み合わせらを試して観たが、
数と音節との対応関係を、 なかなか、突き止める事ができない。

これも合わない、あれも合わない、と、ひたすら、
数らと音節らとを引き合わせていた、 ある日、
彼は、 最もよく現れる数らだけから成る、
組み合わせに対応する物ではなかったが、

最も頻出する数らの寄せ集めに近い、
一連の数らに対応する、 ある特殊な単語を、
とうとう、突き止める事に成功した。
:

【 124 - 22 - 125 - 46 - 345 】
、 という、 一連の数らが、
どのページにも、 何度も現れていたのだが、

バズリー少佐は、 これが、 【 敵 】 、 を 意味する、
【 les ennemis 】 を 表す、 と、仮定して観た。
:
これが、 大当たり だったのだ!


すなわち、
【 les - en - ne - mi - s 】 の 各々の音節に、

【 124 ー 22 ー 125 ー 46 ー 345 】
、 の、 各々の数が、対応する、 という事を、
バズリー少佐 は、 観出 ミイダ し得たのだ。
:

引き続き、 彼は、 これらの数らの指し示す音節らを含む、 他の単語らを調べていった。
:
そうした単語らに、 l
es ー en ー ne ー mi ー s 、 から 得られる、 音節に対応する、 数値や数値らを代入して観ると、

単語や、単語らの一部らや一部が、現れて観えた。
:

クロスワード・パズルの愛好家なら、 ご存知であるように、
単語の一部が判明すれば、 残りの部分らについても、 察しが付く事が、 多い。
:
そうして、 新しい言葉が判明すると、 また、
別の音節に、 特定して対応する、 数値らが、明らかに観て取れる事になり、
そこからまた、
新しい言葉らの在処と在り様とが分かり出す。
:

バズリー少佐は、 度々、袋小路へ入り込んだが、 それには、いくつもの理由らがあった。

音節 ー 対応 の 数値 が 分からない 為に、
行き詰まってしまった 事もあったし、

数値ら ( を表している文字ら = 数字ら )
の 中には、 音節 に 対応している

音節を表している 、 のではなく、
ある一個の文字、に、対応しているに過ぎない、
数値らもあったのだ。
:

それに加えて、 大暗号の方式を創り出した、
ロシニョル親子が、暗号文中に、罠をしかけて置いた事もあり、
例えば、
ある数値などは、 音節に対応するのでもなく、
一個の文字を表すのでもなく、 その直ぐ前の文字を消し去るためだけに用いられていた。


バズリー少佐は、 こうして、大暗号を、 ついに、 解読し、 2百年、という、長きに渡って、
日の目を見れずにいた、 数値らの裏の記述事らを明るみに出してやり、
ルイ14世の秘密事らを、初めて知り得た、 人と成った。
:
歴史家たちは、 新たに解読された、書簡らの記述事らに魅了されたが、
その中でも、 ある一通の書簡に釘付けになった。

その書簡には、 千6百年代な17世紀の大いなる謎の一つである、
【 鉄仮面 】 の正体が、述べられているらしかったからだ。 :

鉄仮面は、 初めは、 サヴォア公国のピニェロールにあった、 フランスの要塞に投獄されていたが、
その当時から、 色々な憶測らの的となっていた。


1698年に、 バスティーユ監獄へ移送された時には、
彼を一目見ようと、 農者 ノウザ らが集まって来て、 鉄仮面の肌は、黒い、だの、白い、だの、
背は高い、だの、低い、だの、 実は、女、だのと、 様々に言い合った様だし、

ヴォルテール氏やフランクリン氏などの、 色々な人たちが、独自の説を考え出して観せても来た。


その中でも、最も人気を集めるに至った、 説は、 鉄仮面は、
ルイ14世の双子の兄弟で、 王位継承をめぐる争いを避けるために、 投獄されたのだ、 という。
:
この説の枝葉の別版では、 鉄仮面には、
子孫員らがいる事になっており、

世間一般の人たちの知らない所で、
ブルボン王朝のフランスの本家筋の王家の血筋の人たちが生きているのだ、 という。


1801年に出た、 小冊子 ( パンフ・レット )
には、
ナポレオンこそは、 鉄仮面の子孫なのだ、 と、
述べられており、
それならば、 ボナパルト氏の格が上がる、という事で、 皇帝自らも、
その噂を否定する事はなかった。


鉄仮面についての興味は、 散文や詩、と、 演劇にまで、 影響を与えた。

1848年、でもある、 明治維新の年から、
20年程前に、 ヴィクトル・ユゴー氏が、
【 双子 】 、 と題する、 芝居を書き始めたが、
大デュマが、 ほとんど同じ筋書きの作品をすでに書き上げている、 と、知り、
完成していた、 自らの2幕物を捨て、
鉄仮面 、と言えば、 大デュマの名が挙がる事になった。 :

バズリー少佐が、解読し得た、書簡は、
ルイ14世の下 モト で、 陸軍大臣を務めた、
フランソワ・ド・ルヴォア氏の手になる物で、
その書簡は、 ヴィヴィアン・ド・ビュロンド司令官の不始末と、それへの懲罰などの有り様らを記述していた。
:
フランスとイタリアとの国境にある、 クオネの町への攻撃を指揮していた、 ビュロンド司令官は、
クオネに踏み止まるように命じられていた、にも関わらず、
オーストリアから、敵軍が来襲する事を恐れ、
弾薬や傷病兵らを置き去りにして逃げた、 という。
:

ルヴォア陸相によれば、 このせいで、
ピエモンテ方面の作戦の全般が危うくなり、
ルイ14世は、 ビュロンド氏の戦線からの離脱ぶりを、 臆病の極みと観た。
:
【 これが、 どんな結果をもたらすかは、
他の誰よりも、 国王陛下が、よく御存知の事だし、 陛下はまた、 ここを占領できなかった事で、
フランスの大義が深く傷つけられた事も理解しておられる。
この失敗は、 冬の間に、返上する必要がある。

陛下が望んでおられるのは、 ビュロンド大将を
、 速やかに逮捕し、 ピニェロール要塞へ送り込む事だ。
要塞での、 ビュロンドへの処遇については、
夜間は、鍵をかけて、監視し、
昼間は、 仮面を付けて、胸壁を歩いても好いもの、
とする 】 。


ここには、 ピニェロール要塞の囚人の事が、明確に記述されている。
:
この囚人の犯した罪は、重く罰せられるべきもの、と、 観られており、
時期も、 鉄仮面が、 世を賑わせた時期と一致しているが、
だからといって、 これからも、鉄仮面神話が、
紡 ツム ぎ出されてゆく事には、変わりがない。


☆ ‪ついにつながった、 「 元台湾マフィア 」と、 「沖縄暴力団」と「琉球特別自治区委員会」
http://japan-plus.net/917//


10月29日の琉球新報は、 台湾マフィアの元幹部と、 沖縄の指定暴力団の、 「 旭琉会 」 が、
10月15日から18日頃にかけ、沖縄で接触していた、 と、 報じました。

報道によれば、 来沖していたのは、
台湾の「中華統一促進党」を率いる、張安楽氏。


台湾の三大マフィア組織らの一つの、
「 竹聯幇 チクレンホウ 」 の元の幹部で、
「 白狼 ハクロウ 」の異名で知られる人物です。

15年以上を逃亡していた中国から、 昨夏に、
突然に、 台湾に戻り、 有価証券偽造などの容疑で、 逮捕されました。


しかし、 保釈金を払って、 すぐに釈放され、
中台統一を目指す、 「 中華統一促進党 」 を発足させて、 総裁を務めています。

犯罪を犯しても、 なぜか、 すぐに釈放され、
中国共産党の意を受けて動いている、と、 言われている、 本物のマフィア員です。


◇ 沖縄での、 詐僕に、 在日韓国民主統一連合
( 韓統連 ) が参加している。

韓国でも、 「 反国家団体 」 、 と、 認定されている、 北朝鮮に従う、 従北団体。


慰安婦問題や、 朝鮮学校への補助金の存続運動にも関わっている。

在日韓国青年同盟 ( 韓青 ) は、
その傘下団体。


◇ この沖縄 高江橋封鎖には 、
しばき隊や、 有田芳生 ヨシフ
≒ ヨシフ・スターリンに因めて、 その親が、
付けた名 、 議員に近い、 男組の関係者なども、 複数が、 確認されています。
no title

◇ 有田芳生議員と、 しばき隊の主流と言われる
( 韓統連の ) 在日韓国青年同盟との関係は、 選挙活動でも見られました。

有田芳生は、 韓国や北朝鮮による、 選挙への応援を極端に嫌がるそぶりで、有名だったんですが。

国旗をあげなければ、 良いようですね。



☆ 【 和歌山ヒ素カレー事件 】 ;

@ 林家の台所から見つかった、 ヒ素の入った、 プラスチック容器には、 誰の指紋もついてなかった。
台所の茶碗の横に置いてあったのに、 普段は、
家事の手伝いをしている長女の指紋すらも付いてない。
しかも、 この容器が見つかったのは、
事件から、 2ヵ月後。
犯人なら、 その間に、 どうして処分しなかったのか、 不思議ですね。

それに、 この祭りの日、 真須美被告の次女は、
カレーを味見して、 食べている。
真須美被告の子供は、 4人が居て、 この日は、
地域のお祭り。

カレーの鍋は、 2つあり、 一つだけに、
ヒ素が入っていたが、
いつ、 自分の知らない所で、 子供たちが来て、
カレーを食べるかが、 分からないですよね。

なのに、 致死量を超えるほども、 ヒ素を入れますかね?

被告が、 鍋の近くに居たのは、午後12時20分から午後1時の間、

その後は、 買い物に出かけている。

夏祭りが始まったのは、 午後6時。

それまでの間に、 被告以外、 誰も、 一人で、
鍋に近づかなかった、と言い切れるでしょうか?


しかも、 被告は、 長女と三女を家に残して、
夏祭りに行かずに、 カラオケに出かけている。

晩ご飯の用意はしていなかった。
お腹のすいた子供たちが、すぐ近所の夏祭りに行って、 カレーを食べる確率は、 充分に高かった。

彼女が起こした保険金詐欺は、 22件、
儲けた金額も大きい。
カレー事件と類似した手口だが、これらの事件では、 死者は出ていない。

むしろ、「死なないようにして、保険金を取った」事件だった。
つまり、 真須美被告には、 充分なヒ素に対する知識があった。
我が子も食べるかもしれないカレーに、ヒ素を入れてまで、騒ぎを起こす動機は、 無い。

むしろ、 カレー事件は、 無差別大量殺人事件であり、 金が入ることは、 一切なく、

逆に、 自分に疑いがかかってくるのは、必至。

なのに、 何故、 自分の首を絞めるようなことをしなければならないのか?

他にも、 近所に、 ヒ素を所持していた人物は、
6人もいた。

それに、林家は、この事件後に、放火されている。

保険金詐欺の被害者らの中には、
彼女に恨みを持ってた人も居たでしょう。

ヒ素の知識があまり無く、 真須美被告に恨みのある人物が、 彼女を陥れる為に起こした事件かもしれません。



@ >こんなのがまかり通るなら、 証人や鑑定関係者らを相手に、 いくらでも、 訴訟を起こせるだろ。
順番に訴えて、 時間を稼いでるうちに、 寿命で死にそう。
オウムも麻原も、 これになりそうだったんだが、
警察・検察・裁判所・被害者
( より軽微な被害は、取り下げてもらった… )
の一致団結で、死刑が決まった

ところがだ、 今度は、 何故か ( ←ここ重要 )
、 麻原への死刑の準備が始まると
( 死刑の執行は、 特別な手続きなんで、
事前に、 拘置所で、 当時の執行までの手順の打ち合わせが、 必ず、 一か月以上前からある ) 、
オウムの逃亡犯が、 自首したりして、 捕まるんだわ。

日本の死刑制度上、 複数で、 犯罪をなした場合には、 全員が捕まるまで、 原則として、
死刑の執行が停止する。

これは、 戦後に、 強盗犯で、 先に捕まった方が、 主犯 、 と判断されて
( 本人は、 死刑執行のその場まで、 否定 ) 、
死刑を執行した後に、 共同犯が捕まったら、
そいつが、 極悪人の主犯だ、と、 判明したことがあったためだ。

但し、 共犯者が、 長期の逃亡や、 海外での逃亡に、 死んだ、と認められるときなどは、 例外がある

で、 朝鮮人の父を持つ事が、 海外では、 報道されて来てある、 麻原も、 この例外規定を利用して、 死刑の執行の準備を始めるたびに、
オウム逃亡犯が捕まるわけよ。

……確実に、 内通者から、 情報が洩れている分けだが、そんな訳で、 麻原は、 刑務所内とはいえ、
おそらく、 天寿を全うする、 と、思われる。


@ この地域のこと知らない人が多いけど、
結構と、 やばい事件が頻繁してた所なんよ。

朝鮮人らからなる、 B地区に、 事情も知らない成金一家がやって来たら、
近所員らと揉めるのは、 当たり前な事。

だからと言って、 夏祭りで皆殺しなんて、
あまり、 現実的に考えられない。

当時から、 冤罪の可能性は、 強かったけど、
保険金詐欺の件で、 犯罪適性が衆知され、
犯人にされた可能性は、 否定できない。

この事件は、 精神異常者による、 DQN犯罪の線が強いし、
地元の人間をかばう、 奇妙な連帯感がある。

その後も、 この地区では、 犬への毒殺や、
放火が、 相次いでいる。


この事件の前にも、 この地区では、 未解決の殺人事件が起こっており、 それは、 容疑者が引越して来る前の話。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄仮面をはいだ、 暗号解読家... | トップ | より、精神病質性を助長する... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。