夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

文明らの相互崩壊への過程へ向かう地球社会か。 日本国民の数千人以上をすでに監禁してある、シナ

2017-07-17 17:06:12 | 政治・経済
【 地球から、 人々が、 観察し得る範囲内に、
宇宙の他の領域らからの、 知的命員 メイン らの存在を思わせるものらの訪れが、 無い、
ままなのは、 どうした事なのだろうか、 と、
時折に、 話題になるが、

観念らの成り立ち得る系らにおいて、
感じようらにおける、 同一な今、を、 創造する、 仕方らなり、 からくりら、 などの、
設定のあり得ようらなどが、 より、
地球の観念らの主ら、 の、 それらと、
異なり合ってある、 観念めいた何彼らの主らには、 我々の存在が、 認識され得ない状況らが、
在り、
我々もまた、 そうした主らにもよる、 何彼らの存在らを認識し得ない状況に、 在る 、 という事が、 考えられるし、

我々と同じように、 感じらや、 感じようら等をも含んで、 それ自らの成り立ちを得る、
観念ら、 と、 関わってある主らにおいては、

科学技術に類する体系知めいたものらを発達させる、 そこの類似員らにおける、 競争性らが、
地球の人類員らにおけるがごとく、
その文明圏めいたものらを潰し合わせる事にも、
働いて、
いきなり、 その主らが、 絶滅するに至る事は、
滅多に、 無い、 にしても、

経済的な格差に当たるものを、 しつこく、
拡充して、 そこの一般の主らへ押し付けるような者らのせいで、 戦争に類する現象らが、 規模や、 頻発する度合いを、 増されてゆく事により、
文明らが崩壊して、 やり直しを繰り返していたり、 その挙げ句に、 滅び去ったりする 、
といった事が、 ごく、 在り来たりな事として、
在り得て来てあり、

一定度合い以上に、 宇宙へ雄飛する文明員らの系らが、 ほとんど、 滅多に、 無い、 といった事も、 考えられる。

少なくとも、 より、 平和な社会らへの建設に向いた、 道の精神性のある日本国民たちが、
まず、 自らの独立自尊性を高めて、
平和への調停者として相応 フサワ しい、
中立性、を、
世界中の勢力らへ対して、 成した上で、

宗教や、宗派に、 人種や、 部族社会性の反社会的な度合い、に、 経済的な余力などの、
違い 、 により、
互いに、 戦い合うべき規定性らを抱え合っても、
ある、 可能的な戦争行為者らへ対して、
より、 能 ヨ く、 あり得る戦争らへの度合いを、 未然に、 解消し、
より、 平和な社会状況らを構築し得るように、
段取りしてやったり、
そうした段取り事らを成し得るように、
可能的な戦争行為者らを誘導したりする事を、
やらなければ、 やらない程に、

地球の文明社会らが、 崩壊させられる、
あり得る度合いが、 英米の富裕権力層の者らを、 最も利する、 株主らへの利益らを最大限にして、
従業員でもある、 社会らの各々の一般の主権者らへの、 福利らを最小限にする、 態勢を成し、
保ってゆく事でもある、
地球市場化な、 グローバリズム 、により 、
余計に、 積み増されてゆく状況に、 世界は、
ある。

ゆえに、 日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の、 地下へ、 避難経路らと、 より、 快適に住める、 避難所らとを作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

英米の富裕権力層の者らを、 総元締めともして、 自らの事業らを営み得て来てある、
英米の、 カネ貸しらの主張する事らを、
そのまま、 自らもまた、 オウム返しにして主張し、 実行もする事において、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、

日本政府の財政における、 緊縮 、 を、
繰り返し、 成す事を通して、

彼らへの、 彼らの奉仕すべき宛先の、 主の立場にある、 日本の主権者である、 日本国民たちへ、
押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆく、 と共に、
日本国民たちの防衛性の度合を飛躍的にも高めてゆくべき、 本当は、崖っぷちに近づきつつある、
状況に、 ある。


実態において、 英米の富裕権力層員らの、 代理員らである、 グローバリストらと、その与党員らは、
世界中に、 経済的な格差を、 成し、 拡げてゆく方向へ、 アクセルを踏み続けるだけ、 踏み続けて来ており、
ブレーキをかける気配を、 全く、 見せて居らず、

完全雇用の状態を成す方向性にも、 無い、
どこそこの経済系の状態を、めでたいものとして、
投資家らや、 投資家候補らへ、持ち上げて観せる事などに、 躍起と成り、
更に、 アクセルを踏もうとする態勢らをさらして観せている 】 。


☆ 根途記事+論弁群+;

■Weekly Market Briefing 2017年7月16日

■ 長期金利の急騰が、 ようやく一服、
ドルの全面安・世界同時株高になった、 1週間 ;


◇ 米国ドル 、 を、 単位とする、 カネとして 働く、 数値ら、 が、 売られて、
世界中の、 企業らの株式らが、 買われた ;


☆ 先週 ( 2017年 7月10日-14日 ) 、の、
世界の株式市場は、 全面高でした。


主要な市場ら ≒ 売り買いの系ら 、 の、
週間での、 騰落率は、

現地の通貨ベースで、
独 DAX 、が、 ➕ 2 % 、
米 S & P 500 、 が、 ➕ 1.4 % 、
日本の、 TOPIX 、が、 ➕ 1.1 % 、
上海総合が、 ➕ 0.1 % 、 でした。


日米独を、 円ベースで見ると、

独の、 DAX 、が、 ➕ 1.3 % 、

TOPIX 、が、 ➕ 1.1 % 、

アメリカの、 S & P 500 、が、 ➕ 0.2 % 、
の、 上昇となり、

日本の投資家たちにとって、
ドイツ株が、 優位な展開になりました。


◇ 最大の注目だった、 アメリカの中央銀行の総裁に当たる、
イエレン 連邦準備制度理事会 ( FRB )
議長の、 議会での、 証言は、

株式市場にとって、 ハト派的、 と、
受け止められました。


アメリカ経済は、 健全に拡大しており、
連銀のバランス・シート

≒ 財務諸表の中の、 貸し借り対照表 、
の、 縮小は、 早期に、 着手が、 可能であるが、

利上げについては、
足元の弱含みつつある、 物価指標の、
今後の進捗 シンチョク を踏まえながら、 追加での、 利上げを進めることが、 語られました。


また、 当面の利上げ幅は、 大きくないことも、
示唆しました。

この証言のあとで、
米国の、 6月の、 鉱工業生産指数が、
しっかりした一方で、

コア CPI ≒ コア 消費者物価指数 、 と、
小売売上高が、 予想を下回る数値となり、

米国の利上げのペースについて、
慎重な見方が広がりました。


この結果において、 米ドルは、
≒ より、 売られる勢いを増して 、
全面安となり、

長期金利も、 ドイツを除いて、
世界的に、 低下しました。


◇ 2週間にわたり、 急騰した金利は、
一服する局面に入ったようです。


◇ この恩恵は、 特に、 新興国の、 通貨と、
株価、
そして、 米国のテクノロジー株に、 顕著でした。


ブラジル、 メキシコ、 オーストラリア、
カナダ 、 などの、 通貨が上昇し、

ブラジル株、 メキシコ株、 インド株などの、
上昇が、 際立ちます。


米国では、 ニューヨーク・ダウ、
S & P 500 、 が、 最高値を更新し、

テクノロジー・セクターが、
週間で 、 ➕ 4 % 、を上昇しました。


◇ アップル株や、 FANG株
( フェイスブック、 アマゾン、
ネットフリックス、 アルファベット )
ばかりでなく、

エヌビディア株が、 ➕ 12 % 、 を 上昇するなどし、
半導体セクターにも、 注目が戻りました。

テスラ株も、 反発 ≒ 値上がり 、
しています。


◇ 一方で、 米決算シーズンの幕を切った、
金融株は、 軟調でした。

JP モルガン・チェース、
ウェルズ・ファーゴは、 予想を上回る、
決算でしたが、

下落して、 週を終えました。

さきに述べた、 金利観が影を落としたもの、
と、 理解されます。


また、 恐怖指数 ( VIX 指数 ) 、は、
再び、 一桁台に、 低下しました。



■ アウトルック:

金利の落ち着きどころが見え、 決算で、
業績の強さを確認する、 1週間に ;


今週 ( 2017年 7月17日-21日 ) 、 は、
米国の決算発表が、 本格化します。

世界的な景気の体温の高まりと、
漸進的な、 脱金融緩和の動き、 という、
現在のメイン・シナリオを、
日本と欧州の金融政策を決める会合や、
中国の、 4 一 6月期の、

GDP ≒

一つの国などの、 ある経済圏において、
一年間 、などの、 一定期間に、
外国人らも含む、 働き手らが、 稼ぐ、
所得金額ら、 の、 その合計金額 、にも等しい 、
国内総生産 、 とも言う、 ある金額数値 、

と、 6月の、 新築住宅価格などで、
確認することになりますが、
シナリオに、 変更がないとすれば、
企業らの業績が、
最も、 重要な材料になるでしょう。


◇ ネットフリックス、
ジョンソン&ジョンソン、
バンク・オブ・アメリカ

≒ バンク・オブ・アメリカ 、 は、

十年程前に、 誰彼が、 本当の持ち主であるかが、 法的に、 定かではない、
住宅 、 などの 、 不動産らを、 担保として、
多くを抱え込んであり、
それらを、 売り払う事が、 できない、 でいる分、
その業績を伸ばし得る、 あり得る度合いを、
より、 小さくされてある事が、 指摘されており、

そうした事情に、 変わりが、 無い、可能性が、
ある 。


【 その実態らにおいて、 詐欺師な 、
投資銀行の 】 、
ゴールドマン・サックス、

ユナイテッドヘルス・グループ、
IBM、 TモバイルUS、
フィリップ・モリス・インターナショナル、
ビザ、マイクロソフト、GE、
ハネウェル・インターナショナルなどの、
幅広いセクターらにおける、 主要な企業らの、
決算らの動向を追いかける週になりそうです。


さて、 2017年の、 7月15日の、
【 事実をねじ曲げて、 シナを持ち上げる、
詐欺行為らを成して来てある 】 、
日本経済新聞によれば、

QUICK 資産運用研究所調べの、
日本国内における、 投信での、 資金らの、
流出入の状況は、

国内株式、 海外 REIT、
海外・先進国債券 、 国内 REIT 、 から、
5月、6月と、
2カ月を連続で、 資金らが流出し、

他方で、 海外・先進国株式、
海外・新興国株式、 バランスなどに、
2カ月を連続で、 資金らが流入した、
とのことです。


◇ 欧州株、新興国株、 あるいは、
米国株に、 投資を振り向けてきた方には、

先週は、 快適な一週間になった, と、
思われます。

海外株が、 優位な展開を続けるのか、
注目したい、 と、 思います。


【 完全雇用 、 を、 実現し得ていない、
度合いの大きさ、 などを、 無視して、
経済指標らが、 良くなっている、 とする、
今回の、 アメリカの経済系の状況は、

すでに、 カネ回りの良い側にある者らには、

一定金額以上の、 収益や、所得の付く、
仕事らの当てらの総量 ≒

投資機会らの総量 、 が、

より、 増えて観えて来てある状況であり、

実際に、 先進国らの企業らの株式らを、
米国ドルとしての数値らを売り払う、
代わりに、
買い進めて来てある、 というだけ、 で、

アメリカの社会の一般の主権者たちに、
あるべき、 あり得る、 福利らを実現する、
あり得る度合いを、 減らす、 代わり、に、
経済的な格差を固定したり、 拡大したりする、
方向へ、 圧力が、 掛けられたままにされてある事には、 変わりが、 無い 】 。


☆ 2017/ 7/14 ( 金 ) 20:43:02 ID:Qc1 ;

『 1の位が、 5 』、の、 2乗 ;

15 ✖ 15 = 225 。
1 ✖ 2 、 の後ろに、 25 。

◇ 25 ✖ 25 = 625 。
2 ✖ 3 、 の後ろに、 25 。


◇ 35 ✖ 35 = 3 ✖ 4 、 の後ろに、
25 = 1225 。


◇ 45 ✖ 45 = 4 ✖ 5 、 の後ろに、
25 = 2025 。


◇ 55 ✖ 55 = 5 ✖ 6 、 の後ろに、
25 = 3025 。


◇ 85 * 85 、 なら、
9 ✖ 8 = 72 、 の後ろに、
25 、 をつけて、 7225 。


@ 難易度よりは、 適応範囲の狭さが、
気になるんだが… 。

@ ID:qp8 ;
同じ方法で、 1の桁の数値らの各々同士を足して、 10 、 になる場合には、
その全部で、 いける。


@ 10 、を、 基準にすれば、 どうなるか、
7 、 を基準にしたら、 どうなるか 。

分かりやすいから、 5 、で、 やっただけで、
他の数字では、 もうちょっと、 応用がいるって、 だけだ 。

@ パターンで、考えればいいんだ。

・10倍に、 1つ分が、 近いパターンは、 余裕 。

32 ✖ 11 = 32 ✖ 10 ➕ 32 。

◇ 99 ✖ 97 = 100 ✖ 97 ➖ 97 。


・10倍から、 2つ分が、 近いパターンも、余裕。

74 ✖ 22 = 74 ✖ 20 ➕ 148 。


・10倍から、 3つ分が、 近いパターンは・・;

66 ✖ 33 = 66 ✖ 30 ➕ 196 。


@ ✖ 11 、 の場合は、
例えば、 11 ✖ 34 、 やったら、
34 、 を、 ずらして、 足すほうが、 簡単やで

( 340 ➕ 34 ) 。

✖ 22 、 とかやったら、
34 、 を、 二十倍して、 その数値へ、
2倍した、 34 、を、 足す、 というように、 少し、 応用が、 効く 。


☆ 因数分解して、並び替えると、面白い 。

14 、 33 、 52 、 を、かけるなら、
2 、 7 、 11 、 3 、 13 、 4 、 で、

2 、 3 、 4 、 7 、 11 、 13 。


◇ 7 ✖ 11 ✖ 13 、で、 1001 、

残りの、 24 、 を、 かけると、 24024 。


◇ 1 の位が、 1 、や、 9 、 なら…って、
声があったけど、 これも、 分解して作ればいい。

慣れてくると、 頭が、 勝手に、
いい組み合わせを作ってくれる 。


@ ちょっと、 時間がかかるけど、
絶対、 暗算しろって言われたら、
面積をイメージしている。

◇ 97 ✖ 96 、 なら 、

縦が、 90 ➕ 7 、 で、
横が、 90 ➕ 6 、 の、 土地の面積を、
4箇所を出して、 足してるわ。

俺の脳内メモリでは、 3桁のは、 無理だけどw


@ 97 ✖ 96 、 を、 土地の面積で、
やるなら 、

100 ✖ 100 = 一万 、の、
正方形から、 削っていった方が、 楽 。

縦横のそれぞれが、
3 ✖ 100 = 300 、と、
100 ✖ 4 = 400 、の、 合計の、
700 、 を、 一万から、 引いて、

そこで、 重複した、 4 ✖ 3 = 12 、
を、 補う 。

実際にやる計算は、
10000 ➖ 700 ➕ 12 = 9312 、
で、 だいぶ、 楽 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱射病らへの対処事ら ; ... | トップ | 敗走千里なままの、 シナ。 ... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。