夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

アメリカの新大統領と、 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-01-30 20:55:20 | 政治・経済
【 シナの幹部らが、 シナにおける不動産バブルを弾けさせない事をはかって、 シナの政府機関に、 事務所ビルや、 マンションなどの、 不動産らを買い支えさせてゆく事においては、

不動産を転売して、 儲ける為に、 借金をして、
その不動産らを買ってある企業らや人々らが、
人民元を単位とする、 金額として働くべき数値らを、 シナの政府機関などから、 得る、代わりに、
その不動産への自らの使用権を売る事になり、
人民元を単位とする、 カネらが、 その人々や企業らの各々の名義の、 銀行の口座らなどへ、
その分の数値を付け足され、
口座から、 口座へ、 借金を返す場合には、
返される宛先の口座の数値が増やされて、
借りていた側の口座の数値は、 それだけ、
減らされる、 といった事になるが、

権力を行使する側が、 その不動産らでの取引らを差し止めないならば、
また、 その不動産らの転売によって、 儲けの金額らを成す事を目指して、 その取引へ参加し、
その不動産らの値段を高めてしまい合う人々などを、 その取引へ引き寄せ、
借金をして、 その不動産らを買う主らが、
その投資へはまり込む度合が、 更に深刻になる。

それでも、 シナの当局が、 シナの不動産らを買い支えてゆくと、
バブルな売り買い取引らにおいて、
それへ投じられる金額らに見合う程以上の、
質としての度合いや、 量としての度合いの、
物らが、 作り出されて来ている訳ではないので、

より、 存在しない、 物やサービスらに対して、
人民元を単位とする、 金額な数値らの、
より多くが、 当てがわれ得る、 状況である、
物価の高上がりする状況を成す度合を増してゆく事になり、
シナ人らの給料などの、 その労働らへの賃金らが、 数値としては、 増えてゆくよりも、
多い割合で、 シナの物価が、 高まってゆく方向へ圧力をかける事になり、

一般のシナ人らが、 生活物資らなどを得られ得る度合いが、 減ってゆき、 その生活苦の度合を増してゆく事になるので、

シナの幹部らの保身性の在り得る度合いを減らす方向へ圧力を掛ける事になり、
シナの幹部らは、 自分たちの身代わりに、 一般のシナ人らの鬱憤の晴らし先になる物事らを用意するべき必要性に、 更に、迫られる事になる。

水道も、 電気の設備も無い、 建物らを作って、
幽霊街 ≒ 鬼城 、 らを成して来ている、
との事なので、

一般のシナ人らへ、 生活物資ら等を、より能く、
行き渡らせる事は、 それだけ後回しにされ、
幽霊街らを成す事へ集めた、 資本性らの一定度合は、 それを担当した幹部らの私腹を肥やして、
海外へ移転される資産らの一定部分らに成って来ている訳で、
幹部ら等が、 海外へ、財産と共に、逃れ得て、
より、 のうのうと暮らして行ける、 見込みが増せば、増す程に、 一般のシナ人らの生活を向上させ得る資本性らが、 海外へとりのけられる方向へ 、
圧力が掛かる事になる。

日本国民らの一般の側に立つ方の、
日本国民らは、 日本国民らの足元の地下へ、
避難経路らと、住める避難所らとを作り拡げてゆく公共事業らを成すに足る、 社会状況らを成してゆく上で、 妨げに成って来ている、
実質的な、 英米の金融員として機能して来ている、
財務役人らや、 与野党の政治家らを、 その現場らから排除してゆくべき立場にあるが、

そうした、 その社会の一般の主権者らの在り得る福利らを阻害する形で、 主権者らから預り得てある権力を行使できる位置にある、 実質的な、賊員らが、 欧米らにもあって、 シナの賊員らと呼応し、
連携し合う度合いを成しているからこそ、
シナの賊員らは、 自らの側の者らと、 自らの資産らとの、 受け皿を、 海外に設定し、 保持し得ても来ている訳で、
海外で、 呼応し、 現地の社会らにおいて、
より、 権力を行使できる立場にある者らを抱き込み得てある度合が、 シナの幹部ら等の、 命綱の太さなり、 確かさなりに成って来てある。

元が、 序列化差別性を成して、 社会生活らを営んで来てある、 反社会的な、 氏族儒教型の、 部族社会員である、 シナ朝鮮人らの一般と、 その代表員らにおいては、 より、 一般の主権者らを無視して、
より、 権力を預り得てある立場にある、
彼らの部族の長 オサ らに準 ナゾラ えて観易い宛 アテ・対象の者らとだけ、 話を付けてしまえば、
特に、 問題な事は、 他には、 無い、 と、 観、
感じもする事は、 ごく当たり前な事であり、

習近平国家主席が、 アメリカのオバマ大統領との会談で、 『 太平洋を、 シナとアメリカで、
2つに分けよう 』 、 と、 提案した、 と、 報道された事からも窺 ウカガ える様に、
彼らには、 一般の主権者らの意思の存在を前提として、 組み立てられてある、 世の中らの、
その一般の主権者らの意思の存在を、 認め得るだけの精神性が欠けている 】 。


ネット記事+論弁群+;

☆ イエス師が宣教したユダヤ教会堂を発見!?
新約聖書とも一致…
宗教界の注目を集める、天理大教授らの発掘調査 ;

見つかった「初期シナゴーグ」の遺構の空撮写真。ベンチとなる、切り石や、 中央の台座が確認できる(発掘調査団提供)
no title


☆ 天理大 ( 奈良県は、 天理市 ) の、
桑原久男教授 ( 考古学 ) が、団長を務める、
日本の発掘調査団が、 昨年の8月に、
中東は、 イスラエルの北部のガリラヤ地方で、
紀元1世紀の前半に建てられた、 ユダヤ教会堂の、 「 シナゴーグ 」 、と、 みられる遺構を発見した。
同様の遺構は、 イスラエルで、 これまでに、
7例が見つかっており、
規模や構造に、 特筆すべき点はなかったが、
このシナゴーグは、 調査団だけでなく、
宗教界にも、 “激震”を与えた。

位置や時期などから、 そこで、
イエス・キリストが、 実際に、宣教した可能性がある、 というのだ。


●住民の「集会所」でもあった、 シナゴーグ ;

シナゴーグとみられる遺構が見つかったのは、
イスラエルの北部のガリラヤ地方の南東にある、
「 テル・レヘシュ遺跡 」。

天理大が、 旧約聖書にある、 伝説の都市の、
「 アナハラト 」 の有力地として、
平成18年から、 継続的に発掘調査を進めてきた遺跡だ。

「 テル 」 は、 人々が、 住居を作っては壊し-を繰り返すことで、 人工的に形成された、
『 小高い丘 』 を意味する。

中東には、 よく見られ、 テル・レヘシュ遺跡は、 人口が、 約100人未満の小規模集落だった、
と、 されている。

そして、 「 シナゴーグ 」 とは、
ユダヤ教の礼拝のために設けられた施設。

もともとは、 「人々が集まる場所」、
「集会所」を意味する、 ギリシャ語由来の言葉だという。
シナゴーグが、 いつから作られていたかは、
定かではないが、 現在でも、 ユダヤ教徒の信仰とコミュニティー結束のよりどころとして機能している。

今回に見つかった、 シナゴーグの遺構は、
紀元1世紀の前半に建てられたもの。

イスラエルで、 これまでに、 7例が見つかっている、 「 初期 シナゴーグ 」 に分類される。

当時は、 ユダヤ信仰のよりどころである、
「 エルサレム神殿 」
( 西暦70年に、 ローマ軍が破壊 ) が残っていた時代で、 信仰の拠点というよりは、
集会所の意味合いが強く、
「 世俗的な役割を担っていた 」( 桑原教授 )、 と、 されている。


●ベンチで囲まれた机 ;

今回に見つかった、 シナゴーグ遺構は、
南北が、 8・5メートル。
東西は、 未調査だが、 8メートル超と推定されている。
建物の外壁である、 石組みに沿い、
ベンチのように使われたとみられる、
長方形の切り石が並んでおり、
多くの人が集まることを想定した造りだ。

建物の基礎は、 岩盤を加工した、
しっかりとした構造。
中央部分には、 律法を読む机として使われた、
と、 考えられる、 切り石の台
( 約70センチ四方 ) が設けられていた。

桑原教授らによると、
こうした構造は、 これまでに、
イスラエルで見つかった、 初期シナゴーグの特徴と一致する。
現場からは、 1世紀の前半の、 土器片や、
コインなども出土し、 建築時期が裏付けられた。


●イエス師も宣教!?

 今回の発見で、 研究者らが熱く語るのは、
学術的な成果より、むしろ、歴史ロマンを駆り立てる、 こんな“推測”だ。

 「 イエス・キリストが、 実際に、
このシナゴーグで、 宣教したかもしれない 」。

全文は、
産経WEST 2017.1.23 11:00
http://www.sankei.com/west/news/170123/wst1701230004-n1.html

☆ 鬼百合と黒揚羽;

◇ 口付けて また、 口付けて
揺 ユ る、百合の 赤みを点 サ しに
降る、 黒揚羽・・。


☆ 押し出された水の先触れ;

◇ 晴れの日も 無い、水どもが
噴き出して 溢 アフ れ地下水
告ぐ、 土砂崩れ・・。


ブログ Market Hack ;
広瀬隆雄氏の論説記事;

1月29日 ;
トランプの「中国製品に45%の関税をかける」、
という公約は、実行に移される
投稿者:hiroset
2017/ 1/29 22:03 ;


ひとつ前の記事、
「 トランプが、これまでに出した14の大統領令 」を見れば、 わかるとおり、
ドナルド・トランプ氏は、
大統領に就任して以降、
怒涛の勢いで、 選挙中に公約したことらを実行に移し始めています。

トランプ氏の選挙戦のマネージャーだった、
キャリアン・コンウェイ女史は、 現在、
トランプ氏への顧問になっていますが、
彼女は、
「 トランプが、 選挙戦に公約した事らは、
その全てが、 実行に移されるだろう 」 、と、
テレビのインタビューにこたえています。

これは、 我々投資家が期待していたシナリオとは、ちょっと違う展開なのではないでしょうか?

投資家が期待した、 シナリオとは、

「 トランプ大統領には、 税制改革だけをやって欲しい! 」 、 ということでした。

なかでも、
「 中国製品に、 45% の関税をかけるのは、
ぶちこわしになるから、 止めてほしい 」
わけですが、

ここまでの流れを冷静に観察すれば、そういう「選り好み」は許してもらえそうもありません。

ところで、 大統領には、 本当に、 中国製品に、 45%の関税をかける権限があるのでしょうか?

これは、 色々な筋書きらが考えられますが、
結論的には、「ありえないとは、断言できない」、
ということになると思います。

その様々なシナリオは、下にまとめておきます:

☆ 貿易戦争のためのツール

【 1974年 通商法  セクション 201 】 ;

輸入品が、 アメリカ国内市場を席巻することで、 アメリカの国内産業に、 深刻な打撃を与える危険がある場合に、
当該産業を、 一時的に保護するための暫定措置として、 大統領令を発することができる。


そこでは、 まず、 下院歳入委員会
House Ways and Means Committee 、
ないしは、 上院財政委員会
Senate Finance Committee 、 が、

米国国際貿易委員会
International Trade Commission 、に対し、
調査を指示する。

米国国際貿易委員会は、 120日以内に、
調査を完了し、
大統領に提言 recommendation 、 を行う。


大統領は、 その提言を採択し、
必要な措置を、 4年間を講ずる。

これは、 8年まで、 延長できる。


但し、 二国間協議で合意された内容に関しては、 セクション 201 に基づく、 暫定措置は、
使用できない。

また、 暫定措置を講じようとしている対象商品に関しては、 どの国からの輸入品にかかわらず、
全ての国らからの輸入品に、
同様の扱いをしなければいけない。


暫定措置の内容としては、 関税やクウォータ
( 数量での規制 ) が、 含まれる。

注: これが、 最後に使用されたのは、
2002年です。
なお、 WTO ≒ 世界貿易機構 、 は、
独自の暫定措置を持っており、
米国が、 1994年以降に発動した、
全ての暫定措置らに対し、
違法とする、判断を示しています。


【 1974年 通商法 セクション 301 】 ;

産業界からの請願があった場合に、
米国通商代表部
United States Trade Representative 、 は、

外国政府の貿易政策や過去の行動を調査することができる。

もし、 それらが、 国際的な協定に違反、
ないし、 米国の通商に対し、
理不尽、 ないしは、 正当化できない、
もしくは、 差別的な制限や負担を課すものである、 と、 判断されれば、 罰則を課す
punitive action 、 ことができる。


セクション 301 を利用することで、
アメリカは、
外国に与えた許可を取り上げることができる他に、
関税を課す、貿易を制限する、フィーを課す、
などの措置を実施できる。


なお、 セクション 301 は、 主に、
外国政府が、 米国製品に対し、
差別的な政策を当てはめている場合に援用される。


注: 最後に、 セクション301が使用されたのは、 2006年です。

WTO ≒ 世界貿易機構 、 は、
「 まず、 WTOの調停機能を使うことをせず、 WTOの承認なしに、 罰則を課すことは、
ルールへの違反だ 」 、 と、 主張しています。

この批判を受けて、 米国は、
「 WTOの承認を、 なしに、 USTRが、 罰則を課すことを禁ずる 」 ことを、
成文法化しています。

しかし、 今回に、 米国通商代表部代表に任命された、 ロバート・ライトハイザー氏は、

セクション 301 を、 もっと、 積極的に活用することを提唱しています。

さらに、 「 WTOの仲裁メカニズムは、
中国との交渉において、 全く、 有効性を発揮してこなかった 」、 と、 辛口の指摘をしています。


【 1962年 通商拡大法 セクション 232 】 ;

アメリカの商務相は、
特定の輸入品が、
「 アメリカの安全保障をおびやかす恐れがあるか、どうか 」 、を調査することができる。

このような調査を実施する場合には、
それを、 270日以内に完了し、
大統領に報告書を提出する。


米国が、 「信用の置けない、安全でない輸入品」に依存することを避けるために、
また、 米国の国内産業が、
国防上のニーズを充足させる能力を、
輸入品が殺ぐことになることを避けるために、
適用される。

大統領は、 そのような輸入品を、無制限に、
禁止できる。


【 1917年 敵国通商禁止法、
1977年 国際緊急経済権限法 】 ;

これらの法律らは、 戦時、もしくは、
緊急事態の際に、 大統領へ、
商業に関し、 広範な権限を付与することを、
目的の事にしている。

下院による、 承認は、 必要がない。


調査も、 必要ない。
具体的には、 外国の資産らへの凍結、や、
交易の禁止などを行う事が出来る。



いずれにせよ、 トランプ大統領が、
貿易問題で行動を起こすのは、 時間の問題だ、
と、 思います。

トランプ大統領は、 日本人からは、
「 ハチャメチャだ 」 、 と、 思われていますが、 実際には、
ビジネススクールで教えている交渉術に則った、
極めて、 オーソドックスな、 ネゴシエーション・スタイル 交渉須態 、を成して観せてある。


そこでは、 まず、 「 ぱぁ~ん! 」 、 と、
べらぼうに高い数字を吹っ掛け、
相手を威嚇します。

これは、 自分の次の行動の選択肢を、
最大限に確保するためにも、 重要なことです。


また、 自分が最初に言った数字は、
相手の頭の中に、 こびりつきます。

そのような印象操作のことを、
「 アンカー ( 投錨 ) リング
≒ 錨 イカリ 付け 」、 と、言います。


次に、 相手が、 「 最低限、 これだけは、
譲れない 」 、 と、 考えている、
ワースト・ケース・シナリオ 最悪事例な筋書き 、 が、 どこなのか? を、 探ります。

それは、 ビジネス・スクールでは、
BATNA ≒ Best Alternative to a Negotiated Agreement 、 と、 呼ばれます。


こうして定義される、 上限と下限を、
「 バーゲニング・レンジ 」、 と、 言います。


交渉に際しては、 アンカー ≒ 錨 イカリ 、 を、 自分の近くに投げ過ぎると、
後で、 交渉の際に、 譲歩しなくては、
いけなくなったときに、
自分の利益を減らしながら、 失地してゆく羽目に陥ります。

だから、 アンカーは、 なるべく、 遠くに投げた方が、 良いのです。


また、 実際の交渉では、
WIN-WIN の カンケーをつくらないと、
なかなか、 シャンシャンできません。
そこでは、 譲歩が、 双方の、
feel good のために、 不可欠です。


いくら、 相手を腕力で、 ねじ伏せたところで、
実際に、 仕事を始めると、
相手の心からの賛同 buy in 、 が無ければ、
仕事に、 熱が入りません。


「 自分も頑張った。だけど相手も頑張った…… 」
、 そういうオーラを出すことが、 大事なのです。


そのためにも、
最初は、 「 中国製品に、 45% の関税をかける! 」 、 というような、 トンデモな出発点から、 交渉事を始めるのが、
少なくとも、 ビジネススクール的な交渉術としては、 「 正解 」 になります。

但し……、

世界の人々が、 上に述べたような、 アメリカ流の交渉術を、 よしとするかどうかは、
保証の限りではありません。


一例として、 中国はとても、 メンツを重んじる国です。
だから、 彼らが、 「コケにされた」と感じたら、 雰囲気は、 とたんに、剣呑になるでしょう。

その場合には、 中国側が、 「一罰百戒」で、
みせしめの報復措置を講じるというのも、
フツーに考えられるシナリオです。

それについては、 別のところに、 細かく解説しておきました。

「ドナルド・トランプ政権の保護貿易主義が米国株に与える影響」

さて、投資戦略ですが、
僕 ≒ 広瀬氏 、 は、
今後のマーケットの先行きに関しては、
「2017年の投資戦略」で述べた通り、
楽観視をしていません。

1月も、 ほぼ終了ですが、
これまでのパフォーマンスは、 次の通りです。

☆ 元の記事には、 図表らがある。


@ 最も、 重要な事は、 日本国民たちの、
より多くが、 日本の主権者として、
日本の主権者らの一般と全体とに、 在るべき、
在り得る、 福利らを最大限に成すべき、 自らの、
義務性と権利性とに宛・対象とする、 より、
体系的な認識を構築し得てゆく事を通して、
外国らの手前勝手なだけの、 反社会的な、
部族社会員らや、 階級社会員らなどの、

日本社会の一般の主らに、 互いへの、 平等精神性を成し合わせもする、 中長期的な社会建設に最も向いて来てある、 道の精神性がある事に対して、
それを欠いて在る、 未開性の、 より、
余計にある者らの実態らと、 在り得る、 実態らとを、 より、 体系的に、 認識してゆく事への基準の観念体系らをも成して、
宗教や宗派の違いや、 階級の違いや、 部族の内外における、 序列の違い、などと、
経済的な格差の押し拡げられようとの、 絡みにおいて、 在り得る、戦争行為らを、 自ら、 手繰
タグ り寄せる行為らを成して観せて来てある、

より、 未開性の度合いを成し、
自らの属する、 観念的にも、 閉ざされてある、
社会の他にある、 人々や物事らに対して、

より、 低い、 知的関心性しか、 成す事をできないで来てある者らの、 より多くが、

日本国民らの、 独立自尊性の度合いを高め得て、
より、善き中立者であり、 より、 能 ヨ く、
調停行為らを成し得てくれる存在としての度合いを高め得てゆく事が、
それを、 無くしては、 より、 必然的に、
彼らを、 在り得る戦争行為らへと駆り立てる道らから、 彼らを、 精神的にも、 遠ざけ得て、
より、 平和な社会状況らを構築し合える、 前提の状況らを成す事に、 役立ってくれ得る存在として、
日本国民らを機能させ得る状態にする、
という事を、 より、 信用し得るに足りる以上の、
不作為型と作為型の行為らを、 彼らの精神性らへの、 それらな適合性を、 より、能く観る事で、
より能く成して行き得る様に、 自らを仕立て合う事だ。
他の社会らの主らには、 そうした事は、
できない事なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産だけではない、バブル... | トップ | 終末高高度防衛 ミサイル 、... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。