夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

シナの爆撃機らが集結。 相次ぐ来日賊ら。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-21 21:38:21 | 政治・経済
【 日本国民たちの一般と全体とおいて、
在るべき、 あり得る、 福利らの実現を、 最大限にも、 より能 ヨ く、 成す事を、
自らの成すべき、 義務事としてある、
日本の政府機関ら、と、 それら等で働く、
日本国民たちへの、 召し使いなり、 執事なりの立場にある、 役人らと、 政治家らなどへ、
その義務な事を、 より能く成す事と、 それに違反してある度合いを減らす事とを、
日本の主 アルジ な日本国民たちが、 強いてでも、 成し行わせる為にもある、 規定事らが、
日本の憲法であり、

日本の憲法を成し合ってある、 規定事らは、
その為にも、 国主の日本国民たちに使い回されるべく在る、 筋合いのものらである。

この事も、 地域講習らや、 学校教育らで、
より能くも、 必ず、 伝えられ、 より能く、
日本の主権者たちに活かされるべき事であり、

日本国民たちは、 自らの側に在るべき、 福利らの実現を阻害して、
英米のカネ貸しらの主張する、 中央政府の財政における、 緊縮 、 を、 成す事により、
英米などのカネ貸しらなり、 投資家らなりへ、
余計に、 利益性らや、 利権性らを与え付けて来てある、 日本の執事役な者らを、 その職らと、
日本の一般社会から、 追い払う、 合法な手続き事らをも成して、
より早くに、 日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高め、 かつ、 英米の金融派員らから、
日本国民たちへ押し付けられて来てある、
デフレ不況性を解消するべく、 日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、 より、 快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、 公共事業らを、
自ら進んで成すべき利害関係性を帯びてある 】。


ネット記事+論弁群+;

ブログ ひもろぎ逍遙 ;


・・潮の空間 ( からま=海面が静止した時 )
に、
シリウスが、 水平線から離れる瞬間に、
上下が、 互いに溶け合ったように連なる時は、
必ず、 地震と津波が現れる、 と、 語られていた。


シナ朝鮮人らによる、 日本人らへの、 不意打ちらの積み重ねを受けての事でもあった、

仲哀9年 ( 紀元後 200年 ) の、
朝鮮への攻撃の時にも、 同じ現象が起こった、
と、 伝えられている。


昔の人らは、 外界の波に動じない、 海淵
ウミフチ を、 「 沼津 」 、とか、 「 志登 」 、 と、
呼び、

星影のゆらめきを見て、 海の異変らを観察いていた。

やがて、 これが、 倭語の、 ナマズ 、
即ち、 中国語の、 鮎魚 ( せんぎょ ) と、
結びついて、
地震をおこす、 ナマズの説となっていったか。


石籠星 ( いづらぼし ) 、
澪標星 ( みおのほし ) 、
夷守星 ( あかしのほし ) 。

博多の古名を、 「 石城府 」 、 と言う。


昔に、 玄界灘と有明海に水路が通っていた頃に、
今の対馬小路 ( つましょうじ ) から、
五十川 イソカワ 、 雑餉隈 ザッショのクマ
、 水城 ミズキ を経て、 太宰府に至る間には、

石籠 ( いづろ ) 、 あるいは、
石堂 、 すなわち、 灯台が置かれて、

潮の満ち引きにあわせて、 夜間でも、
航行が可能になっていた。


井尻にも、 石籠 イヅロ があった。


シリウスそのものも、 灯台の代わりにしていた。


伊豆石廊崎 ( いろうざき ) 、
三河伊良湖崎、 常陸五浦 ( いづら ) の地名にも、 その名が残る。


960 クローに始まる。 宋から元の時代
( 960~1368 ) 、

中国は、 博多津を、 五籠山、 と呼んでいた。


場所は、 今津から姪浜あたりの事で、
倭人は、 「 いすら 」 、 と呼んでいた。


異邦人らへの港でもあっために、
外 ( 袖 ) の湊 、 と、 呼ばれていた。


水深が、 十分にあり、 各所に、 石籠が、
一晩中を焚 タ かれていた。


◇ 2枚目の画像 ;

イソラ神も、 シリウスの化身 ;
石籠星 ( いづら・シリウス ) は、
昔は、 もっと明るく、 もっとも眩しく、
凝視している、と、
目がうずくほどの輝きがあった。


志賀海神社の、 イソラ舞では、
神が、 白布で、 顔を覆うが、
これは、 石籠星 イヅラ の象徴で、
船人らにとっては、 一番に目標となる星だった。


いずら → いそら 、 となった。

風雪星 ( かざゆきほし ) ; シリウスは、
大気の成分や透明度によって、 種々に光を変えるので、
漁師や、 農者 ノウザ らは、 その色を見て、
天気がくずれる事を予測した。


ふゆしらす ; シリウスが昇ると、
筑紫の那珂川 ナカガワ では、
各部落の庄屋は、 翌年の暦を作る事で、
忙しくなった。

しらす ; シリウス 、 という、 ローマ名を、
倭人が聞いたのは、
耶蘇教の宣教師が、 日本に来た頃であるが、
同じような発音の、 「 しらす 」 の名が、
すでに、 古代から、 農者や漁師たちの間で、
使われていた。


阿房星 ( あをのほし ) 、
未央星 ( みおのほし ) ;
秦の始皇帝は、 咸陽に、 阿房宮、
漢の高祖は、 洛陽の都に、 未央宮 ビオウキュウ 、 という、 殿堂を建設した。

シリウスは、 昼は、 太陽と光を競い、
夜は、 月と光を競う。
阿房宮への着工は、 孝元帝元年 ( 前 213年 )の、 9月15日 、 と、 伝えられる。

陰暦15日は、 満月の日なので、
この日に、 満月と光を重ねた、 シリウスが輝いていたことになる。

シリウスに、 この中国の宮の名が付いた理由は、
倭人が、 大陸に派遣されて、 その豪壮な阿房宮・未央宮を目の当たりにしたために、
全天で随一の明るさを誇る、 シリウスに、 その名たちを付けたのかもしれない。


シリウス 「ズブさんのアイデア天体写真館」より戴きました。 http://www.ne.jp/asahi/suzuki/zubu/

節分星 ( きわけのほし ) ;

シリウスが、 立秋の朝に、 東に見え、
立春の夕べに、 西に見え、
立夏の日中に、 南に輝き、
立冬の夜中に、 南に輝く時代があった。

そのために、春夏秋冬の兆候を知らせる星として、
節分星 ( きわけのほし ) 、 と、
呼ばれた時代があった。


計算すると、 現代との歳差が、 約20日なので、
その現象が起こったのは、
欽明帝元年 ( 540 年 ) の頃になる。


欽明天皇の 「 欽明 」 は、
「 明 メイ を欽 ウヤマ う 」 、 という、
意味なので、

「 明るいシリウスを敬う 」 、 との由来になる。


気分星 ( けぶらいほし ) 、
 化粧星 ( けはいほし ) ;

シリウスを、 気分星 、 とも呼んだ。

「 けぶらひ 」 を、 平安の頃は、
「 けはひ 」、 と言い、「 気配 」, と書いた。


節季の「はしり」が燃え揺らぐようすを述べる方言古語だった。
シリウスの色調が、千変万化するようすから、
やがて、 化粧星( けはひほし ) の名もついた。


鵲裳星 ( からすきほし ) 、
石匠星 ( せきしょうのほし ) ;

シリウスが明るく輝く頃になると、
山の峰のひだに、 初雪が積み始める。


これを、 祖先員らは、 鵲 ( カササギ ) の、
黒と白の羽根らに見立てた。

夜目にも、白く光る細いすじは、
初冬の訪れを教えた。

「 鵲裳星 」 を音読みすると、
「 せきしょう 」 で、 これに、 別の漢字の、
「 石匠 」 を当てて、 石匠星、 とも言った。


シリウスの色を、 祖先員らは、
坩堝 ルツボ の中に、 眩 マブシ く輝く、
溶融した金銀に見立てていた。


冬枯れの宵に、 この星が昇ると、
蹈鞴 フイゴ の火を操る、 工人は、
仕事の成就を願って、 この星に手を合わせて、
火を点 ツ けた。


◆ここで述べられる、 カササギは、
その別名が、 「 カチガラス 」 、 です。

見かけは、 カラスに似ていますが、
黒と白の二色の鳥で、 その写真はこちら。 http://photozou.jp/photo/show/147212/26353480


湯面星 ( めつらぼし ) 、
湯具星 ( ゆのぐほし ) ;

「 湯 」 とは、 鋳壺 ( いつぼ = 坩堝 ) の中に、 虹のように高熱の蒸気が炎色反応をしている、 すさまじい光 、 をさす。

「 具 」 とは、 溶融して合成すべき、
金銀銅鉄錫などの、 重金属材料 、 をさす。


シリウスの光を、 坩堝の中の光と重ね合わせた事から付いた名。


五十星 ( いそのほし ) 、
活目星 ( いかたらしのほし ) ;

最明星 ; エジプト人は、 夏至の東天に上がるシリウスを、 ソティス、 あるいは、
コプト 、 と、 崇めた。

中東では、 一年の、 365日を、 七か月に分けていた。

従って、 一か月は、 52日になる。

五十を、 「 いか 」 、 と呼び、
残りの二日を、 「 たらし 」 、 と呼んだ。


五十二日は、 「 いかたらし 」 , となる。


52日 ✖ 7カ月 = 364日 。

一年に足らない、 残りの、 1~2日も、
「 たらし 」 、 と呼んだ。


エジプトでは、 夏至の正午をもって、
一年の中日 、 としていた。


「 いかたらし 」 、 とは、 まさに、
灼熱の砂漠の真昼を形容した光景であった。


従って、 「 五十日帯 」 ( いかたらし )
、 という和名も、
「 夏至の日に上がる、 シリウス 」 ,への、
倭訳であったもの、 とも、 見える。


皇極帝 ( のちに、 斉明帝 ) の名は、
「 天豊財重日足姫天皇 」
( あめ・とよたから・いかしひたらし
・ひめの・すめらみこと ) 、で、

その中の、 「 いかしひたらし 」 、 は、
シリウス 、 をさす。


「 皇極 」 とは、 磁針の事だ。

当時は、 人工の磁石を、 坩堝で作って、
鍛練する時代が到来していた。

日本は、 この頃から、 和船らにも、 必ず、
磁石を携行させた。


シリウス、 を、 最明星 、 ともいう。

全天で、 一番に輝く星 、 という意味だ。


「 皇極 」 、 ならびに、 「 斉明 」、 という、
諡号 シゴウ ≒ ご本人が亡くなってから、
後付けで、 送る、 送り名 、 は、
まさに、 磁石らへの生産の時代に入った事を象徴する名たちであった。


シリウスの輝きへの連想から、 坩堝の達人を、
石上 ( いそのかみ ) 、 あるいは、
五十師 ( いそし ) 、 または、
伊覩率 ( いとし ) 、 などと呼んだ。


一目星 ( はなみのほし ) ;

倭国に来た胡人 ( 中東あたりの人 ) らの、
緑眼高鼻の風貌から受ける印象と、

その特技である、 蹈鞴の眩しい光をよく描写している。


☆ 卒土の星 ( そつとのほし ) ;

卒土の星は、 ソティスへの音写と思われる。


☆ 俘屠星 ( ふとのほし ) ;

これは、 太身族の故郷の、 栄枯盛衰の歴史をよく説明している古名だ。

以上、 真鍋大覚氏の、 『儺の国の星』、
『儺の国の星・拾遺』を要約した。

あちこちに散見する文を並べ直して、書きなおしたものなので、 この先、 訂正加筆する可能性があります。 気が向いたら、
ポチっと、 応援してくださいね。



☆ 韓国人の男らを確保 ;
現金の、 3億8000万円余りが奪われた事件との関連を調べる ; 福岡空港 ;


4月20日の昼すぎに、 福岡市は、
中央区の駐車場で、 銀行で引き出されたばかりの現金の、 3億8000万円余りが奪われた事件で、

午後に、 福岡空港から出国しようとした韓国人の男らが、 多額の現金を、 無届けで、 国外に持ち出そうとしたとして、 警察に確保されていることが、 捜査関係者への取材で、 わかりました。

警察は、 多額の現金を持っていた、 いきさつなどの、 事件との関わりについて調べています。

index [ NHK 2017.4.20 ]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955871000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

@ まだ、 逮捕に至る罪が何もないから、
拘束してるだけの状態なのか 。

@ 拘束するための法的根拠ってあるのかな。
何時間まで許されるんだろ。 


@ >多額の現金を、 無届けで国外に持ち出そうとしたとして、 警察に確保されている ;

外為法への違反だから、拘留するには、十二分。


@ 警察は、 48時間じやなかったか。

@ 引用 ; 逮捕した後、 警察は、
48時間以内に、 身柄を、 検察官に送致
≒ 送検 、 しなければいけません。

また、 検察官は、 24時間以内に、
勾留請求をするか、 釈放するか、
起訴するか、 を、 決めます。


☆ 京都府警の捜査3課と、 伏見署は、
4月20日に、 窃盗などの疑いで、
自称が、 雑貨販売業の男性 ( 58 ) と、
自称が、 大工の男性 ( 52 ) =
ともに、 別の窃盗罪などで起訴 =
の、 韓国人の男の2人を再逮捕した。

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170420000150

【補足】 ; >民家に侵入して、 現金などを盗んだとして、 府警は、 20日、
窃盗容疑などで、 いずれも、 韓国籍の、
尹大栄 ( 58 ) と、 金福萬 ( 52 ) の、
両被告を再逮捕した。

2人は、 「 窃盗目的で、 来日した 」 、
と、供述し、 容疑を認めている、 という。
http://www.sankei.com/west/news/170421/wst1704210017-n1.html


☆ 中国爆撃機、「高度な警戒態勢」に ;
 北朝鮮の有事を想定 ;


地上攻撃や、 巡航ミサイルの発射能力を備えた、
中国の爆撃機が、 「高度な警戒態勢」に入っていることが、 4月21日までに、 分かった。

アメリカの国防当局者が、 明らかにした。

中国軍が、 北朝鮮の有事に備えて、 対応を準備している証だとしている。

この当局者によると、
当該の爆撃機が、 高度の警戒態勢を整えたのは、
19日。
加えて、 異常な数の中国軍機らが集結し、
集中的な整備と点検を行って、 即応態勢を整えている様子も、 米国が確認した。

http://www.cnn.co.jp/world/35100167.html


@ ロシアさんが、 大人しいのって、
なんかあるのかな。


@ ロシアは、 どっちが勝つか明らかになった時点で、 勝つ方に、 割り込んで来る。

そして、 てめえらの下手な戦略で、
多くの自国民の犠牲者を出しといて、
これだけ、 犠牲者を出したのだからと、
多くの分け前をねだって来る。


☆ 在韓日本人 ; 72時間シェルター退避、
北朝鮮から攻撃時 ; 政府検討 ;


◇ 日本政府は、 朝鮮半島で、 有事が発生した場合に備え、
韓国に滞在中の日本人たちを退避させる方法の、 本格的な検討を始めた。

韓国政府が指定する退避施設 ( シェルター )
に、 邦人なちが退避するよう、 促す。

配信 2017年4月21日 東京朝刊

imgout (4)

リンク先全文参照
毎日新聞 続きは、会員登録をしてご覧になれる
https://mainichi.jp/articles/20170421/ddm/001/010/147000c
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神々の星宿。 数千人以上... | トップ | 法律事における、一般福利ら... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。