夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

穏健ら 票が割れても 2段目で 異端をのけて フランスの長・・。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-19 10:31:35 | 政治・経済
【 英米の主導者らの押し付け続けて来てある、 デフレ不況性を解消し、 日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めるべくも、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より快適に住める避難所らとを、 作り拡げてゆく、
公共事業らを成すべき、 利害関係性と、 倫理的な必要性とを、 日本国民たちと、 あり得る、 日本国民たちによる、 平和な社会状況の構築への後押しを得られ得る、 世界中の、 その社会の一般の主権者たちは、 帯びてある 】 。


ネット記事+論弁群+;
ブログ 正義の見方 ;


@ 2chに書く内容では無いかも知れないけど、 実は、 俺、
本土住み独身オッサンの、 利益の出ない小さな会社の経営をやってる者なんだけど、
マジで、 八重山日報販売店を沖縄本島でやりたい。

もう何年も前から、 サヨの出鱈目に危機感と怒りの念を募らせていて、
何か、自分に出来る保守活動は無いか、と、 考えていて、たまに、 デモに参加したり、
選挙が近くなると、 法の許す範囲内で、
自作ビラを撒いたりしてた。

でも、それでは、どうしても、単発の活動になり、
独りよがりになりがちで、
永続的な活動には、 どうしてもなり得なかった。
そこに、 今回、八重山日報の沖縄本土版が刊行すると聞いて、「これだ!」、 と、 思った訳です。

継続運営出来れば、 利益は無くても、
全然、 OK ( 今でも、儲かってないし )。
無論、 実現させる為に、 移住費用から、
店舗取得・運用等に、 資金が必要だろうから、
いざとなれば、 本土の自己所有の土地を処分するか、 担保に入れて、 捻出する覚悟。

そこで、 皆さんに質問。
少し調べたら、 沖縄本島では、 最近立ち上げた、
と、 思われる、
資本の小さな合同会社1社のみが取扱ってるみたいだけど、
新聞販売店の経営って、 どれ位、 イニシャルコストがかかるモノなの?
全く、土地勘や、 ノウハウが無くて、 出来るものかな? ( 無論、 人並み以上には、努力はする )
那覇市の雇用環境って、 どうなの?

以上、分かる方が居られたら、
どうか、 ご教示下さいませ。


@ 電子版を取ってみようかな。
少しでも、 運営の足しになりますように。
2017年 4月18日 17:07 。


@ なんで、 地方紙が廃れないかといったら、
「 おくやみ欄 」 を、
地元民が求めてるから、 なんだよね
八重山日報が、 そこをクリアして、
公平な記事を書いてくれるなら、
まともな日本人なら、 そこ一択だわな


@ 県外の人も購読出るから、 購読してやって。 こういう新聞は、みんなで守っていかなきゃ


@ 石垣市には、 「 ククル 」 っていう、
ビジネスホテルがあります…
離島桟橋やバスターミナル、石垣市役所にほど近く、
非常に便利な宿です…

そのビジネスホテルは、八重山日報と提携していて、宿泊の時に、 八重山日報が貰えます…
こういう場所も大切に…
m(__)m


@ 沖縄では、 大手の新聞は、 確か、
福岡から空輸しているんだよな
( 前に、 JTAのCMで流れてた )、
同様に、 伊豆大島も、 新聞は、 空輸だったり、
船で運んでる。
東京では、 新聞に入るチラシは減ってきて、
逆に、 ポスティングチラシは、 徐々に増えてきたかな。
ただ、 お悔やみは、 ポスティングするわけにいかないからな、 あと、 専門紙を購読している会社もありますので、 悩ましい所だ
( 自動車系や建設系に交通系と様々ある ) 。

仮に、 八重山日報が嫌がらせ受けたら、
電子版を勧めるとか、 配達の場所や仕方を変えるのもありだぞ、 最悪、 郵便で配ってしまう方法もあり。

@ 北海道でも、 こういう新聞出してくれれば、
とるのになぁ。 道新に辟易してるけど、
地方ニュースの関係で、 取り合えず取ってるとこ多そう。 沖縄二紙より、 少しマシな程度だから…。


@ メディアの弱点ついているよな。
例え一つでも、 真実報道すれば、アリの一穴になるんだよな。
偏向報道の総崩れを招くんだよ。
これ、テレビでやり始めたのが、 ニュース女子だよ。
だから、 反日パヨクが全力で攻撃しているんだよな。
新聞もテレビも、 真実をもってぶっ潰せ。
2017年 4月18日 21:16 。


@ 八重山日報に応援メール入れました
左翼新聞を淘汰して欲しい


@ 沖縄県民も、 公正・公平な情報を欲してたんだよ。
中国新報や朝鮮タイムスなんて、 気持ち悪くて。


@ 俺、山口住みだけど、 八重山日報、
4月から、 配達してもらっていますよ。
皆さんも、ご協力お願いします。
頑張れ、 応援しています。


@ つーか、 前から思ってたんだが、
読売や産経は、 何で進出しなかったんだ?
どう見ても、 ビジネスチャンスだと思うんだが


@ 沖縄、 ガンガレ! メチャガンガレー!
変わってくれたら、また、 旅行に行くお!


@ 新聞こそ、 一日単位課金の、 ネット配信にすべきだと思うんだよな。
定期購読だと、 契約変更って面倒だから、
惰性で、とりつづけるって事がある。
一日単位で、 読者の購入の意思が反映される環境に置かれてみたら、 多少は、真摯に、仕事に取り組むようになるんじゃないかと思うわ。
販売店?、 知らんわ。
押し紙で成り立ってないところが多いんだろ。
新聞なんて、 斜陽産業だ。
自己責任で、 別の業態を模索しな。

@ 全国版の記事なら、 すでに、 産経と提携してるよ。

@ 我那覇真子さんが、 「 沖縄2紙を糾す会 」
を立ち上げた。
すると、すぐに、 「 沖縄2紙を守る会 」 が発足した。
 会の代表は、 元琉球新報の社長だが、
この肩書は、 隠して、 個人名だけとなっている。

他に、 左翼大学教授などが、 名前を連ねてる。

八重山日報の本島版は、 れっきとした沖縄の新聞社だ。
読売や産経が、 現地で印刷したら、 ヤマトの新聞、
といって、 叩くのは、 目に見えている。
地元の新聞が発刊刊行したことに意義がある。
県民の方々に、 口コミで広がるよう、 お手伝いしたいものだ。


@ 配達員が襲われたり、 嫌がらせ受けたりしてないか、心配ではある。
沖縄のサヨクの陰湿さは尋常じゃないんで。


@ 沖縄県民じゃないけど、 なんか、 ホロリとくる話しだ。
無関心だった訳じゃないんだな。
日報さんも励みになるだろな。 頑張ってほしい。


@ 筋肉をつけるには、 血管が必要だ、
毛細血管で申し訳ないが、 一本分ぐらいにはなろう。
今見たら、 電子版やら、 アプリやら、 結構あるじゃない、広めたれ広めたれ。 2017年 4月18日 16:38


@ おれも、 大分県のパヨクの巣窟な、
大分市住まいだけど、
八重山日報、 配達してもらっている。
ただ、 距離の関係で、 2日遅れて配達されてる。
まあ、支援と思っているから、 別に気にしないけどね。

@ 心から応援している。 中韓からの圧力に負けず、 頑張っていただきたい。

@ >沖縄タイムズの方が、 やや落ち着いた、
綺麗ごとの論調で、 アサヒっぽい ;

元アサヒの人間がやっているのが、 沖縄タイムスだしね。 革マル派だよ。 2017年 4月18日 13:39


@ 八重山日報を応援しよう!
電子版なら、 100円/日、 1500円/月、 16200円/年だよ。

@ 全国紙で、地方の手に届かないところまでは、 よく書けないし、 なんといっても、
お悔やみ欄が無いのは、 致命的。
地元に根付いたものでないと、 売れないし、
読まれない。

@ 名古屋じゃ、 広告チラシを買うと割り切って、 中日新聞をとる。
他紙じゃ、 広告がほとんど入ってこないので、
家族が嫌がるんだわ。
新聞販売店さん、 何とかしてください
2017年 4月18日 13:06 。



☆ Market hack ; 広瀬隆雄氏の論説記事 ;

欧州株が不穏な動き ;
フランス大統領選挙での番狂わせリスクを恐れて
投稿者:hiroset ; 2017/ 4/18 18:33 ;


☆ イースター休暇明けの欧州株式市場は、
軟調に寄り付いています。

その理由は、 いよいよ、 週末に迫った、
フランス大統領選挙の第一回投票が、
「 番狂わせ 」 になる、リスクを織り込み始めているからです。

ここで、 「 番狂わせシナリオ 」 とは、
EU ≒ ヨーロッパ連合 、 からの離脱を主張する極右、と、 左翼の候補だけが、 決選投票に進むシナリオです。

フランスの大統領選挙は、 「 二段構え 」 になっています。

まず、 4月23日の第一回投票では、 いきなり、
51%以上を獲得する候補者が出るかどうかが試されます。
現在に、 首位の、 極右の、 国民戦線 ( FN ) のマリーヌ・ル・ペン候補は、
有権者アンケート調査で、 上位を、 ずっと走ってきましたが、
支持率が、 30%を大きく超えたことは無く、
どんなに頑張っても、 いきなり、
「 過半数→当選へ 」 、 という、 シナリオは、
考えにくいです。

どの候補者も、 51%に届かなかった場合には、
上位の2名で、 決選投票することになります。

問題は、この部分です。

これまでは、 マリーヌ・ル・ペン氏の向こうを張って、 5月7日の決選投票へ進む候補者は、
当たり障りのない、 穏健な候補になるだろう、
と、 見られていました。

その場合には、 「 決選投票になると、
とたんに、 保守的になる 」 、 フランスの有権者らは、 このNo.2の候補者に票を投ずれば、
良いわけです。

そのような、 消極的で保守的な票が、 すべて、
No.2の候補に集中するので、
決選投票では、 穏健な候補が勝利する……
というのが、 これまでのメイン・シナリオだったのです。

しかし……

ここへきて、 泡沫候補だった左翼党 ( LFI ) の、 ジャン・リュック・メランション氏が、
巧みなトークと、 有権者の心を掴む、 面白い選挙キャンペーンで、 支持率を伸ばしています。

彼が、 唯一の左派候補
( というか、 社会主義者 ) 、 ということも、
少なからず、 関係している、 と、 思います。

メランション氏は、 65歳ですが、
ポップ・カルチャーを巧みに選挙戦に取り入れています。
たとえば、 「 財政コンバット 」、 という、
ビデオ戯務 ゲム ≒ ゲーム 、 をリリースし、 その中で、 メランション氏のキャラが、
IMFのクリスティーヌ・ラガルド氏から、 おカネを巻き上げる、 というような設定になっています。


また、 選挙集会で、 スターウォーズを連想させる、 3Dホログラムにより、 同時に、 二箇所の集会場らで、 スピーチするなど、
若者らと「つながる」力が、 強い。

メランション氏は、 とても、 トークが上手いので、 政治に興味の薄い、 「 情弱 」 にも、 ウケているわけですが、
その本質は、 キューバのフィデル・カストロ氏、や、 ベネズエラを無茶苦茶にした、ウゴ・チャベス氏などの、 「 南米型ポピュリズム 」 に強く影響を受けたポピュリズムだ、 と、 思います。

一例として、
「 年間所得、 40万ドル以上の高額所得者には、
90%の所得税を課せ! 」 、 と、 主張しています。

このような重税が、 経済をダメにするのは、
昔の「英国病」の例で、 既に証明されています。

さらに、 メランション氏は、

「 EUとの間で、 リスボン条約
( = EU憲法 ) を再交渉する。

EU からの離脱も、 可能性として残す 」、 と、
主張、
NATO、IMFなどからも脱退を主張しています。


メランション氏への支持率は、 18%前後で、
現在は、 第4位ですが、
投票日への直前の勢い、 という点では、
他のどの候補より、 モメンタムを持っているので、 ひょっとすると、 第一回投票の上位二者は、

1) ルペン氏、 2) メランション氏、 という選択肢になるかも知れません。


その場合には、 有権者は、
( 隠れナチスではないか? ) 、と、 噂される、
ファッショ的な、 ルペン氏と、
「 ベネズエラへの道 」 を邁進するかもしれない、 メランション氏、 という、 サイアクな候補の間で、 どちらかを選ばなければいけなくなります。

ルペン氏は、
「 自分が大統領になったら、 EU離脱への国民投票を行う 」 、 と、 公約しています。


欧州の市場参加者は、 国民投票を最も恐れます。

Brexit の例を引き合いに出すまでもなく、
EU への残留の是非を、 直に、 国民に問うのは、
とても、 リスキーな行為だからです。


◇ 豆知識ら ;
日本の、 一年間などの一定期間内に、 国内で、
外国人らも含めた、 働き手らが、 稼ぐ、 所得金額らの合計にも等しい、 国内総生産、な、GDP、
の、 一年間での、 金額は、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の主な政治家らが、 公共事業らへ、 日本政府が、 金額数値らを当てる、 公共投資の金額を、
94年度の、 半分に近い金額に減らして来ている為に、

5百兆円 、を、 割ってしまっているが、

その5百兆円弱、の、 所得金額ら
≒ 付加価値ら 、 を、 一年間に、
日本国民らから、 日本国民らへ、 銀行らの口座らから、 口座ら等へ、 渡されて、 めぐる事において成す、 金額は、

5兆円 ~ 6兆円 。


同じ金額数値らが、 持ち主をかえてゆく事で、
何度も、 カウントされるので、 こうなってある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重山の 動く知らせ... | トップ | 鉄仮面をはいだ、 暗号解読家... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。