夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

投資操作にもよるべき、反日勢らへの潰し事 。 日本国民の数千人以上をすでに監禁してある、シナ

2017-07-15 13:12:00 | 政治・経済
【 シナ朝鮮らの社会らの一般の者らが、
その行動原理の体系として来てある、
反社会的な、 儒教型の、 部族道徳律における、
義務事項らは、
その部族員らの各々が、 より、 反社会性らを成し行ってでも、 その身内部族員らへの、 福利性のある物事らを、 最短期間で、 最大限に収奪する事へ収斂 シュウレン する、 ので、

シナにおいては、 日本や、 ブラジルに、
アメリカほどには、 自らの社会の人々から、
自らの社会の人々が、 買い物をする、
『 内需 』 、の、 度合いを、 高め得ずに、

日本国民らが、 日本の社会において、
中長期的には、 我彼らへ、 福利性のある物事らを成し続ける事になり得る物事らへ、 投資する、
度合いに対して、

シナ人らは、 カネとして働く数値ら等の、
資本性のあるものらを、 より、 直ちに、
欧米や日本などの、 よその国々へ移してしまい、

シナの社会において、 内需を増すべき、 投資らが、 成され得る、 度合いを、 それだけ、 余計に、
減らし、 小さいままにして来てある、 度合いを、
より、 甚だしく、 余計に成して来てあり、

それが、 シナの経済系のあり得ようについての、 欧米の、 経済論客らの予想らのほとんどが、
外 ハズ れて来てある、 要因にも成ってある。


その社会の一般の倫理的な規定性らが、
その経済系の、ありようらや、あり得ようらをも、規定する度合いを成す、 という事を、
欧米の経済学らは、 頭から、 無視してかかる規定性らを成してあるがゆえに、
それらに基づくだけの、 そうした予想事らが、
外れらべくして、 外れるのである。

こうした事をも踏まえて、 投資らを成したり、
差し止めたりする事によっても、
日本国民たちは、 英米の富裕権力層の主導者らを、 総元締め、とも、 し得てある、
反日勢力らの、 日本国民たちへの、 加害性らを成し、 増しもする、 経済的な余力らの、
あり得る、 度合らを削り減らす形で、
これまでは、 反日勢力らに奪われて来てもある、
日本国民たちの一般と全体とに、 あるべき、
あり得る、 福利性のある物事らを成す度合いを、
増す事が、 できる。

そうした操作らを成す事を通しても、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、 快適に住める、 避難所らとを、作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らとが、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らもまた、 オウム返しにして主張し、 実行もする事において、

日本政府の財政における、 緊縮 、を、
繰り返し、成す事を通して、
日本国民たちへ、押し付け続けて来てある、
デフレ不況性 、を、 解消し去ってゆく、と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 状況にも、ある 】 。


☆ 根途記事+論弁群+;

☆ エタン ( 英: ethane ) 、は、
アルカン群に属する、 炭素数が、
2 、 の、 有機化合物 ≒ 炭素を含む、
化合物 、 だ。

分子式は、 C2H6、
構造式は、 CH3-CH3 、 で、
メタンに次ぎ、 2番目に、 簡単な、 アルカンであり、
異性体は、 存在しない。

水に、溶けにくく、 有機溶媒に溶けやすい、
という、 性質を持つ。

可燃性の気体であり、 日本では、 高圧ガス保安法の可燃性気体に指定されている。


◇ 1834年に、 マイケル・ファラデー氏に、
酢酸カリウム水溶液の電気分解により、 合成されたのが、 最初だが、
この当時は、 メタンが合成されたもの、 と、
考えられていた。

この間違いは、 1864年に、 Carl Schorlemmer 氏に発見され、エタンの存在が明らかとなった。

◇ エタン 、という名は、 エーテル
( ジエチルエーテル ) 、を、 起源としてある。


◇ 一般的なアルカンの性質を持つ。
すなわち、 酸化剤・還元剤や、
負電荷な、 電子対、 を、 奪いとる、 酸、や、
正電荷な、 陽子、を、 抱き寄せる、 塩基とは、
ほとんど、 反応しないが、

光の照射による、 置換反応や、 燃焼などの、
反応を起こす。


☆ エタンを完全燃焼させたときの燃焼熱は、
1561 kJ キロ・ジュール / mol 、 であり、
完全燃焼により、 二酸化炭素 CO2 、らと、
水 H2O 、 ら を発生する。


◇ その燃焼は、 複雑に連続したラジカル反応により、 起こる。

計算化学で、 反応速度論について計算すると、
数百種類の反応経路らが考えられる、 という、
結果が出た。
その中でも、 重要な連続反応として、
エチルラジカルと酸素との結合、
それに続く、 過酸化物の生成、
その分解による、 エトキシラジカル、と、
ヒドロキシルラジカル、 らの生成が挙げられる。


◇ 酸素 O2 、らが不足した際には、
不完全燃焼が起こり、
一酸化炭素 CO 、らや、
ホルムアルデヒド、 らが生成する。

このような、 炭素の1つを含む、 物質を生成するためには、
エタン、の、 C-C 結合を切る必要がある。

これには、 エトキシラジカル、が、 分解し、
メチルラジカル、と 、 ホルムアルデヒドを生成する、 という、 経路が挙げられる。
これらの生成物は、 更なる、 酸化
≒ 酸素との結び付き 、 により、
別の化合物へと変化することとなる。


◇ 不完全燃焼では、 他に、
アセトアルデヒド、メタン、メタノール、
エタノールなどが、 少量が、 生成する。

600 ~ 900 ℃ の高温では、
エチレンが、 主な生成物となる。


◇ 同じような反応が、 エタンから、 エチレンを製造する際の、 クラッキング法として利用されている。

◇ 工業的製法については、
一般的なアルカンと同様に、
石油を分留することで、 得られる。

◇ エタンは、 天然ガスの中で、
メタンの次に多く含まれる成分である。

1960年代の始めには、
天然ガスから得られた、 エタンらは、
メタンらと分離されることなく使われていたが、

この頃は、 燃料として燃やされる用途が、
主であった。

しかし、 それ以降は、 エタンは、
重要な石油化学原料となり、
天然ガスの中から分離される、 最も重要な成分らの一つとなっている。

また、 エタンは、 石油ガスの中からも、
製油の際の副生成物として得られる。


◇ エタンとメタンを分離する際には、
極低温にした液体を分留する、 という、
手法が用いられる。

様々な冷却法が存在するが、
混合物を、 急激に、 『 膨張させる 』 ことで、 温度を下げる、 という、
手法が、 最も効率的であり、

天然ガスから、 90%以上の割合で、
エタンを得ることができる。


この時は、 冷却ガスをタービンに通すことで、
膨張させる。

このときの温度は、 約 マイナス 100℃ 、だ。

このときに、 ガス状の、 メタンらは、
液体の、 エタンらから、 取り除かれ、
液体となっている、 他の、 アルカン類員らは、
分留により、 分離される。


◇ 研究室レベルでは、 コルベ電解により、
得られる。
具体的には、 酢酸塩水溶液を電気分解する。

アノードでは、 酢酸が、 酸化されて、
二酸化炭素、と、 メチルラジカルを生成する。

このメチルラジカル同士が反応して、
エタン 、らが、 生成する。


☆ ブログ 東亜備忘録 ;

南京大虐殺にしても、 性奴隷にしても、
結局は、 中韓が、
自分たちが、 虐殺とか、 性奴隷とかをやっているのに、 日本人がやらない訳がない、 という、

【 シナ朝鮮人らが、 自らの側の一般性としての、 自己投影性を成す事から来る 】 、
発想 、 が、 もとになっている。


>儒教思想とか、 上下関係以前に、
「 日本軍の犯罪行為 」 なるものらは、
その全てが、 中韓が行ったことが、
元になっている。

>だから、 徴用工・新安塩田奴隷労働事件→
軍艦島 、 という風に、 自然に、
「 韓国人にとっての真実 」 、が生まれる。

>逆に言えば、 日本人が、 外国人に対して、
無条件に信用しすぎる、 というのも、 問題だ。

 ご意見、ありがとうございます。m(_ _)m
 ドローンも、 いろいろですからね。
 小さいおもちゃみたいなやつから、
プレデターまで。w

 朝鮮総連の前で、 大漁旗を立てて、 デモするとかでしょうかね。
 あ、でも、RPGを撃ってくるかもしれないから、
危ないか。(^^;

 おっしゃる通り。
 そうならなきゃ、 おかしい。
 でなきゃ、単に、 共産主義者のイデオロギー闘争のための口実にすぎなかった、と、
証明されちゃう。w

 どう考えても、 当局の人間以外に、
動機は、 ないわけでね。
 やっぱり、 殺そうとしてるんだな、と。

 そうなんだよね。
 狙い撃ちなのか、囚人皆殺し計画なのか、
区別がつかない。w

 今まで、そうした総連の活動と、
北朝鮮のつながりを厳しく追求しないで来た。
 問題は、いつ、 そうしたやり方をあらためるのか。

 核の放棄は、 結局は、 軍事力の行使以外に、
手がない訳でね。
 実際、それ以外の方法は、 みんな、 試したわけだから。
 その場合、出来上がった空白地の後始末は、
韓国に任せる以外にない。
 米軍の駐留が続くと、 中ロも、 監視団として、
軍を送ってくるから、 お互いに撤退する約束をするしかない。
 経済成長させると、 困った事になると、
わかったわけだから、
これからは、 援助するポーズだけで、
実際には、 なにもしないようにする必要がある。

 厄介なのは、 大東亜共栄圏の亡霊たちが、
支援しろ、と、 騒ぎ立てることでしょう。

 結局、善も悪も、基本的な価値観から生まれるんだよね。
 だから、彼らの考える悪ってのが、 そのまま、
形になるわけです。
 頭の中に入ってないものは、 どう考えても、
思い浮かばないからね。w
 でまあ、平気で嘘をつく人たちっていうのが、
日本人には、 頭に浮かばないから、騙される。

 まさか、 組織レベル、国家レベルで、 堂々と、
嘘を主張しないだろう、
あんなことを言うのには、 それなりに理由があるに違いない、と、 考える。
 お互い、あまりにも、 基本的な価値観が違うんで、 相性が、 最悪なんだよね。
日本人の態度が、相手の嘘をさらに拡大させてる。


>>【違法漁業】 「北朝鮮船に占領されてしまう」北のスルメイカ違法操業で抑止対策 >

水産試験場による、 スルメイカの回遊ルートへの調査資料を見たが、 不思議と、
日本領海内をウロウロしていて、 南北朝鮮には、
近付かない。
本能で、 根こそぎ獲られるエリアが、 わかるのだろうか。
侵略イカ娘も、 日本に来てる場合じゃないな。


☆ 能登のイカ釣り漁船が、 大和堆から撤退

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3025058371.html
※NHKローカルニュースは、 元記事が消えるのが、
早いので、 御注意を 。

☆ 能登半島の沖の、 日本の排他的経済水域にある、 「 大和堆 ヤマト・ツイ 」 、 と、
呼ばれる海域で、
北朝鮮から来た漁船が、 違法操業を行っている、
と、 みられる問題で、
能登町は、 小木漁港に属する、 イカ釣り漁船は、

トラブルを避けるために、 撤退し、 北海道の沖で、 操業していることが、 わかりました。


能登半島の沖の、 約300キロの、 日本の排他的経済水域にある、 「 大和堆 」 、 と呼ばれる、
漁場では、
去年の10月以降は、 北朝鮮や中国から来た漁船が、 違法操業を行っている、と、 見られています。

ことしも、 6月から、 この海域で、
石川県の港に属する漁船などによる、
スルメイカ漁が始まりましたが、
北朝鮮から来た、と 、見られる、
多くの漁船らが目撃されている、 ということです。


北朝鮮から来たと見られる漁船らは、
去年より、 多く、 なかには、 近づいてくるものもあって、
実際に、 スクリューに、 網が絡みつくなどの、
執危 トラブ ≒ トラブル 、 も起きています。

このために、 能登町の、 小木漁港に属する、
イカ釣り漁船の13隻は、
衝突などの、 トラブルを避けるために、
大和堆から撤退し、 北海道の沖に移動して、
漁をしている、 ということです。

そして、 今月は、 函館港に水揚げする、
ということで、 小木漁港への 、 水揚げが減り、 地元経済への悪影響が、 懸念されています。


漁師らによりますと、
北海道の沖の、 スルメイカらは、 能登の沖の、
大和堆のものに比べ、 小さい、 ということで、
今後は、 危険を冒して、 大和堆に戻るかどうかを検討する、 ということです。

07/ 11 19:58 。

@ この北朝鮮の船は、 中国が貸してるんだってね。
昨晩の、 フジの、プ ライムニュースで、
桜井さんが言ってた。

◇ ご意見、ありがとうございます。m(_ _)m
 つまり、自然淘汰の法則で、
そっちがわに回遊する集団は、 すでに、
存在できなくなったんでしょうね。
 (^^;;;

 やましい所がないなら、すべてを公開すれば、
いい。
 そうすると、 親中派の人たちが、 ゾロゾロ出てきて、メンツが、どうのと言い出す。
 馬鹿なことを言うな、と。
 そういう態度が、 連中の虐殺を助けてきた。

 そもそも、そういう人たちが言うような、
「 メンツ 」 、が、 実在するなら、
こんなバカげた事態になってるわけがない。
 生命の尊厳に対する最低限の畏敬の念さえない。
そんなのメンツじゃなくて、虚栄心でしかない。

 困った事に、こういう、 臆面もなく、 平気で、
矛盾したことを言ったり、ウソを付くことで、
中華帝国は、 ずっと、成り立ってきたわけです。w
 
その覇権は、 東アジアの広範な地域に及んだ。
 それに屈しなかった数少ない勢力が、日本でね。

 ところが、 困った事に、 そのことを知らずに、
日本は、 怪物に餌を与えて、 ここまで、
育ててしまった。

 せっかく、 歴史の闇の中に葬ってあったのに、
表に引っ張り出してしまった。
 まあ、アメリカの責任もあるにしてもね。


@ 2017/ 7/12 ( 水 ) 9:50:11 ID:8V7

国連の成り立ちと、 国連の仕事、
国連に上申する理由、 それをやってるのは、
日本人 。
これを、わかりやすく説明してるのが、 これ

『ニュース女子』 #114
https://www.youtube.com/watch?v=rvxMC0NhDzs
7分あたり~

 ◇ シャトル外交で、 合意とかやってたら、
呆れられるのは、 しょうがないだろうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八方を侵略中の、 小ずるいタ... | トップ | 感じようらにおける時間、と... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。