夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

坂本龍馬氏の手紙らが又、発見される。 ノーベル賞経済学者な、クルーグマン氏の経済講義 06。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-16 22:23:00 | 政治・経済
【 坂本龍馬氏は、 勝海舟氏らの、 極めて、
優れた、 分析思案性に基づく、 より、 甚だしく、
あり得る、 あるべき、 現実の事態らへの、 適合性に富む、 理論ではあったにしても、
ただの、 絵空事であり、 空想であり、
理想論などでしか無かった、 政策案ら等を、
現実のものに仕立て上げる事において、
宜 ヨロ しきを成し得た人であり、

まだまだ、 その偉業性についての、 より、
体系的な認識を宛 ア てがわれ得ては、 いない、
人であり、

その武器の調達先に、 ユダヤ系の者が居た事などに託 カコ つけた、 おとしめを宛てがわれ続けて来てある事においても、

歴史事らにおいて、 ユダヤ系員らを盾にして、
私腹を肥やしに肥やして来てある、 大元締めの者らは、
英米の富裕権力層の者らである、 にも関わらず、

その、 使い走りの、御用商人や、 政治向きな商人でしかない、 ユダヤ系員らを持ち出せはしても、
それらを使い回して来てある、 大元締めな者らについては、 その成して来てある歴史事らを観ない振りなどもして、 触れ得ない類の者らが、

より、論理的な整合性に欠ける事を言い立て合い、
より、 優れた理論らを、 現実化する事の難しさについての、 体系知の欠けてある、 自らのありようを紹介して観せ得ては、 ある。


より能 ヨ く、 現実化する事において、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事により、

英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らも、 オウム返しにして、 主張し、
実行する事において、

日本の、 財務省の役人めらと、 与野党の、
主な政治家モドキめらとが、

日本政府の財政における、 カネとして働く数値らを出し入れする、 あり得る度合を、 小さくしたり、 小さいままにしたりする事でもある、
日本政府の財政における、 緊縮 、 なり、
引き締め 、 なり、 を、 繰り返し、 成す事を通して、
日本国民たちへ、 押し付け続けて来てある、
日本国民たちの、 あり得る所得らの度合いを削り減らし、
日本国民たちの、 売る物や、 売る事らへ対して、
日本国民たちが、 買い物らを成す事において、
互いに、 互いへ、 サービスな事らや、
生活物資などの、物ら、を、 与え合う事を成す、
その、 あり得る、 質としての度合いや、
量としての度合い、 を、 削り減らす、
デフレ不況性 、 を、 解消し去ってゆくと共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを、 飛躍的に高めてゆくべき状況にある。

この事を、 絵空事なままにして過ごす、 時間の方をこそ、 より、 削り減らすべきなのだ 】 。


◇ 根途記事+論弁群+;


☆ 坂本龍馬氏 ( 1836年 ~ 67年 )
が、 その兄の、 権平氏の家族員に宛てた手紙が、
新たに、 6枚が、 見つかった。

高知県が、 6月15日に、明らかにした。

龍馬氏が、 徳川幕府側に襲撃された、 寺田屋事件や、 幕府と長州との戦争を生々しく記述。

文中には、 西郷隆盛 ( 吉之助 ) 氏や、
小松帯刀氏、に、 高杉晋作氏などの、
維新の志士たちの名前らも登場する。

県などによると、
6枚の手紙らは、 いずれもが、
縦が、 25センチで、 幅は、 30センチ前後。

龍馬氏が、 1866年 ( 慶応 2年 )
の、 旧暦の、 12月4日に記した。

手紙の存在は、 写本で知られ、
原本の一部も、 見つかっていたが、
この6枚は、 初めて、 原本が確認された。
6枚は、 手紙らの全体の4割に相当する部分だ、
という。

手紙の1枚目は、 寺田屋事件について記述。

1866年に、 京都の寺田屋にいた龍馬氏が、
幕府側に襲撃された事件で、
龍馬氏は、 負傷しながら、 薩摩藩邸に逃れた、
とされる。

手紙には、 薩摩藩の、 小松帯刀氏や、
西郷隆盛氏と、 語り合い、 笑ったことなどが、
書かれている。

  手紙の3枚目は、
寺田屋事件と同じ年にあった、 幕府と長州の戦争を描写している。

長州藩の、 高杉晋作氏が、 錦 ニシキ ののぼり旗を振って、 指示を出したり、
味方らに、 酒を振る舞って、 戦意高揚を図ったりする様らなどが、 書かれている。

◇ 朝日新聞デジタル 2017年6月15日23時01分
http://www.asahi.com/articles/ASK6H7HZTK6HPTFC01B.html

no title

no title

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170615005424_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170615005427_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170615005428_comm.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170615005429_comm.jpg

@ すごい貴重な資料だな。

@ こういう手紙は、 ふすまの貼り紙の裏なんかになってたりするんだよね。
古い家の解体中に、 どばっと出てくる 。


@ 和紙の保存性ってすごいね 。


@ 明日にでも、 伏見に行こうかな、
散歩がてらに、 寺田屋の前を歩いて、
龍馬通り商店街をぶらぶらした後に、
近江屋の跡を通ったあとに、
龍馬の墓にでも行くか。


@ 高知の龍馬記念館の方が、 良いぞw
龍馬自筆の手紙 ( コピーもあるけど )
を、 時間かけて読んでると、 なんか、
良くも悪くも、 彼の人間性がわかる・・
ような気がするぞw


@ 今なら、 高知城歴史博物館の方が、
いいみたい。
今年の3月に、 オープン 。

直筆で、 新国家って文字が入った
手紙も展示されてたようだ 。


@ エヘンの手紙なんかは、 キャラ立ってるよなw
山口県の萩で、 桂小五郎や高杉晋作の手紙を読んだら、あっちは、 すげぇ、 教養のある常識人。
宛てた人に対しても、 違ってくるんだろうけど。
晋作が、 凄く繊細で、 感受性の高い性格に読み取れる手紙で、 意外だった。


@ 崩し字の読み方を学習すると、
読めるようになるよ 。
今の普通の文字からは、 想像できないような、
つづり方になるので 、 学習が、必要 。


☆ ノーベル賞経済学者な、
ポール・クルーグマン氏 の、
米国の、 ニューヨーク・タイムズ紙 での 、
経済講義 : 2012年 1月1日 :
【 Nobody Understand Debt. :

誰も、債務の何たるかを心得てはいない。 :


2010年と同じく、 11年も、 アメリカ経済は、
専門的な 観点では、『回復』していたものの、
破壊的なまでに、 高い失業率に苦しみ続けた。

2010年と同じく、 11年の大半を通して、
ワシントンで行き交う会話らのほとんど全ては、

『 雇用 』 以外の
( どうでも好い ) 事に費 ツイ やされてしまった。 :

『 政府の財政における、 借り分の金額を減らすべきだ ! 』  、 という、 
もっともらしい緊急問題が、 それ だった。   

こんな、 見当違いな事に、議論が集中してし
まった事から、
我々の政治文化について、多くの 事が 分かった。


取り分け、 議会の連中が、 いかに、
普通のアメリカ人たちの苦しみから、切り離された所にいるのか、という事が、 本当に、よく分かった。
更に、 そこからまた、 別の事も、明らかに成った。 :

ワシントンの人たちが、
( 政府の借り分である ) 、
赤字と負債とについて語る場合に、

彼らは、 自分らが、何を話しているのか、
分かってはいないし、
その中でも、 一番の おしゃべり屋は、
一番の、 分からんちん だ。

そう、議会にいる連中の多くが、
当てにしている、 経済の 『専門家』なる者らは、
( 政府の ) 財政での、 借金が生じさせる、
短期的な影響について、 何度も、何度も、
明らさまな間違いを語って観せたのだ。


ヘリテージ財団や、 その他の類が出している、
『 経済分析 』 なるものを真に受けた人たちは、

オバマ大統領が、 政権をとってから ずっと、
『 金利 が、 急激に 上がってゆく事 を 待ち続けている 』 のだ。


今も、だ。
彼らが、そうして、
『 金利の急騰を待っている 』 間 に、


【 一定金額以上の収益や所得の付く、仕事らの当てらの総量 ≒
投資機会らの総量 、 であり、

そうした仕事らの当てが、 より、 足りなければ、
足りないほどに、

金利、は、 より、 安くなる方向へ、 圧力が、 掛かる事になる 、が、

売り買いらの減り勝ちな、 不景気な時には、
そうした、 投資機会らは、 減り勝ちになる、
ので 】 、


その当の金利は、
歴史的な、 低い水準にまで 下がり続けて来たのだが。

この事態の推移ぶりを観れば、
読者のみなさんも、 こう思うかもしれない :

『 この流れを観れば、 政治家たちも、当てにする専門家たちを選び直すのではないか ? 』 。

今、我々がいる世界は、
事実なんぞを、 用済みにしてしまった、
脱近代の政治状況の世界なのだ、
という事を知らないのであれば、
そう、思うのも、 無理は無いがね。

しかも、 ワシントンは、
単に、 短期的な影響について、 混乱しているだけではなくて、
長期的な影響についても、 混乱しているのだ。


『 赤字危ない派 』 、 が、 描く未来では、
我々は、 これまでの借金を返す為に、
あくせくしている事に成っている。


アメリカ経済の全体の事を、
抵当による、 借り入れをした、
個人の家計のようなものであるかの様に、
勘違いしていて、

我々が、 月々の支払いに追われて、
四苦八苦している事であろう、 等と、
観ている訳だが、
これは、2つの点で、 見当違いな、 例え方なのだ。


◇ 第一に、
個々の家計ら ≒ 個人経済系ら 、 は、
債務を返済しなければ、 成らないが、
政府は、しなくて、 好いのだ :

政府が行う必要のある事は、
その債務が、 その 税基盤が、膨 フク らんでいく 度合い よりも、
もっと、 ゆっくりと、 膨らんでゆくようにする事だ。

『 それだけ 』 、 なのだ。


第2次大戦以後の アメリカの借金 は、
返済された 例 タメシ が、 無い。


◇ アメリカ経済の全体が、成長し、
かつまた、
アメリカ人たちの 所得ら が、
課税の対象となってゆくにつれて、

段々と、大したものでは、 無く成っていったのだ。


第2に、 ーー こちらの方については、

ほとんど、 誰一人として、分かってはいない、
ように、観受けられるが ーー

借りの多過ぎる、個々の家計らは、
『 他人から 』 、 カネを借りている のに対して、
アメリカの、 『 政府の 』 、 借金は、

その多くの部分が、
我々、 アメリカ人たち自身から 貸して貰っている 、 カネ だ、 という 事 を 挙げ得る。


この事は、
第2次大戦の費用として、 負うことに成った、
『 政府の 』債務についても、 明らかに正しい。

アメリカの納税者たちが払わされる事に成った、 この 『政府の』借金は、
今現在のアメリカ政府の借金よりも、
GDP :

『 国内の、 外国人らも含む、 働き手らの、
所得らも含む、
所得金額ら ( ≒ 付加価値ら ) の、
その総額でもある、
【 国内総生産 】 、 とも言う、
ある金額としての数値 、 ら 』

、 に対する 、 割合 で 観て、
大幅に 大きかった。


だが、
この『政府の』借金は、
まさに、アメリカの納税者たち自らが、

( 例えば、 【 貯蓄国債 】 を買った、
アメリカ人たち )
その『貸し主』たちだったのだ。


だから、『政府の』借金のせいで、
戦後のアメリカが、 貧しく成ったりはしなかった。


もっとハッキリ言えば、
アメリカの戦後世代の人たちが、
アメリカの歴史上で、最も高い、 所得と、
生活水準の高まりとを経験するのに、

( その為の投資として、 役立ちこそすれ ) 、
この政府の借金
( による、 支出 =
【 投資、 や、 消費 】 ) 、 は、
何の妨げにも 成らなかったのだ。


『 でも、今回は、違うんじゃないかなあ ? 』 ーー いや、みんなが、そう思っている程の事は、
無いね。

確かに、 今は、『外国人たち』が、
アメリカに対する、多額の債権を持ってはいる。

これには、
アメリカ国債の相当な金額も含まれている。


だが、 そういう、 外国人持ちの債権らの、
1 ドル 当たり = 百 セント 当たり 、
に対して、
アメリカ は、
外国らへの『債権』を 、
89 セント 、 を、 持っているのだ。

( 百に対して、 89 、 である ) 。


外国人たちは、
アメリカへ投資する

( : カネを貸す、 借金を負わせる、
資本となるものらを貸して、
債務を、 米国の誰かに負わせる )
に 当たっては、

『 より、 安全で、 利回り ( 利息 )
の、 低い 』 資産 へ 投資する 傾向があるが、

実は、
アメリカ側が、
海外の資産ら ( 外国らの資産ら ) から 得る、 『 所得らの総額 』 の方が、

アメリカ側から、 海外の投資家たちへ支払われる 金額らの合計額 よりも、
大きかったりもするのだ。


【 アメリカは、 数 % とかの、 利子で、
借りたものを、 世界中のあちこちへ、
十数 % とかの、 より、 高い利息で、 貸して、 戦争を仕掛けてでも、 取り立てを成して来ており、
戦争をしてでも、 取り立てる事が、
信用を成して、 世界中から、 投資される、
歴史的な状況を成して来てもある。

そうした事情もあって、 定期的に、
アメリカは、 戦争へ走って来ている 】 。


中国への借金を返すために、
アメリカが、 首が回らなく成っている

( : それを観る以外の事が、
出来ない状態になっている ) 、
といったような想念を、 読者らが抱えているのであれば、
それは、 見当違いな ( 解釈付きの ) 、
情報事項らを仕込んでしまっている事になるよ。

アメリカは、
そんな状態へ向かって進んでいる訳ではないんだ。


アメリカの連邦政府の債務は、
アメリカの未来を担保にした 、 借金 、
という訳ではないが、

アメリカ政府の、 借金の金利 を、
アメリカ政府が、 その【貸し主】たち である、
アメリカ人たちへ支払うためには、

アメリカ政府への主 アルジ である、
アメリカ人たちから 、 税金 を 取り立てる 、
必要は、 ある。


アメリカ国民ら から、 米国政府が、
税金 や 、 税金に 相当する 資産ら を取り集める事 : 課税 、 は、

アメリカ国民らの経済の全体に、 幾らかの費用
( : コスト ) を課すものではある。

課税によって、
生産的な活動の現場らから、
税金逃れ 、や、 納税の回避 の為の作業らへと 、

リソース ( 資源 ) らが回されてしまうようにまでは、 成らなくても、 費用は、かかる。

だが、 こうした 費用 は、
借金まみれの個人の家計になぞらえて思い浮かべて観られるものよりも、
ずっと、 穏当なものでしかない。

だからこそ、
安定した、責任ある政府を持つ国々は、
ーー つまりは、
状況が正当化する時
( : 完全雇用の状態へと向かって、
その経済系の全体が、 十分に、 成長し得ており、
十分に、金利が高く成り得ているような状況の時 ) に、

( その金利の高さが示す、 経済全体の活況ぶり に応じて ) 、
程好く、 増税する態勢が取られ得ている、
政府を持つ国々は、 ーー
その歴史を通して、ずっと、
【 高い水準の政府の債務 】 、 と、
上手く、 渡り合ってきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納得性の罠。 ノーベル賞... | トップ | 夢意識にもよる、知的創造性... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。