夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

ノーベル賞経済学者な、クルーグマン氏の経済講義 04 、 完全雇用 など 。 日本国民の数千人以上を既に監禁している、シナ

2017-06-14 14:41:59 | 政治・経済
【 ある同一な今 、 を、 成してあるものとして、
観念らの系の主らの各々に、 感じられる、
時の間なり、 時の永さなり、 は、

我々の各々の精神系の、 領域に、 無い、 世界らの側における、 時としての持続性なり、
時としての持続性めいた何彼なり、 とは、
全くの別物であり、

我々の各々が、 想像し、 観念する、
我々の精神系の各々の、 外側なる世界らの何彼らは、
我々の各々の精神系の外側に、 在ったり、
在り得たりする、 何彼ら、 として、
我々の各々に、 規定されてはあっても、
我々の各々の精神系そのものに、 在り、
我々の各々の、 観念な、 設定である、
存在でしかない。

誰彼らの観念らの外側にある、 と、
我々の精神系らの各々が、 自らへ、規定して観せる、 何彼らも、 その精神系の在り得てある領域内において、 そう、 規定されてあるだけの、
その領域内の、 観念な設定である存在でしかない。


我々が、 旅へ出る場合においても、
我々の各々は、 自らの精神系を構成したり、
構成し得たりする、 現前態の物事らと、
可能態の物事らとの、 組み合わさった、
自らの精神系にあったり、 成り立ち得たりする何彼らとしか、 出会う事が出来ない。


旅には、 日頃の人間関係ら等から、 自らを切り離して、 自らの、 在りようらや、
在り得ようらを観据える、 といった、 効能が、
あろうが、 あるまいが、

そこにおいても、 自らの精神系を構成する、
感らや、 思いようらや、 思い得ようら等も含めた形で、 それ自らの成り立ちを得る、 観念ら、の、
現前態を成してあるものらや、 可能態のものらが、 現前したものら、 等の、 自らのものらや、
可能的な自らのものら、 といった、 自前のものらとしか、 誰も、 出会う事ができない。


いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 避難経路らと、
より、快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、
公共事業らを成す事において、

英米の富裕権力層の者らを、 大旦那として、
自らの、 投資事業らを営んで来てある、
投資銀行、の、 ゴールドマン・サックス、 等の、
欧米の、 カネ貸しら、の、 主張する事らを、
そのまま、 自らも、 オウム返しにして、 主張し、 実行する事において、

日本政府の財政における、 カネとして働く数値らを出し入れする、 在り得る度合を、
小さくしたり、 小さいままにしたりする事である、
引き締め、なり、 緊縮、 なりを、 繰り返し、
成す事により、

日本の、 財務省の役人らと、 菅直人氏なども、 含む、 与野党の、 主な政治家らとから、

日本国民たちの一般と全体とが、
押し付け続けられて来てある、

大半が、 企業らへの、 従業員である、
日本の、 主権者である、 日本国民たちの、
在り得る、 賃金らの高まり得る度合いを、
より、 小さくしたり、 小さいままにする、
ものである、

『 デフレ不況性 』 、 を、解消し去ってゆく、
と共に、

日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的に高めてゆくべき、
利害関係性と共に、 在り得ている 。


外国人らの株主らを、 主に、 儲けさせる態勢らを成して来てある、 企業らが、

その利益らを、 日本の主権者である、
従業員でもある、 日本国民たちへ渡す度合いを、
より、 減らす代わりに、

企業らの、 『 内部留保 』 、 を、 ひたすら、
増やしたり、 維持したりしている状態では、

どんなに、 企業らへの、 外国人らの株主らが、
主に、 儲けらの大半を得る、 企業らが、
売れ行きを良くする、 好景気に沸こうとも、

日本国民たちの、 売り物らや、売り事らへ対する、
日本国民たちによる、 買い物らの在り得る度合いが、 その一般や全体において、 増してゆく事を、
伴わない、 度合いが、 より、 余計にある内は、

『 デフレ不況性 』、 が、 英米のカネ貸しらの、 日本国内における、 実態的な代理員らから、
日本国民たちへ、 押し付けられてある、 度合いが在り得てある、 実態がある事に、
変わりは、 無い 、 のだ 】 。



☆ ノーベル賞経済学者な、 クルーグマン氏の、 経済講義 ;

・・【 ウォール街を占拠した 】 、
抗議運動によって、
政治家たちの中に、
『 これまでにすべきであったのに、
為し得て来なかった事らをやるしかなくなる 』
人たちが出てくれば、
【 ウォール街への占拠 】 は、 大成功だった事になるのだ。


2012年 2月5日 のクルーグマン氏の論説 :

【 失業率レポートは、純粋に好い内容だった 】;

だが、 げっそりする面もある :

雇用 ( : 仕事口ら、 就職口ら ) を 創り出す事へ、 力を注ぐのを止めろ!、
という、 声たちが沸き起こるのだ。

もっと、 マシな世界であったら、
ーー もっと、 マシな 政策エリートらのいる 世界 であったら、

ーー 、 今回のように、
( はっきり、 失業率が低く成って来ている事を示す ) 、
好調な雇用報告 が 出てくれば、

純粋に、 祝福されるであろうが、
私らが、現実に生きている、この世界では、
希望の兆 キザ しには、 必ず、
( それを妨げにかかる ) 暗雲 が 付きまといに来るのだ。


私も含めて、 多くの人たちが、
前よりは、 楽観的になってはいる。

だけど、 この 楽観 が、自滅の種に成ってしまう、
現実的な危険性 が あるのだ。


☆ 2012年 2月5日 :
【 失業率レポートは、 純粋に好い内容だったが、 げっそりする面もある 】:

・・この雇用報告を受けて、
( アメリカの、 中央政府の財政から出す、
カネを減らせ、
という、 財政緊縮をごり押しする ) 、
清算論者らが、勢いづく事になるだろうからだ。


雇用報告その物については :
本当に、好い内容のものだ、 と言える。

これまでは、 陰気な数値が当たり前に成っていたのに比べて、 間違いなく、 好い。

労働者たちが、
【 職探し 】 そのものを止めてしまって、

そのために、
【 失業者 】 として 数え入れられる事が、
無くなってしまった人たちの割合が増加した結果のものではなくて、

【 失業率の低下 】 、が、
【 現実のもの 】 であり、
つまりは、
( 創り出された仕事らの枠らが、
それにはまる、 労働の売り手らを求めている状況である ≒ ) 、
【 求人 】 、の、
本当の、 【 増加ぶり 】 を反映して、
失業率が下がっている、 という事が際立っているのだ。

この、 ( 働く意欲のあるアメリカ人たちから、
その労働らを、 競って買う勢いの ) 、 回復が、
持続的に成り得る理由も、 たやすく 観出せる。

特に、 現時点において、 アメリカは、
歴史的な水準で、『 住宅不足 』 に陥っている。


住宅バブル が はじけて
( 住宅らの、 高上がりし過ぎていた価格一般が、
大幅に下落して ) から、
6年が 経ち、
ほんの少ししか、 住宅らが建設されて来なかったからだ。


☆ 【 Things are not O.K. :
事態は、 万全ではない。 :


住宅らが、 再び、 増加する事態を妨げている、
主な要因は、

『 世帯形成の急落 』 、 だ。

これは、 経済学の用語で、
『 一家を構える、カネが無いために、
親と同居している、若い成人たちが大勢いる 』、
という 意味 だ。


十分に、 数多くのアメリカ人たちが、
一定金額以上の所得の付く、 仕事らにありつく事が出来て、
【 我家 】 を手に入れる事が出来れば、
この 【 不況をもたらした元凶 】 、と成った、
住宅 が、
今度は、 不況からの脱出の力に成り変わってくれるかもしれない。


そうはいっても、 我々の経済は、 未だに、
【 深い不況のさなか 】 にある。


【 経済政策研究所 】 が指摘しているように、
2001年の 1月よりも、 2012年の はじめの方が、

【 労働者らの総数が少なく成っている 】のだ。


11年間に渡って、
【 アメリカの人口 】 の方は、
( 労働者数の減少とは、 対照的に ) 、
増え続けてきた、 というのに。

つまりは、
【 必要な仕事らの総数も、増え続けて来た 】、
というのに、
労働者数の方は、 ゼロ成長を続けているのだ 。


経済政策研究所の推計では、
この 2012年の1月における、 雇用創出のペースですら、
2019年に至るまでは、
【 完全雇用 】、 の状態へは、
到達しそうにないそうだ。


◇ 注): 完全雇用 状態 :

自ら働いて稼ぐ 意思のある人たち 全てが、
1人残らず、 所得付きの仕事を得るに至っている状態であり、

一定の仕事上の賃金らに対して、
気持ちの折り合いが付かない、 という理由や、
自ら働くつもりが無い、 という理由で、
所得付きの仕事を行わないままでいる事を、
選んで、 生きている =

【 自発的な失業者 】たちは、
完全雇用の状態が実現し得ている、 社会においても、 存在し得ている事があり得る。


あるものらを買う事に当てがえる、
一定金額以上の カネ が無い ために、
それへの買い行為を断念している状態にある、
人や人たちの、 その何がしかのものらを買いたい意欲の総勢である、
【 潜在需要 】 、 というものに対して、


◇ 注): 有効需要 、 は、

単に、 潜在需要に対して、
その買いたい対象や、
投資したい対象らと、 交換するのに足りる額以上の、 カネが、付け加えられてあるもの であり、

あるいは、
国家経済の全体の動的な枠組みにおける、
総需要 ( = 有効需要 ) 、 と等しく、

個々の、 人たちや、 企業らの、
消費や投資の金額に、

政府の財政からの、 【 消費や投資 】
( = 政府支出 ) 、 や、
純輸出 ( 輸出 - 輸入 ) の 金額 とを 、 足し合わせた、 総金額 として 、 算定され、
評価される もの や、
算定され、 評価され得る事に成るはずの もの、
の事ですが、

この、 【 有効需要の不足 】 による、
『 自発的ではない失業 』らの発生と、
その存続とは、
現実の、 GDP :

ある国内の所得らの総額でもある :
【 国内総生産 】 ( = 金額 ) 、 が、

完全雇用 GDP
( = 潜在 GDP ) を 下回って 、
均衡 する 事で、 発生 するので、

【 完全雇用 】 の状態 が 成り立つには、
少なくとも、
『 有効需要 』 、 が、 不足しておらず、

十二分に、 あり得て居なければ成らない ) 、


・・ これは、 肝に銘ずべき事だが :

『 高い失業率が 長引いてしまうと、
たとえ、 失業率 が、 段々 下がってゆく、
としても、
経済と社会が、 持続的に、とんでもなく、
損なわれてしまうのだ。

取り分け、 長期失業率

【 6ヶ月以上に渡って、
職探しをしていながら、 それでも、
所得付きの仕事を得られないでいる、
労働者らの割合 】 、 は、
この【 今現在においてすら 】、
あの大恐慌の時以来、 観た事の無い、 高い水準にとどまっているのだ。


これが、 1ヶ月を続くたびに、
ますます、 多くの アメリカ人たちが、
労働力
( として数え入れられる、
合法的な正規の枠 ) から、
永遠に、 弾 ハジ き出されてしまう事になる

( 犯罪者に成るように追い込まれたり、
自害へ追い込まれたり、
きちんとした、 医療サービスや、 健康を維持するのに足りる程 の 栄養 などに、 在り着く事が出来ずに居させられる事で、
早死にさせられたりする ) し、

ますます 多くの 家庭らが、
『 貯蓄 』 を、 使い果たしていき、

それと共に、 ますます 多くの 仲間の市民たちが、 希望をなくしてゆく事になるのだ。


そういった事があるせいで、
この 【 雇用報告 】 、 は、
心強い内容のものではあるが、
だからといって、

( 景気の好い頃の、 失業率の、 ずっと低い状態への ) 回復を促す努力を緩める事になってはいけない。


『 完全雇用 』 、 は、 まだまだ、 はるか彼方の夢でしかない状態なのだから、
この事態に甘んずるべきではない。


政策担当者たちは、 打てる手の全てを尽くして、 出来る限り早く、
『 完全雇用 』 を取り戻すべきなのだ。


◇ 注): ノーベル経済学賞の受賞者の、
フリードマン氏 によると、

完全雇用は :

ある所与の
( 現実に在り得ている ) 、 経済の構造において、
維持し得る、
最低水準の失業率 、の、 事を指す。

見方によるが、
大体、 2% ~ 7% の 失業率 の場合に対応する、
雇用の全体状況 を 、
『 完全雇用 』 、 としている。



◇ 注): 『 完全雇用 』 状態にあっては、

労働らへの、 買い手らの側の、
需要 の 不足 による、
『 非自発的失業 』、 は、 存在しない。


完全雇用を目指す上では、
中央政府 が、 その財政から カネ を出して 、
所得付きの仕事らを、
可能的な働き手たちへ 与える 、
公共事業らを十分に行う事で、

民間においては、失われてしまっている、

雇用創出性 :

( その社会の全体における、
一定金額以上の所得付きの仕事らの総量 を 増やし得るように、
仕事口や、 就職口らを増やす事 、
あるいは、 その可能性や、
その情勢としての存在 ) を、

『 民間に代わって、 在らしめ 』 、
高めてゆく事が、
何 が何でも、要りような事であり、


カネとして働く数値らや、
そうした数値らを帯びてある、 通貨を、
じゃぶじゃぶ、 世界へ出回らせて、
万人が、 通貨を得やすくし、
金利を下げてゆく、
中央銀行らによる、 金融政策らを成す事だけ、
では、
直々に、 所得付きの仕事らを、
可能的な働き手たちへ提供し得ないために、

民間の全体が、 互いに、 仕事らへの借金による投資を減らし、
その可能的な資金上の仕事らを減らし合って来た、

日本型のデフレ不況に在っては、
その景気浮揚の効果は、
顕在化の、 不十分なものになって当然であり、


減税は、
単に、 中央政府から、 民間 、 と、 言われて来てある、 その社会の主権者たちへの 、
可能的な、 所得の移転 でしかないので、

政府支出による、 公共事業ら程の、
雇用創出性は、 期待すべくも無いし、

増税は、 経済全体の可能的な成長の幅を減らす、マイナスの効果の方が大きく、

それで、公共事業らを行う所があるにしても、
その経済成長へのプラス効果を殺ぎ去ってしまう事になる。


雇用創出性の高い事に特定して、
国民らから借りたカネを、 集中的に使い得る、
唯一にして、 最大手の存在は、 政府しかない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル賞経済学者な、クル... | トップ | 納得性の罠。 ノーベル賞... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。