夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

より、精神病質性を助長する規定性らからなる、反社会的な部族倫理性によって規制されて成る、感体系の主として特化して来てある、シナ朝鮮人らの一般

2017-04-20 17:07:28 | 政治・経済
【 数年前でさえ、 地下鉄の構造を削り開く事において、
無人化が進み、 1日に、 20メートルも、 掘り進め得ていた程に、
日本の、 地下を開く技術体系知らは、 発達し得てあるが、

日本国民たちが、 自らの防衛性の度合を飛躍的に高め、
英米の、 日本の実質金利の分を得る事からも、
利益らを得て来てある、 カネ貸しらの言い分らを、 自らも主張し、 実行もする事において、

日本政府の財政における 、 緊縮 、 を、 成す事により、
日本政府への主 アルジ の立場にある、
日本の主権者な、 日本国民たちから集める、 カネらを、 日本国民たちへ渡して、 その売り買いらを通して、
日本国民たちにおいて、 生活物資らなどの、 物らや、 サービスらが、 配分され合う様にすると共に、
それらと交換されるべくある、 所得金額らをも配分し得てゆく、 その、 あり得る度合いを減らす、

デフレ不況性 、 を、 日本国民たちへ押し付け続けて来てある、 日本の、 財務省の役人らと、
与野党の主な政治家らとが、
日本政府の財政における緊縮を成す事において、
カネとして働く数値らなどの、 資本性らを、
日本政府が、 公共事業らを成す為に使う、
公共投資の金額を、 94年度の半分に近い、
少ない金額へ減らして来てある状況を、 より、
大きな度合いで、 改めずに、 保ってゆく向きな態勢らを明ら様にとり続けてあるが為に、

日本政府を仲立ちとして、 日本国民らの資本性らにより、 地下を開く公共事業らを成し得る度合が、 それだけ、足りない状況が作り出されてあり、

英米のカネ貸しらを仲立ちとして、 最も大きな割合で、 日本も含めた、 世界中の主権者たちから、 利益性らや、 利権性らを収奪して来てある、
英米の富裕権力層の者らが、

日本の国民経済系における、 実質金利の分らを収奪しながら、

日本国民たちの防衛性の度合が、 飛躍的に高められてゆく事態に成る事を、 未然にして、 防ぎ続けもする、 一挙両得な状況を存続させ得てある。

日本国民たちは、 日本国民たちの足元の地下へ、
避難経路らと、 より、 快適に住める避難所らとを作り拡げてゆく、公共事業らを成すべき、 極めて、 深刻な利害関係性を帯びてある 】 。


ネット記事+論弁群+;
☆ 数年前の、 クローズアップ現代 ;

◇ 日本が独自に鍛えた 地下開発の技術力 ;


☆ 日本の地下開発は、 数々の難工事らによって、 鍛えられてきました。

最初の地下鉄、銀座線です。
1925年、 上野と浅草を結ぶ、
2.2キロの区間の工事が始まりました。

主な現場は、 路面電車の真下です。


地上の道路を掘り返し、 人が入れる深さまで、
掘ったところで、 ふたをする、
開削工法 、 という、 方法でした。


深夜、 路面電車の終電が出たあと、
レールを一時的に撤去し、作業を始めます。

そして、 始発までにまた、 元に戻す。
これを毎晩、繰り返しました。

当初は、 土木学者や研究機関から、
海に近い東京の地盤は、 緩く、
地下鉄の建設には、 耐えられない、 と、
猛反対を受けていました。

そのために、 トンネルは、 鉄骨とコンクリートをふんだんに使い、 とことん、 頑丈につくられました。

工事期間は、 2年。
強度は、 現在の工事と比較しても、 遜色ないレベルです。


その後も、 日本は、 地下鉄工事技術を進化させていきます。
1965年、 東西線の工事では、 シールド工法、
という、 画期的な技術が採用されました。


穴を掘りながら、 その後ろで、 トンネルが崩れないよう、 同時に、 壁を構築します。


地上の交通を妨げずに、工事が可能となりました。


出来たトンネルの壁を、 1つが、 数トンの、
コンクリート製の部品で、 固めていきます。


ところが、 最先端部分の掘削は、 まだ、 人間に頼っていました。

最大の敵は、 地下水。


掘り進めていくと、 思わぬ場所から水が噴き出したり、 水を含んだ泥が、崩れます。


地下水を封じ込めるために、 現場を、 高圧空気で満たす方法が編み出されました。


特殊な設備で密閉し、その中に、人が入ります。

気圧は、 最大で、 地上の、 ほぼ、 4倍。

ひどい耳の痛みに襲われます。
気温も、 35度を超え、 まさに、 命を削るような工事でした。


今や、 掘削作業は、 機械による無人化が進んでいます。

スピードは、 かつては、 1日に、 2メートルが、限界でしたが、

今では、 20メートル近くを進められます。


鍛え抜かれた地下工事技術を駆使して作られたのが、 最も新しい副都心線です。

ほかの地下鉄のトンネルらを避け、 激しいカーブと、アップダウンを繰り返します。

副都心線、 新宿三丁目駅 。


☆ 《  南スーダン国連平和維持活動
( PKO ) から撤収する、 陸上自衛隊の、
11次隊の第1陣として、 約70人が、
4月19日に、 帰国した。

 「 駆けつけ警護 」 などの、 新任務を付与されて、活動に当たっていた同隊だが、
部隊の中心だった、 第9師団の本拠地がある、
陸自青森駐屯地 ( 青森市 ) では、
家族らが、 帰還を出迎え、 約5カ月ぶりの、
元気な姿に、 「 無事で安心した 」、
「 任務お疲れさま 」 、と、 ねぎらった。 》 

985
http://www.sankei.com/politics/news/170419/plt1704190037-n1.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492593071/

https://youtu.be/lBliDcfBcTU

@ お疲れさまでした。


☆ ブログ 東亜備忘録 ;

アメリカ; 「 選択肢は、 2つしかない。 中国が対応するか、 われわれが攻撃するかだ 」。

「 答えは、 はいか、 Yesかの、二つだけだ 」 。

>中共は、 ハッタリで、 英国から香港を奪取したわけで、
トランプ大統領の要求を飲むと、 そのハッタリが通用しなくなるから、 日清戦争後の列強略奪ゲームの舞台になってしまう。

>>【国際】米大統領 ;
「 中国が、 北問題を解決なら、貿易が良くなる 」;

戦前、 列強による中国解体を阻止したのが、
日本。
アフリカのように、 列強によって解体された土地が、 中国のあるべき姿、 とするなら、

中共が、 「 中共の属領・北朝鮮 」 を切り捨てることが、 中共の解体につながる。

米国は、 中共に、 自分で解体させるように仕向けている。


>>【北朝鮮】 ;
故金主席の生誕記念日に、 日本のメディアの、
12社をはじめとする、 海外メディア員らを招待
= 新兵器を公開か 。


@ シリアの件に関しては、 アサド氏政権の、
シリア政府軍の爆撃で、
外国人のテロリストらからなる、 反政府軍の、
毒ガス弾が破壊されて、
ああなったっていう方が、 説得力がある、と、
感じている。

トランプ大統領が、 あまりにも、矢継ぎ早に出してくるんで、 検証が、 全然、 追いついてないw 

それに、 シリア政府軍への攻撃で、 左の人が、
大喜びしちゃったってのもありますね。

大喜びさせることで、 口を封じる効果を狙ったのなら、 すごい、 策士ぶりですがw 

お陰で、 その後のアフガンや北での動きにも、
米国の ( 日本も?w ) 平和団体らは、
反対しきれなくなっている。

盛り上げるのうまいなあw 
シリアは、間違いだった、 メンゴメンゴってのは、 北が片付いた後で、 やってもいい話です。


@ すべての日本人よ、主要農作物種子法廃止
( モンサント法 ) に反対せよ =
三橋貴明氏 。
http://www.mag2.com/p/money/169661

モンサント社が提供する、 遺伝子組み換え種子を使うと、

耕作地 ( 田畑 ) は、
地質が変わり、 3年目には、
作物を栽培できなくなります。


 即ち、農作物種子を使った食料品の支配をする為の法案です。


日本の食糧問題を、 アメリカ ( モンサント社 )に、 一任する事を意味します。


この様な重大な決定を強行採決する、
安倍晋三内閣の正体を見抜きましょう。
 安倍自公政権を一刻も早く退任させましょう。

世論を逸らせる報道を繰り返している、 反日売国テレビ局・マスコミを糾弾しましょう。

詳細は、 【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版は、
こちらをクリックして下さい。

 情報、ありがとうございます。m(_ _)m
 農産物も重要だけど、種子を抑えられれば、
同じことになりかねない。
 実は、 肥料について調べると、 こちらも、 大変なことに…。


@ 日本人学校に、 注意喚起 ;
北朝鮮情勢の緊迫化で>

なぜか、 戦場から、 日本人な子どもたちを、
呼び戻せ、 と、 言わない、 日本の左派員らw。

非戦闘地域に、 自衛隊を派遣することすら、
忌避する、 安全優先の皆さんが、

日本人な、 非戦闘員の安全には、 なぜか、
不感症。 日本人な子どもらが、戦災に遭ったら、
自己責任ですか?


@ 日本国民たちの一般の精神性を欠いてある分、 サイコパス性 ≒ 精神病質性 、 が、
余計にある、 と、 観られる、 実態らを積み重ねて来てある 】 、
日本のマスコミも、 人間の盾作戦なんだよね。

犠牲者がでたら、騒ごうと、虎視眈々としてる。

 その生命が、 同胞の子供のでも、気にしない。
 そもそも、 インターナショナリストには、
同志はいても、 同胞は、 存在しないからね。
 本当にひどい連中。

 ああ。なるほど。確かに。
 連中、自分たちは、 無条件で、 必要とされる、
と、 思ってるんだろうね。
 たとえ、 一方的に、 庇護されていても。
 通貨スワップも、 『 協力 』 って言うしね。
 困ったもんだ。(^^;;


@ 精神性が、 反社会的な、 儒教型の、 部族道徳員らに過ぎない、 一般のシナ朝鮮人らに類する、
気質朝鮮員らが、 実態的な、 売国奴なり、
反日員なりの一定数を占めてある事が、 あるべき配慮らを欠いてある、 不作為型の、 加害行為らを自然に成してある様らからも観て取られ得る。


@ 恨の民族だから、
「 人を呪うと、 我が身に返る 」 、 という、
感覚が、わからなかった?

>>呪いってのが、韓国には、無いんですかね?

>測量用の三角点を、
「 日帝が、 我が民族の精気を奪おうと撃ち込んだ、 呪いの杭 」 、 と、 言っちゃう位だから、
「 呪い 」 、 という、 概念はあると思うんだけど……どうだろう?

>あちらは、 「ウリ」の範囲から外れた、
「ナム」の非は、 徹底的に叩く、 というか、
墓を暴いて、 遺体を損壊するのも躊躇しない、
凄まじさがあって……、

日本だと、 余程、 無信心の人じゃない限り、
そこまでしたら、 祟る
( 我が身に返る ) 、 という、 感覚を、 どこかに持っている、と、 思うのだけど、

そういうのが、 半島にいる、 あちらの人には、
ない
( だから、 神社に非礼を働いたり、
お地蔵さんたちを壊したりできるのかな ) 。


>彼らは、 攻撃するとき、
自分は、 道徳的に優位な、 絶対正義、
敵は、 完全に間違っている、 という、意識になるように思う。

だから、 絶対正義の自分の行いが、
自分に災いをもたらしに返ってくる、 という、
考えに至らないのかなと……、

絶対善の存在に、 呪詛が返ってくるなんてことは、 あってはならないから。


それで、 「 人を呪わば、 穴二つ 」 、を、
「 復讐したければ… 」 なんて、
妙な訳し方をしたのかな、と、 思った次第。


>>ロシア機の6機が接近、空自スクランブル ;  

千葉県の沖まで南下は、 4月11日以降で、
3回目 ; 在日米軍や自衛隊への動向の調査か。

>この間、 中共が, 11機で来ていたから、
ロシアも、 機体数を増やしてみました的な?

南から来る中共が増えている最中に、
ロシアも加わって、 空自も、大変だな。


@ 朝鮮戦争、 という 】 、
自分たちの内戦を主体的におさめることもできず、
ずるずる引きずってきた結果の現状なのに、
仮にも、 軍事同盟を結んでいる国の軍事行動を止めることしか考えていない。

 ご意見、ありがとうございます。m(_ _)m
 なるほど。鋭い指摘ですね。
 つまり、日本では、 目的が何であれ、呪いは許されないっていう前提があるわけですね。
 言われてみれば、人を呪わば、穴二つっていうのは、そういうことだもんね。

 目的は、 手段を肯定しないっていう。
 
他方で、 あちらでは、 目的が正しければ、
手段は肯定されるって考えだからね。


 むしろ、 手段そのものに、 肯定も否定もない、
と、 考えるべきなのかもしれない。
 だとすると、 呪いが、 自分に跳ね返るっていう発想は、 出てこない。

 ……やっぱ、 日本にいる赤い人達とは、
価値観を共有できないのも当然って事ですね。
 
古い言い伝えの意味を共有できてないわけだから。(^^;;


【 シナ朝鮮人の儒教員らにおいては、
誰彼らを、 より、 手酷くいためつけ得る事は、
そのまま、 序列が上な者としての、 自らを、
より、 認め得る事でもあり、
元から、 自らの部族に、 無い、 他人らは、
反撃などが無い限りは、 食べても、 犯しても、
当たり前な、 自らの側の欲念らをみたすべくある道具でしかないものとして、 その部族道徳律が、
規定して、 成り立ってあるものだから、
単に、 ヒト型の道具に過ぎない、 他人らの呪い等を問題視する事自体に、 倫理性の意味が、 無く、

その感体系らの一般においても、 道具として、
自らへ現前してある、 他人らの、
その心情 ウレヅレ らの、 ありようらや、
あり得ようらへ、 共感すべき、 倫理性における規定性が、 無い分、
より、 その部族倫理性を離れて、 成り立つ向きの、 共感性が、無い 】。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄仮面を剥いだ暗号解読家。 ... | トップ | 実質金利をもうけ得る事から... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。