夜桜や 夢に紛れて 降る、寝酒・・

観念らの規定性らによる、事象らの成り立ちようらへの解枠にも絡めて、 天下経済系の可能的な成長の度合を増すべき事らを述べる

桁ごとの 数たちの和を 割り切れる 3を持つ数 3の倍数。 数千人以上の日本国民たちを監禁している、シナ

2017-04-04 21:26:25 | 政治・経済
☆ 自らの古い作品の引っ越し保管➕改訂など;

経済参謀 シャーロックのブログ ;

複数blogらへ、同時に、同じ記事らを発信をしており、 頂く論弁らも多く在り得るために、 一つ、
一つへの返信は、 出来ないが、 ご容赦を頂きたい。


算術師 11編 ; 2012/ 12/16 0:56:03 ;


◇ 両端 ( りょうはじ ) の

数らを足せば 中の数

三桁 ミケタ までなら 11の積・・。
:

『 だから、 ほら、 583、も、
781、も、 11、で割り切れる。
:
三桁に並ぶ数らの中で、 両端の数らを足し合わせると、
真ん中の数になる物らは、
11、で、割り切れる数なんだよ。 :

5+3は、 8、だし、
7+1は、 8、だろ。 :

しかも、 583、を、11、で、割ると、 53、に成るし、
385、を、 11、で、割ると、
35、に成るし、
781、を、11、で割ると、 :
71、に成るし、
187、を、11、で割ると、 :
17、に成るんだ。
何か、気付くことは、 無いかな? 』
:
『 ・・あっ、 両端の数らが、
11で割られる、 元の数での、 桁の高い順に並ぶんだね、 答えの数になる時に。 :

じゃあ、 880を、11、で割ると、
80 、 に成るし、

682を、 11、で割ると、
62 、に成るんだね。 :

286を、11、で割ると、
26、に成るのか。 :

あれ、 26 、を、 11倍すると、
286 、 に成って、
27 、 を、 11倍すると、
297 、に成り、

28 、 を、 11倍すると、
308 、に成り、
3と8を足すと、 11、に成るし、
29を11倍すると、 319、に成って、

今度は、 9+3の12から、 真ん中の数の、 1を引くと、 11、に成る 』 。
:

『 そう、 28 、 を、 11倍すると、
308 、に成るが、
3+8−0、と考えると、 今度は、
三桁を成して並ぶ数の両端の数らを足し合わせた数から、 真ん中の数値を引くと、
11が、 答え、として出てくる、

ある、 三桁の数らが、 11、で割り切れる数かも知れない、 可能性が観えて来るね。

例えば、 あそこの、 825 、 は、
8+5−2で、 11が残るけれど、 :

11で割ると、 割り切れて、
75 、が、出て来るし、 :

759 、を、 11で割ると、
割り切れて、 69 、 に成る・・


【 未完成 】 。


☆ 並ぶ数 足して、9なら

どの数も 三桁までなら

3の倍数・・。


☆ 桁ごとの 数を足したら

3の積 示す数なら

3の倍数・・。


☆ 1008や 111ら

桁ごとの 数らを足せば

観える和の数 割り切れる

3があるなら 3の倍数・・。


ネット記事+論弁群+;

◇ 上代歌謡 ;

☆ 和歌が現れる前に、 感情の高まりから発せられた、 叫びなり、 掛け声なりが、 次第に成長して、
祭や労働の際に、 集団で歌われるようになった、
歌謡があった、 と、 いわれるが、

その多くは、 文字に記されることなく、 失われてしまったようだ。
それらな、 歌謡らが、 現在に見られる、
五音と七音でもって構成される、和歌となるまでには、
その形式に、 様々な過程や変遷を経た、 と、
見られている。

現在において、 『古事記』、『日本書紀』、
『風土記』、『万葉集』、『古語拾遺』、
『琴歌譜』、『仏足跡歌碑』などに収録されてある、 韻文を、 上代歌謡と称しているが、
その多くは、 五音や七音の句で構成されるなど、 すでに、 かなり洗練された内容を成してある。


◇ 記紀歌謡 ;

『古事記』と『日本書紀』に採られた上代歌謡を、 特に、 記紀歌謡 、 という。

独立した歌謡ではなく、 物語の効果を高めるために用いられていることが、 多いが、
宮廷人が歌った、 儀式の歌謡や、 創作もある、
と、 されている。

片歌・旋頭歌・短歌・長歌などの五音と七音を、
標準とする歌体に、 対句・くりかえし・枕詞・序詞などの技法が用いられている。

上代歌謡は、 神楽歌や催馬楽などの楽器を伴う、
儀式歌の源流となるが、 その歌体・技巧は、
後の和歌への母胎ともなっている。


☆ 万葉集 ;

統一国家が確立してゆく中で、
大陸から、 漢詩が入ってきた影響もあり、
個人の気持ちを、 個々に表現する歌が、
盛んに作られるようになった。

それらを大成したのが、 『万葉集』である。

万葉集の注記によると、 万葉集の前にも、
『古歌集』、『柿本人麻呂歌集』、
『笠金村歌集』、 『高橋虫麻呂歌集』、
『田辺福麻呂歌集』、『 類聚歌林』などがあった、
と、 されるが、 現存していない。

『 万葉集 』 は、 長い期間を経て、 多くの人々によって、 まとめられたが、
最終的には、 大伴家持 オオトモのヤカモチ 氏が、
現在の二十巻のかたちに編集したのだ、 と、
いわれている。

約 4千5百首が収められており、

その最も古いものは、
仁徳天皇の代のものであるが、
大部分は、 飛鳥時代から奈良時代の中期にかけての、 約 百年弱のもので占められている。

貴族員らの歌のほかに、 東歌・防人歌などの、
一般人たちの歌もあり、
現実的・写実的な歌風が多い、 と、 される。


☆ 救済 ぐさい / きゅうせい / きゅうぜい
氏 ; ( 1283年 、 とも重なる、
正応 元年 ? - 1376年 、 とも重なる、
天授 2年 / 永和 2年 ? ) は、

鎌倉時代の末期から、南北朝時代にかけての、
地下 ( じげ ) の連歌師。

和歌を、 冷泉為相氏に学び、 連歌を、 善阿氏に学ぶ。

二条良基氏と合力 ゴウリキ して、
1356年に、 連歌集の、 「 莬玖波集 」 を編纂し、
1372年には、 連歌を読むにあたっての法則を定めた、 「 応安新式 」 を制定した。

句風は、 特定の風体に偏らず、
言葉のこまやかな使い方と、 心情 ウレヅレ の深さ、 や、 付け句の緊迫感に優れている、 と、
評価された。

門弟に、 二条良基氏のほかに、
周阿・永運・素阿・利阿氏らがおり、
室町時代の初期の連歌界の主流をなした。

「 莬玖波集 」 に入集しているほかに、
「 文和千句 」 、 「 紫野千句 」 、
「 侍公周阿百番連歌合 」 などにも、 句が残されている。


☆ 連歌は、 「 筑波 ( つくば ) の道 」、
とも称されるが、
これは、 連歌の起源が、 『 古事記 』 にある、
甲斐 カイ の国は、 酒折
( 山梨県は、 甲府市 ) において、
倭建命 ( やまとたけるのみこと ) と、
御火焼翁 ( みひたきのおきな ) 、 との、
筑波山を詠みこんだ、 唱和問答歌に位置づけられていることによる。

そのもっとも早い形は、 八代集にみられる、
短連歌 ( 三十一文字の上の句と下の句を、
別々の作者が詠む ) である。


中世の鎌倉時代から、 100句を基準とする、
長連歌の形式が整えられ、 南北朝時代を経て、
室町時代が最盛期とされる。

連歌は、 能楽と並び、 室町文化を代表する、
遊戯らの1つとされる。

室町時代には、 二条良基氏、 宗祇氏、
心敬氏などの連歌師が出現し、
貴族員らの邸宅や、 有力寺社などで、
連歌会が催された。

この時期に、 良基氏らによって、
『 菟玖波 ツクバ 集 』 が撰集されている。

応仁の乱で、 京都の文化が、 地方伝播すると、

連歌も、 畿内だけでなく、 日本の各地で行われるようになる。

周防の大名の、 大内政弘氏の発願により、
宗祇氏らにより、
『 新撰菟玖波集 』 、が、 編まれた。


集団での制作による詩形である、 連歌は、
講と結びついて、 発展した。

とくに、 鎌倉時代の後期から、 天神信仰と結びついた。

連歌を目的とする、 天神講を、 特に、
天神講連歌会 、 と呼ぶ。

講を結び、 図像をかかげて、 天神供養を行い、
もって、 連歌を手向 タム けとするものである。

こうした連歌会は、 大和国を中心に発達し、
室町時代を通じて、 畿内から、 各地へ伝播していった。
天神講連歌会の記録としては、
大和国の奈良県は、 宇陀市の、 染田天神連歌文書などが伝来する。

戦国時代から近世にかけても、 連歌は、
必須の教養とされた。

戦国時代には、 里村紹巴氏が出て、
連歌書を多く著すとともに、
諸大名と交際し、 教養としての連歌の地位を、
新興の大名らのうちにも確立させた。

里村家は、 後に、 徳川宗家に仕え、
将軍への指南役として、 連歌界を指導した。

一方で、 戦国末期には、 荒木田守武氏、
山崎宗鑑氏などにより、 俳諧連歌がはじまる。

これは、 伝統的な宮廷文化の枠組みの中にあった連歌の題材を、 広く、 世相に求め、
伝統的な詩形や題材と、 卑近なものの組みあわせのうちに、 おかしみを見出そうとする試みである。

『 犬筑波集 』 などがある。

江戸時代には、 俳諧連歌が隆盛となり、
上方から、 井原西鶴氏、松尾芭蕉氏らを輩出したが、 連歌自体は、 廃れた。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物質の不在性 ; おさらい。 ... | トップ | 因として 様変わり... »

コメントを投稿

政治・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。