50の手習い 投資生活で豊かな老後を

ふとしたきっかけで専業トレーダーを志し、投資を勉強していく中で自分と向き合い、人生を振り返る日々の記録

大反省会その1~ロスカットの重要さについて(5)

2017-05-21 09:47:27 | トレード雑感
ロスカットの重要さを天が教えてくれたエピソード第2弾です。

大きな損失を確定したその日、確か先週の水曜日のことです。
下がり続けるチャートを眺めながら、いつかあがるという妄想に駆られていたとき
どうしても外出しなければならず、電車の中で思い切ってクリアにしました。

すると精神的にすごく楽になりました。
大きな損を出しましたが、それ以上損が拡大しないことからくる安堵感です。

それで、やるべきことに集中できたのですが、もちろん大きな損失なので
まったくの精神的ダメージ無しというわけにはいかなかったはずです。

それでその日はおかしなことをたくさんしました。

おもわず「わたしだいじょうぶ?」と心配したくなるほど。

その一つが定期購入時にミスを犯したことです。
六本木で定期を購入したのですが、六本木で買うのだから、
六本木から自宅の最寄り駅までの定期だと思っていました。
最近細かい字がよく見えないので、画面を確認することなくそのまま購入。

ところが、以前購入した定期の記録に基づき、日比谷から最寄り駅までの定期を購入してしまったのです。
そのことにずっと気づかず、再度六本木に用事があり、折り返し六本木まで電車に乗り、改札を出ようとしたときに

ピー!

あれ? なんで?

そこで初めて間違った購入の仕方をしたことに気づいたのです。
区間変更はできるけど、すでに何度か乗っているので、手数料を取られると言われました。

いつもの私なら、「カチン」と来て、なんで定期を購入した当日なのに手数料を払わなければならない?と反発するのですが
ロスカットの教訓が心にきいていたため、少額で将来発生する多額の損失を食い止めることができるなら、絶対その方がいいと
即座に判断できました。

日比谷までの定期を持ちながら六本木まで通うと、往復330円を払い続けなければならず、15回通ったら4950円となります。
払った手数料は1300円位なので、約5000円の損失を1300円に抑えることができたというわけです。

こんな簡単なことに今頃気づいて感動しているなんて、ほんと恥ずかしいです。

トレードは総合的に勝つという視点が大切だということ、肝に銘じます。

ちなみに、定期の件がなければ、レディースデーだったので映画を見に行こうと思っていました。
ポップコーン代も入れたら全部で1600円くらいになっていたのですが、時間がなくて行けなくなりました。
つまり1300円で1600円の支出を防ぐことができたわけです。
ちょっとみみっちいはなしですが、何が損で何が得かを考えれば、キリがないですね。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX 必勝4箇条 | トップ | 私はまだ生きています »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。