50の手習い 投資生活で豊かな老後を

ふとしたきっかけで専業トレーダーを志し、投資を勉強していく中で自分と向き合い、人生を振り返る日々の記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大反省会その1~ルールのありがたさに気づいていなかった(3)

2017-05-19 22:30:36 | トレード雑感
今週、FX Jinさんのある動画を見てはっと気づかされたことがありました。

勝率を高めようとすると、ドローダウンに耐えなければならない。
下手をすると大きな損につながる。

きちんとロスカットをすると勝率は下がるが、全体では利益となる。

そっか!

腑に落ちた瞬間でした。おそらくこの話は今回初めて聞いたわけではないはずだけど
今までどうしても自分のシステムの中にいれることを拒んでいた気がします。
それは、勝率にこだわる間違った考え方によるものでした。

神王リョウさんのYoutubeもよく見ますが、彼がスパイダー投資法として語っていたこと。

4勝6敗の勝率でも、利益は10万円ロスカットは2万円とルールを決めてトレードすれば
10回トレードして、40万-12万円=28万円の利益となる。

勝率にこだわる心は、トレーダーとして未熟な証拠ですね。

上手に負ける。

今回の損を通じて、自分の中から湧いてきた言葉です。
人間誰しも必ず負けを体験しなければならない。
勝ち続ける人などいないのです。
だから、上手に負ける術を習得することが大切なのです。
これはトレードだけでなく、人生全般に言えることだと思います。

耳にタコができるくらいロスカットの重要性について聞いてきて
「そんなことわかってるよ」的な態度でしか聞いてこなかったけど、
今回の損を通じて、ルールのありがたさが身にしみました。

もし114.00円においたロスカットをそのままにしておけば、そのときは2,3万円の損という嫌な経験をしなければならなかったけど
そのドテンしてショートにしていれば、爆益を得ることができたはずです。

損して得取れということわざ通りですね。

「上手に負ける」

大きな教訓を得ました。
きっとこの損が、将来の爆益の土台となると信じるものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大反省会その1〜ルールのあ... | トップ | 大反省会その1~ロスカット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トレード雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。