ひとりぼっちはさびしいなあー

2017-07-15 11:40:05 | 日記
「自閉症だったわたしへ」 ドナ・ウイリアムスの著である

著者がわかるというより 訳者の気持ちの代弁がよくわかると

いったほうが正解だろう

自分がどこにいるのかわからない、自分を探しての数秒が周りと

離れていくのである

会議などで「聞いているのですか」と 婉曲に 注意されることも

ある

同じことである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死ぬのは 何時かなあ― | トップ | 動物と会話共存できそうだね »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。