しぇるーの

愛犬とたわいのない日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お墓参り

2009-06-29 01:30:00 | リオ
リオの抜け殻は霊園に預かってもらってる。
うちにあるのは遺髪(遺毛?)なの。

26日金曜日、ダンナが休めなかったので一人でお墓参りに行った。
一年更新なんでお金も払わなきゃと
お供え物持っていそいそ出かけた。

…なんか異様に室内が暗い…

∑(゜Д゜)



休館日じゃー!!


入り口はガラスの扉はもちろん鍵がかかって入れない。
リオは比較的手前の方なんで覗いたら見えた。

リオーリオー!こんなに近くにいるのに側に寄れないのか!
私を嫌いになったかリオー!!ヨヨヨヨ…

なんかホンマに悲しくなってしまった。
というかお金払えなかったので捨ててしまわれてはと焦りが…
そんなことになったら日本海溝より深く落ち込んでしまう。

次の日あせって電話したら、無断で撤去しませんよとのこと。(´▽`) ホッ


で日曜日行ってきた。
無事だったかリオ。
おかーちゃん心配したよヨヨヨヨ←自分のせい。



お供え物遅くなってごめんなー(遺髪にはしたけど)

おやつ命のリオ、かなり怒ってたと思う。

子宮蓄膿症になっても食欲が落ちなかったリオ。
普段吠えないのにご飯時は狂ったように泣き叫ぶリオ。
亡くなる直前まで食べていたリオ。

おお、すまんな、食い気ばかりの子の様に書いてしまって…


でも「食い気」と「抱っこして」ばかりやった。(-。-;)



本能のままに生きたリオ。
おやつがあれば容易に拉致可能。


神様、好物のおやつ使こたやろ!!




ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←いつもありがとうございます

人気ブログランキングへ ←こちらもよければよろしくお願いします
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

好物ってなんやったのかなあ。なんでも「おいしくってよ」と食べる子だったから。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

白い天使になったリオ

2009-06-26 23:13:34 | リオ
白かったリオ
ほんとの真っ白な天使になって私のもとから飛び立って
今日で2年がたった。



                                        亡くなる2ヶ月前。


私とダンナの見守る中で息を引取ったリオ。


激しかった息が突然静かになり
目をあけて立ち上がるようなそぶりを見せた。

「なんや、ちょっとしんどかっただけやん」

だけどその喜びは一瞬。
大きく息を2回してキューと鳴いたかと思えば



 それっきり鼓動が止まった。







朝5時ジャスト。
もう外は明るかった。



晴天だった。





母と妹、友人であるカフェのブリーダー、
そして同じく友人のリオのブリーダーが会いに来てくれた。
遠くの知人にメールを送ったら電話をくれ、
メルモさんからはお花をいただいた。

誰にでもなつくリオ(おやつがあれば:笑)
皆の人気者だったのがよくわかり誇りに思った。



その日仕事で来れなかった父が私にメールをくれた。
なんだかそのメールが印象深かった。






すぐ抱っこをせがんだリオ。
重くうっとおしかったからたまにしか抱いてあげなかった。


もっと抱っこしたったらよかったなあ。


なぁ…




ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←いつもありがとうございます

人気ブログランキングへ ←こちらもよければよろしくお願いします
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

その重みが、暖かさが2年経った今でも忘れられない。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故のこと~リオ

2009-04-28 00:30:11 | リオ
先日実家の前の国道で
うちの子はみんな引かれてる
のことを書こうと思う
(早速だ。ネタないのバレバレ)

まぁどれもこれも
飼主の不注意に他ならないのだが
すべて犬舎の鍵のかけ忘れ
お恥かしい…
いや恥ずかしいでは済むまい




以前ディーノの逃走劇は書いたことあったが

リオは朝
国道の真ん中で倒れていた
引かれてすぐ異変に気付いた父が発見し道端に引き込んだ


白目をむき
口から血を流し無反応…

もう死んだと思った


体に抱きついて泣いて泣いて…
狂いそうになった時

ふと触れた胸に
鼓動を感じた



!? リオ! リオ!


なんと目を覚ましたのだ

奇跡だと思った



すぐ病院に直行

検査もなんともなく
マズルをはじかれ脳震盪起こしたのではないかとのことで
切った唇一針縫うだけで済んだ
リオ2歳の時(カフェももう来てたと思う)


なにか後遺症が出るかと懸念したがなんともなかった


     (リオ9歳、カフェ7歳、ディーノ6ヶ月くらい)すでにディーノでかい



こいつは不死身だ!
ずっと一緒にいられる!!


と思ってたのに…




6月
もうすぐリオの姿見なくなって
2年が経とうとしている




ランキング参加中
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←更新がなくてもぽちっと押してください 励みになります♪

人気ブログランキングへ ←こちらもポチッと 新しい世界を求めて
人気ブログランキングへ ←ケイタイはこちらから

リオのこと書くとしんみりしちゃう(´・ω・`)ショボーン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三匹そろっていた頃

2009-01-07 23:47:32 | リオ
これはうちの庭ですが
ここで三匹の写真を撮ると思い出します



一年半前
もう一匹いたのです



真ん中の子
名をリオと言います
女の子です

大きくなって欲しいがため小さい頃たくさん食べさせましたら
横だけ大きくなりました(笑)
体高は30センチはなかったと思います



セーブルですが年をとるにつれ真っ白に…
コートがすごくてモウモウさん
小ぶりなので抱っこにもってこいでした

おかげでうっとおしいほどに抱っこをせがむ子になりました



12歳でホントに真っ白い天使になってしまいました


最後は私のせいでつらい思いをさせました
一晩私の腕の中で…

苦しみました…


今はこんなところに居るのでしょうか









にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ ←ぽちっと押してください 励みになります♪
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加