マクロビオティックsalon PINO

PINOはマクロビオティックのオーガニックカフェです。

ギニア旅行記・その2

2009年03月07日 | アフリカ旅行記

1月22日から2週間は、カラモコ・カマラ(通称モコ)のワークに参加しました。

首都コナクリの東部の町、ダポンパに家を借りてくれていました。

4度目なので、顔なじみの面々も多く、新しいドラマーもいい人揃い!ツアー参加者も少なかったので、ファミリィー的なムードでワークが進みました。

今回、私はダンスだけでも頑張ろう!と心に決めていました。だから、例年の先生、マリ・バングーラやファツゥのレッスンも楽しみだったし、今回モコツアーの特別講師ユスフ・クンバサ、ママディ・サノのワーク受けるのも、ドキドキ・ワクワクでした。

ユスフは、さすが「グラン」(年上、先輩の意味)で、とても紳士的。教え方も上手。ダメな所は、丁寧にアドバイスしてくれて安心してレッスンできました。サノは、みんなができないと簡単な振り付けに変えて、手早く教えるタイプでした。が、ちょっとカッコイイので、みんなの目がハート型になっていました。

マリさんとは、4年ぶりの再会。4年前は全然踊れなかったので、今回マリさんに「C'est bien!」と言われたことが一番嬉しかったです。

ファツゥは、1,2度教えに来てくれましたが、体調不良で来れなくなり、残念でした。                     (続く)


ユスフ・クンバサのワーク


カラモコ・カマラのワーク


太鼓の先生のバンガリー


特別講師ママディ・サノ


太鼓の先生モモとモコ


マリ先生とのレッスン


モコ・ワークのみんなと

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギニア滞在記-その1 | トップ | ギニア滞在記・その3-ソロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アフリカ旅行記」カテゴリの最新記事