カフェ・デ・キリコ

キリコの徒然

【フランス革命】 しますえやすおさんの歌を聴き続けています(=^・^=)

2017-07-14 13:28:57 | Weblog
【フランス革命】

1789年に始まるフランスの市民革命。
絶対制末期の失政に抗議するブルジョアや一部貴族に一般民衆が加わって起こされた。
バスチーユ牢獄(ろうごく)襲撃に始まり、封建的特権の廃棄、人権宣言へと発展した。
91年に憲法が制定され、王政は廃止、ルイ16世は処刑された。

その間、革命側の対立から恐怖政治となり、ロベスピエールらが相次いで死刑となった。
95年、安定を求めて総裁政府が樹立されたが、
99年(ブリュメール十八日)ナポレオンのクーデターによって総裁政府が倒れ、
革命に終止符が打たれました。

***************
この間、子どもたちと一緒に、2作品観に行って来ました。
いやあ、大変面白く楽しめましたしまた、彼女たちの“ハマり方”には
すっかり驚かされました\(◎o◎)/!

   ★宝塚星組<スカーレット・ピンパーネル>

   ★石丸幹二<スカーレット・ピンパーネル>  ショーヴランは石井一孝



昔々、『怪傑べにはこべ』『怪盗ルパン』『怪人二十面相』等、リライトした少年文庫で読みましたっけ……。その印象が強かったですが……。

あ、シャーロック・ホームズ?
~これは生意気にも延原謙訳を新潮文庫で読んでました。



すでに『べにはこべ』は、1954年三笠書房から「赤毛のアン」の村岡花子訳で……古典ロマンの傑作として刊行されていたのですね。

このたび河出文庫から2014年9月20日出版、「あとがき」は初版より再録・熊井明子さんです。

                            デ・キリコ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【掲示板】7月5日・メガソー... | トップ | 『すいか』~あれから14年も... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しかったですね (ともりお)
2017-07-15 11:24:01
二つの劇、それぞれ見所があって役者さんもキラキラしていて楽しめました~! メガソーラーも反対の機運が高まってきてよかった…絶対反対。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む