カフェ・デ・キリコ

キリコの徒然

NHKプレミアム◆イギリス<一本の道>……何日もかけて、子ども連れで歩く人もいます

2017-02-24 10:01:29 | Weblog
【一本の道】

古来、人は道を作り、行き来することで、互いに結ばれ、文明や歴史を築き上げてきた。「一本の道」は、そんな歴史と自然に彩られたヨーロッパ各地の“一本の道”を、何日もかけて歩き抜く新しい紀行番組である。

◆ケルトの聖地“ハローウィンの道”を歩く  <アイルランド>
イギリスの隣国アイルランドの別名は「妖精の国」。ケルトの文化が残され、神秘的な伝承なども数多い。今回そんな「ケルトの聖地」を貫く一本の道をNHK熊本放送局の石橋亜紗アナウンサーが6日間かけて歩いた。太古から自然崇拝の土地柄だけに、緑豊かな美しい田園地帯がどこまでも広がる。旅の途中、そもそもここが発祥だというハロウィーンの「原型」の祭りにも参加。独自の文化を守り続けてきた人々の思いにも触れた。

*************

ケルト・ハローウィンの夜~歌を歌っていた女性

翌朝畑で出会う……
   <歌っていらしたのはあなたでしたか?>

はいそうよ、お名前は?
   <亜紗、昨夜の歌声……感動しました。どんな内容ですか?>

歌はこうよ
大地の女神が死灰の中から舞い上がる
その時彼女は心の底からこう叫ぶ
私の心を壊すことは誰にもできないわ
私の魂は不滅

   <そのパワーは?>
すべては、この大地からやって来るのよ
あなたの心がわたしの歌声と共鳴して
感動してくれたように
きっと、あなたも心を開いて会話すれば
魂で共鳴し合える大勢の人と出会えるわ

******************

わたしはこの番組で3本目ですが、どれも言葉で表現できない程感動しました。
「人の尊厳」~それが、全く当たり前のように毎日の生活の基本となっている
その心が自然の中の人間以外、野菜、樹木、羊、牛、湖、妖精~そして“一本の道”をしっかり守っている~~どうも表現できないな?

   <どうしてこの“道”を整備しているのですか>
リタイアして自分は年金で心配のない生活をしている。
あとはそれをどう社会に還元していくか……大勢の人が歩く昔からの“一本の道”大事にしている。

本当に不思議な国です。何かが違うのです。
                         歩きたいデ・キリコ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブリューゲルの最高傑作、つ... | トップ | 『ウニはすごい バッタもす... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事