カフェ・デ・キリコ

キリコの徒然

【掲示板】仙台市長選、野党共闘の郡氏初当選=与党系ら破る―首相求心力、さらに低下

2017-07-24 05:53:19 | Weblog
仙台市長選、野党共闘の郡氏初当選=与党系ら破る―首相求心力、さらに低下
7/23(日) 23:04配信
時事通信

 任期満了に伴う仙台市長選は23日投開票され、
野党4党の支援を受けた無所属新人で前衆院議員の郡和子氏(60)が、
自民、公明両党の県組織などの支持を受けた会社社長の菅原裕典氏(57)=こころ支持=、元衆院議員の林宙紀氏(39)、元衆院議員の大久保三代氏(40)の無所属新人3人を破り初当選を果たした。

 野党共闘候補の郡氏の勝利で、東京だけでなく地方でも安倍政権への逆風が裏付けられた。
内閣支持率が急落した安倍晋三首相には痛手で、
8月3日の内閣改造・自民党役員人事を前に求心力のさらなる低下は避けられそうにない。

 今回の市長選は、自民党が惨敗した東京都議選に続く与野党対決型の
大型地方選挙として注目を集めた。
投票率は44.52%で、過去最低だった2013年の前回を14.41ポイント上回った。

 郡氏は民進、社民両党県連の支持を得たほか、共産党県委員会、自由党も支援した。
選挙戦では、自身が所属していた民進党を中心に国会議員が応援に入り、
学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などで安倍政権批判を展開。
郡氏は、市内の中学校で相次いだいじめ自殺への対策や、子育て支援の充実、
若者の地元定着を支援する給付型奨学金の創設などを訴えて支持を集めた。

 菅原氏は自民党県連、公明党県本部、日本のこころの支持と、
宮城県の村井嘉浩知事、東日本大震災からの復興に尽力し今期限りで引退する現職の奥山恵美子市長の支援を受けた。
組織固めに全力を挙げ、会社経営で培った手腕を生かした市政運営を掲げたが、及ばなかった。

 林氏は仙台に集まる学生の雇用創出、大久保氏は学校の統廃合などを主張したが、支持が広がらなかった。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【掲示板】<首相発言>「こんな人たち」民心離れ 支持率低下の決定打

2017-07-21 05:57:55 | Weblog

<首相発言>「こんな人たち」民心離れ 支持率低下の決定打


7/20(木) 18:04配信

毎日新聞



「こんな人たち」と書かれたプラカードを掲げる人たち=東京・新宿で2017年7月9日、松崎進撮影


 安倍晋三内閣の支持率低下が止まらない。
首相が東京都議選のさなか、秋葉原の街頭で口にした「
こんな人たちに負けるわけにはいかない」が今なおじわじわと響いているのではないか。
改めて考えた。「こんな人たち」発言が国民に与えたショックは何だったのだろう。
【和田浩幸、小国綾子】

【前回から下落】内閣の支持率と不支持率の推移

 「国民なめるな こんな人たち」。9日、東京・新宿。安倍政権退陣を求めるデモに首相の言葉をあしらったプラカードが多数登場した。政権を批判する人々の間ではもはや流行語だ。参加した女性は「国民に何言ってんねん、と腹が立ったので来ました」。
14日、首相官邸前。脱原発デモに参加した神奈川県平塚市の無職男性(70)は言った。「首相は国民の中で批判的な勢力を『こんな人たち』と分断した。共謀罪の対象だと言い出しかねない」

 共同通信の今月中旬の世論調査で安倍内閣の支持率は35.8%、不支持率は53.1%。
ツイッター上で「こんな人たち」に引っかけ不支持を表明する人が今も続出する。
<国会が終わって支持率下がって「反省」とか言ってたのに批判されたら「こんな人たち」呼ばわり。「反省」も「丁寧な説明」も皆無>。
不支持5割超えに<今朝、車ですれ違う人や駅で電車を待つ人や……ああ……今ここにいる半分以上が「こんな人たち」なんだと思ったら勇気でた>とも。

 米国在住の映画監督、想田和弘さんは10日、「こんな人たち」発言について
<ヒラリーがトランプ支持者を「deplorable(憐れむべき人たち)」と失言したアレだ>とツイートした。

 テレビのバラエティー番組でも批判が聞かれるようになった。
「再チャレンジ」という第1次安倍政権時代のスローガンに共感したという女優の高木美保さんは、番組で「政治家として、総理として民主主義や多様性の大切さを軽んじた印象があって、すごく悲しいものを見てしまったと思った」と語った。

 「悲しい」の真意を会って尋ねた。
「国会中継のいいかげんな答弁のたびに、この国はこの程度なの、と悲しく思っていた。
あの状況だったからこそ、民主主義を守ろうとする理想の姿を首相の中に見いだしたかったのに、政治家のトップにいる人が国民の批判を切り捨てた。
あの瞬間、民主主義に大切な多様性が霧散するのが見えた気がしたんです」

 安倍首相の母校・成蹊大の加藤節名誉教授(政治哲学)は言う。
「母校として首相就任当初は歓迎する声もあったが、今は『恥ずかしい』という声も上がる。森友や加計の問題で不信を積み重ねた揚げ句にあの発言で、首相支持層が溶け出している」

 都議選開票翌日に首相発言こそ自民の敗因と指摘した
ジャーナリストの江川紹子さんも言う。
「過激な言葉を吐く政権の支持派も不支持派も敵を全否定する極論主義。
そんな風潮の中で首相自ら国民を分断した。大多数の国民に残るのは根深い政治不信です」。敵を作り自分たちの存在価値をアピールする安倍政権の手法に保守層でも違和感が広がっていた--と見る。
「政策で支持・不支持を決めていた人たちの心が今回の発言で首相から離れたのではないか」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【掲示板】安倍内閣支持率がついに20%台に ANN世論調査 

2017-07-17 11:05:49 | Weblog
 
7/17(月) 10:30配信

ANNの世論調査で、安倍内閣の支持率が29.2%に下落しました。
「危険水域」と言われる3割を切ったのは、2012年の第2次安倍政権発足以来、初めてのことです。

 調査は、15日と16日に行われました。それによりますと、
内閣支持率は29.2%で、先月の前回調査から8.7ポイント下落しました。
一方で、支持しないとした人は54.5%で、前回より12.9ポイントの大幅上昇です。

安倍総理大臣は、来月初めに内閣改造を行う考えですが、
これに「期待する」と答えた人は38%だったのに対し、
「期待しない」とした人は54%に上りました。

加計学園を巡る問題については、先週の参考人招致でも、行政がゆがめられた疑いは解消されたと思わないとした人が74%に上り、さらに76%の人が安倍総理が説明する必要があると答えました。

************************

あんなに飛ぶ鳥なら何でも射落として見せる風情だった方が
こんなにも急激に落ちていくとは……

志位さんは<決して強くない 基盤のもろさと 国民の憤り>~と事あるごとに強調
<シッカリした共闘と言う受け皿>があれば「ほかに適当な人がいないから」と言う消極的支持が多いと思う……その「受け皿」を示してきましたが中々信じられませんでした……。

シッカリ見据えていきたいと思います。

                                 デ・キリコ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閑話休題】(=^・^=) …………

2017-07-16 07:46:57 | Weblog
タブーなし!? たけし「安倍政権メッタ斬り」語録

2017/7/16 06:00 日刊大衆

「どうも最近、シャベリが絶好調なんですよね」と民放局ディレクターが言うのは、ご存じ、ビートたけし(70)のこと。菅直人氏や蓮舫氏など、民進党をバッサリ批判し、“保守”のイメージが強いという声も多いたけしだが、このところテレビ、雑誌、スポーツ紙などで、舌鋒鋭く“安倍政権メッタ斬り”を展開しているのだ。

「今年上梓した『テレビじゃ言えない』(小学館)でも、タブーなくガンガン批判しています」(前同) その猛毒語録をひも解けば――。

 まずは、安倍晋三首相が頻繁に口にする“1億総活躍社会”なる言葉には、<最悪のキャッチコピーなのは間違いない>とガブリ噛み付き、<「一億玉砕」とか「一億火の玉」みたいな、戦時中の危なっかしい国威発揚のスローガンとほとんど同じ>と、その本質を言い当てたうえで、<こんなスローガン、「軍国主義を日本中・世界中に思い起こさせたい!」と、あえて狙ってやってるのかと思うぐらいだよ>と、首相の真意を忖度。

 その勢いで、<森友学園が、今後新たに学校を作ろうっていうんなら、ぜひ校庭にはお決まりの「二宮尊徳」じゃなくて、「二宮ソンタク」の銅像を置いてほしいね>(『週刊ポスト』4月28日号)と、ユーモアを交えて批判するのを忘れない。

 加計学園問題でも、<これから先、ペットの医療ってのはオイシイんだよな。犬や猫は自由診療ばかりだからさ。こんなに儲かる話はないんだっての>(同誌=6月17日号)と、こちらでは利権を忖度するのだ。

 もちろん、テロ等準備罪(共謀罪)法案の“強行採決”に関しても、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)では、文化人ゲストのもっともらしい話をさえぎり、<普通に考えりゃ、誰でも逮捕される可能性があるよね>(6月4日放送)とバッサリ。共謀罪から「スパイ防止法」や、戦前の「治安維持法」に話が及ぶや、自身のエピソードを披露。

 <昔、学生運動が華々しい頃、“凶器準備集合罪”ってので、俺の友達なんかみんな捕まっていたんだけど、ヘルメットと角材持ってたら捕まるのね。じゃあ、野球の試合はどうすんだ、バカヤロー!って。ジャイアンツの選手なんか、“凶器準備集合罪”じゃねえか、って言ったら“バカ!”って言われたけどね>(同) 笑い話にしながらも、ガンガン警鐘を鳴らすのだ。

 毒ガスは、不祥事続きの自民党2回生議員にも容赦なく降りかかる。“暴言議員”には、<「この、ハゲーーーーーっ!」だぜ。豊田真由子の暴言ってのはいいよな。テレビでも散々やってるから「ハゲ」ってのはテレビで言っていいんだってことがよく分かったよ(笑い)>(『東京スポーツ』6月27日)

 不倫問題で政務官を辞任した中川俊直議員には、<ここまでバカだと、選んだ選挙民のほうにも責任があるんじゃねェか>(『週刊ポスト』5月19日号)と言いたい放題。「たけしさんは笑いを交えて社会を斬る。一見、本気かどうか分かりかねるものもありますが、昨今の“安倍批判”はさすがに露骨ですね」(全国紙政治部記者)


次のひと言に注目だ!


************************

「シャーロック」~ベネディクト・カンバーバッチ

 なかなか名前が覚えられない~と悲嘆していたら、上記記事が目につきました。
「日刊大衆」~日刊ゲンダイの様な新聞なのでしょうか。
有難うございます。

                            デ・キリコ













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『すいか』~あれから14年も経ったのですか\(◎o◎)/!

2017-07-15 06:27:20 | Weblog
ともさかりえ、小林聡美、市川実日子が“すいか会”で集結 10年後のドラマ化望む声も

今から14年前に日本テレビ系で放送されたドラマ『すいか』。
賄い付き下宿「ハピネス三茶」を舞台に個性的な入居者たちの交流と成長を描いた同作は、
俳優陣の熱演や優れた脚本で複数の賞を受賞、完成度の高いドラマと評された。
そんな同作に出演していた女優の小林聡美、ともさかりえ、市川実日子が
“すいか会”と称して集まったようだ。

2003年に放送されたドラマ『すいか』は今も根強いファンが多い。
女優のともさかりえが13日、自身のInstagramとブログに同作で
共演した小林聡美と市川実日子、当時のスタイリストを含めた4人で
“すいか会”なる女子会を開催した様子を投稿。
ユニークな表情で写る楽しそうな姿に、
「懐かしすぎます」「素敵なメンバー」と称賛の声が寄せられた。
さらに「一番好きなドラマです」「本当に! 何度観たことか!」「夏は毎年かならず見てます」とドラマに対する熱いメッセージも多数見受けられる。

ブログでは「市川さんはあんなことこんなこと本当によく覚えています」「聡美さんの浴衣姿たまりません。師匠感ハンパなくて、ししょー、ししょーと呼ばれていました」と2人を紹介したともさかりえ。
当時はみんなで遊園地に行ったエピソードも披露し、「楽しすぎる夜でした」とこの日を振り返る様子を見ると、ともさか自身もこの作品に対する思い入れは強いようだ。

当時としては視聴率が振るわなかったものの、
3人のほかに浅丘ルリ子やもたいまさこ、友情出演で登場した小泉今日子ら
個性的な女優陣の熱演、そして向田邦子賞受賞など高い評価を受けた『すいか』。

実は同作の放送終了後にシナリオ集が刊行されているが、
そこにはおまけとして主要キャストたちの10年後の姿が描かれている。

「続編、本当にやって頂きたいです」「ぜひスペシャルドラマ化してほしー!!」
と熱烈なリクエストも届いており、再び息の合った3人の演技が見られることをファンは願ってやまないようだ。

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

************************

ハイ! わたしもその一人。
しっかりDVDセット買い込んで懐かしがっている一人です。
長きにわたる<介護生活>が始まった年……
TVも見る時間がなかったなか、「すいか」だけは見逃さないように
一週間の<軸>にしていました。

是非続編を考えて下さいな。

その後「かもめ食堂」……365回以上 繰り返し見てました。

◆思い出いっぱいの作品たちです。


                                 デ・キリコ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加