Cafe987・ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・ジャパン・バリスタ・サプライ、JBS

三重県桑名市のPre-washed珈琲自家焙煎店。定休は水曜、電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

2017年度 コーヒー焙煎プロ講座 (現在値)

2017-10-23 | ◇コーヒー・プロ焙煎講座・教室・セミナー

 ---------------------------------------

コーヒー焙煎プロ講座 改定済

----------------------------------------------

【焙煎講習】 一日完全プロ焙煎コース

(マン・ツー・マン授業)

受講料  70000円(税込み75600円)

フジローヤル焙煎機:R-101【半熱風式】で最低12焙煎以上(保障)を受講者自身で実際に行っていただきます。

焙煎のスキルはこれで焙煎は充分です。 絶対に大丈夫です。開業出来ます。ご存知の通り、煎はR-101が一番難しく、講習には最適です。

今回よりメインモーターを外し焙煎機を分解して、構造を確認することから始まります。

その後に、3キロ、5キロ機と使えば、いかに操作が楽(不要)なのか、理解出来ます。

3キロ機(R-103 )のOP講習やブレンド講座も選択できます。

----------------

講習時間は朝9時半頃~17時前後の予定(多少のズレは対応可能です)

ご夫婦で参加+20000円(税込21600円) 

 この場合はR-101での焙煎回数を最低18焙煎に増加し、互いがスキルを共用出来るまで徹底指導させていただきます。

初めて焙煎機を操作する方でも大丈夫です。

ご夫婦で焙煎が出来れば開店後の焙煎に対する迷いや不安の相談相手になりお店のやり繰りが大変楽ですので、これはオススメします。。

 --------------------------------------------------

 受講者さんに下記は付いてます。 

A: 優良生豆仕入れ先の案内と推薦状FAX送付

     (お店のある方のみ対応)

B: サンヨーのペーパー&ドリッパー、合計2個

C:  各種袋サンプル

D: 修了証書

E: 受講後の相談もいつでも何度でもして下さい。

 -------------------------------------------------------------------

 【オプッション講座:A】 

3キロ機焙煎:追加パッケージ(同日 or 翌日の講座) 

*************************************

基本ベースのR-101を、10焙煎に減らし習得後

(これは時間の都合で変更になります。)

直火式 R-103における焙煎 0.6KG X 5回以上 を実施。

焙煎機のブレに対応出来るスキルを確実に身に付けていただきます。

最初に1キロ機か、3キロ機か迷っている方、半熱風、直火式かと迷っている方など、人それぞれの迷い、不足している知識、或いは自信、方法などを詳しくー相談させて頂き、よりオーダーメイドな講座にアレンジします。

3キロ焙煎(直火式)で焙煎機のブレも体験しながらも、焙煎がもう既に基本焙煎が手の中にありますから確実に焙煎が出来るスキルを確認します。 2ハゼ直前を確実にモノにします。

「メーターを見てブレを読む」焙煎です。 

受講料 30000円追加(税込み32400円)

この講座で焙煎した豆はお持ち帰り頂けるようになりました。3キロ分です。 

ご夫婦で参加の場合は時間的に少し無理ですので受講出来ません。

初受講者さんは、この講座単品では受講出来ません。

---------------------------------------------------------

 【オプッション講座:B】  

ブレンド講座パッケージ(翌日)

受講料 40000円(税込み43200円)の追加

時間6時間前後

このブレンド講座だけで実施時間が6時間必要ですから、

桑名市内に宿泊する必要があります

-------------------------------------------

焙煎業の基本であるブレンドの講座、本物のブレンド講座ですから、4種類以上ブレンドするなんてことはありません。多くて3種類まで! 引き算です。

即戦力の10種類のブレンドを実際に行います。これで即営業できます。

この講座は、かなりの体力と根気(集中力)が必要です。

申し訳ないですが、V60使ってるような人では全く理解出来ませんのでご遠慮ください。根本的に無理です。

理論と実践の講座です。

A+B=AB のブレンドではありません。

A+B= の講座です。

 

注:どんな種類であれ、薬を服用されている方も、多分無理です。

 

現在、ネットで入手出来るようなブレンドに関する情報は、ほとんどお笑いレベルで使い物になりません。

「この豆は浅く煎ると柑橘系の・・・深く煎るとナッツを・チョトレートを・」なんてどんな豆にも通用します。大豆でも同じです。笑

誰一人、本当の事は書いてないと思います。

基本の焙煎が、それが何十回と焙煎を重ねようと、毎日、同じ焙煎度合いで行えるスキルがあっての初めて成り立ちます。

----------------------------------------

 この中(オプション:B)に付随して下記の科目が入ります。  

1、商品の加工など

2、Pre-wash加工の実際 

3、ドリップ講座  実習

4、ドリップバックの製作 実習4、 

 -----------------------------------------------------

0594-31-9874

090-3935-7777

  -----------------------------------------------

日本全国の沢山の方の参加に拠り、各位がお持ちの問題点や疑問点を通して得ることが出来ました唯一事、それは、教えることは、教えられる事を基本にしております。

当講座の受講者さんの半分は既に開業されている方々です。 イマイチ、味に自信が無い。という鋭い感覚をお持ちです。殆ど同じ業者から生豆を仕入れておられます。もう100%近いです。ヤバイです。

当講座で、実践で煎ったコーヒー豆は全てお持ち帰り頂けますので、それを販売すればその分は安くなります。いかに当講座が格安になるかはご理解できると思います。

 ------------------------------------------------

基本的には、9時スタート~17時頃までと思って下さい。スタートが遅れる分、終わりがブレますが、各自が余裕あるスケジュールで参加をお願いします。

  -------------------------------------------------

【追記】 4/1

オプション講座に関する問い合わせが多く頂いておりますが、既に受講者には、その「答え」だけは提示してありますので、特に再度、オプションだけ受ける必要はないと思います。

「答え」だけだったものを、方程式から連立方程式にして、その因数分解の解説が入る分、時間が長く掛かりますので、別の一日が必要だということです。

さて、

受講をお断りする場面も増えてきましたが、受講者様には大変ご好評頂いております。

日々を繋いでゆくこと・・。

このプロ焙煎講座ですが、回数が重ねるごとに、皆様の必要な部分が判ってきました。それは質問を通してでも、実際の焙煎途中での疑問という形でも、或いは時間が経ってからの電話での質問という形を通してでも当方にドンドン蓄積されてます。

当然ながら、それに伴い、それを如何に今後の講座に反映するかを検証しながら一歩一歩、一緒に階段を上がっております。

つい最近まで、一日の中で全部が完結したものが、とてもとても時間が足らなくなりました

2日間で受講される方も増えましたので、4月1日より、内容を分割しさせてグレードアップをさせていただきます。

内容は、価格以上のUPだと自負しております。

特に、3キロ焙煎講座、ブレンド講座を別にしたことで、世間一般のレベルを遥かに凌駕しております。つまり受講者さん側のハードルは高くなってます。

これまでとは全く別物の内容も含む講座です。

参加される半数の方が、既に営業店舗さんですので、お持ち帰り頂く焙煎豆を、店舗で売り捌けば、当講座は当然その分は安くなるわけです。それ故、中途半端な(内容・時間)講座にするよりは、思い切って分割させていただきました。各講座は本格的なプロ講座です。

体力も気力(集中力)もかなりのものが要求されます。

尚、桑名市内(或いは駅)の何処に宿泊されても、送迎は無料でいたしますので、安心ください。駅までも勿論です。

あなたが、コーヒー焙煎を生業とするならば、誰にも束縛されない独立した精神が必要だと思います。

焙煎に関しては、理論と実際が合っている事が最低条件です。

最初の一歩を踏み間違えると、その誤差はどんどん広がって行きます。自己責任ではありますが、あなたが科学出来る能力を試される場面でもあります。

「珈琲焙煎士」なんて詐称が大手振って歩いている世界であることは忘れないで下さい。

当講座では、「排気ダンパーを使って、あたかも味が変わったように思わせるダマシのテクニック」お教えしてます。それを反面教師としております。

全体を通してV60を使ってるような単純な方(カフェ)は、申し込まないで下さい

その浅煎りの豆を「ネルドリップの味が出る、と宣伝してるドリッパー」で淹れるなんて・・・

やってることが真逆じゃないですか?それトホホじゃないですか?

チャンチャラ可笑しいじゃないですか?

 

【追記】

受講される方は、焙煎豆をお持ち帰ることが出来るバック・袋などを持ち下さい。

【追記】

受講者さんは、カメラ・ビデオ等何でもOKです。

 --------------------------------

★本焙煎講座に関しては、講座代金を含め、常に最新情報で適応いたします。電話等で再度ご確認下さい。

以前の講座代金・内容は当然ながら無効です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エスプレッソマシン修理 プ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL