Cafe987・ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・ジャパン・バリスタ・サプライ、JBS

三重県桑名市のPre-washed珈琲自家焙煎店。定休は水曜、電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

もしも・・・息子が更正するなら・・

2017-11-04 | ◆日記・エッセイ・コラム

もしも、生豆の銘柄別で「ハゼ温度」が違うなら、

その銘柄別の温度を教えてもらってください。

それは「企業秘密だ」と言われたら、

「金かえせ~~」と言っても許されるでしょう。

-------------------------

もしも、生豆の銘柄別で「ハゼ温度」が違うなら、

全自動の焙煎機には必然的に、各銘柄別の設定ボタンがある筈ですが、現実にはありません。つまり、そんな制御で設定していいないということです。

それよりも、最終仕上げ(確認)は人間しか出来ません。これは絶対です。

だから、全自動の仕上がりは、「ある温度」になれば終了ということです。

これで完成ならば・・・・笑

機械は、温度計の数値をデータとして拾っても、絶対に蓄熱までは判りません。

プロの焙煎機とは、蓄熱機です。予熱とは違います。

   --------------------------

もしも、【排気ダンパー】で味が変わるなら、世の中が、自然科学体系が崩壊します。

「もしも」と書いてますが、その、 「もしも」を信じてる人がいたら、私は心の底からお気の毒です。

「排気ダンパー」で味がわかるなら、他の食品も変わる筈です。まさか、コーヒーだけが変わるなんていうのはないでしょう。

いっそ、トンネルの中に扉を作って、不良息子を通しましょう。頭が良くなるかもしれませんが、その前に、お父さんが病院行き?ウワハハ

 

 


この記事をはてなブックマークに追加