*... カフェ 日和 ...*

お休みの日はカメラと一緒に西へ東へカフェ巡り 

 ◇ 北海道在住  ◇ HN mie...*




芽室町 「剣山どさんこ牧」

2017年04月21日 | 芽室町


80歳になるおじさんが たった一人で
日本在来馬の北海道和種馬"どさんこ"を
日本古来の自然放牧(牧方式)によって
繁殖させている牧場があると言うお話を聞き
牧場見学に車を走らせました




場所は日高山脈の霊峰剣山々麓にあり
芽室町の街から遠く遠く離れた山の中
途中から舗装が切れ 砂利道を延々走ります(4~5キロほど?)



走っても 走っても何にも見えてきません
不安になった頃 ようやく建物が見えて来て
っとしました^^;;



管理人室があったのでご挨拶にお邪魔すると
おじさんが温かいコーヒーを淹れてくださいました^^

少しお話をした後で
「自分は仕事をするから
 牧場内を好きに見て回ったらいいよ」
って言ってくれました



ここのドサンコたちは車にとっても興味があるんですって
私が車で走ってる時も
こうして車の前に並んで立ち塞いじゃいました^^;;



クラクションも鳴らせず
車から降りて どうしよかな~~と思いながら
しばしこの様子をパチリっと☆



間もなくして飽きたのか
後ろに駆け出し 戻っていきました^^







春ですから 出産のピーク
私が行った時には4頭の仔馬がいました




自然放牧だから
出産シーンはおじさんでも滅多に見られないそうです

お母さん馬は 夜明け前に
ひっそりと産んでるんだそうです











お馬さんも「春眠暁を覚えず」




アッチでも コッチでも ○O0o。。。.(_","_)

とっても気持ちよさそう~~~♪^^




数頭ずつの群れで行動してるようでした
リーダー?の馬が先頭に立ち脱出すると 
後に続き他の馬もお散歩に出かけます



それ以上行かないよう
おじさんに引き留められてた



80歳のおじさんがトラクターを運転!
カッコいい~~~~♪




後継者がいないというこの牧場
ずっと先の未来 
この可愛いドサンコたちはどうなってしまうんだろ・・・

剣山どさんこ牧  河西郡芽室町上美生12線35
年中無休
乗馬・外乗も楽しめます(要予約・有料)
馬を預けることも出来ます(1ヶ月 ¥22,000)
貸馬もあります(1年 ¥60,000)
牧場見学はいつでも無料



【この日の不運】

朝一番でエゾリスと出会えて超ラッキ~♪ とルンルン気分のまま
素敵な カフェ&レストラン 緑の森 でお食事して
ここで可愛いドサンコたちと遊び
気分上々だったのに 帰り道でとんでもない災難が待ってました(><)



ズボっ




助手席側も ズボっ

すっぽり泥沼にはまった~~~ (;一_一)

もう前進もバックも出来ない
アクセルを踏めば踏むほどアリ地獄 ( ;∀;)
もう JAFさまに SOS しかない・・・・

mie 「すみません 車が埋まってしまいました」
JAF 「場所はどこですか?  どのような状態ですか?」
    色々と説明したのち
JAF 「到着は 80分後 になりますが 危険などないですか?」
  (えぇぇぇ~~~ 
    80分も一人で待つのぉ~~~
     が出る危険性はあるんですけど)

     と思いましたが そんな事言える立場でもなく
mie「いえ、、誰も来ない道ですから大丈夫だと思います」
     と言って電話を切る・・・。




JAFさまは本当に80分後に到着!
車が林の向こうから見えた時は神様に思えたワ

それにね 埋まった車の砂利を
スコップを使わず 手でかき出してくれたの
「車を出来るだけ傷つけないように出すからね」 って
その言葉を聞いたら JAFさまが
本当にに思えたわ

ありがとう ありがとう ありがとう~
JAFさま 本当にありがとう~

車がぬかるみから出たのは17時半
ここの牧場から 次に行こうと思っていた場所もあったけど
心がすっかり折れてしまい まっすぐ家に帰りました。。。
最後はトホホで終わった日曜日 ( ノД`)シクシク…

※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキングへ
『北海道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帯広市 「カフェ&ダイニング... | トップ | 札幌市 「CAFE onesta」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。