*... カフェ 日和 ...*

お休みの日はカメラと一緒に西へ東へカフェ巡り 

 ◇ 北海道在住  ◇ HN mie...*




旭川市 「cafe MAP」

2017年10月18日 | 旭川市


旭川市にある カフェマップ さんのこの建物は 
築100年と言う納屋を改装したもの

見るからに 素敵過ぎて涙が出ちゃう





ここは、日曜日が定休日のため 
昨年10月にOPENして以来
ずっと行きたかったのに 
ずっと行かれずにいた 憧れカフェ(=^・^=)





先を急いでいたけど
(夕方までには帰らないと行けなかったから)
この日を逃すと
またず~~っと行けない運命(大げさ?笑)のカフェだったので
ささっとランチして出るつもりで入店~♪





お店の中には大きなお利巧ワンちゃんが二匹お昼寝中~

そして素敵カフェは やはりほぼ満席





飲みものの種類も多く
コーヒー ラテ カフェオレの他 紅茶はもちろん
シェイクなどもありました

私は「レモンジンジャー」 にしました





店内はとってもお洒落に素敵に改装されています

窓からの景色も
ただただ自然の光景しか広がっておらず
景色ひとつにも癒される💛




お店の中は撮りたい場所が一杯だったけど
お客様があちこちに座っていらっしゃったので
カメラを向けられず店内の写真がほとんどありません💦

ここには是非実際に足を踏み入れ
リアル カフェマップさんを楽しんでほしいです(*^_^*)





日替わりだったかしら?
この日のランチメニューから「ナスのドリア」を注文♪





食事のクオリティもとっても高くて感激っ☆
(急いでいたけど ここへの寄り道に間違いなし)




自分の方向がイマイチわからず
名寄の方からナビを使って
ずいぶん山の中へ走り ようやくたどり着いたと思ったけど
ここを出て少し走ると すぐ近くに 旭川空港 が見えてきました

あ・カフェの場所ってここなんだ・・納得^^;;

cafe MAP (カフェ マップ) 
旭川市東旭川町豊田674-3

※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

気ままな女子旅 二泊3日(最終章)~ 名寄市 「SL キマロキ 編成排泄列車」 ~

2017年10月15日 | 名寄市
天塩弥生駅を出てから
SL 「キマロキ」編成排泄列車
を見に行きました



昭和50年12月に全国からSLが消えましたが
名寄に配置されていたこのSLを
旧 国鉄当局から貸与を受け展示保存しているのです




「キマロキ」編成とは
機関車の 「キ」  マックレー車の「マ」
ロータリー車の「ロ」 機関車の「キ」 の順に連結された
排泄用編成列車の頭文字をとって名づけられました



道北の厳しい寒さと豪雪を幾度も乗り越え
雪国の地で降り積もった雪をはねてきた偉大なるSL
よく頑張ってくれたね































いよいよ名寄駅で 
彼女ともお別れです・・・( ノД`)シクシク…

彼女はさらに北上を続けます
私はここから一人ぼっち自宅へ・・・



名寄を出る前に 私は名寄の道の駅へ寄り道~

だって 名寄の道の駅のソフトクリーム大好きなんだモン♪^^




が、しかしこの日 夕方から打ち合わせがある私
もう寄り道しないでまっすぐ帰るのみです

楽しかった三日間を振り返りながら
またこんな旅がしたいと思いながら帰路へ着きました


※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

気ままな女子旅 二泊3日(5)~ 名寄市 「旅人宿&田舎食堂 天塩弥生駅」 ~

2017年10月13日 | 名寄市


ゴ~~~ル♪
ようやく到着しました
本日のお宿「天塩弥生駅」



駐車場に車を止めて
中へ入る前から ワクワクが止まりません( ^)o(^ )




吊り下がった木の札には大きく
「おかえりなさ~い」 の文字が^^




中へ入ると アッチからもコッチからも
「おかえりなさ~い」
の温かな声が響きます
(先に入ったお客様も 
 「おかえりなさ~い」 と声をかけて下さいます💛)


「 いらっしゃいませ」 ではなく あくまで
「おかえりなさ~い」 が
あったかい最高のお迎えの言葉です




宿の中を見たくて はやる気持ちを抑えながら
とりあえず チェックイン~♪



宿の中は懐かしの鉄道ものがぎっしり
見てるだけで楽しくて仕方がありません^^



夕食までの時間
懐かしい時間に浸らせてもらうことに・・・
















夕食は 午後6時半にお願いしていました
まもなく夕食です。





愛知から北海道を旅する男性がお一人 私の友人合わせ
(この日 名寄にいる友人もここにお誘いしていました) 
総勢4名で食事のはじまり~♪



天塩弥生駅 駅長(奥様)さんの
手の込んだ温かなお料理に舌鼓しながら
お酒とお話に花が咲きます

この空間、このひと時
このあったかなムード ホント最高!
気が付くと もう時間は遅く22時近くに^^;;

お酒を吞んでしまった彼女のために
駅長(奥様)が彼女の家まで車で送って下さいました
なんて有りがたいお気遣いでしょう~



夜の宴は 日付が変わる前に終了し
2日目の楽しい夜が終わって行きました




お部屋は男女別のドミトリー形式
疲れているため
たぶんお布団に入り1分で心地よい眠りに着いた私です




朝になり 朝食前に散歩(^^♪
(名寄の朝 冬みたいにめっちゃ寒かったぁ~~~~~)




廃線となったJR深名線の線路跡があります
こうして見てると
今にも列車が通過してきそうな気持になります




「旅人宿&田舎食堂 天塩弥生駅」
廃線となったJR深名線の駅跡地に木造の駅舎を再建し
新幹線の開業日と日にちを合わせ
2016年3月26日に営業をはじめました^^




朝食を済ませ それぞれの目的地へと出発して行きます
名古屋からの旅人さんを見送りして
そのまま私たちは天塩弥生駅前で
「駅長」 (奥様)と 「天塩弥生駅 首席助役」(ご主人)
と一緒に記念写真( ^)o(^ )




「おかえりなさ~い」 とお迎えしていただき
帰りはもちろん
「いってらっしゃ~~い」 です

うんうん もちろんまたきっと帰って来ます
人に恋しくなったら ここに帰って来ます!

旅人宿&田舎食堂 天塩弥生駅
名寄市弥生166-4
食堂車の営業時間 11:00〜14:00
※宿泊しなくてもランチタイムにお食事だけ出来ます

【オマケ】
※天塩弥生駅の可愛いネコちゃんでっす


覗きたいの 覗きたいの
ど~~しても覗きたいの
ネコちゃん必死のジャンプ&しがみつき クス




※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

気ままな女子旅 二泊3日(5)~ 網走市 「そば切り 温」 ~

2017年10月12日 | 網走市・大空町
食べることより
朝からずっと 野天風呂巡り 優先だった私たち
やっぱり道東を離れる前にも楽しみたい ヽ(^。^)ノ



お蕎麦やさんの「そば切 温」

コタンの湯から 70キロほど車を走らせました
かなり離れた場所にあるお店でしたが
どうしてもここに来たくて頑張った 笑




国道沿いにある看板から
この砂利道に左折して進みます




砂利道に入ってから
間もなくお家が見えてきました






わぁ~ まさにわたし好みだ!(●^o^●)




日差しを避けるために植えられた
朝顔のツルがまた良い感じ~♪




実はこのお店 古民家ではありません
昭和をイメージして作られた
古民家風のお蕎麦屋さんなのです^^








「本日の牡蠣は厚岸産です」という
張り紙に二人の心が躍る ( ^)o(^ )
(二人とも牡蠣が大好き💛)











眩しい日差しに席を離れようとしたら
奥様?らしき女性がこのすだれを掛けてくれました!(^^)!




さっそく「牡蠣の天ぷら 」注文~
やっぱ 厚岸産に限る! 美味しいの当たり前^^





〇冷たいおそば
2種もりそば (一日10食限定
を注文



以下 お店HPより参照
毎日オホーツク産玄そばを毎日石臼で自家製粉
水まわしには良質な網走の藻琴山湧水を浄水器に通したものを使用
さらに各種ミネラル・ビタミン豊富な
「網走大麦若葉青汁」を加え手打ちしています





ここのお蕎麦 ホント美味しかったです ( ^)o(^ )



当初 そば切 温さんへは 初日に寄る予定でいたの
でもサンゴ草をみるために時間が無くて通過しちゃったお店
二日目にわざわざでも来て良かった~~~

そば切り 温  網走市字呼人190-1


この後は 北上しながら
途中 「まるせっぷ 道の駅」 でひとやすみ~♪




道の駅にあったカフェで 
私はホットコーヒーを 彼女は紅茶を^^




実はコーヒーのあと ソフトクリームも食べた
(写真撮るの忘れた💦)

で、ここを出発後 なんと道を間違え
片道10キロ損をして走っちゃった
気づいて道をもどり修正 💦💦💦 
(ナビを使ってても間違えると言うアクシデント


そして最後の休憩所に立ち寄った「道の駅 しらたき」
ここは たった3度しかなかったよぉ~~~(@@)
まだ10月に入ったばかりと言うのに・・



車を降りたら 北海道人もビックリの寒さ
が、、私はここでもソフトクリーム食べた
彼女も思わず 遠い目?だったかも~ 笑

ささ。。。急がねば日が暮れる~~~
ダッシュ!-=≡ヘ(* - -)ノ

~ 最終目的地へつづく~

※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加

気ままな女子旅 二泊3日(4)~コタン温泉の野天風呂へ~

2017年10月11日 | ひとこと


シーズンオフになった和琴半島はとても静かで 
ゆったりとした時間が流れてるようでした

観光バスが来ない こうした静かな場所って
とっても貴重だと思うようになっています



近くにキャンプ場があるので 
夏にはきっと賑わうこの駐車場に
二軒のお土産屋さんが並んで建っていました
(二軒とも名前が「みどりや」 経営者が一緒ってことかな?)

野天風呂 「和琴の湯」 を守ってくれてる
おじさん、おばさんがここのお土産店の人って聞いてたけど・・・




おじさんは 先ほど ジュースもくれたし
おばさんは 「お土産屋で売ってるダンゴ 美味しいよ~」
  って薦めてくれたし
なんと言っても 朝ごはん食べてなくてお腹はペコペコだし
朝ごはんに「いもだんご」買うことに^^



焼きたて 熱々の「いもだんご」
旨ぁ~~~~~~い♪
表面の甘じょっぱい醤油が香ばしく
外はカリッと 中はホクホク




お腹が空いてるから なんでも美味しく感じた?
いえいえ 本当に美味しい「いもだんご」でした~
おっとっと・・このまま 花より団子で終わるところでしたが
和琴半島から移動して
小さな小さな温泉街?「コタン温泉」へ急ぎます


和琴半島 から車でおよそ20分ほどの場所にある
♨4) 『池の湯』 へ・・・。


「池の湯」 へ到着すると
ここにはちゃんと男女別の脱衣所があった 
L(@^▽^@)」 ワーイ




それに、大きな沼か?と思えるほど
広い ひろぉ~~~~い この沼?が ♨ 混浴露天風呂♨
そしてすぐそばには屈斜路湖~(^^♪




が・・・しかし
【急激な藻の発生により 入浴禁止】

(O.;)ガクン

残念でしたが 気を取り戻し
最後の野天風呂へと移動  ε=ε=ε=ε=(((┌・)┘


♨5) 『コタンの湯』 へ到着



和琴半島から砂湯へ向かう道路沿いにあります
あまり迷うことなく来れる野天風呂



脱衣所もしっかり男女別
これ女性には助かる~~




一応?混浴だけど
真ん中に大きな石があるので
この石を境に女性と男性が分かれて入る感じかな?




驚くほど 屈斜路湖と一体化した野天風呂は
ロケーションも最高!^^



この野天風呂「コタンの湯」
コタン温泉を愛する有志の方たちによって
作られた手作りのお風呂です
しかも無料で開放するなんて
なんて心の広い方たちなんでしょう
きっと深く深くここの地 コタンを愛し
ここで湧き上がる温泉が大好きなんでしょう




野天風呂に入浴されているかたがいない場合に限って
「足湯」 だけに利用してもOK!
入浴されるかたが来たら 足湯だけはNG
入浴者優先となっております(要注意)



湯の温度も熱からず温すぎず良い感じ(^^♪






ただ私たちが入ってる途中で
水着を着て入浴を楽しむ外国のお客様(女性)が来たこと・・・
道路沿いにあるということもあって
見にだけ立ち寄る外国の方も多く覗き込む等々
ちょっと残念だったなぁ~
北海道弁で言うと あずましくない デス💦💦

と言いながらも絶景露天風呂を堪能して
2日目の私たちの野天風呂巡りは「完」
そしてさらなる目的地へと
北上するのでありました~   ~つづく~

※ コメントできない設定となっております  m(__)m
BLOGをお読みになったあと
↓ ↓ コチラを ポチっと押していただけると嬉しいです (*^^*)
人気ブログランキング

この記事をはてなブックマークに追加