珈琲とギターの日々

横浜馬車道でカフェのマスターをやってた男の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死に際に聴きたい曲

2010-10-14 23:38:19 | 音楽
ふと思ったのだが、きっと死に際なんかには
ちゃんと音楽なんて聴けないんだろうなぁ。
とはいえ、死に際こそ、それにふさわしい曲を聴いて
死にたい。。。。よねぇ。

ということで、自分のための死に際に聴きたい曲を。
--
1)高橋幸宏「saravah!」
 (アルバム「saravah!」より)

「saravah」=「祝福あれ」という意味と
日本語の「サラバ」のダブルミーニング。
こんなところから緩やかに導入したい。
--
2)velvet underground「pale blue eyes」
 (アルバム「Velvet Underground」より )

個人的には最高のラブソング。
たぶん死に際に、色々と過去の色恋沙汰を思い出したら、
最高のBGMになると思う。
--
3)John Coltrane「– Part 1–Acknowledgement」
(アルバム「至上の愛〜A Love Supreme」より)

このアルバム自体が一曲みたいなものなので、
最初の部分だけ抜粋するのは邪道かもしれないが、
やっぱりこの最初の部分がゾクゾクするのだ。
死の前には「承認」してもらわないとね。
--
4)たま「おるがん」
(アルバム「さんだる」より)

知久さんの「♪ぼーくが死んだ日ぃー」で始まる曲。
自分が死ぬ時でもこんな穏やかに客観的に周りを見れたら良いなぁ。
--
5)Harpers Bizarre「The Drifter」
(アルバム「Secret Life Of Harpers Bizarre」より)

ニックデカロのアレンジが最高。
これを聴くと「さて出かけるか」という開放的な気分になる。
--
6)細野晴臣「はらいそ」
(アルバム「はらいそ」より)

「はらいそ」=「楽園」。微妙な未練も感じさせながらも、
絶妙に旅立ちを演出させてくれる。この曲を一通り味わった後、
曲後の「この次はモアベターよ!」という細野さんの台詞を
死ぬ間際に聞けたら最高だよなぁ。

。。。
なーんて考えてみたけど。

* コメント
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ダブルミーニング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ワールドフェスタ | トップ | 今年最後のヤミ市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。