カフェ☆小悪魔

コメント&TB&リンク大歓迎(p≧∀≦q)〃
最近コメントのお返事が遅れがちでごめんなさい(ρ_;)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トンマッコルへようこそ

2006年10月17日 | ラブ☆シネマ
笑顔が一番つよいのです。

入村する

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士
しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。
彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。





そんな緊迫した中で村人達は、兵士そっちのけで
じゃがいもの出来や畑を荒らすイノシシの心配を始める。
自分達のおかれた立場がイマイチわかっていない村人の
マイペースっぷりは笑えます。


実は、南北両軍が入村する前に怪我をして運び込まれた
(村人は「空から降ってきた」と思っている:笑)
スミスというアメリカ軍人がいます。
言葉が通じない為、本を片手にコミュニケーションを試みる。
「HOW ARE YOU?」で場内大爆笑



数日続いた睨み合いも手榴弾の登場で決着するかに思えたが
不発弾だと思い投げ捨てた先にあったのは村の食糧貯蔵庫。
中に保管されていたとうもろこしは全てポップコーンに



村人の大切な食糧をダメにしてしまった罪滅ぼしに
いがみあいながらも農作業に励む軍人達。





そんなある日、例の巨大イノシシが村を襲います。



追われる村人から注意をそらそうと
横っ飛びに石を投げるテッキ

その後も続くスローモーションのような映像を前に
一昔前のサッ〇ロビールのCMを思い起こし

LOVE?BEER?

と呟いたのはお嬢だけではあるまい。
いや、恐らくアンタだけ―



テッキ目掛けてまさに猪突猛進の巨大イノシシ。
立ちすくむ彼を助けたのは南の軍人・ピョだった。


肉を食べない村人は、イノシシを埋めてしまう。


埋めたイノシシを掘り起こしコッソリ食する北軍。
そこへ、「肉を食べたい」と南軍もやってくる。

ひとつの火を囲み
気まずいながらも同じ肉を食する5人の軍人。
そこへスミスもやってくる―
ここ笑えます


イノシシ退治をきっかけに少しずつ近付く心と心。
サンサンヨンヒを「兄貴」と慕うようになる。




ようやく平和が訪れるかに見えたのだが・・・


ある日、スミスを捜索する軍がトンマッコルに乗り込んできた。
村人に紛れ込んだ軍人を炙り出すべく行われる尋問・暴力。

軍人の身に危険が及びそうになると
身内のふりをしてかばう村人達。



しかし、とうとう銃撃戦が起こってしまう。


村中に響き渡る銃声-


「熱いよ・・・」

瞳をキラキラを輝かせ
いつも笑顔だったヨイルの瞳が涙に濡れる。



このままではトンマッコルが危ない


守りたいもの、大切なものが同じだと気付いたその時
民族の垣根を越え彼らの心が一つになった。

村を守る為、5人いや6人の軍人が立ち上がる。




命を落としかねない作戦に及び腰だったサンサン
作戦実行中、兄貴と慕ったヨンヒの死を目の当たりにする。

サンサンにとってヨンヒ
はすでに敵方の軍人ではなく
心から慕える人物となっていたのでしょう。


悲しみで全身を打ち震わせながら
敵機を銃撃するシーンに胸が張り裂けそうでした。


2人が命を落とし、残ったのはスファテッキピョの3人。


雪原でスファピョが交わした
悲しげな、それでいて少し気恥ずかしげな視線は
何を物語っていたのだろう。


心が通じ合えた喜びなのだろうか?
それともトンマッコルを守り抜いた満足感か?





何のための戦争なのか?


誰のための戦争なのか?


トンマッコル・・・

民族の垣根を超え
人が人として穏やかに助け合って生きていきたい

そんな人々だからこそ作り得た理想郷なのかも知れない



          (10月16日 厚生年金会館芸術ホールにて試写)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 持ち寄りおやつの会 | トップ | 今日の外ランチ »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終盤から結末までの心に残る物語展開は印象に残りました (たろ)
2006-10-17 23:01:50
こんばんは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品の、シリアスとユーモアを織り交ぜた仕上りは中々見応えがあり、特に、終盤から結末までの心に残る物語展開が印象に残りました。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



トラバ返しです (コウ)
2006-10-18 01:17:43


トラックバックありがとうございました。

写真があるとやはり伝わるものがありますね~。

やっぱりきれいでいいなぁ。



僕はこの映画、

Yahooのオンライン試写で観たんですけど

やっぱり大画面で見たいので

映画館に足を運ぼうと思ってます。



また遊びに来ますね。

どうもありがとう。

TBありがとうございました (sakurai)
2006-10-18 08:22:40
最近、シン・ハギュンが大のお気に入りなので、この映画を物凄く楽しみにしていました。彼の哀愁の眼差したっぷりで、大満足の一本でした。

というミーハーはおいておいて、同胞同士が戦わざるを得なかった戦争の悲劇、そしていまだ戦争は続いているんだという半島の人々の苦悩は、さまざまな映画でエ描かれてきましたが、こういう描き方もあるんだと、感心しました。新人監督とは思えない、素晴らしい出来だったと思います。

誰のための戦争でもない!戦争の空しさを感じさせました。是非、多くの人に見てもらいたいです。
Unknown (Ageha)
2006-10-18 17:18:59
コメント&TBどうもです。



よかった~ビールのCM覚えてるひとがいて。(笑)





せっかく分かり合えた・・・んだから

この輪が広がってほしかった。

・・それは映画の中ではムリだったかもしれないが

宣伝文句に使うほどたくさんの韓国のひとが

コレを見たのなら

せめてあなたたちはこの笑顔を無駄にしてほしくないなとしみじみ思ったりして・・。



しっかこの映画の公開がもうすぐって時に

物騒なニュースが入ってきて

なんかフクザツな気分です。

メチャクチャリアルで・・。
たろさま (お嬢)
2006-10-18 23:46:24
こんばんは

いつもお世話になっております&コメントどうもありがとう



前半のユーモア溢れる村のシーンが少々大袈裟に描かれていたからこそ、後半~終盤の悲しみが際立っていたのだと思います。



たくさんの人に見て欲しいですね。



これからもどうぞヨロシク
コウさま (お嬢)
2006-10-18 23:50:26
初めまして こんばんは

確かに、写真でひとつひとつのシーンを思い出すことありますもんね

お嬢の場合は拙い記事を誤魔化すための使用に近いのですが・・・



映画館でのレビューも楽しみにしてますね。

(映画の内容は一緒だけどねっ:笑)

これからどうぞよろしくね
sakuraiさま (お嬢)
2006-10-19 00:04:32
こんばんは

コメントどうもありがとう



お嬢もシン・ハギュンLOVEです。

アップになるたび ←こんな状態でした

仰るとおり、南北を扱った映画としては少し違った雰囲気を感じました。



少しずつでもいいから、この映画で個人個人が戦争の意味について考えるきっかけになるといいですね。
ラブ ビ~ル (お嬢)
2006-10-19 00:11:04
いやぁ~ そりゃ基本でしょう

と言いながら、お嬢だけと思ってたから

Agehaさんの記事読んだ時は

おぉ~同士よ

と思いましたわ☆



どこかでお会いしたら肩が脱臼するほど

ブンブンと握手しましょう



人と人が分かり合うのに、国境や人種って必ずしも関係ないと思う。

同じ民族だっていがみ合ってる人たくさんいるもの。

戦争という壁でそれが阻まれるのはとっても悲しいこと。

「出会いがこんな風でなかったら」って思う気持ち

とってもわかるね・・・



懲りない国もありますけど―
そうそう! (Mikko)
2006-10-19 15:03:54
「LOVE?BEER?」って、お嬢のブログ読んで、初めて気がつきまいした(笑)

確かにアレと同じ演出だったね!!

でも最後はなんとも言えない感情になっちゃったわん。

でもあの女の子の笑顔が忘れられないMikkoなのでした
あぁ! (お嬢)
2006-10-20 20:26:41
一緒に行けなくて残念でしたわ~

メッチャ笑えるとことかあって

MIKKOちゃんが隣にいないのが残念でたまらんかったで



ラストシーンはほんまに胸が潰れそうやった。

あの3人がどうなったかは見せてなかったけど・・・



個人個人は心が通っていても

それを阻むものがあるって言うのはとっても悲しいよね―
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-11-01 01:25:53
よかったyo、この映画。
ほんと、よかった、、、
うん うん (お嬢)
2006-11-01 20:45:58
泣いて笑って忙しかったけど、ホント良かったね~

お嬢は『フラガール』まだ見てないの・・・
そっちも気になる
はじめまして ()
2006-11-02 09:11:49
TBありがとうございました。
そうでした!「HOW ARE YOU?」のくだりは 非常に面白かったですね・・韓国でなくても
どこでもありがちな 話しだと笑いこけました(笑)
こちらからもTBさせていただきます。宜しくお願いします。
猫さま (お嬢)
2006-11-02 21:47:25
こんばんは 
コメントどうもありがとう

「HOW ARE YOU?」
教科書通りにしか対応出来ないお嬢なんかも
あそこにいれば、間違いなくあのパターンですね


もう少ししたらお正月映画の宣伝も始まりそうですね。
楽しみ~
TBありがとうございました (キング)
2006-11-07 02:21:49
試写会で御覧になったんですね~
ユーモアの中に時折ドキッとさせられるような映画だと思います。
このまま平和な生活が続けばいいのに・・・と思ってもやはり映画でもそうはいかないんですね~

TB返させてもらいました。
キングさま (お嬢)
2006-11-07 08:09:00
コメントどうもありがとう
映画の中だけでも平和に終って欲しかったですね。
本当は、現実社会で世界中が平和なのが一番なのですが―

悲しみ一辺倒の作品より心に残りましたね。

また覗かせてくださいね
Unknown (ミリミリカッチ)
2007-01-03 01:09:11
cafe-koakuma さんはじめまして。
TBありがとうございました。
とても遅くなりましたが、TB返しさせてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画~トンマッコルへようこそ (きららのきらきら生活)
 「トンマッコルへようこそ」公式サイト期待の韓国映画その1、やっと試写会当たった♪うれしぃぃ☆ 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村、トンマッコルが山奥にあった。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、 ...
試写会鑑賞 ヤクルトホールにて ~ パク・クァンヒョン 「 トンマッコルへようこそ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 晴れの木曜日です。 今日は、昨日 一足先に ヤクルトホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、パク・クァンヒョン氏の新作映画について。 『 トンマッコルへようこそ ( WELCOME TO DONGMAKGOL ) 』 ( ‘05年 韓国 ) 《 ...
『トンマッコルへようこそ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う ...
「トンマッコルへようこそ」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  試写会で見てきました。   「トンマッコルへようこそ」     タイトルだけ見たら、 “なんのこっちゃ?”って感じなんですが、   ファンタジー? コメディ? 戦争映画?   いえいえ、 紛れもなく典型的な韓国映画です。    
感想/トンマッコルへようこそ(試写) (APRIL FOOLS)
話題の韓国映画『トンマッコルへようこそ』10月28日公開。朝鮮戦争のさなか、"子供のように純粋な"という意をもつ村「トンマッコル」にバラバラと迷い込んだ6人の兵士。連合軍米人、韓国軍(南)と人民軍(北)の兵士、と敵対関係にある彼らだったけど、文明や争 ...
トンマッコルへようこそ (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
トンマッコルとイノシシが取り持つ縁(笑 どんな映画かも知らずに行った。 なんだか意外と良かった。 ちょっとクスクス笑えて悲しくなる。 あー、、でもタイムリーな話題過ぎて ちょっと素直に見られない自分が・・・
映画三昧 『トンマッコルへようこそ』を観る (空が高すぎる)
 きょうもネタばれありです。  Yahooのオンライン試写で観れたのです。    物語の設定はファンタジー。  しかし、その実、とても骨太なものを問いかけてくる  そんなすごい映画だと思います。  舞台は朝鮮戦争時の半島。  南北に分断 ...
「トンマッコルへようこそ」 (やまたくの音吐朗々Diary)
2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」の試写。幸せな映画を観た。宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。この映画の音楽を『もののけ姫』や『ハウルの動く城 ...
トンマッコルへようこそ (迷宮映画館)
朝鮮戦争真っ只中。韓国軍側の応戦が優勢になっていた頃のようなので、戦争がはじまってだいぶ経ったのではないかと想像します。半島をまっぷたつに割って、同胞が向き合った戦争、国全体がもろに戦争一色になっていたはずなのに、ここだけはそんな世俗の憂さはま ...
「トンマッコルへようこそ」感想と、久石譲のサウンドトラック (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「トンマッコルへようこそ」遂に見ました!随分長いこと待ちました。 一言で感想を言えば、後半まで5つ☆、最後の方でちょっと、なんとなく後味が良くなくて、☆が下がって4つ☆~半の間という感じでしょうか。やっぱり想
涙、涙・・・ (YOU-kiss)
久しぶりに先行試写会に行って来ました。 その名も『トンマッコルへようこそ』。 キャッチコピーは“800万人が笑って泣いた、感動のエンターテイメント”。 う゛ーん。。。 この手のコピーの韓国映画で時間を無駄にしたこと、たぁくさんありま ...
映画:トンマッコルへようこそ 試写会 (駒吉の日記)
トンマッコルへようこそ 試写会@ヤクルトホール 「楽しいリズムに甘いメロディー」 GTFで予告編をみて、絶対観たいと思った作品のひとつ。駒吉の中では韓国映画No1です!(そんなにたくさん観てはないですが・笑) 仙人達が住むようなファンタジーの村 ...
映画 「トンマッコルへようこそ」 (ようこそMr.G)
映画 「トンマッコルへようこそ」 を観ました。 ユートピアを思わせる山の村、トンマッコルにて偶然居合わせた 敵対する3組の兵士たちの物語。 この設定は今年初めの 「ククーシュカ ラップランドの妖精 」という 作品に似ています。こちらは一組 ...
イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ (ペパーミントの魔術師)
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つ ...
『トンマッコルへようこそ』 (моя комната ~まやこむなた~)
む・・これはなかなか・・。いわゆる”韓流”のイメージをちょっと覆すような作品。ハリウッド的エンタテインメントにちょっと近いかも。韓国では国民の6人に1人が見る大ヒットを記録し、2005年韓国で最も愛された映画として数々の映画賞を受賞した。本作が長編映 ...
試写47 「トンマッコルへようこそ」 (河童屋。)
2005韓・日活/133分 10月28日(土)より公開 オフィ ⇒ http://www.youkoso-movie.jp/ [監督・脚本] パク・クァンヒョン [製作・脚本] チャン・ジン [音楽] 久石譲 [出演] シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、スティーブ・ ...
トンマットルへようこそ 感想 (ブログ ド ガジュマル )
監督のパク・クァンヒョンさんは我等が宮崎アニメの信奉者だとか・・ 駄目もとで久石譲さんに音楽を依頼したところ、 久石さん、脚本を読んでOKをだしたらしいです。 これは同じジブリ信奉者としては見なければ!! ということで、母と早速みてきま ...
トンマッコルへようこそ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国 ...
トンマッコルへようこそ (そーれりぽーと)
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちにレイトショーに予約しておいて、さっき観てきま ...
トンマッコルへようこそ (ネタバレ映画館)
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
映画~トンマッコルへようこそ (きららのきらきら生活)
 「トンマッコルへようこそ」公式サイト期待の韓国映画その1、やっと試写会当たった♪うれしぃぃ☆ 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村、トンマッコルが山奥にあった。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、 ...
戦争の愚かさを描いた秀作映画。『トンマッコルへようこそ』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代の朝鮮戦争中、韓国側にある「トンマッコル」という山中の小さな村を舞台に描かれた物語です。
トンマッコルへようこそ 06年211本目 (猫姫じゃ)
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高が ...
トンマッコルへようこそ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
江原道の山の奥深く、神秘的な森のはずれに、その村はありました。トンマッコル、“子どものように純粋な村”の意味を持つ村。そこでは、おおらかな心を持つ村人たちが、人望厚い村長(チョン・ジェジン)のもと、のんびりと自給自足の生活を営んでいます。そん ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終 ...
06-51 トンマッコルへようこそ (奇跡の人の映画部屋)
鑑賞日 10月29日 感 想  韓国で800万人が笑って泣いた!ナンバー1ヒット!!との触れ込みの映画ですが、 私の感想は「コメディタッチの”ほぼ全滅した七人の侍+プライベート・ライアン”」 ...
「トンマッコルへようこそ」感想と、久石譲のサウンドトラック (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「トンマッコルへようこそ」遂に見ました!随分長いこと待ちました。 一言で感想を言えば、後半まで5つ☆、最後の方でちょっと、なんとなく後味が良くなくて、☆が下がって4つ☆~半の間という感じでしょうか。やっぱり想
「トンマッコルへようこそ」(ネタバレ) (ひねもすのたりの日々)
夜空に星、地には花、人々は笑顔。争いのない幸せな村、トンマッコル。ある日そこへ、
トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スタジオジブリ的アニメ風実写映画。 人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。 古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラなどがその代表だ
トンマッコルへようこそ (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
この映画の中で 妙に心に残った言葉がある・・ トンマッコルの人々が みな仲良く 大きなケンカもせず 幸せそうに暮らしているのをみて (チョン・ジェヨン 扮する )人民軍人が  「どうやったら うまく治めれますか?」と村の長老に問う。 と 長老は ただ一 ...
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』 (CHEAP THRILL)
10月31日(火) 朝、通勤~スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシ ...
『トンマッコルへようこそ』(シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン ) (雲のゆくえ)
「トンマッコルへようこそ」オリジナル・サウンドトラックファンタジーとリアルが入り混じるフシギな映画でした。 久石譲さんの音楽なので、幻想的なシーンはどこかしらジブリっぽい感じがしてほのぼのするんだけど、そういうシーンがあるだけに戦争のむごさも強 ...
★「トンマッコルへようこそ」 (ひらりん的映画ブログ)
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
『トンマッコルへようこそ』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮らすこの村で偶然鉢合わせをした 3組の敵対する兵士たち 彼らが村人との交流を ...
トンマッコルへようこそ 2006-60 (観たよ~ん~)
「トンマッコルへようこそ」を観てきました~♪ 1950年朝鮮戦争の最中、米国のパイロット・スミス(スティーブ・テシュラー)の飛行機が、トンマッコル村の郊外へ墜落した。そこに村人に連れられて韓国軍のピョ少尉(シン・ハギョン)達が、村の少女ヘイル(カ ...
トンマッコルへようこそ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 yahooのオンライン試写会が当たって「トンマッコルへようこそ」の記事をずっと書いていませんでした。忘れてたわけじゃないんですけどね。  朝鮮戦争中の50年代。  人里離れた山奥に戦争とも無縁に自給自足で暮らす村”トンマッコル”はあります。  そこに ...
トンマッコルへようこそ (SSKS*)
オフィシャルサイト 2005韓国 監督:パク・クァンヒョン 出演:チョン・ジェヨン/シン・ハギュン/カン・ヘジョン/イム・ハリョン/ソ・ジェギョン ストーリー:朝鮮戦争中の1950年、連合軍のアメリカ兵スミスの戦闘機が、山奥の村トンマッコルに墜落する。 ...
トンマッコルへようこそ(ネタバレ) (ぐらのにっき)
基本的にネタバレですが、重大なネタバレには伏字を使います。 かなり前、シネマスクエア東急で「僕の大事なコレクション」を見た時に予告を見て、行こうと決めていた映画でした。 話も面白そうだし、映像も綺麗だし、というのもありましたが、決定打になったのは ...
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでし ...
トンマッコルへようこそ (とりあえず、コメントです)
さすがは昨年韓国内で興収No.1になった映画です。 厳しく辛い中にも笑いと歓びがあってちょっとファンタジーっぽい、心に残る作品でした! 1950年。朝鮮半島が二分して戦争を行なっている時のこと。 外の世界とはかけ離れて自給自足で生活している“トンマッコ ...
トンマッコルへようこそ (今日のわたくしゴト)
オープニングの墨絵のような、徐々に滲んでいくイラスト、いいですね。 美しさの完成度が韓国らしい。 前半から中盤までは、ハンカチ取り出して、涙をぬぐってしまいました。 いつもティッシュで足りるのにね。 途中までは、「連理の枝」に続いて、 「遠くまで見 ...
No.108 「トンマッコルへようこそ 」 (2005年 韓国 132分 シネスコ) (キングの映画の窓(劇場鑑賞版))
監督 パク・クァンヒョン 出演 シン・ハギュン     チョン・ジェヨン     カン・ヘジョン 2005年の韓国映画で空前の大ヒットしたというこの映画「トンマッコルへようこそ」です。 いつもよく行く動物園前シネフェスタ4へ見にいったんですが、 ...
パク・クァンヒョン監督「トンマッコルへようこそ」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 パク・クァンヒョン 主演 チョン・ジェヨン  私がいちばん気に入ったシーンは村の先生がテキスト片手にケガをしている米兵と会話するシーン。  「ハウ・アー・ユー?」  「ケガをしているんだから、ハウ・アー・ユー?はないだろう」(というような意 ...
トンマッコルへようこそ♪観て良かった! (銅版画制作の日々)
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供の ...
トンマッコルへようこそ (いろいろと)
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
映画「トンマッコルへようこそ」 (don't worry!な毎日)
 「なぜそんなに怒っているのですか?」と、 トンマッコル(子どものように純粋な心)という名前の村の村長は言うのだ。  私にこのひと言が突き刺さる。  朝鮮戦争のさなか、国軍、人民軍、連合軍の兵士がそれぞれの事情で迷い込んだ 「トンマッコル ...
「トンマッコルへようそこ」に政治の原点を見た (映画と出会う・世界が変わる)
オリジナルは舞台劇とのことであるが、映画を見ると宮崎アニメにインスパイアされような内容だ。また、「七人の侍」も連想させる。表面的にはのどかなファンタジーであるが、実はそのイメージを覆すような凄惨なシーンがある。「となりのトトロ」に「ワイルドバン ...
トンマッコルへようこそ (とにかく、映画好きなもので。)
どこかの山の奥にある村。そこは世間の争いとは無縁のゆったりとした時間が流れる平和な村でした。その名はトンマッコル。  1950年代の朝鮮戦争最中、この村にやってきたのはアメリカ人パイロットのスミス。韓国軍の2人と対立する人民軍の3 ...
トンマッコルへようこそ (八ちゃんの日常空間)
オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇はなくてもいいのになぁ。
「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに (はらやんの映画徒然草)
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
『トンマッコルへようこそ』(’05 韓国) (よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~)
 監督・脚本:パク・クァンヒョン  プロデューサー・原作・脚本:チャン・ジン  音楽:久石譲  出演:シン・ハギュン  チョン・ジェヨン  カン・ヘジョン  スティーブ・テシュラー 1950年に突如勃発した朝鮮戦争の真っ只中、そんなことなどお構いなし ...
「 トンマッコルへようこそ」 (共通テーマ)
1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
これをファンタジーと呼ぶのなら。 ~ 『トンマッコルへようこそ』 (mirimiricutch.com)
“宣伝ポスターの、人の良さそうな笑顔たちに、騙されてはいけません。 のんきな夢物語かと思ったら、大感動作でした。” 最近、映画をひと足早く観た人が、 感想を直筆で書いたステッカーを貼ってある宣伝ポスターを、 よく見かけます。 この試写会で ...
トンマッコルへようこそ (銀の森のゴブリン)
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ
映画「トンマッコルへようこそ」 (<花>の本と映画の感想)
トンマッコルへようこそ 監督  パク・クァンヒョン 出演  シン・ハギュン   チョン・ジェヨン カン・ヘジョン  イム・ハリョン ソ・ジェギョン  スティーヴ・テシュラー 韓国  2005年 朝鮮戦争の真っ只中、韓国軍、人民軍、連合軍の兵士が、...
トンマッコルへようこそ (Kio -朔北- De nuevo)
久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골 [英 語 題] Welcome To Dongmakgol